「ノンビリ旅 in 千葉」

 

リハビリ旅の第2弾、油断大敵ですな・・・ の巻

 

 

          日程 : 14年 9月 5日〜9月 7日

          場所 : 千葉県 富津、富山、君津

 

             はい、お疲れさんです。

             ベリーショートな夏キャラバン以来、久々のお出掛けです。

             GW明けからのドタバタも、ようやく落着いて 少しづつ日常を取り戻しています。

             そんなワケで今回のお出掛けはリハビリ旅第2弾と銘打ち、近場の山を歩いてきました。

             今年は天候が異常で、ハンパじゃない暑さが続いたと思ったら、急に涼しくなったり秋雨が早まったり。

             いつもなら残暑が残っている9月のはじめ、ところが今年は涼しいと来たもんだ。

             おかげで油断しまくりで出撃、思いっきり打ちのめされて来ました (^^;

 

 

 

 


        05日(金曜)

          週末の天気予報が芳しくなくて、ドタキャンも視野に入れて迎えた金曜日の朝、なんとか土曜日の天気は

          持ちそうな気配。

          そんじゃ、場合によっては土曜の夜帰宅も考えつつお出掛け決行!

          久々のお出掛けなんで昼間っからココロウキウキ (>_<)

 

          いつも通り、帰宅後は粛々と準備。   ショートキャラバンとは言え、じゅでぃ の持ち物があるんで結構な

          荷物、お気軽に考えていたけど、既に汗だく・・・

          自宅近所のGSで給油、出発したのはPM22時。

          ここ数日の涼しさはどこへやら、結構蒸し暑い中を 一路 千葉県富津市へ。

 

          今回のルートは いつもの千葉行き(アクアライン経由)ではなく、東関道ルートをチョイス。

          (特段の意味はなし、ただ なんとなく)

          首都高 川口線、湾岸線、東関道 いづれもガラガラで、燃費走行してても快適でした。

          泊地の富津公園にはAM23:55 に到着。    む〜ん・・・・ 風が弱くて蒸し暑いぜ・・・・

          窓を全開、ベントを排気モードで動かしてみるも、地面の熱が抜けていないので、空気そのものがボワンと

          暑ぼったく、いっこうに涼しくならん!

 

          よ〜し! こういうときはバキッと冷えたビールで、体の中から冷やすしかない! (^^;

          缶ビールをタチマチ2本、きゅ〜とヤッた!  ンマイ!

          でも、涼しくなら〜ん!! (ToT)

 

 

この時期はやっぱり 秋味でしょ!

 

暑いんですけど・・・

(保冷材で冷やしてます)

 

 

 

          時刻は既にAM2時少し前。  流石にこの時間になると運転の緊張も解けて睡魔が襲ってくる。

          車内は暑さが残ってる。 でも暑さよりも睡魔のほうが強かったようだ。  わははは!  (ToT)

          冷凍庫からアイスノンを引っ張り出し、覚悟を決めてベッドへ。

 

 

        06日(土曜)

          アヅイ! 寝苦しくて目が覚めた・・・  時刻はAM3:30。  まだ1時間半しか寝て無いじゃん・・・

          ダイネットのほうが幾分か涼しいんで、しばらくソファでウトウトしながら涼んで再びベッドへ。

          なんとか朝まで寝られました・・・  (^^;

 

          目が覚めたのはAM5:40、いやはや今日の目覚めは最悪!

          寝不足もあるけど、暑さによる寝苦しさがハンパじゃなく、寝起きの段階で既にジットリと汗ばんでます。

          ここ数年、夏場の暑さ対策をバッチリ投入することで快眠出来てたから、こんなに寝苦しかった記憶が無い。

          ここ数日の涼しさで、まったく油断してたのか、今回の寝苦しさには参りました (>_<)

 

 

 

          さて話を戻して。

          心配していた天気は、空を見上げる限り問題無さそう。   いや、問題どころか「夏空」が戻ってきた感じだ。

          加えて、一体全体どうしたんだ!? っていうほどの湿気!

          もうほとんど サウナにいるんじゃないの?って位に朝からジットリ。

          もの凄く湿気を含んだ生温かい風が海から吹いてくる・・・・    最悪ですな  (^^;

 

 

天気は上々、但し湿度が異常に高い!

