↑読み方とか、意味とか。参考になります。



一番右が読み手です。(敬称略)
名前を押すと、読み手のサイトに飛びます。

01  秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣では露にぬれつつ  天智天皇   珀兎
02  春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山  持統天皇  珀兎
03  あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかもねむ   柿本人麻呂  みかみ はる
04  田子の浦にうちいでて見れば白妙の 富士の高嶺に雪はふりつつ  山部赤人  みかみ はる
05  奥山にもみぢふみわけなく鹿の 声聞くときぞ秋はかなしき  猿丸大夫  朝倉 奏
06  かささぎの渡せる橋におく霜の 白きを見れば夜ぞふけにける  中納言家持  皆瀬琉衣
07  天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山にいでし月かも  安部仲磨  綾瀬 尚樹
08  わが庵は都のたつみしかぞすむ 世をうぢ山と人はいふなり  喜撰法師  新党結成
09  花の色はうつりにけりないたづらに わが身よにふるながめせしまに  小野小町  三木 來智
10  これやこの行くも帰るもわかれては 知るも知らぬも逢坂の関  蝉丸  新党結成
11  わたの原八十島かけてこぎいでぬと 人には告げよあまのつり舟  参議篁  ジョーカー
12  天つ風雲のかよひ路吹きとぢよ をとめの姿しばしとどめむ  僧正遍昭  綾瀬 尚樹
13  つくばねの峰よりおつるみなの川 こひぞつもりて淵となりぬる  陽成院  架七里
14  みちのくのしのぶもぢずり誰ゆゑに 乱れそめにしわれならなくに  河原左大臣  佐倉 悠
15  君がため春の野にいでて若菜つむ わが衣手に雪はふりつつ  光孝天皇  小日向 麦
16  立ちわかれいなばの山の峰に生うる まつとし聞かばいま帰り来む  中納言行平  藍恋ララ
17  ちはやぶる神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは  在原業平朝臣  日向 輝美
18  すみの江の岸による波よるさへや 夢のかよひ路人めよくらむ  藤原敏行朝臣  城山 ゆうと
19  難波潟みじかき芦のふしのまも あはでこの世をすぐしてよとや  伊勢  野田 敦
20  わびぬればいまはたおなじ難波なる みをつくしてもあはむとぞ思ふ  元良親王  南条 あきら
21  今来むと言ひしばかりに長月の 有明の月を待ち出でつるかな  素性法師  長月 あさ
22  吹くからに秋の草木をしおるれば むべ山風を嵐といふらむ  文屋康秀  南条 あきら
23  月見ればちぢに物こそかなしけれ わが身ひとつの秋にあらねど  大江千里  宋理亞
24  このたびは幣もとりあへず手向山 紅葉の錦神のまにまに  菅家  弥本 ユウラ
25  名にし負はば逢坂山のさねかづら 人に知られてくるよしもがな  三条右大臣  黒石 かさご
26  小倉山峰のもみぢ葉心あらば 今ひとたびの行幸またなむ  貞心公  凛廻
27  みかの原わきて流るる泉川 いつ見きとてか恋しかるらむ  中納言兼輔  皆瀬琉衣
28  山里は冬ぞさみしさまさりける 人目も草もかれぬと思へば  源宗于朝臣  架七里
29  心あてに折らばや折らむ初霜の 置きまどはせる白菊の花  凡河内躬恒  城山 ゆうと
30  有明のつれなく見えし別れより 暁ばかりうきものはなし  壬生忠岑  藍月 玲紗
31  朝ぼらけ有明の月と見るまでに 吉野の里にふれる白雪  坂上是則  佐倉 悠
32  山川に風のかけたるしがらみは 流れもあへぬ紅葉なりけり  春道列樹  緑野葉っぱ
33  久方の光のどけき春の日に しづ心なく花のちるらむ  紀友則  朝倉 奏
34  誰もかもしる人にせむ高砂の 松も昔の友ならなくに  藤原興風  佐伯 泰輝
35  人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香ににほひける  紀貫之  ジョーカー
