☆H15年12月末からパピー教室に通いました。全8回の中で、飼い主さんと愛犬との信頼関係の作り方、犬との関わり方等を教わりました。そして、「アイコンタクト」「heel」「sit」「wait」「down」と呼び戻しの言葉の意味を理解し、その言葉の指示に従う。従ったら、大いに褒める(最初はオヤツや、おもちゃの御褒美を使って、だんだん物の御褒美を少なくしていき、最終的には物の御褒美無しで言葉やスキンシップで褒める)。という事を、アンディと一緒に勉強しました。
☆パピー教室が終わり、それからはパピー教室で習った事を毎日の日常生活の中でも取り入れながら毎日を送っていました。 しかし・・・アンディは初対面の人は苦手(><)最初は、初対面の人からオヤツを貰うことも出来ませんでした。それからというもの、近所の人で犬が大丈夫な人にアンディにオヤツを与えてもらいました。だんだん、初めての人からでもアンディはオヤツを貰うことが出来るようになってきました。しかし、撫でようと手を出すと後ずさりをする有り様・・・。しかし、目が合わなければ自分から人の足元の匂いを嗅いだりするようになってきます。
☆H16年4月に、朱理ちゃん、藍理ちゃん、シャロン君と再会しました。行った場所は、ドックカフェ。しかし・・アンディはドアが開くと吼え(><)ウロウロと落ち着きません(; ;)やはり訓練が入ってるアンディのママの朱理ちゃんは落ち着いて飼い主の傍で座っていました。やはり訓練が入ってるのと入ってないのとでは、こんなにも違うものなのか・・・っと思い知らされました。これから先、10数年も一緒に暮らしていく中で一緒にも旅行に行きたいし、一緒に暮らして行かなければなりません。
☆生後6ヶ月を過ぎた頃からインターホンが鳴ると吼え、玄関を開けて人が立っていると吼え・・・。この頃から、テリトリー意識が芽生えてみたようです。しかし、やはり吼えているのは少し臆病な性格な部分もあるからかなっとも思いました。 もう、犬育て初心者には今以上にアンディを家庭犬として育てるのは限界を感じ始めました。
☆パピー教室が終わって直ぐに、アンディのママの朱理ちゃんが通っている訓練所に見学に連れて行ってもらいました。そこで、朱理ちゃんの訓練の様子を見たり、訓練所の先生にお話を聞いたりしました。そこは体罰などで訓練をするのではなくて、「遊んで褒めて」というスタイルの訓練方法。臆病さんのアンディには、合ってる訓練の仕方だなと思いました。アンディのママの朱理ちゃんも、楽しそうに尻尾フリフリでトレーナーと、飼い主さんと訓練している姿を見ることができ、アンディもここの訓練所で訓練をしてみようと思いました。
☆それまで、色々とバタバタしていた為に生後10ヶ月を過ぎになってやっと、訓練所に連絡をしました。そして、7月の終わりにアンディのトレーナーが我が家に来ました。だいぶ前に見学をしてお話しただけですが、そのトレーナーはアンディの事を覚えててくれたようでした。アンディは・・・トレーナーに吼えまくりましたぁぁぁ(><)よくよく聞くと、朱理ちゃんや藍理ちゃんと同じトレーナーとわかり、私としても安心してそのトレーナーとアンディと一緒に楽しく訓練を受けようと決心しました!!

訓練の様子
H16.8.6〜(H16.8.20〜(H16.9.10〜 (H16.10.1〜
(H16.10.22〜 (H16.11.12〜 (H16.12.10〜

(H17.1.7)〜 (H17.2.4)〜 (H17.2.25)〜 (H17.3.25)〜
(H17.4.15)〜 (H17.5.15)〜 (H17.5.20家庭犬初等科CD宜膤福)