イ・ヨンエ
  
  『宮廷女官チャングムの誓い』
(1971.1.31)(韓国、ソウル玉水洞生まれ)(李英愛)
 
プロフィール 年譜

〜プロフィール〜

 「酸素のような女性」と呼ばれているイ・ヨンエは、見ているだけで空気を活性化させている感がある。
 透き通るような肌で優しく微笑むイ・ヨンエから、人柄のよさが滲み出ているからだろう。
 また、女性らしい所作や、気遣う態度、それに真摯な姿が惹きつける。

 私がイ・ヨンエを知ったのは2006年5月8日に「スタジオパークからこんにちは」(NHK総合)に生出演しているのを見たときからだった。
 何と感じのよい女優なのだろうと興味を持った。
 それで放送中の『宮廷女官チャングムの誓い』を見始めたが、吹替えであったので彼女の魅力が今ひとつ感じられずに残念に思っていた。
 ところが、2007年1月よりNHKBS2で完全版が字幕で放送されることになり、毎週楽しみに観た。
 チャングム役のイ・ヨンエはトーク番組で、私が感じたままの魅力を溢れさせていた。
 益々、好きになり『春の日は過ぎゆく』を観た。
 チャーミングなイ・ヨンエに微笑みながら、嵌ったと自覚した。

 知的で可愛いイ・ヨンエは韓国では「お嫁さんにしたい女優No.1」「最も影響力のある俳優」「最もCM効果のある有名人」「最高の興行力を持った女優」「消費者が好む広告モデル好感度No.1('05-'07)」として名前が挙がったそうだ。
 ごもっともだろう。
 キャッチフレーズの「酸素のような女性」は「輝いている女性」とも言い換えられるという。
 正に輝いている女性だ。

Top

〜年譜〜
[1971][1990][1993 お宅の夫はいかがですか(TVドラマ)]
[1994 疾走(TVドラマ)][1995 愛と結婚(TVドラマ) アスファルトの男(TVドラマ) 宮廷女官キム尚宮(TVドラマ) イ・ヨンエの宮廷料理人(TVドラマ)]
[1996 インシャラ パパ(TVドラマ) 絆(TVドラマ) 同期間(TVドラマ) 北の駅から(TVドラマ)]
[1997 ドクターズ(TVドラマ) 私が生きる理由(TVドラマ) 愛しているから(TVドラマ)]
[1998 ファースト・キス ロマンス(TVドラマ) 真実のために(TVドラマ)][1999 ウンビリョン(TVドラマ) 波濤(TVドラマ) インビテーション(TVドラマ)]
[2000 火花(TVドラマ) 共同警備区域JSA][2001 ラスト・プレゼント 春の日は過ぎゆく][2003 宮廷女官チャングムの誓い(TVドラマ)][2005 親切なクムジャさん]
[2006][2007][2009][2010][2011][写真][出版本]

1971

1月31日、ソウル、玉水洞生まれ。家族は2男1女の末っ子。8才まで住む。
 血液型:AB、身長:165cm、体重:48kg、趣味:乗馬・水泳・ピアノ。
プロレスラーの大木金太郎が大好きで二人の兄や男の子たちとプロレスごっこをして遊んでいたそうだ。


3才頃 イ・ヨンエ

ソウル、蚕室へ引っ越す。
小学時代に転校が繰り返される。
小学4年生のときに学習参考書の表紙モデルに抜てき。
14歳で雑誌の表紙モデルとして正式デビュー。
小学3年生のころ、友達の父親が働く会社の参考書のモデルを依頼され、これが彼女の女優への道のきっかけとなった。
それからも何度もモデルのスカウトを受ける。
高校生のときに応募して雑誌「女学生」の表紙モデルに選ばれる。
漢陽大学校独語独文科在学中に本格的にCM(アンディ・ラウと共演のオリオン・チョコレート「トゥーユーチョコレート」など)モデルとして、芸能活動を始める。
また、家庭教師や消費者調査などのアルバイトもする。
「春」というエッセイが選ばれ大学生名誉記者に選抜される。