36  夏の夜はまだ宵ながらあけぬるを 雲のいづこに月やどるらむ  清原深養父  皆瀬琉衣
37  白露に風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける  文屋朝康  弥本 ユウラ
38  忘らるる見をば思はずちかひてし 人のいのちの惜しくもあるかな  右近  さつき いちご
39  浅茅生の小野の篠原しのぶれど あまりてなどか人の恋しき  参議等  香月 葵砂
40  しのぶれど色にいでにけりわが恋は 物や思ふと人のとふまで  平兼盛  三木 來智
41  恋すてふ我が名はまだき立ちにけり 人知れずこそ思ひそめしか  壬生忠見  さつき いちご
42  ちぎりきなかたみに袖をしぼりつつ 末の松山波こさじとは  清原元輔  木弦 葉卯瑠
43  あひみてののちの心にくらぶれば 昔は物を思はざりけり  権中納言敦忠   凛廻
44  あふことのたえてしなくはなかなかに 人をも身をも恨みざらまし  中納言朝忠  架七里
45  あはれともいふべき人は思ほえで 身のいたづらになりぬべきかな  謙徳公  哲也
46  由良の戸をわたる舟人かぢをたえ ゆくへも知らぬ恋の道かな  曽禰好忠  碧羽 蛍
47  八重むぐらしげれる宿のさびしきに 人こそ見えね秋は来にけり  恵慶法師  佐伯 尋
48  風をいたみ岩打つ波のおのれのみ くだけて物を思ふころかな  源重之  ジョーカー
49  みかきもり衛士のたく火の夜はもえ 昼は消えつつ物をこそ思へ  大中臣能宣朝臣  水野 ユリ
50  君がため惜しからざりし命さへ 長くもがなと思ひけるかな  藤原義孝  哲也
51  かくとだにえやはいぶきのさしも草 さしもしらじなもゆる思ひを  藤原実方朝臣  ひらの みふみ
52  あけぬれば暮るるものとは知りながら なほ恨めしき朝ぼらけかな  藤原道信朝臣  紅茶 りぼん
53  嘆きつつひとりぬる夜のあくるまは いかに久しきものとかは知る  右大将道綱母  藍月 玲紗
54  忘れじの行く末まではかたければ 今日をかぎりのいのちともがな  儀同三司母  疾風 タスク
55  滝の音はたえて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞こえけれ  大納言公任  桜華
56  あらざらむこの世のほかの思ひ出に いまひとたびのあふこともがな  和泉式部  新堂 アサト
57  めぐりあいて見しやそれともわかぬまに 雲がくれにし夜半の月かな  紫式部  榊 蜜柑
58  ありま山ゐなの笹原風吹けば いでそよ人を忘れやはする  大弐三位  浅香 える
59  やすらはで寝なましものをさ夜ふけて 傾くまでの月を見しかな  赤染衛門  碧羽 蛍
60  大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立  小式部内侍  疾風 タスク
61   いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重ににほひぬるかな  伊勢大輔  にいの なお
62  夜をこめて鳥のそらねははかるとも 夜に逢坂の関は許さじ  清少納言  天音 結衣
63  いまはただ思ひ絶えなむとばかりを 人づてならで言ふよしもがな  左京大夫道雅  藍恋ララ
64  朝ぼらけ宇治の川霧たえだえに あらはれわたる瀬々の網代木  権中納言定頼  佐伯 尋
65  うらみわびほさぬ袖だにあるものを 恋にくちなむ名こそをしけれ  相模  壬那誼 橙鼓
66  もろともにあはれと思へ山桜 花よりほかにしる人もなし  前大僧正行尊  果無
67  春の夜の夢ばかりなる手枕に かひなくたたむ名こそをしけれ  周防内侍  咲瀬 千早
68  心にもあらでうき世にながらへば 恋しかるべき夜半の月かな  三条院  壬那誼 橙鼓
69  あらしふくみ室の山のもみぢばは 竜田の川の錦なりけり  能因法師  ひらの みふみ
70  さびしさに宿をたち出でてながむれば いづこもおなじ秋の夕ぐれ  良暹法師  深谷 空夜
71  夕されば門田の稲葉おとづれて 葦のまろやに秋風ぞ吹く  大納言経信  あきら
