ボタン

スジクワガタ

ライン
写真スジ♂
写真はスジ♂33mm
採集地:新潟県湯沢町I地点
採集日:2000/9/24

分布
北海道、本州、四国、九州、伊豆諸島、隠岐

大きさ
♂体長 14mm〜39mm
(貴重サイズ 34mm以上)
♀体長 14mm〜25mm

生態
6月上旬〜9月下旬に成虫は出現します
成虫はクヌギ、コナラ、ミズナラ、オニグルミ、ヤナギなどの樹液に集まります
湯沢町では標高350m以上では見られないようです。
(訂正、2000/9/26標高650mで採集しました。)
(訂正、2000/11/14標高1200mで採集しました。)
比較的標高の高い場所にも生息するようです
高標高地のスジは小さな個体が多いです

採取方法
クヌギ、コナラ、ミズナラ、オニグルミ、ヤナギなどの
樹液の見回り、夜の街灯の見回り等

幼虫は、各種広葉樹の湿った朽ち木でみられます

特徴
色は黒色又は他のクワガタに比べ茶色がかっています
オス、メスともつや消しで光沢はありません。
たまに黒色で光沢のあるものもいます。
高標高地のスジは光沢のある小さな個体が多いです

小型のオスやメスでは上翅に明らかなスジが現れることから
容易に区別することができます。
写真スジ♂
写真はスジ♂25mm
採集地:新潟県湯沢町I地点

採集日:2000/9/24


顎と歯の特徴

コクワガタに一見似ていますが、大型のオスは大あごの形が異なります、
また小型のオスでも大あごの小歯がなくなることはなく、
コクワガタとの識別も容易に出来ます。

写真スジ♀
写真はスジ♀21mm
採集地:新潟県湯沢町I地点
採集日:2000/9/24

写真スジ♀
メスの見分け方
羽には明瞭なスジがあるので解り易いです。
オオクワガタのメスにも同じようにスジがありますが、
スジクワガタは光沢もなく小さいので
間違える事は無いと思います。

たまに光沢のあるものもいます。↓
スジクワガタ
スジ♂20.5m

スジクワガタ
スジ♀18.6m
ライン
Home