Top

1990

マモンド化粧品のCMに出演した際に「酸素のような女性」と呼ばれ、今もそれが彼女のキャッチフレーズとなっているそうだ。


化粧品のCM イ・ヨンエ

1993

『お宅の夫はいかがですか』(SBS)(TVドラマ)
- 出演: ヤン・ミギョン/イ・ヨンエ(トドフィ)(SBS演技大賞新人賞)
- 女優デビュー作。

朝のバラエティ情報番組「出発!ソウルの朝」の司会を1年間務める。(月〜金)
大学卒業後SBSのドラマ「お宅の夫はいかがですか」で女優としてデビューする。
このドラマは高く評価され1994年のSBS演技大賞で新人賞を受賞した。 

Top

1994

『疾走』(SBS)(TVドラマ)
- 出演: イ・ヨンエ

Top

1995

『愛と結婚』(MBC)(TVドラマ)
- 出演: イ・ヨンエ(ファッションデザイナー/オ・ウンジ)/キム・ヘス/キム・ヒエ
- デザイナーの恋愛と結婚を描くドラマ。

『アスファルトの男』(SBS)(TVドラマ)
- 出演: イ・ヨンエ(トンフィ)

『宮廷女官キム尚宮』(西宮)(KBS)(TVドラマ)
- 監督: キム・ジェヒョン
- 出演: イ・ヨンエ(朝鮮王朝15代光海君の後妻)(KBS演技大賞人気賞)
- 時代劇。

『イ・ヨンエの宮廷料理人』(饌品単子)(MBC)(TVドラマ)
- 出演: イ・ヨンエ
- 時代劇。

Top

1996

『インシャラ』
- 監督: イ・ミンヨン
- 製作: キム・ジョンハク
- 出演: イ・ヨンエ(イヒャン)/チェ・ミンス(スンヨプ)
- 映画デビュー。
アルジェリアを舞台にした北朝鮮の外交員との禁断の恋。

『パパ』(PaPa)(KBS)(TVドラマ/全18話)
- 演出: チョン・ギサン
- 脚本: キム・ヨンチャン
- 出演: ペ・ヨンジュン(大学講師/ヒョンジュン)/イ・ヨンエ(セヨン)/チャ・テヒョン
- 離婚した男女が愛娘を通して再び恋愛に目覚めていくさまが周囲の人間模様をからめて描かれている。

『絆』(彼らの抱擁)(MBC)(TVドラマ)
- 演出: イ・オンギュ
- 出演: キム・スンウ(チョンイン)/イ・ヨンエ(前科者/スンヘ)(MBC演技大賞優秀演技者賞)/チェ・ミンシク(トンチュル)/アン・ジェウク

『同期間』(MBC)(TVドラマ)
- 出演: イ・ヨンエ/チョン・ジュノ

『北の駅から』(簡易駅)(MBC)(TVドラマ/全42話/2部構成[第1部:全25話/第2部:全17話])
- 脚本: キム・ヨンヒョン/チェ・ワンギュ
- 出演: [第1部:パク・インファン(チェ・スンドン)/イ・ジョンウォン(チェ・ジョンイン)/チョン・ドヨン(チェ・ケスン)/イ・ヨンエ(キム・チェウォン)][第2部:チョン・ウン(チュ・ドッキ)/チョン・チャン(パク・チャンギュ)/キム・シウォン(イ・キョンソン)/イ・ヘウン(チュ・ウネ)]
- 片田舎の小さな駅の駅員とその家族の人間模様が描かれたヒューマンドラマ。

映画・ドラマへの出演を続けながら中央大学新聞放送大学院演劇映画科入学。

Top

1997

『ドクターズ』(医家兄弟)(MBC)(TVドラマ)
- 出演: チャン・ドンゴン/イ・ヨンエ

「将来を有望視される女優」に選ばれ、スポーツ新聞に「スターストーリー」という自身の原稿が2ヶ月間連載(「見えない糸」)される。

『私が生きる理由』-I Survive Reason-(MBC)(TVドラマ/全44話)
- 演出: パク・ジョン 
- 脚本: ノ・ヒギョン
- 出演: ソン・チャンミン(パク・ジング)/イ・ヨンエ(チャン・エスク)/イ・ミンヨン(市民病院の娘/イ・ジョンヒ)/キム・ホジン(グァンパル)/カン・ソンヨン(ミョンファ)/ユン・ヨジョン(スナック「美人村」ママ/ミヒ)/コ・ドシム(ジングの母)/キム・ムセン(パク・ソンダル)/キム・ヨンオク(スクジャの姉/キム・スキ)/ナ・ムンヒ(スクジャ)/チャン・ヨン(貸し漫画屋の主人)/クム・ボラ(ハン女史)/イ・ジョンギル(市民病院の院長)/イ・ボヒ(市民病院の看護師)/メン・サイイフン(ドクベ)/キム・ドンジュ(ドクベの妻)/チョン・ソンモ(クッス)/キム・ヒョンジュ(プンス)
- 1975年。ソウルの下町マポで生活している人々を人間味溢れるタッチで描いたヒューマン・ラブストーリー。
イ・ヨンエは兄弟の世話をするために夜の女に身を落とし、懸命にプライドを捨てずに生きるエスクを熱演する。


