ジュリエッタ・マシーナ

※ストーリーを載せていますので、映画をご覧になっていない方は、ご了承下さい。

  〜プロローグ〜 〜口減らし〜 〜大道芸〜 〜叩き込み〜 〜〜 〜綱渡り〜 〜おもちゃ〜 〜サーカス〜 〜小石
プレゼント〜 〜出所〜 〜聖地〜 〜旋律〜 〜衝撃〜 〜ショック〜 〜置き去り〜 〜エピローグ〜 

記号[☆:スタッフ・キャスト :始めに :終わりに]
(1954)(伊)(アカデミー外国語映画賞)(キネマ旬報ベストテン1位)(キネマ旬報創刊80周年記念特別企画[映画人が選ぶ日本・外国映画オールタイム・ベストテン]で7位)(キネマ旬報創刊90周年記念特別企画[映画人が選ぶ日本・外国映画オールタイム・ベストテン]で10位)
監督…フェデリコ・フェリーニ(ヴェネチア国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞受賞)(キネマ旬報監督賞)
脚本…フェデリコ・フェリーニ/トゥリオ・ピネッリ
撮影…オテッロ・マルテッリ
音楽…ニーノ・ロータ
出演…アンソニー・クイン(ザンパノ/大道芸人)
………ジュリエッタ・マシーナ(ジェルソミーナ)
………リチャード・ベイスハート(綱渡り芸人/アルレッキーノ)
………アルド・シルベーニ(サーカス団長)
………リビア・ベントゥリーニ(修道女)
………マルチェラ・ロベレ(未亡人)

Top

 【神の愛は信じぬ者にも及ぶ】という思いで作ったというフェデリコ・フェリーニ監督。だからこそ、このセリフ【この世で役に立たないものは何ひとつない】は、心に響くのだろう

 この作品は、切ない。内容について触れようとするだけで、映像とメロディーが広がり涙が溢れてくる。
 純真な心(精神薄弱)を持つ娘ジェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)が、本能むき出しの獣のように生きる男ザンパノ(アンソニー・クイン)に、一人の人間として扱われない。ただの道具、商品として扱われ、人格を無視される。それでも、天使のような優しい心で尽くそうとする。「私がいないと 彼は独りぼっち」と言う思いから。

 どのシーンも素晴らしいが、特に好きなシーンは、「私は何の役にも立たない女よ」と言うジェルソミーナに、綱渡り芸人アルレッキーノ(リチャード・ベイスハート)「この世の中にあるものは何かの役に立つんだ」と言って聞かせる所と去って行く所だ。

 流れるニーノ・ロータの美しく、哀しいメロディーが切ない。最高だ。

 フェデリコ・フェリーニとニーノ・ロータが残したイタリア美術が煌く『道』は最高峰だ
 勿論、ジュリエッタ・マシーナ、アンソニー・クイン、リチャード・ベイスハートの名演があってのことだが。

 フェデリコ・フェリーニの妻、ジュリエッタ・マシーナがフェリーニについて語った。
 「彼は、一人の人間、一対の男女に目を向けるやり方で、神の救いについて語っている」と。
 その代表的な作品がこの『道』だ。

Top

 〜プロローグ〜

ニーノ・ロータの美しいメロディーが流れる。
浜辺の風景に溶け込んでいる無垢なジェルソミーナが映し出される。
 海はジェルソミーナにとって故郷そのものなのだ。
浜辺に落ちている棒を集めて背負っているジェルソミーナ。
ジェルソミーナの妹…「ジェルソミーナ! ジェルソミーナ!」


『道』ジュリエッタ・マシーナ

ジェルソミーナの妹…「ジェルソミーナ! 早くお帰り
ママがすぐ帰れって
大きなオート三輪車に 乗った人が来てる
ローザが死んだんだって」
妹たちがジェルソミーナを呼びに来る。
家の方に走って向かうジェルソミーナ。

 〜口減らし〜

束にした棒を背負ったまま、ザンパノを見ているジェルソミーナ。
母親…「ローザをつれてった ザンパノを覚えてるだろ」
末の子を抱いたまま、4人姉妹の長女のジェルソミーナに話して聞かせる母親。
ザンパノはオート三輪車の荷台をねぐらにして放浪生活をしている粗野な大道芸人で、芸の手伝いをさせる目的と、欲望を満たすために、以前、買った家を訪ねたのだ。
母親…「かわいそうな娘だよ」と泣きながら言う母親。
鉄柱に凭れて銜え煙草をしてジェルソミーナを見ているザンパノ。
母親…「お墓がどこだかもわからない
かわいそうに 死んじまったんだよ
やさしい娘だったのに
どんなことでも よくできる娘だった」
泣き続ける母親。
背負っていた棒を手放し悲しむジェルソミーナ。
母親…「ザンパノ この娘もよく似てるだろ
ジェルソミーナだよ」
話続ける母親。
巻き煙草に息を吹きかけ、銜えるザンパノ。
母親…「本当に私たちは不幸だよ
ザンパノ この娘はね
ローザと違って とても従順なんだよ」
話続ける母親。
ジェルソミーナを見るザンパノ。
母親…「言うこともよくきく
少し変り者だけれどー」と言う母親。
ザンパノを見て俯き、母親の方を見るジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナら

