心身統一合氣道 祐心館道場

 

トップページ
  子どもクラス
  大人クラス
  氣のクラス

  指導責任者プロフィール

  心身統一合氣道とは

 

  各教室のご案内

  宮城県内の教室

 福島県内の教室

 岩手県内の教室

 青森県内の教室

 

  費用について 
  今月の稽古日一覧表

 昇級段の報告

  子供合宿の記録
  地域での実践

  会員の皆様の声

  お知らせ

 

 

 

 

心身統一合氣道会
ホームページ内の

道場紹介ページへ

 


メール
 

  

指導責任者 福田伸寛のプロフィール

 

 

宮城県仙台第一高等学校、学習院大学 法学部法学科卒業。

弁護士を目指し法律学に傾注していた大学生時代から、中村天風先生が創設した天風会で心身統一法を学ぶ。

その後心身統一合氣道会の創始者藤平光一先生に巡り合い、以後藤平光一先生に師事し心身統一合氣道をお伝えすることを通して世の中に貢献する道を志す。

 

心身統一合氣道学院、東京氣圧療法学院(現・氣の健康学院)を卒業し、東京氣の健康学院の講師を7年間勤め教学部主任を歴任。

心身統一合氣道 七段、心身統一合氣道会 師範、心身統一合氣道会 審判員
平成19年度 全日本心身統一合氣道競技大会 体技審判員
平成20年度 第4回国際心身統一合氣道競技大会 体技審判員

平成21年度 全日本心身統一合氣道競技大会 体技審判員

平成22年度 全日本心身統一合氣道競技大会 体技審判員
平成25年度 全日本心身統一合氣道競技大会 主審判員、体技審判員
平成26年度 全日本心身統一合氣道競技大会 主審判員、体技審判員
平成27年度 全日本心身統一合氣道競技大会 主審判員、体技審判員

 

高校までバスケットボールに専念し、高校総体で宮城県大会二度の優勝。全国大会に進みベスト4進出に貢献。

大学時代はクラブチーム選手権東京都代表で全国大会に進むと共に学習院女子高等学校の部活動をコーチとして指導。生徒は東京都ベスト16から常に上位を臨むチームに成長。  

大学時代には日墺国際スキー協会のプロスキー教師として、オーストリアのトッププロ指導者の指導を受けた経験を持つ。  

 

藤平光一先生は「合氣道の世界の中だけで正しいといくら主張していても、あらゆる世界で正しいと通用するものでなければ本当に正しいとは言えない。」と常に語られています。一人よがりにならず、常に正しさに対して謙虚に、実践検証して行く姿勢が大切です。

他のスポーツ、芸道、教育等の分野から求められる期待に十分応えることがで出来てこそ、本当に正しいと言い得ます。

青春期にスポーツに親しんだ経験から、藤平光一先生の教えの説得力、その述べられる意味を本当に実感することが出来ました。

現在多くのスポーツの分野において心身統一によってプレーの質を高める指導や、社会生活の向上に心身統一を活かす社員研修等幅広い分野で活動しています。

 

 

どこの国、どんな時代においても人間こそが社会の財産です。心身統一道の学びを通じて、人間の本質的な能力の素晴しさ、一人一人の可能性を確信している者として、私達が心身統一合氣道をお伝えする目的は第一義的に『人を育てること』にあります。


大人も子供も一人一人誰もが無限の可能性を持っていますが、それは同時に各々が成長への課題を持って生きているということでもあります。

特に子供達は人生体験も少なく成長の途上にあるのですから足りない面が多く目に付くのは当り前のことです。 人は体験を通して氣付きを得、氣付きから成長への足がかりを得て飛躍の一歩を踏み出すのです。目の前の課題の一つ一つと真剣に向き合い、格闘し、解決して乗り越えていくこと。それがまさに成長ということだと思います。

ですから、私達大人にはこの様な可能性に満ちた子供達を見守り育てる責任があります。 子供達の氣付きを大切に思い,一緒に共感し、支えてあげることで、私達大人は子供達に未来を託すのだと思います。

このことは人を育てる、自分を育てるという意味において、大人であっても本質的に変わりはありません。失敗を経ずに成功するということはあり得ません。失敗の原因を直視し、正面から原因と向き合い成長に繋げることこそ大切です。日々の成長が成功への唯一の道です。

 