『私が生きる理由』イ・ヨンエ

『愛しているから』(SBS)(TVドラマ)
- 出演: イ・ヨンエ(SBS演技大賞最優秀演技者賞)

Top

1998

『ファースト・キス』(キスしましょうか?)(カメオ出演)
- 出演: /イ・ヨンエ

『ロマンス』(SBS)(TVドラマ)
- 出演: イ・ヨンエ(SBS演技大賞最優秀演技者賞)
※MBCで2002年に放送された同名のドラマ「ロマンス」とは別の作品。

『真実のために』-Advocate-(ADVOCATE・弁護士)(MBC)(TVドラマ/全16話)
- 演出: イ・スンリョル
- 脚本: ハン・テフン/キム・ヨンヒョン
- 出演: ソン・チャンミン(司法研修院生/ミンギュ)/イ・ヨンエ(秘書/イ・ウンジ)/ソン・ユナ(チャン検事)/チュン・グァンニョル
- 正義感に燃える司法研修院生が紆余曲折を経て弁護士として成長してゆく過程が描かれた法廷劇。

Top

1999

『ウンビリョン』(隠秘嶺)(KBS)(TVドラマ)
- 監督: ユン・ソクホ
- 出演: イ・ヨンエ

『波濤』(SBS)(TVドラマ)
- 出演: イ・ヨンエ

『インビテーション』(招待)(KBS)(TVドラマ/全18話)
- 監督: ユン・ソクホ
- 出演: イ・ヨンエ(KBS演技大賞女性人気賞)(ヨンジュ)/キム・ミン(ミヨン)/チュ・サンミ(サビン)/イ・チャンフン(ドンソク)/キム・サンギョン(スンジン)/イ・ミヌ(サビンの母の友達の息子/ヒョンテ)
- “私”らしい生き方を探し求める女性たちを描いたドラマ。

「スタニスラフスキーとブレヒトの比較理論に対する研究」と題する論文で修士号を取得。

Top

2000

『火花』(SBS)(TVドラマ)
- 企画: イ・ジョンス/パク・ヒソル
- 制作: シン・ヒョンテク
- 脚本: キム・スヒョン
- 出演: イ・ヨンエ/チャ・インピョ/イ・ギョンヨン/パク・クニョン/チャン・ソヒ/ヤン・ミギョン


『火花』イ・ヨンエ

『共同警備区域JSA』-JSA:Joint Security Area-(JSA(共同警備区域JSA))
- 監督: パク・チャヌク
- 製作: イ・ウン
- 原作: パク・サンヨン
- 脚本: キム・ヒョンソク
- 出演: パク・チャンウク/イ・ビョンホン/イ・ヨンエ(女将校)(第2回大韓民国映像大賞フォトジェニック映画俳優部門)/ソン・ガンホ/キム・テウ
- 南北分断のもどかしい現実を描いたブロックバスター。


『共同警備区域JSA』イ・ヨンエ


『共同警備区域JSA』イ・ヨンエ

『共同警備区域JSA』の公開で日本でも知られるようになる。大ヒットする。

Top

2001

『ラスト・プレゼント』-Last Present-(贈り物)(韓)
- 監督: 呉基桓(オ・ギファン)
- 製作: キム・ミヒ/キム・サンジン
- 脚本: パク・チョンウ
- 撮影: イ・ソッキョン
- 音楽: チョ・ソンウ
- 出演: イ・ヨンエ(パク・ジョンヨン)/李政宰(イ・ジョンジェ)(ヨンギ)/クォン・ヘヒョ(詐欺師/ハクス)/イ・ムヒョン(詐欺師/ハッチョル)/孔炯軫(コン・ヒョンジン)