抱き抱えていた末の子を降ろし、ハンカチを口に当てて話し続ける母親。
母親…「毎日キチンと食事すれば変る
ローザをついで ザンパノと行くかい?
そしたらいくらかでも お金になるしー」
母親の話を聞き、ザンパノの方を見るジェルソミーナ。
母親…「家でも口がへるんだよ
どう ジェルソミーナ」と言う母親。
俯くジェルソミーナ。
ジェルソミーナの肩を抱き話続ける母親。
母親…「ザンパノは親切で お前も幸せよ
あちこちも見られる
歌って踊って しかもー
これをごらん 一万リラもくらたんだよ
見てごらん 一万リラだよ」と言い、懐からお金を取り出して見せる母親。
つまらなそうにしていたジェルソミーナがお金を見る。
話が終わるのを待っているザンパノ。
母親…「屋根も修理できるし 当分は食べられる」と言う母親。
にっこりするジェルソミーナ。
母親…「ところで父さんはどこだろ」
悲しそうな顔をするジェルソミーナ。
母親…「ジェルソミーナ」
泣いているジェルソミーナを抱きしめて泣く母親。
母親…「お前は一人前なのに 働いたことがない」と言う母親。
首を横に振るジェルソミーナ。
母親…「誰もお前がいけないとは 言わないよ」と言う母親。
母親の胸に顔を埋めて泣くジェルソミーナ。
ジェルソミーナを見ているザンパノ。
母親…「ママを助けてくれるかい?」
抱きしめながら泣く母親。
ザンパノの方を見て頷くジェルソミーナ。
母親…「あんた この娘を
 芸人にしてくれる?」
ザンパノの目的が分かっていても口減らしに、娘を売り飛ばすしかないと選択し泣く母親。
ザンパノ…「大丈夫さ 犬にだって芸が教えられる」と答えるザンパノ。
 この“犬にだって”と言うザンパノの考えが、ジェルソミーナを傷つけて行くことになる。
ザンパノ…「子供たち サラミを1キロとー
チーズを半キロだ ぶどう酒2本
さあ 買って来い
早く行け」
交渉が成立してニヤリとして子供たちに使いをさせるザンパノ。
走って使いをする子供たち。
向きを変えて海の方へ歩き出すジェルソミーナ。
母親…「どこへ行くの? ジェルソミーナ
どうしたの」
ジェルソミーナの行動に驚いて言う母親。
ジェルソミーナを見ているザンパノ。
母親…「ザンパノ…」
ザンパノに向かって首を傾げ、
「ジェルソミーナ!」
ジェルソミーナを呼ぶ母親。
ジェルソミーナのことが解っていない母親が描かれているシーンだ。
 浜辺はジェルソミーナの聖地なのだ。
砂浜に座り込み海を見て、涙ぐむジェルソミーナ。
浜辺に別れを告げている。

母親がジェルソミーナを連れてオート三輪車の方へ向かっている。
近所の人…「行くのかい?」
近所の人がジェルソミーナに声を掛ける。
ジェルソミーナ…「よく働いて家へ お金を送ってあげる
芸人になって歌って踊るわ ローザみたいに」
グルリと回って見せ得意げに話すジェルソミーナ。
 ジェルソミーナは貧しい家族の犠牲になって売られてしまうのに、姉のように一人前に買われていくことを喜ぶ。
近所の人…「いつ帰るの?」
近所の人が言う。
母親の方を見るジェルソミーナ。
答えられないで、
母親…「行かないで 行かないで
娘や 行かないで」と言いジェルソミーナにしがみつく母親。
母親に抱きつき、妹たちに別れのキスをするジェルソミーナ。
ザンパノ…「すぐ戻って来るよ」と言うザンパノ。