 

貼ってみました (もちろん手切り)

 

 

 

          さて、ブツブツ言っても仕方ない、ともかく行動しましょう。

          AM6:15に富津公園を出発、海沿いのR465、R127で南下、途中の上湊海浜公園に立ち寄りって

          朝食と じゅでぃ の朝散歩。

          木陰にクルマを停めておけば、富津公園よりも かなり快適。

 

          朝食後、今日の行動予定を大まかに確認。  この後は

 

            @富山(とみさん)で 軽くトレッキング

            A道の駅やスーパーで土産や食材を購入

            Bお風呂

            C暑さを考えて、帰宅するかもう1泊するか判断

 

          という感じ。

          @のトレッキングは、5月以来の山歩きなんで、今回の目的である「リハビリ」も兼ねて軽めに。

          Aは最近ハマっている産直の野菜をメインに。

          B朝からジットリなんで早めにサッパリしたい。

          C今朝のような寝苦しさは勘弁。 風呂上りに状況を見て判断する。

 

          そうと決まれば即行動、最初の目的地 富山は、道の駅 富楽里とみやまのすぐ近く。

          事前調査では富山中学校の近くに登山者用Pがあるらしい。

 

          走ること40分。

          富山中学校に到着したものの、工事なんかもしてて駐車場が見当たらない・・・  あれ?

          工事の誘導員に促されるまま、暫く先に進むと 伏姫籠穴に到着。

          5台ほどの駐車スペースは誰もいない状態、駐車場の整備はバッチリだし、綺麗なトイレも完備、登山口の

          案内も出ている・・・    おぉ、なんか予定の駐車場ではないけどココでOK!!  (^^;

 

 

 

上湊海浜公園  ここは静かでP泊には良いね

 

 

 

 

 

 

 

          富山は標高350mほどの低山で、里見八犬伝の舞台になったところらしい。

          所要時間、距離も短いので リハビリには持って来いではないか? ってことでチョイスした。

          現在の時間と、往復してくる所要時間から考えると弁当は不要。

          でかいザックはやめて大きめのウエストポーチに水分とオヤツ、但しウェアと足元はキチンとトレッキングに

          対応するようにして、空身に近い恰好でAM8:50、出発です。

 

          駐車場脇の登山道の案内板に沿って、15分ほど舗装路をエッチラオッチラ登っていくと舗装路の終点、

          突き当りに富山へのアプローチ、本来の登山道の入り口を発見。

          げっ!   いきなり 膝壊しの階段!!  (^^;

          む〜ん・・・ リハビリなのに最初からキツイな・・・・  かといって戻るわけにはいかんしな・・・・

          よし!  いくぜ!!  呼吸を整え、意を決してスタートです。

 

 

 

荷物は最小、身軽に行きます

 

伏姫籠穴  帰ってきて余裕があったら見学しようっと

 

駐車場のすぐ隣からスタートです

 

最初は鬱蒼とした木々の中、舗装路です

 

なんか南の島、ジャングルにきたみたい(暑いし)

 

荒れ放題です

 

あまりの暑さ、湿気に早くも水分補給

 

本格的な登山道、スタートは膝壊しです (^^;

 

 

 

 

 

          久しぶりの山歩き、いつもなら周囲に聳える木々や木漏れ日を感じたり、足元の草木に目が行って、

          楽しく歩けるんだけど、いやはや今日は全くのベツモノ!

          荒れ放題だし、蜘蛛の巣は凄いし、カナヘビやカエル、ヘビがうじゃうじゃだし、木漏れ日どころか

          木が生い茂って暗いし、なによりも蒸し暑い  (^^;

 

          顔、頭から汗が滴ってるし腕も汗でビッショリ。

          体を動かすことによる汗、太陽を浴びたことによる汗と違って、湿気がカラダに纏わりついてビッショリに

          なってる感じで、とにかく不快。

 

          気分が晴れないから、どうしても モクモクと登っていくことになる。

          そうなると、なんとなく「作業」って雰囲気になっちゃって、汗ビッショリの不快さに、更にプラスされるツマラナさ。

          まさに負のスパイラルですな (>_<)

 

 

 

この階段っていうのも、整備されてて良いようで良くない

 

保守されてないから段差がキツくなっても放置されちゃう

 

周囲の岩肌は見事です

 

この蜘蛛の巣に悩まされた

 

暑さと湿気でバテバテ

 

はい、トップ交代!