72  音にきくたかしの浜のあだ波は かけじや袖のぬれもこそすれ  祐子内親王家紀伊  ツナギ
73  高砂のをのへの桜咲きにけり 外山のかすみたたずもあらなむ  前中納言匡房  果無
74  憂かりける人を初瀬の山おろしよ はげしかれとは祈らぬものを  源俊頼朝臣  野田 敦
75  ちぎりおきしさせもが露をいのちにて あはれ今年の秋もいぬめり  藤原基俊  藍恋ララ
76  わたの原こぎいでて見れば久方の 雲ゐにまがふ沖つ白波  法性寺入道前関白太政大臣  城山 ゆうと
77  瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末にあはむとぞ思ふ  崇徳院  美月 あくあ
78  淡路島かよふ千鳥のなく声に 幾夜ねざめぬ須磨の関守  源兼昌  綾瀬 尚樹
79  秋風にたなびく雲のたえ間より もれいづる月のかげのさやけさ  左京大夫顕輔  黒石 かさご
80  長からむ心もしらず黒髪の みだれてけさは物をこそ思へ  待賢門院堀川  香月 葵砂
81  ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただありあけの月ぞ残れる  後徳大寺左大臣  かこ
82  思ひわびさてもいのちはあるものを 憂きにたへぬは涙なりけり  道因法師  野田 敦
83  世の中よ道こそなけれ思ひ入る 山の奥にも鹿ぞ鳴くなる  皇太后宮大夫俊成  かこ
84  ながらへばまたこのごらやしのばれむ 憂しと見し世ぞ今は恋しき  藤原清輔朝臣  さつき いちご
85  夜もすがら物思ふころは明けやらで 閨のひまさへつれなかりけり  俊恵法師  咲瀬 千早
86  なげけとて月やは物を思はする かこち顔なるわが涙かな  西行法師  新党結成
87  村雨の露もまだひぬまきの葉に 霧たちのぼる秋の夕ぐれ  寂連法師  傘也 カズサ
88  難波江の葦のかりねのひとよゆゑ みをつくしてや恋ひわたるべき  皇嘉門院別当  水野 ユリ
89  玉の緒よたえなばたえねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする  式子内親王  壬那誼 橙鼓
90  みせばやな雄島のあまの袖だにも ぬれにぞぬれし色はかはらず  殷富門院大輔  野ばら
91  きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに 衣かたしきひとりかも寝む  後京極摂政前太政大臣  紅茶 りぼん
92  わが袖は潮干にみえぬ沖の石の 人こそしらねかわくまもなし  二条院讃岐  木弦 葉卯瑠
93  世の中はつねにもがもななぎさこぐ あまの小舟のつなでかなしも  鎌倉右大臣  朝倉 優菜
94  み吉野の山の秋風さ夜ふけて ふるさと寒く衣うつなり  参議雅経  南条 あきら
95  おほけなくうき世の民におほふかな わが立つ杣に墨染の袖  前大僧正慈円  桜
96  花さそふ嵐の庭の雪ならで ふりゆくものはわが身なりけり  入道前太政大臣  三木 來智
97  こぬ人をまつほの浦の夕なぎに 焼くやもしほの身もこがれつつ  権中納言定家  野ばら
98  風そよぐならの小川の夕ぐれは みそぎぞ夏のしるしなりける  従二位家隆  哲也
99  人をもし人もうらめしあぢきなく 世を思ふゆゑに物思ふ身は  後鳥羽院  佐倉 悠
100  ももしきやふるき軒ばのしのぶにも なほあまりある昔なりけり  順徳院  凛廻





   






ボイスコさんに百人一首をよんでもらおう!という企画。


この企画は、お正月だしなんかやりたい!という考えより弥本 ユウラが発案し紅茶りぼんがそれにのったお正月企画です。



いや、たんにボイスコさんがよんだもので百人一首をやりたかっただけです。
思いませんか?
ボイスコさんが百人一首をよんでくれるのならばやりたい!!・・と。
・・そんなあなたは仲間です(笑)


さぁ、あなたも百人一首をしてください!!!



2006'12'21---スタッフ全リンク修正



↑本家




↑参加した方どうぞ、主張してください。(お持ち帰り下さい)







Counter