私達が心身統一合氣道を学ぶ目的は、私達の身の周りの出来事を他人や社会のせいにしてそのまま不本意に受容するか、あるいはそれらを敵視し拒絶するという選択肢しか持たない生き方ではなく、もっと主体的にすべてを自分自身で律して行ける人間に成長することにあります。言葉を替えると、身の周りに生じる出来事すべてを、自分自身の成長の糧に出来る積極的な生き方を掴むことにあります。

その土台になるのが私達一人一人に与えられた能力や個性ですが、その与えられた能力とその可能性がいかに絶大なものであるかに氣付けるのが実は心身統一合氣道の稽古なのです。

 

合氣道の技で相手を投げるには、まず自分自身の心と身体(姿勢)をコントロールし磐石な状態で能力を発揮しなければなりません。

その上で、周りの状況や相手の氣持ちを察し、「相手を尊重し理解する心」が備わることで初めて相手を導くことが出来ます。

これが心身統一合氣道の本質です。同時に人と人との関わり方、人間関係を築く土台となるものでもあります。人と人との信頼関係や縁を大切にした生き方とここで繋がっています。

 

つまり心身統一合氣道は自分自身の人間性を磨くことであり、生き方を確立することです。そして自分の成長を稽古を通して実感出来る場なのです。共に学ぶ皆さんと一緒にこの道に身を置くことを私はとても幸せに思っています。

 

私達は素晴しい、価値高い生命を幸運にも両親、大自然から与えられました。

その事実にふさわしく、自分自身の可能性を信じて将来に希望と目標を持ち、社会の発展を信じてこれに寄与出来る人間に日々成長することこそ、与えられた価値高い生命を全うする真の道だと思います。

 

私達は専門家の集まりです。ご縁があって出会った皆様お一人お一人のお役に立てる為に、これからも常に研鑽努力して参ります。

ご一緒に学んで参りましょう。

 

 

 

我が師、一般社団法人 心身統一合氣道会の創始者藤平光一先生について。

藤平光一先生は合氣道の開祖植芝盛平先生の下で師範部長というトップの要職を30年近く担い、その間合氣道界に最も貢献され開祖から十段位を授与されています。
また現在の海外での合氣道の普及は、藤平光一先生が昭和28年に単身で渡米して以来長年渡航を重ねてその礎を築いたものです。
普及の過程で体格の違う多くの力自慢を相手にされて来た経験から、少しでも力に頼っていると海外では全く通用しないことを最も身を以て体感されている方です。
その意味で、開祖が身をもって示された全く力に頼らない合氣道を、最も理解出来やって見せれる方でもあります。
開祖植芝盛平先生が逝去された後も開祖のご遺志を守られて三年間要職を担い続けられました。

また藤平光一先生は中村天風先生の下で師の説く心身統一法を最も深く理解し徹底して実践されたことで大変信頼されました。そして後継者として最も望まれた方です。

天風先生から『心が身体を動かす』ことを説かれ、「そうか!」と氣付かれた後、藤平光一先生の合氣道は一氣に開花したのでした。

 

そして心身統一合氣道会を創設されてからはそれまでにも増して、合氣道界に留まらず、プロ野球をはじめとするスポーツ界、能、歌舞伎、音楽、華道、書道、絵画等の世界にまで多くの会員、賛同者を得られ、合氣道の根底にあって揺るがない「心身統一道」の進化と普及に邁進されて来られました。



中村天風先生は旧柳川藩主の血縁として誕生し、青年期は軍事探偵として中国大陸を活躍の舞台としておられました。

長年のあまりに過酷な軍事探偵としての生活から進行性の結核を患い、それを期に密出国して渡米しコロンビア大学で医学博士となり、更にドイツで哲学を学ばれました。

死期を覚って日本へ帰国する途上、偶然同船したヨガの大聖者カリアッパ師に同行してインドのヒマラヤの麓に赴き、外国人として唯一悟りを得て下山を許された方です。現地では今でも「中村三郎」の名は語り継がれています。

日本への帰途、中国の辛亥革命に最高軍事顧問としてかかわり、孫文が日本に亡命する折に帰国。その後、銀行を経営されました。

この様な波乱の人生を歩まれた末に事業の全てを手放され、ヒマラヤの麓で自ら悟得した心身統一法を広く世に説く道につかれました。

そして昭和の初期から中期にかけて驚く程多くの皇室、政財界、科学者、思想家の方々に強い影響を与えた方で、終戦直後の一時期にはGHQを通じて米軍将校にもその名を知られた逸材です。