ダントツ投資
Home
夕凪通信
投資戦略
掲示板
リンク
口上
夕凪通信
リストマークくれぐれも、自己責任の上で判断してくださいね!

2016年7月

7月末権利日の逆日歩
2016/7/27(水)


 本日は7月末権利分の逆日歩発表日でした。

 3日分あるということで、不二電機、丸善がすこしきつめですかね。ウエスコって優待ないけど、結構ついますね。配当系からみですかね。

7月末になんらかの権利があった銘柄
コード 銘柄名 市場 超過数 逆日歩 単逆日歩 規制 優待
6654 不二電機 東1 84,900 33.6 3360 2.47%
3159 丸善CHI 東1 532,800 24 2400 6.00% 停止
6091 ウエスコHD 東2 201,600 12 1200 4.20%
8142 トーホー 東1 101,500 7.5 750 0.31%
3193 鳥貴族 東1 124,700 1.8 180 0.09% 注意
2217 モロゾフ 東1 191,000 0.15 150 0.04%
3269 ADR 東証 1,236 30 30 0.01%
3278 R−KDR 東証 647 30 30 0.01%
4924 シーズHD 東1 157,800 0.3 30 0.01%
7262 ダイハツ工業 東1 70,000 0.3 30 0.02%
8967 R−ニホンロ 東証 725 30 30 0.01%
1928 積水ハウス 東1 654,000 0.15 15 0.01%
3234 R−森ヒルズ 東証 1,126 15 15 0.01%
4358 TYO 東1 499,400 0.15 15 0.09%
6966 三井ハイテ 東1 37,900 0.15 15 0.02%
8068 菱洋エレク 東1 26,000 0.15 15 0.01%
8077 小林産業 東1 87,100 0.15 15 0.07%
8957 R東急RE 東証 1,167 15 15 0.01%
9042 阪急阪神 東1 290,000 0.15 15 0.02%
2002 日清製粉本社 東1 0 0 0 0.00%
3292 R−イオンリ 東証 185 0 0 0.00%
3662 エイチーム 東1 68,600 0 0 0.00%
3665 エニグモ 東マ 0 0 0 0.00% 注意
9692 シーイーシー 東1 500 0 0 0.00%
9743 丹青社 東1 54,600 0 0 0.00%


海外投資家が爆買い
2016/7/26(火)


 すっかり更新が遅れました。7月第2週の投資部門別売買状況です。参議院選挙の結果が出た後の週でした。

 安定政権が維持されたことによるものなのか、海外投資家が爆買いです。日経平均が前日比で全勝。内閣支持率が高いのは海外投資家にとっては安心材料なんですかね。

2016年7月第2週 ( 7/11 - 7/15 )
  先物 株式(2市場) 全合計
225 TOPIX JPX
自己 ▲ 749 ▲ 2,545 46 2,756 ▲ 492
個人 ▲ 1,501 75 5 ▲ 4,990 ▲ 6,411
海外投資家 4,015 2,480 ▲ 38 3,512 9,969
信託銀行 ▲ 27 101 ▲ 29 ▲ 57 ▲ 13
証券会社 ▲ 104 58 ▲ 0 ▲ 131 ▲ 177
投資信託 ▲ 999 ▲ 36 11 ▲ 463 ▲ 1,487
事業法人 ▲ 19 4 0 124 109
その他法人等 ▲ 15 3 0 154 142
生保・損保 ▲ 543 ▲ 103 0 ▲ 611 ▲ 1,256
都銀・地銀等 169 ▲ 35 0 ▲ 161 ▲ 28
その他金融機関 ▲ 61 70 0 32 41

売り 買い 合計
個人現物 ▲ 10,754 7,456 ▲ 3,299
個人信用 ▲ 21,201 19,510 ▲ 1,692




竹田和平さんの思い出
2016/7/21(木)


