太陽がいっぱい
  
    アラン・ドロン

ストーリーの結末を載せていますので、映画をご覧になっていない方は、ご了承下さい。

  〜トム・リプリー〜 

記号[☆:スタッフ・キャスト :始めに :終わりに]
(1960)(仏/伊)
監督…ルネ・クレマン
製作…ロベール・アキム
原作…パトリシア・ハイスミス『才人リプリー氏』
脚色…ポール・ジュゴフ/ルネ・クレマン
撮影…アンリ・ドカエ
音楽…ニーノ・ロータ
出演…アラン・ドロン(トム・リプリー)
………マリー・ラフォレ(マルジュ)
………モーリス・ロネ(フィリップ)
………エルヴィーレ・ポペスコ
………ロミー・シュナイダー

Top

 ルネ・クレマンの冴えわたる演出に、アラン・ドロンの美貌とニーノ・ロータの哀愁を漂わせた美しいメロディー、そして、アンリ・ドカエが写し出す青い地中海にギラギラと焼け付くような太陽の映像美、更に、ラストシーンなどのインパクトがあるサスペンスの醍醐味に拍手したくなる傑作だ。

 卑しき翳りを持つ美貌のトム・リプリーの野望と悲しさをアラン・ドロンが好演し、退廃的な生活を送るフィリップをモーリス・ロネ、倦怠感と神秘的な魅力を持つマルジュをマリー・ラフォレが演じ、それぞれの若者の葛藤を見事に描いている。

Top

 〜トム・リプリー〜

貧しいトム(アラン・ドロン)は、幼馴染のフィリップ(モーリス・ロネ)がイタリアで遊び暮らしているのを、アメリカへ連れ戻すようにと、彼の父親から多額の報酬付きで頼まれていた。

戻るようにフィリップに言うが、報酬欲しさで来ているのを知っているフィリップは、トムを奴隷のように扱いばかにする。

そして、美しい恋人マルジュ(マリー・ラフォレ)を見せつける。羨望や反感が募ってくるトム。

そんなトムに殺意を固めさせるようなことをフィリップがする。
3人でクルージングしている時だ。
フィリップはマルジュと2人になるためと、言いなりになるトムを手中に収めている快感で、ヨットから落ちたボートへ移るように指示する。
嫌がるトムをボートの方へ突き、ボートのロープを長くたらしてヨットへ結びつける。
フィリップは、トムを、そのまま放置して船室でマルジュを抱く。
トムはロープを手繰り寄せて何とかヨットに戻ろうとするが、ロープが外れてしまう。
焼け付くような海上にボートが取り残される。
 トムの孤独が演出される。


『太陽がいっぱい』アラン・ドロン

マルジュと愛し合っていたフィリップが、ロープが外れているのに気が付くのは、トムが太陽にさらされて酷い火傷をした後だった。

トムに恨みを持たれたと思うフィリップ。
復讐に燃え、フィリップの全てを奪おうと計画を立てるトム。

危うい思いを持ちながらもトムの手の内を探ろうとするフィリップは、またもや、3人でクルージングをする。

計画を実行しようとするトムは、フィリップと2人だけになるように仕組む。

トムの思惑通りにマルジュがフィリップに怒り、船から降りていく。

さあ、二人だけになった。自分に成りすまして財産を奪うと言うトムに、手の内を聞くフィリップ。
 2人の会話は、まるでラブシーンを観ているようにお互いの胸の内を探り合っている。

そして、トムの殺害計画が実行される。
テーブルの下に落ちているトランプを拾おうとしているフィリップを隠していたナイフで刺す。

胸を刺され、
フィリップ…「マルジュ」
と、叫びながら倒れるフィリップ。

海が荒れる。
フィリップの死体を覆いロープで縛り、海に投げ捨てようとするトム。
強風で帆が揺れトムの頭を一撃する。
死体と共に海に投げ飛ばされる。
 フィリップがトムを道ずれにしようとしているかのようだ。
危うく溺れそうになるが難を逃れる。

予てからフィリップの声やサインを真似たり、体格も同じぐらいであったのでフィリップになりすますトム。


『太陽がいっぱい』マリー・ラフォレ、アラン・ドロン

そして、私が強く印象に残ったシーンになる。
首尾よくことが運び、トムが機嫌よく魚市場を散歩しているシーンだ。
生きのいい魚を手に取ったり、笑っているような魚の顔を眺めている。
と、切り取られた魚の頭部が水溜りに無造作に転がっているのを、トムがちらっと目にする処だ。
 その後のトムを暗示しているようで興味深い。
 ルネ・クレマンの映像テクニックを観た思いだ。

計画通り行っていたが、フィリップの友人フレディが気付き、再び、犯罪を重ねることになる。そのことで、刑事が調べ始める。
 
マルジュは、トムがフィリップになりすまして電話などで対応しているとは気付かず、フィリップの冷たい仕打ちに寂しさが募っていく。

失意のマルジュに優しくして、彼女をフィリップから奪おうとするトム。

マルジュの掌にキスをしながら、彼女を見詰めるトムの眼が獲物を捕らえる。
 魅力的なシーンだ。


『太陽がいっぱい』アラン・ドロン


『太陽がいっぱい』アラン・ドロン、マリー・ラフォレ

全てを手に入れられると、喜びテラスへ駆け上がってゆき、チェアに横になるトム。
従業員…「気分でも?」
トム…「何?」
従業員…「気分でも?」
トム…「いや 太陽がいっぱいで最高の気分さ 酒だ」
従業員…「どれに?」
トム…「極上のを」

トム…「最高だ…
 最高だ…」
と、至福に身を委ねるトム。

一方、陸に上げられたヨットにロープが絡んでいる映像が…

カメラがロープをたどって行くと助けを求めているかのように腐食した手がマルジュの悲鳴とともに映し出される。
完全犯罪かと思われたが予期せぬことが起こっていた。

ギラギラした太陽がトムを照り付けている。
刑事にトムを呼ぶように頼まれた従業員が、
従業員…「リプリーさん
 リプリーさん」
と、呼ぶ。
一瞬、身構えるトム。
隠れて様子を伺う刑事。
何だろうと立ち上がり歩きだすトム。
従業員…「電話です」
の声に、ホッとした笑いを浮かべて歩いてくるトム。
その先に刑事たちが待ち構えていることも知らずに…

ニーノ・ロータの切ないメロディーが流れる中、燦々と太陽を浴びた青い海が映し出される。
 

Top

 素晴らしいラストシーンだ。
 トムがフィリップに成り代わり、フィリップと同一の人生の舞台に上がるが、誰も気に留めない水溜りの切り取られた魚の頭部のような場末になる。

 投げ出された魚の頭部に目を止めるのは、トムのように悲惨な暮らしをしてきたものだけだ。
 と、いうメッセージが込められているようで切ない。
 映画の結末を暗示させるルネ・クレマンの手腕が光った。

 そして、何不自由なく裕福なフィリップも決して満たされているわけではないというメッセージも。

※撮影はナポリ湾に浮かぶ最大の島イスキア島で撮られたそうだ。(1992.9.20朝日新聞 社会部 高畑芳秋記事『シネマ CINEMA キネマ』 参考)
※この『太陽がいっぱい』はホモの作品だと言われている。が、作品から私なりに感じたものを載せた。

リメイクの『 リプリー』(1999米)は、原作に近い描きかたをしていてホモであるのを強く感じさせる作品だ。

Top
前へ-ロミー・シュナイダー-次へ
前へ-アラン・ドロン-次へ
参考文献
洋画
サイトマップ
映画ありき
〜クラシック映画に魅せられて〜