『春の日は過ぎゆく』-One Fine Spring Day-(韓/日/香)
- 監督: ホ・ジノ
- 製作: 大谷信義/車勝宰(チャ・スンジェ)/キム・ソナ/宮島秀司
- 脚本: リュウ・チャンハ/イ・スクヨン/シン・ジュノ/許秦豪(ホ・ジノ)
- 撮影: キム・ヒョング
- 音楽: チョ・ソンウ
- 美術: パク・イルヒョン
- 出演:  ユ・ジテ(録音技師/サンウ)/イ・ヨンエ(プロデューサー兼DJ/ウンス)(釜山映画評論家協会賞主演女優賞)/ペク・ソンヒ/パク・イヌァン/シン・シネ
- 録音技師の青年と彼より年上で離婚歴のあるプロデューサー兼DJの女性との切ない愛が描かれたラブストーリー。

5月17日、「ニュースステーション」ゲスト。(テレビ朝日)

著書「とても大切な愛」出版。(二見書房は2002年)

Top

2003

『宮廷女官チャングムの誓い』-A Jewel in the Palace-(大長今)(韓国MBC)(TVドラマ/全54回)
- 演出: イ・ビョンフン
- 脚本: キム・ヨンヒョン
- 主題歌: ♪オナラ(作詞・作曲:イム・セヒョン)
- 出演: イ・ヨンエ(ソ・ジャングム/呼名:チャングム)(MBC演技大賞大賞)/チ・ジニ(ミン・ジョンホ/呼名:チョンホ)/ホン・リナ(チェ・グミョン)/イム・ホ(チュンジョン)/チョ・ジョンウン(子供時代のチャングム)/ヤン・ミギョン(ハン尚宮)/キョン・ミリ(チェ尚宮)/イム・ヒョンシク(カン・ドック)/クム・ボラ(カン・ドックの妻)/パク・ウネ(イ・ヨンセン)
- 16世紀初頭の朝鮮王朝時代を舞台に、実在の医女チャングム(長今)をモデルにしてフィクションとノンフィクションを巧みに調和させ描かれた韓国の長編時代劇。
※原題の「大長今(テ ジャングム)」とは「偉大なるチャングム」という意味で、「チャングム」は王の主治医にまで登りつめた実在の女性の名前。
韓国の言葉では語頭にくる音は濁音にしないという約束ごとがある。(例:フルネームは「ソ・ジャングム」→名前のみ呼ぶときは「チャングム」)。
韓国では最高視聴率57%を記録し、香港や台湾、日本でも爆発的な人気を呼ぶ。(NHKBS 参考)
アジア諸国で大ヒットし、アジアNo.1女優との評価を得る。


『宮廷女官チャングムの誓い』チ・ジニ(ミン・ジョンホ)、ヤン・ミギョン(ハン尚宮)
イ・ヨンエ(チャングム)、イム・ホ(チュンジョン)、キョン・ミリ(チェ尚宮)、ホン・リナ(チェ・グミョン)


『宮廷女官チャングムの誓い』イ・ヨンエ(女官チャングム)


『宮廷女官チャングムの誓い』イ・ヨンエ(女官チャングム)


『宮廷女官チャングムの誓い』チ・ジニ(ミン・ジョンホ)


『宮廷女官チャングムの誓い』イ・ヨンエ(医女チャングム)


『宮廷女官チャングムの誓い』イ・ヨンエ(医女チャングム)


『宮廷女官チャングムの誓い』イム・ホ(中宗王)

※朝鮮時代の社会身分制

王族: 王の一族。
両班: 貴族的特権階級。
中人: 科挙(高等官資格試験)によって任官し、ほぼ世襲で専門技術職に従事する階層。
良人: 農業や商工業に従事して、国税や賦役を負担する階層。人口の大多数を占める。
賤民: 公私の奴婢(使用人)の他に、広大(仮面劇などの俳優)や白丁(蓄殺、皮革加工、柳細工など)をはじめとした蔑視された人々らによる階層。
(2004.12.2、2005.4.7、2005.7.9「宮廷女官チャングムの誓い 上中下 大長今」ユ・ミンジュ著 秋那訳 参考)

Top

2005

『親切なクムジャさん』(魔女イ・グムジャ)
- 監督: パク・チャヌク
- 出演: イ・ヨンエ(女囚人/イ・グムジャ)(第38回シッチェス・カタロニア国際映画祭最優秀女優賞)(第26回青龍映画賞主演女優賞)(第42回百想芸術大賞最優秀演技賞)/チェ・ミンシク/キム・シフ
- 『復讐者に憐れみを』『オールド・ボーイ』に続く、パク・チャヌク監督による復讐3部作の最終章。
イ・ヨンエはチャングムとは異なる囚人イ・グムジャをリアルに演じ演技派としての地位を確立する。


