しょぼんのアクションについてのどーでもいい話




しょぼんのアクションの成り立ちと完成について

2010年 7月13日再び実況者のおかげでランキングに載っていて懐かしいなぁ〜っとおもって
どーせだし、このゲームの成り立ちでも載せることにした
興味あったら見てくれ



まず、2006年だっけ?
willowletの紹介により、"オワタの大冒険" というものを知る。
当時、私はこのゲームに多大なる感激(?)を受けた。
なんというハイセンスっ!
いつか、こんな感じのクソゲー作りたいなぁと思った。



そして、2007年○月
某大学の文化祭に作品出すことになった。が、そのことに気がついたのは文化祭の4日前である。
1日中悩んだ。大体3日で作れるプログラムであり、ある程度おもしろいもの…
思いつかなかった。俺 \(^o^)/

…\(^o^)/!?

1年前の記憶がふと蘇る。そうだこいつだ!"オワタの大冒険" の考え方を取り入れて作ろう!
しかし、同じ物は作っても意味が無い。
何か他のみんなが知ってるゲームを軸にすることにした。

ゲームとして、みんなが一番知ってるゲーム…
なんだ、アレじゃないか

そして、急いで製作に取り掛かる

1日目 プログラムの完成、マ○オの基礎ぐらいなら、1日もあれば作れる。いい時代になったものだ。
2日目 画像、音声データの決定。クソゲーをこめてBGMはチーターマンにした(当時はやっていた)
    因みに、この時は白黒。"オワタの大冒険"っぽくしていた。
3日目 色塗った、罠増やした、エフェクトとメッセージ無駄に入れた。

そして完成である(1ステージのみ)。人間やれば出来るって!
そして、作品を出した。
文化祭では一番人気があった。過言ではない…と思うw



2〜3日後、
ニコニコに投稿した。
高画質の動画変換は大変だった。音もずれるしー
すごい人気だった。驚きである。
最初の時、再生1000ぐらい? が懐かしかったなぁ…

人気が出たので、2〜4ステージを一つにつき2週間かけて作成した。
もっと汎用性のあるプログラム作ればよかったと思った…
そして、2007年2月ごろ、"しょぼんのアクション"は完成し、配布されましたとさ。

以上がこのゲームの成り立ちです。
遊んで、ランダムとか追加してあるけど、いれなきゃよかった…




以下、余談

・元凶になったものたち

システム 「ティウンティウン」
考え方 「しまっちゃうおじさん」
考え方2 「わたしこそ,しんのゆうしゃだ!!」

こういう系列のゲームが作りたいなら、上記の物は全部見ることをお勧めしたい。
全部、素晴らしい作品である。暇なら一度は見ておこう!


・I WANNA BE THE GUYについて

後に、この作品を知ることになる。
でっかいサクランボが襲ってくるおそろしいゲームである
ていうか、このゲームすごい。簡単レベルは、もっとセーブ欲すぃ


・willowletについて

友人であり犠牲者でもある
3面プレイあたりの動画キャプチャ時間は2時間ぐらいで、
お疲れだった。一体誰のせいなのやら…
色々と手伝ってもらってます。


・DXライブラリと作者について

あなたが神か!


・そーすについて

私は、プログラムをほぼ独学で、やってきていたため、
スーパースパゲティソースを作っていた。(おいしそう…)

例
インデントを全部付けない
{}を不定期に配置する
変数の名前が全部てきとう
改行しないことも多々
編集はメモ帳のみ!

こ れ は ひ ど い w

当時は、willowletに笑われた物だ。(今の俺が見てもコーヒー吹くレベル)
因みに、これ以降の作品は、反省して、徐々に普通のソースになってます
そーすほしければあげますよ?



以上でおわりです〜


戻る