 

                    

 

 

          登山道のアチコチにデッカイ蜘蛛と、蜘蛛の巣があって いやはや辟易。

          「ぎゃ〜! デッカイ蜘蛛〜!」って叫んじゃいそうな大きさと数。

          (ウチのママは眉間に皺を寄せるだけですが・・・・)

 

          落ちていた小枝をクルクル回しながら蜘蛛の巣をよけて行かないと、体中に引っかかる。

          まるで トウセンボ されたようで、なかなか進んで行けない。

          (それでも時々、顔や腕、足元に蜘蛛の糸が絡んでくる・・・)

 

          蜘蛛の巣と格闘しつつ陰々滅々と登ること50分、やっと北峰南峰の分岐に到着。

          ここまで来ると、湿気は相変わらずなものの、展望が少しだけ開けてきて風が気持ち良くなってきた。

          北峰 手前の東屋で しばし休憩、標高を上げた分、いくらか風の温度も下がった様子。

          今回は 早い段階で気持ち良く山を歩くってことを諦めてた。  だからその分、この風が思いのほか気持ち良く

          感じたのかな。

 

          今回、でかいザックを背負わずに来たのは正解だったようで、とにかく全身汗だく。

          あご、うなじ、もみ上げから滝のように汗が流れ不快極まりない。

          ザックを背負ってたら、きっと背中が大変なことになってはずです。

          10分ほど、しっかり休憩、クールダウンしてリスタート、目指す北峰はすぐソコ。

 

          頂上直下、最後の膝壊しの階段にも負けず、登り続けることしばし。

          北峰 山頂にはAM10時 に無事到着。

          山頂直下には展望台も設置されていて、いかにも人が多く来そうだけど、実際には登り始めてから 

          ず〜と誰にも会わずにココまできた。

          山頂にも、広場にも、そして展望台にも人はいない。

          う〜ん、良く言えば貸切?  悪く言えば不人気の山?  ってところかな  (>_<)

 

 

北峰・南峯の分岐に到着!

 

 

 

なんだか照れくさいモンがありました

 

一応、鳴らしてみる  (>_<)

 

里見八犬伝、映画になってたね

 

頂上に向け、最後の一登り!

 

やっと到着〜

 

唯一気持ち良かった展望台

 

 

 

 

 

 

          東屋での休憩と、展望台での休憩で いくらか気持ちの良い風に吹かれたこともあって汗も少し引いてきた。

          よし! 下山するなら今だ!!!

 

          普段は、冬場になると訪れる低山。  富山のような双耳峰の場合、当然 両方の峰にアタックする。

          でも今日は 突然の残暑復活&激しい湿気 で、ノックアウト寸前、南峰は諦め、来た道を戻ります。

          下山を始めると、やっと気持ちに余裕ができたのか、少しだけ周囲の木々に目が行くようになった。

          広葉樹の立派なヤツ、針葉樹の林、ジャングルのように木々に絡みつく蔦のような植物・・・

          皇太子殿下、雅子妃殿下が登られたらしく、その際に手入れされたのか、間伐採された木々が登山道脇に

          雑多に転がってる。

 

 

展望台から。 今日は富士山が見えないねぇ

 

コッチ方向には東京湾観音。  見えないけど・・・

 

右に行きます(下山)

 

時々、癒される存在に出会う

 

下山になって、少し気持ちの余裕が出来た

 

これには癒されないなぁ

 

日が出てきて暑いけど、雰囲気は良い感じ

 

湿気さえなければ!

 

紫陽花の仲間らしい

 

 

 

 

 

 

          往路で苦労した蜘蛛の巣は、切り開きつつ登った甲斐あって下山時は気にならず。

          これだけが良かったことかな  (>_<)

          無事、クルマに帰還したのはAM11時、都合130分、3.3km の山旅でした。

          駐車場には、観光客(登山客)が使えるように水道が設置されていたので、汗だくの顔、腕、首筋を

          キリッ!と冷えた水でザバザバと流して一息。

          さっきまでの暑さ、湿気が嘘のように駐車場は涼しく、アヂアヂの体は嘘のようにクールダウンできました。

 

          シューズを洗って乾かしてる間に、コンビニおにぎりで軽く昼食を済ませ、PM11:50に伏姫籠穴を出発、

          すぐ近くのの駅 富楽里とみやま へ移動して産直で希望通りに野菜と今夜のツマミを購入。

 

          よし! あとは お風呂だ!! ヽ(^o^)/

          昨夜〜今朝の寝苦しさでジットリとかいた汗、富山へのトレッキングでかいた大汗で、自分がすっごく臭い!

