戸木城

戸木城(★★ 三重県津市戸木町)は、天文二十三年(1554)木造具政氏が隠居所として築き、その後天正年間に木造具政氏の子、木造長政が増強、修復して完成しました。

 城は、南は雲出川が流れ、西は稲白川の深い谷となり、北は深い田、東は大きな堀を作り自然地形を利用した優れたものでした。

 この城での戦いは、天正十二年(1584)五月から十月にかけて城に立て籠もる木造氏勢と織田・蒲生氏との間でおこなわれ激しいものでした。天正十二年十月ころに和睦し、落城後は一時現在の庄田町に勢力を持っていた中川庄蔵氏があずかっていたが、慶長年間に廃城となっています。

 昭和五十二年(1977)、現在の戸木小学校建設に先立ち発掘調査をおこない、堀の跡などが発見されています(『城址案内板』)。

戸木小学校が城跡で、明瞭な遺構はないが、空堀跡の様な地形などが確認できる。

 

 

戸木小学校内にある城址碑と案内坂

 空堀跡

  (2013年2月10日訪問)

 

戻る

城と古戦場