『親切なクムジャさん』イ・ヨンエ


『親切なクムジャさん』イ・ヨンエ

『親切なクムジャさん』がヴェネチア国際映画祭で高い評価を受け、ヴェネチア国際映画祭で審査委員として招待される。
2005年10月、日本で主演ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」がNHK総合テレビで放送された。 

Top

2006

5月8日、「スタジオパークからこんにちは」生トーク番組出演。(NHK総合)


「スタジオパークからこんにちは」NHK総合 イ・ヨンエ


「スタジオパークからこんにちは」NHK総合 イ・ヨンエ

9月30日、著書「ヨンエの誓い」(NHK出版)
本書の著者印税は貧困や災害や病気に苦しむ人々の救済のために寄付されているという。


2006.9.30「ヨンエの誓い」イ・ヨンエ著 日本放送(NHK)出版協会


イ・ヨンエのサイン

Top

2007

1月から『宮廷女官チャングムの誓い<完全版>(ドラマ)がNHKBS2にて放送される。
1月22日、「SMAP×SMAP」ビストロゲスト。オーダー「私にピッタリの日本の味」(フジテレビ)
1月27日・2月3日<前後編>、「チョナン・カン2」(フジテレビ)
8月11日、「宮廷女官チャングムの誓い FESTIVAL in Tokyo Dome」が東京ドームにて開催され出演。

Top

2009

7月22日PM3:48スタート、『宮廷女官チャングムの誓い』(ドラマ)がTBSにて再放送。

『宮廷女官チャングムの誓い』-A Jewel in the Palace-(大長今)(韓国MBC)(TVドラマ/全54回)(TBS毎週月曜〜木曜 PM3:48〜 毎週金曜 PM3:50〜)(2ヶ国語)(再放送)
- 演出: イ・ビョンフン
- 脚本: キム・ヨンヒョン
- 主題歌: ♪オナラ(作詞・作曲:イム・セヒョン)
- 出演: イ・ヨンエ(ソ・ジャングム/呼名:チャングム)(MBC演技大賞大賞)/チ・ジニ(ミン・ジョンホ/呼名:チョンホ)/ホン・リナ(チェ・グミョン)/イム・ホ(チュンジョン)/チョ・ジョンウン(子供時代のチャングム)/ヤン・ミギョン(ハン尚宮)/キョン・ミリ(チェ尚宮)/イム・ヒョンシク(カン・ドック)/クム・ボラ(カン・ドックの妻)/パク・ウネ(イ・ヨンセン)


『宮廷女官チャングムの誓い』イ・ヨンエ(女官チャングム)


イ・ヨンエのサイン


『宮廷女官チャングムの誓い』イ・ヨンエ(女官チャングム)


イ・ヨンエのサイン

8月24日、10年ほど前より交際していた米国在住の韓国系男性(55才、米イリノイ工科大卒業し米国系IT企業勤務)と米国で挙式。
イ・ヨンエ(38)は今後は米国中心に生活し、俳優活動は続けるとのこと。(8.26朝日新聞朝刊記事 参考)(8.27テレビ朝日やじうまプラス 参考)

Top

2010


韓国製菓子表紙『宮廷女官チャングムの誓い』イ・ヨンエ(女官チャングム) 

Top

2011

2月20日、男女の双子を出産。(読売新聞より)

Top

〜写真〜


イ・ヨンエ


イ・ヨンエ


イ・ヨンエ


イ・ヨンエ


イ・ヨンエ


イ・ヨンエ

〜出版本〜


2006.9.30「ヨンエの誓い」イ・ヨンエ著 日本放送(NHK)出版協会

※(2006.9.30 「ヨンエの誓い」イ・ヨンエ著 日本放送(NHK)出版協会 参考)(『宮廷女官チャングムの誓い 完全版』NHKBSHP 参考) (2004.12.2、2005.4.7、2005.7.9「宮廷女官チャングムの誓い 上中下 大長今」ユ・ミンジュ著 秋那訳 参考)

Top

※記号[:特に好きな作品 :面白い作品]
Top

参考文献
女優
サイトマップ
映画ありき
〜クラシック映画に魅せられて〜


1
1 1