車の一言

Car 車

車のちょっと一言

  
車[car]は日常の移動手段として、
また趣味[Hobby]レジャー[Leisure]などの道具として、
今や人々の生活に無くてはならない物になっています。
免許があれば誰でも気軽に乗ることが出来る便利で身近な乗り
物です。しかし、に関する知識や情報をあまり持たないドラ
イバーが多いのも事実です。車の知識や情報がないために困っ
たり、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。
そのような観点から、このサイトでは車に関する基本的なことをもっと多くの方に学んで頂こう。

選び

初登場モデルが2車種のみとなった3月。
新車効果の続くモデルと、
巻き返してきた常連モデルに二分されました。
そんな中でも、各社から登場した軽自動車たちに
注目です。初登場「ホンダ ゼスト」、「三菱 アイ」、
さらにはママと子どもに向けた「スズキ MRワゴン」、
低価格に挑戦した「ダイハツ エッセ」など、
どのモデルも個性的で実力派揃い。

来月にはモデルチェンジを終えたライバル達を迎え撃つべく、
「ホンダ オデッセイ」のビッグマイナーチェンジが
予定されています。
人気モデルだけに、注目度は高そう。

ちょっと

車は家と並んで持主の個性や考え方を強く反映する物だと思う。個性どころかその人の生き方ーー
生活哲学ーーをそのまま象徴しているとも言える。

ある人にとっては自分の存在をアピールするための大切な道具だし、ある人にとってはその社会的地位に相応しい(と考えている)飾り物である。車を所有すること自体がステータスシンボルだった時代ーーースバル360やホンダN360、トヨタパブリカ、トヨタS800、マークUハードトップ等が輝いていた時代ーーーはすでに遠い過去のことだが、現在でも、乗っている車によってその人を判断しようとする傾向は無くなってはいない。

だからこそ大多数の人達は出来るだけ良い車(通常は価格の高い車)に乗ろうとする。あらゆる種類のローン制度が発達した今では、所有する車とその本人の財力は必ずしも一致しないから、事態はより複雑になる。

ところで「良い車」とは、どういう車だろう? デザイン、走行性能、豪華さ、操作性、安全性、乗り心地、経済性、耐久性、対環境性などなど。その人が「良い」と判断する基準はいろいろあるが、その基準の決め方によって選ぶ車は「天と地」ほど違ってくるのだ。

私自身の基準をあてはめると、「天を駆ける車」ではなく「地を這う車」になってしまう。車を選ぶ時、私には明確な4つのポイントがある。それは勿論、我が家のライフスタイルをそのまま反映しているのだ。
carstadium.net/car.com/carmag/CAR and DRIVER/carstyling/
gtr-world.net/5minutesformom.com/carfreedays/
How-to Save Money on Car Rentals
/Car Seat Cover a Little Piece of Magic/

extratv/hdptcar.net/yankodesign.com/chinacartimes.com/

Dual・Planning