ボタン

ヒラタクワガタ
ライン
写真ヒラタ♂
新潟産(写真は“福島県のクワガタムシ”の安達さん提供です)

分布
本州、四国、九州、伊豆諸島、
隠岐、対馬、屋久島、種子島

大きさ
♂体長 24mm〜78mm
(貴重サイズ 65mm以上)
♀体長 20mm〜45mm

生態
6月から9月に温暖な平地の雑木林に出現します

成虫は、クヌギ、コナラ、ヤナギなどの樹液に夜間集まります。

特徴
夜行性で大変気性が荒いです

採取方法
成虫はクヌギ、コナラ、ミズナラ、ヤナギなどの樹液に夜間集まるので
夜の樹液の見回り等

湯沢町では見られないようです。
私も捕獲したことがありません、おそらく湯沢にはいないと思います。
誰か捕獲したら教えてください
そして、写真を撮らせてください、お願いします。

幼虫は、各種広葉樹の朽木でみられます


写真ヒラタ♂
顎と歯の特徴

大あごの基部に近い内歯とその先の付属歯が特徴です

顎は先端で大きく内側に曲がっています

基部に大きな歯があり、この歯から顎の先端まで
こまかい歯が並んでいます、小さい固体はこの歯がないものもいます


メスの見分け方
全体に光沢があり、体幅がひろくずっしりとしています。
複眼(目)の縁取りが半分以上あり
死んだ振りをして固まった状態になると長い間身動きしません。
コクワガタと比べると足が太く短いです。

飼育方法
ヒラタクワガタは乾燥を好みません。
適度に湿度を保つよう、
時々キリフキで水分補給をしてください。

オスは大変気性が荒く、いつも喧嘩をしています
飼育ケースには1ペアのみにして下さいネ!。

ライン
Home