 個人投資家としてとても有名な竹田和平さんが本日21日、お亡くなりになられたそうです。

 実は私、竹田和平さんの家を訪問し、実際にお会いしたことがあります。その時を思い出すと、涙があふれ出てきます。

 私のサイトの色や、小物、服装のベースが「青」がちなのは竹田和平さんの影響です。どんな話だったか今では思い出せないのですが「情報の情は心が青いと書く」。それが印象に残っていて、それから青色を使うようになりました。

 お会いするきっかけは、私の掲示板への投稿でした。本物かどうか連絡を取って確認してみると、本人ですとのお返事を頂いたのです。

これがきっかけとなった投稿です。
--
はじめまして
私 竹田和平と申します
このたびは あなた様のホームページに 竹田和平の名を入れていただき ありがとうございました
とても光栄です
クリックすると 和平のホームページにジャンプするようにしていただきますと、尚、ありがとう ありがとうでございます
この度 見るだけで運が良くなる「百尊のホームページ」を開設いたしました
あなたのホームページにリンクを張っていただきますよう お願い申し上げます
みんな みんなが 貼り付けて 折にふれて
百尊と心を通わせ 愛と感謝の花を咲かされますこと 心より祈念いたしております

花咲爺こと 竹田和平
アドレス http://www.takedahonsha.co.jp

--

 直接お会いしたのは2005年の7月です。当時、名古屋万博が開催されていました。まだ私は資金量も経験値もほとんどなく、専業投資家は夢のまた夢でした。

 そんなとき、雲の上の存在だった竹田和平さんとお会いできたのです。1対1で2-3時間は話していた気がします。こんな無名な私にも時間を取ってくれるのだと、とても驚きました。

 今思えば、その時に私に「運」をたくさん授けてくれたのでしょう。それがなかったら、私は専業投資家になれたかどうか。このお礼をいつか直接言いに行こう考えていたのですが、そのチャンスを永遠に失ってしまいました。

 当時の会話はほとんど忘れてしまいましたが、過去のブログに記載がありました。再掲します。

竹田和平さん、ありがとうございます。
お陰さまで投資家として生活することができるようになりました。

ご冥福をお祈りします。


-- 以下、2005年当時の記載内容そのまま --

 掲示板に投稿して頂いたご縁から、竹田和平さんにお逢いしてきました。本当に笑顔がとっても素敵な方です。バッチリ写真も捕らせて頂きました。後ろはえびす様です。



 竹田本社は普通のオフィスビルだと想像していたのですが、なんとお寺みたいな所で、正直かなりびっくりしました。以前は工場だったとのことです。



 会話の大半は「株」でなく、今後の日本の将来(大和心)についてです。その活動の一つとして「百尊の教え」があるようです。この内容については、竹田和平さんの信念と思える部分ですので、いずれ是非、ご紹介したいと思います。

 ほんの僅かな時間ですが、「株」につてもお話してきました。ここから竹田さんから聞いたお話を記載しますが、これはあくまで、「私がそう話を受け取った」ということであり、竹田さんの本心は別かも知れないことを念頭に入れておいて下さい。

 私から「竹田さんからみて、短期投資家をどう思いますか?」との問いに対しては、「いずれは長期投資家に移行する過程の通過点だと思う」、「喩えるなら、デイトレーダーは小学生。(投資としての)勉強を一生懸命はじめる時」。とのことでした。

 その他にも、「株式投資は、その企業への就職みたいなもの。自分が肉体的にその企業に就職する代わりに、お金で就職する。配当が給料であり、売却するときのお金は退職金である。長い間就職していると、情が入り、退職は寂しいものなので、なかなかできないんだよね」。

 よく株投資は「結婚」に喩えられる場合が多いのですが、「就職」の方が分かり易いですね。

 「人生の最終的なゴールは投資家だろうから、会社に勤めつつ、今のうちに投資家として活動するのもありだとう思う。しかしながら、企業は泥臭い一面を持っている。実体験としてそれを知らずに、理論ばかりで大丈夫かが心配」

