馬場信房
(馬場信春)

永禄十一年(1514)武田氏最強の武士団・武川氏の出身。もと教来石民部景政と名乗る。
諏訪攻め、北信、佐久攻略に戦功を立て、乱行を諫言したため信虎に手討ちにされた馬場伊豆守虎貞の名跡を継いで天文十五年(
1546)に馬場民部少輔と改名、永禄二年(1559)には120騎の侍大将に昇進、永禄八年(1565)には老中に取り立てられ、原美濃守虎胤の武名にあやかるよう美濃守の名称を賜わった。

小諸城を本格的に整備し、外からは城が低くて、何も見えない「穴城」と呼ばれる城郭にするなど改修の技術もみせている。

天文二十三年(1554)今川義元に加勢した武田軍は、北条氏康と富士大宮で対陣し、信房は抜群の軍功をたて、義元から感状を受領している。
弘治三年(
1557)の第三次川中島の合戦では葛山城を奇襲して落城。第四次川中島の合戦では、山本勘助とともに啄木鳥の戦法を提言し、妻女山攻撃隊に加わったとも云われる(『甲陽軍』)。

永禄十一年(1568)には山県昌景とともに先鋒として駿河今川氏へ侵攻。薩た峠を抜き、今川家の本拠今川館を陥落させる。信玄から今川家の財宝を焼失するのは惜しいから屋形を焼くなとの命を受けたが、「信玄公が財宝目立てで今川を攻めたと評判されてはならない」と信玄に対して諫言したと云う(『甲陽軍』)。

元亀元年(1570)信房は高坂昌信らとともに制海権を奪取して小田原城を包囲する目的で北条方の興国寺城を攻める。信房は高坂昌信らとともに制海権を奪取して小田原城を包囲する目的で北条方の興国寺城を攻め、3日間の攻防の末、籠城が堅い為、黄瀬川の本陣に引き揚げている。

元亀三年(1572)三方ヶ原の合戦では武田勝頼とともに第二陣で戦ったとされる。
戦後、信房は三河武士の見事な討ち死ぶりを誉め「五年前に初めて駿河に侵攻した際に家康と昵懇の仲になっていたら、今頃は中国地方まで武田氏の配下となり、天下は思うままであったろう」と信玄に語ったと云う(『改正三河後風土記』)。
1000余の別働隊を率いて東美濃へ侵攻、織田信長指揮の10000の軍勢と衝突するがこれを打ち破っている。山県とともに敗走する徳川家康を追撃しており、伝説ではあるが、浜松城まで及んで酒井忠次の空城の計を見ると山県とともにそれを計略と解して引き返している。

馬場信房の最後

天正三年(1575)長篠・設楽ヶ原の合戦では、決戦を避けて甲斐に帰陣するよう諫言するが、勝頼に聴き入れられなかったのを悲嘆して、武田氏の家運もこれまでと絶望し、山県や内藤などの老臣らと水盃を酌み交わし、生前の別れを惜しみ今生の別れをしたという(『改正三河後風土記』『長篠日記』)。

設楽ヶ原での決戦では「馬場美濃守生前の働き比類なし」と伝えられるほどの奮戦をする(『信長公記』)。

五番手で打ち太鼓を鳴らして突撃し(『信長公記』)、滝川一益、佐久間信盛と火花を散らして戦った(『松平記』)。
壊滅する武田軍の中で唯一徳川勢を打ち破り、傷ひとつ負わなかったものの、一条信竜の同心である”和田”とやり取りし、にっこりと笑いながら「(そなたらは)退却するしかあるまい)と言った(
『参州長篠戦記』『甲陽軍』)。
信房は残兵を集めて小山(現在の須長南の「丸山」)に上がって旗を立てて休ませ(『武徳大成記』)、武田軍の殿軍は信房と内藤昌秀らが受け持ち(『松平記』)、「橋場」から少し引き返して、高い所に登り、「自分を討って覚えにせよ」を叫び、抵抗することなく首を差し出した(『甲陽軍
』)。
討ち取った人物は織田軍の原田直政家臣・河井三十郎(『松平記』)ともされるが、織田信長自身の感状から岡三郎左衛門であることが確実である。

 

決戦を避けて甲斐に帰陣するよう諫言するが、勝頼に聴き入れられなかったのを悲嘆して、武田氏の家運もこれまでと絶望し、山県や内藤などの老臣らと水盃を酌み交わし、生前の別れを惜しみ今生の別れをしたという。『長篠合戦物語』など後世の軍記ものに記され、史料の性質から藤本正行氏のいわれる「逆算して作られた話。指揮者がこんなことをすれば、部下が動揺して満足に戦わなくなる」との解釈はもっともである。しかし彼らのその憤死方と、本来率先して殉死の役を変わるべき武田一門の戦闘具合をみると、一概に創作とは断言できないとも思われる。

設楽ヶ原では『信長公記』に「馬場美濃守生前の働き比類なし」と記されるほどの奮戦をする。五番手で打ち太鼓を鳴らして突撃し、壊滅する武田軍の中で唯一徳川勢を打ち破るが、しかし戦況全体は武田敗戦に結実し、壊滅する武田軍の殿隊をつとめ、大将・武田勝頼が無事戦場を脱出したのを確認すると、きびすを返して敵方に突入して戦死した。歿62才。

(長篠城近くにある信房の首塚)

生涯に自分一手だけですぐれた軍功をあげた合戦が21回もあり、70余度の歴戦ではかすり傷ひとつおった事がないといわれ、白地字に「くの字」を逆に書いた二本の黒い道筋を描いた旗指し物を使用した稀代の名将である。

馬場氏の屋敷は、今の北巨摩郡白州町白須の釜無川の段丘上にある白元寺の付近にあったという。

猛将列伝の先頭へ

link_html_smartbutton3.gif   
                    http://srtutsu.ninja-x.jp/ くんまるブログ