愛知の城

 

トップページへ

個人的満足度

寸   評

★★★★★

遺構・歴史的背景ともに文句なしで、何度でも訪れたい完璧な史跡

★★★★

素晴らしい戦国時代遺構が全体的に残存しており、大満足の史跡

★★★

全体的にある程度良好な遺構が残存していて、歴史的背景もそれなりに判明している史跡

★★

遺構の残存は一部で全体的に不明瞭、もしくは模擬天守閣など保存方針が趣味に合わない史跡

遺構はほとんど残ってなく城域も不明、もしくは攻城を断念した史跡

 

長篠城

新城市長篠市場

名門・甲斐武田氏の滅亡を呼んだ歴史的城郭。

★★★

大通寺陣地

新城市長篠字大通寺山

馬場、山県らが別れの杯を汲み交わしたと伝わる井戸が残る。

医王寺山陣地

新城市長篠字弥陀の前

武田勝頼が長篠城攻略に際し、陣城として使った跡

武田勝頼本陣

新城市長篠字弥陀の前

長篠の戦いでの武田勝頼本陣

徳川家康本陣

新城市竹広

長篠の戦いでの徳川家康本陣

岡崎信康本陣

新城市富永字松尾

長篠の戦いでの岡崎信康本陣

織田信忠本陣

新城市矢部

長篠の戦いでの織田信忠本陣

織田信長本陣

新城市牛倉字城山

長篠の戦いでの織田信長本陣

鳶ヶ巣山陣地

新城市乗本鳶ヶ巣

長篠の帰趨を決した歴史的な砦

新城城

新城市西入船

奥平貞昌は天正四年(15769月新城城を築城

野田城

新城市豊島字本城

信玄が甲州金堀人足を使って水脈を切り攻め落とす

★★★

吉田城

豊橋市今橋町

天正18年(1590)に池田輝政が入封

★★★

二連木城

豊橋市仁連木町

天正十八年(1590)城主戸田泰長のときに廃城となった

★★

牛久保城

豊橋市牛久保町城跡

山本勘助が住んだとされる地

一色城

豊橋市牛久保町

今川義元の胴塚と築城した一色刑部の墓が残る。

★★

瀬木城

豊川市瀬木町郷中

明応二年(1493)牧野成時(古白)が築城

★★

牧野城

豊川市牧野町丁畑

牧野氏が最初に築城した城

★★

轡掛城

豊明市沓掛町本郷 桶狭間合戦の際、今川義元がこの城で軍議を開く。

★★

飯盛城

豊田市足助町飯盛

鎌倉時代この付近を領していた足助氏の居城。

松平氏館

豊田市松平町赤原

徳川家康の松平氏の発祥の地

★★

岡崎城

岡崎市康生町

徳川家康誕生の城

★★

西大平陣屋

岡崎市大平町西上野

西大平藩主大岡家の陣屋が置かれた

生田城

岡崎市美合町生田屋敷

水田に囲まれて建つ城址碑

岡城

岡崎市岡町西側

家康は河合勘解由左衛門にここを守らせた。

★★

安城陣屋

安城市安城町道上12

江戸時代、旗本領の陣屋跡。

山崎城

安城市山崎町城跡

小牧長久手の戦いで、徳川勢により改修工事を受けた。

★★

安祥城

安城市安城町城堀

松平・今川氏と織田氏との間に、5度に及ぶ攻防戦が繰り広げらた。

安祥古城

安城市安城町社口堂

天文九年(1540)織田勢が兵を入れた

保科正直邸

安城市山崎町大手

戦国時代を生き抜いた武士の邸宅

高木城

安城市高木町下屋敷

木氏は室町時代の高木町一帯の一族

鳴海城

名古屋市緑区鳴海町城 桶狭間合戦の際は今川方の最前線。

丹下砦

名古屋市緑区鳴海町字丹下 織田信長により築かれ、桶狭間合戦時は水野帯刀、山口海老丞らが守る。

善照寺砦

名古屋市緑区鳴見町砦 織田信長により築かれ、佐久間信盛とその弟左京助が守る。

中島砦

名古屋市緑区鳴見町下中島 鳴海城封鎖のために織田信長により築かれた。

大高城

名古屋市緑区大高町城山 桶狭間合戦の際は松平元康が兵糧入れした。

★★

丸根砦

名古屋市緑区大高町丸根 今川義元の尾張侵攻に備えて織田信長が築いた。

★★

鷲津砦

名古屋市緑区大高町鷲津 今川義元の尾張侵攻に備えて織田信長が築いた。

★★

古渡城

名古屋市中区下茶屋町 信長の父・織田信秀が居城・那古野城を譲り築城。

末森城

名古屋市千種区田代町城山 織田信秀が築城し、それまでの居城・古渡城から移る。

★★

清洲城

西春日井郡清洲町古城 信長が改修し、織田信雄、豊臣秀次、福島正則がなどが城主を務めた。

勝幡城

中島郡平和町六輪字城の内 信長は那古野城ではなく、この城で誕生したとの説が有力。

犬山城

犬山市字犬山

残存する国宝天守。

★★★★

木ノ下城

犬山市犬山字愛宕 尾張国守護斯波氏の家臣・織田広近が築いた。

羽黒城

犬山市羽黒字城屋敷 小牧・長久手合戦の際に豊臣秀吉方の猛将・森長可が布陣。

楽田城

犬山市楽田 小牧・長久手合戦の際、豊臣秀吉が本陣とした。

久保山砦

小牧市久保 小牧・長久手合戦の折に秀吉方の砦として築かれ、丹羽長秀が守備。

小松寺山城

小牧市小松寺 小牧・長久手合戦の折に秀吉方の砦として築かれ、丹羽長重が守備。

二重堀砦

小牧市二重堀 小牧・長久手合戦の折に秀吉方の砦として築かれ、日根野弘就兄弟が守備。

田中砦

小牧市東田中 小牧・長久手合戦の折に秀吉方の砦として築かれ、蒲生氏郷らが守備。

岩崎城

小牧市岩崎字独山 小牧・長久手合戦の折に秀吉方の砦として築かれ、稲葉一鉄・貞通父子が守備

小牧山城

小牧市堀の内一 小牧・長久手合戦の際は徳川家康が占拠して本陣を置き修築。

★★★

岩倉城

岩倉市本町 岩倉城主・織田信安は信長の弟・信行に味方し信長に抗する。

長久手城

長久手町長湫字城屋敷 小牧・長久手の戦いの際、城主は池田恒興勢におよって討ち死。

蟹江城

海部郡蟹江町城 小牧・長久手合戦では重要な役目を担った城跡

大野城

愛西市大野町郷前 「小牧・長久手の戦い」の前哨戦

小木江城

海部郡立田村森川字村中

織田信長の弟・信興が籠城し自刃。

 トップページへ

中華料理金龍