          兎にも角にも! 一刻も早く! 速攻で!  (全部おなじか!?)   なんでも良いけど汗を流したい!!

          どこで入る? ばんやの湯か? えっ?混んでるはず?  んじゃどこだ?  やっぱ、君津の湯か? (>_<)

 

          スーパー銭湯だけど、ハズレが無いって意味でも利用頻度が非常に高い 君津の湯

          お湯がサッパリ系なんで、今日みたいに汗を流すにはピッタリ。

          そうと決まれば話は単純。  R127をひたすら北上、逸る気持ちを押さえて燃費走行に徹して移動。

          到着はPM13:30。  いつもより駐車場はガラガラで、ノンビリと気持ち良く入れそうな嬉しい予感・・・

 

          頭をガシガシ!  体をゴシゴシ!  いつもより力を込めて一気に洗い上げて、待望の湯船へ。

          ジェットバスで筋肉を解し、日替わり湯のミルクバスでお肌のお手入れ ♪

          露天で目一杯、手足を伸ばしてたら 脹脛が攣りました・・・  (ToT)

          予想通りというか、期待通りというか、ガラ空きだったんで、45分の入浴でも十分満足。

          入湯前は「少し蒸し暑い」って感じてた風も、風呂上りだと心地良いのはなぜ? 肌の脂が抜けたせい?

          ともかく、これなら「暑いから帰る」って言わずに、少し標高をあげればなんとかなるかも。

          道の駅きみつ あたりなら、川沿いだし なんとか涼しいんじゃない? ビールも我慢しなくて良いし・・・ (^^;

 

          ママも異論は無い様子。   そんじゃ、ビールを買って道の駅に移動しますか!

          君津で買い物と言えば、言わずと知れた 青空ジャンボセンタージョイホン(ジャパンミート)

          キャンカー乗りからすると、ジャンボセンターがお勧め。  (ジャパンミートは駐車場狭し)

 

          早速移動。 いや、って言っても走ること3分。   ジャンボセンターの駐車場もガラガラ。

          ジャンボセンターは、魚屋、肉屋、八百屋、酒屋の4店が軒を同じくした店舗。

          オレら世代的には、「●●フードセンター」って言うほうがピッタリくるね。

 

          端から見て回り、今夜のツマミ、明日の朝食、ビール等々を無事に購入。

          そうそう、自宅用に旨そうな和牛肉も購入。   さて、そんじゃ道の駅に向かいますか!

          20kmほどの道のりも、4月から無料化された房総スカイラインを使えば遠く感じない。

          到着はPM15:30。

 

          売店側の駐車スペースが落ち着くまで、道路を挟んだ向かい側、笹駐車場で待機。

          その間に じゅでぃ の散歩、ガス抜きを済ませます。

          ころ合いを見計らって本格的に落ち着いたのはPM16時。

 

          やっと呑める!って思ったとたん、これまで我慢してきた 「ビール呑みたい症候群」が一気に発症。

          プシ!っとプルトップを引きちぎり、喉に叩きつけるように ングングと飲み干せば・・・・

          プハーッ! やっぱコレだよ、コレ!! (>_<)

 

やっと呑めるぜ!

 

 

 

 

 

          こんな早い時間から呑んじゃって良いのだろうかっていう、若干のウシロメタサも、無いわけじゃない。

          時間的には遅い午後、早い夕方って感じだし、大好きっ!のオフ会だとママ「まだ駄目!」って

          言われてる時間  (^^;

 

          む〜ん、良いのか?  う〜ん、良いんじゃない?  うん! 良いのだ! 

          と言う、の 3段論法 (どこが論法なんだ?) により良いことに決定。 悩んだのは5秒でした  (^^;

 

          こんな時間から呑んで、きっと早寝のパターンになるのは解ってる。

          でも良いのだ! 寝不足だし疲れてるし!