 「小さい企業を経営してきた経験から、損益計算書やバランスシートを見れば、その会社がどんな状況にあるのか把握できる」「一度株を買ってしまえば、もう損益計算書やバランスシートは見ない。信頼するだけ」

 「株投資は結局は運である。私は運が良かった。でも私はこころをきれいにしているから、悪運が寄ってくるわけがない」「心をきれいにするには、文章を書くと良い。自分の文章は、書き上げた後は客観的に見ることができるので、こころの汚れが把握できる」

 「アメリカ株も買いたいと思うが、資料が英語だし良く分からない。日本の企業で、世界中の技術や部品を組み立てて製品を生み出すような "技術商社" に投資すれば、それはアメリカ株を買うのと一緒のことだと気が付いた。最近この投資が見事に成功している」

 竹田和平さんは、投資家としての「金持ち父さん」と、商売人&魂の「斎藤一人」さんの両面をもった、類まれな才能を発揮している御仁だと感じました。私も是非とも、後に続きたいものです。

--


参議院選挙前に海外投資家の投げ
2016/7/14(木)


 先週の投資部門別売買状況です。参議院選挙直前の週で、日経平均はじわじわと下落していった週でした。

 英国のEU離脱ショックがあるためか、海外投資家は逃げ。個人投資家がリスクを受け取りました。今日段階では個人投資家、ばっちり成功してますね。

2016年7月第1週 ( 7/4 - 7/8 ) 単位:億
  先物 株式(2市場) 全合計
225 TOPIX JPX
自己 782 2,505 131 ▲ 1,908 1,509
個人 1,050 ▲ 68 ▲ 0 1,692 2,673
海外投資家 ▲ 344 ▲ 92 ▲ 96 ▲ 1,749 ▲ 2,282
信託銀行 ▲ 296 ▲ 1,381 ▲ 17 1,526 ▲ 168
証券会社 42 ▲ 16 0 110 135
投資信託 ▲ 999 ▲ 922 ▲ 20 ▲ 372 ▲ 2,313
事業法人 37 ▲ 1 0 442 477
その他法人等 17 ▲ 12 ▲ 1 327 330
生保・損保 0 ▲ 20 0 ▲ 297 ▲ 317
都銀・地銀等 ▲ 382 ▲ 25 0 ▲ 76 ▲ 482
その他金融機関 ▲ 18 29 0 205 217

売り 買い 合計
個人現物 ▲ 5,650 6,508 858
個人信用 ▲ 12,505 13,338 834




英国のEU離脱ショックは信託銀行が引き受け
2016/7/14(木)


 6月最終週の投資部門別売買状況です。英国のEU離脱ショックが起きた翌週でした。

 下値で拾っていたのは信託銀行。海外投資家と個人投資家の売りを吸収していました。ここぞというときに下値で買いを入れてきます。なので、裏を返せば、空売りは入れにくいんですよね〜。

2016年6月第5週 ( 6/27 - 7/1 ) 単位:億
  先物 株式(2市場) 全合計
225 TOPIX JPX
自己 696 1,326 135 ▲ 2,536 ▲ 379
個人 ▲ 1,041 94 ▲ 1 ▲ 119 ▲ 1,066
海外投資家 ▲ 453 ▲ 1,460 ▲ 68 105 ▲ 1,876
信託銀行 141 ▲ 405 ▲ 73 2,283 1,946
証券会社 ▲ 141 64 ▲ 0 2 ▲ 75
投資信託 737 ▲ 173 1 606 1,171
事業法人 ▲ 88 52 ▲ 0 20 ▲ 17
その他法人等 ▲ 23 2 ▲ 0 376 355
生保・損保 ▲ 112 372 0 ▲ 605 ▲ 344
都銀・地銀等 406 11 0 ▲ 167 250
その他金融機関 11 1 0 35 47

売り 買い 合計
個人現物 ▲ 7,517 7,719 202
個人信用 ▲ 14,229 13,907 ▲ 322




バックナンバー

2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月  12月
2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年
1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年
11月 12月

ライン