          唯一の心配は寝苦しさだけ。  いまこの瞬間でも期待したより涼しくないんで、昨夜の悪夢が蘇る。

          でも、寝苦しさも判らない位に酔ってしまえば良いのだ  (>_<)

 

          朝食がパンで、昼食はオニギリ2個だったから、胃袋はさっきのお風呂のようにガラガラ。

          テーブルを埋め尽くす沢山のツマミも問題なし!  アルコールだって 缶ビール2本、焼酎ロック3杯!

 

          呑み始めて2時間半。  良い塩梅に酔っ払ったし、ソロソロ目蓋に重りがぶら下がってきた。

          でも、まだ少し暑いんだよな〜  どうしよっかなぁ〜 と言いつつ、なんとなくベッドへ。

          時刻はPM19時になったところ。   ほ〜ら、やっぱり早寝だ・・  (^^;

 

 

     

        07日(日曜)

          AM5:30起床。

          昨夜は案の定、寝付いてすぐに暑くて起きた・・・   ダイネットのほうが涼しいんで、そっちに居たら、

          じゅでぃ 「アタシの寝床なのよ! 邪魔しないでよ!」 って感じで 迷惑そうな顔して見てた  (>_<)

 

          ベッドのに戻ってからは朝まで爆睡出来たんで寝不足じゃないし、二日酔いもない。

          でも、「寝苦しかった」って言う記憶だけは鮮明で、気持ちの良い目覚めじゃなかったです・・・・

 

 

 

今朝はドンヨリ(道の駅きみつ)

 

 

 

 

 

 

 

          ブツブツ言っていても仕方ない、朝食にしましょう。

          朝食は、昨夕 ジャンボセンターで買ってきたササミチーズカツを食パンに挟んだだけのお手軽サンドと

          何時ものコーヒーです。

 

          恒例の車内清掃、片付けを終え、道の駅を出発したのはAM7:30。

          後はノンビリドライブで寄り道しつつ帰宅するだけ。

          早朝のせいもあり、クルマを走らせれば冷たいくらいの風、一昨夜、昨夜の不快な寝苦しさはなんだったんだ?

 

          クルマは順調に進み、君津〜亀山湖〜久留里〜小櫃と抜けて木更津R16へ合流。

          そのままR16で北上し、一気に幕張まで移動。

 

          時刻はAM9:20、じゅでぃ の息抜きに ワンコ連れでも立ち寄れるってことで海浜幕張駅すぐ横の三井アウト

          レットパークに寄り道。

 

          ところが!  到着して外に出たとたんに大雨・・・・ 近くの公園に行ったものの、雨の嫌いな じゅでぃ

          クルマに一目散! 猛ダッシュ!  水たまりを突っ切る じゅでぃ !  リードを持つσ(◎◎)

          靴の中までずぶぬれ!

 

          仕方なく じゅでぃ をクルマに待たせて人間だけ息抜きです  (^^;

          いくつかショップを覗いたんだけど、もちろんモンベルにも。

          もう買うものは無い!と言いつつも、モンベルに寄るとねぇ・・   買っちゃうよねぇ・・・ 

 

          きっとアウトレットコーナーを覗くのがいけないんだなぁ・・・   あっ! 安い! とか思うとついつい買って

          しまうんだなぁ・・・

          腕は2本だし足も2本。 体は1つしかないんだけどねぇ・・・  (>_<)          

 

 

お手軽サンドの朝食

 

つい寄っちゃう・・・

 

 

 

 

          とはいえ、買ったその瞬間はホクホク、ニコニコ。

          スキップしそうな勢いでクルマに戻ります。   (^^;

 

          さぁ、あとはほんとに帰るだけ。

          まだ午前中、混雑しないうちに移動しちゃえばラクチンなはず。

          ルートは 湾岸線沿いのR357(湾岸道路)葛西へ移動、葛西JCTから中央環状沿いの船堀街道

          荒川沿いの堤防道路で小菅へ抜け、小菅JCTから川口線下を走って一気に地元まで。

 

          自宅近所での昼食を挟み、帰宅はPM13:10。

          予想外の残暑、こんなに睡眠に障害があったのって何時以来だ? って感想のキャラバンでした。