泣きながら見送る家族に向かって、
ジェルソミーナ…「行くわよ!」とマントを翻して言うジェルソミーナ。
 ジェルソミーナが家族に決意を見せる。
母親…「ジェルソミーナ! お前のショールだよ」
ショールを振りながら言う母親。
大好きなこの地と家族と離れ離れになることが分かり悲しそうな表情をするジェルソミーナ。
オート三輪車のエンジンを掛けたザンパノが、
ザンパノ…「さあ 早く乗れ!」と言う。
オート三輪車の方に走って行くジェルソミーナ。
母親…「ああ 娘や!
かわいそうな私の娘や!」
泣き続ける母親。
荷台に乗るジェルソミーナ。
オート三輪車が走り出す。
荷台から家族に向かって手を振るジェルソミーナ。
走って追い掛けて行く妹たち。
遠ざかる家族を見ながら涙を流すジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

オート三輪車の荷台から、遠ざかってゆく家族に手を振り泣くジェルソミーナ。

Top

 〜大道芸〜

群衆に芸を見せようとしているザンパノ。
ザンパノ…「直径5ミリの 鉄より硬い鋼鉄の鎖だ
この鎖を切って見せる」
群衆に話すザンパノ。
荷台から見ているジェルソミーナ。
ザンパノ…「胸の筋肉の力で 切って見せます
この鉤を引きちぎる」
驚いて見ているジェルソミーナ。
ザンパノ…「ありがとう
ありがとう 皆様がた
まず 肺にうんと空気を 吸いこみます
ヘタをすると 血管が破裂します
いつか ミラノで
これをやって 目が 見えなくなった男がいます
目の神経に ムリがかかったからです
目が見えなくなればー 一生の終りだ
心臓の弱い人は 見ない方がいいですぞ
出血するかも知れん」と言い、大きく息を吸い込む。
怖そうに見ているジェルソミーナ。
握り拳にした両腕を挙げ、


『道』アンソニー・クインら

ザンパノ…「うん!」
鎖を引きちぎるザンパノ。
群衆が拍手する。
怖々と拍手するジェルソミーナ。

 〜叩き込み〜

食事を終えたザンパノが料理を上手く出来ないでいるジェルソミーナに、
ザンパノ…「スープも作れんのか?」と言う。
ジェルソミーナ…「ダメなの」と答えるジェルソミーナ。
ザンパノ…「まるで豚の餌だ」と言うザンパノ。
荷台へ行き、
ザンパノ…「舞台用の衣装があるぞ 靴も服もある
どれか合うだろう
優雅にしろ」と言うザンパノ。
傍に来るジェルソミーナ。
ザンパノ…「汚いなりの女の子とは 仕事をせん
身なりをよくしろ」と言うザンパノ。
ションボリするジェルソミーナ。
持ってきた衣装をジェルソミーナに持たせ、帽子を被せるザンパノ。
嬉しそうに帽子を見るが、ザンパノが見ているので感情を抑えるジェルソミーナ。
ザンパノ…「言え“ザンパノが来たよ”と」と言うザンパノ。
ジェルソミーナ…「ザンパノが来たよ」と言うジェルソミーナ。
つまらなそうにジェルソミーナの容姿を見ているザンパノ。
嬉しそうに帽子を見ているジェルソミーナ。
帽子を取り替えて被せて見るザンパノ。
ザンパノ…「ザンパノが来たよ!」と言うザンパノ。
ジェルソミーナ…「ザンパノが来たよ!」と言うジェルソミーナ。
“どうにもならない女だ”と思いながら、次のステップに移るザンパノ。
嬉しそうに帽子を見上げて、小躍りするジェルソミーナ。
ザンパノ…「来い」
ザンパノが呼ぶ。
恐る恐る近づくジェルソミーナ。
腰掛けてトランペットを見せ、
ザンパノ…「トランペットがある」と言い吹いて聴かせ下に置くザンパノ。
トランペットを手に取り吹くジェルソミーナ。
手荒にトランペットを取り上げるザンパノ。
ザンパノ…「言う通りにしろ」と言い、小太鼓を首に掛けてやるザンパノ。
小太鼓を指差し、
ザンパノ…「いいか 太鼓をたたくんだ」と言うザンパノ。
手で小太鼓を叩くジェルソミーナ。
睨むザンパノ。
気まずくなって視線を逸らすジェルソミーナ。
ばちで叩いて見せ、
ザンパノ…「ザンパノが来たよ!」と言うザンパノ。
ばちで叩いて、
ジェルソミーナ…「ザンパノが来たよ!」と言うジェルソミーナ。
呆れたように、ばちを取り上げて、このように持ってという風な仕草をして叩いて見せ、
ザンパノ…「ザンパノが来たよ!」と言いばちをあげて見せ、ばちをジェルソミーナに渡すザンパノ。
ばちで叩いて、
ジェルソミーナ…「ザンパノが来たよ!」と言うジェルソミーナ。
怒ったザンパノが近くの植物を抜き、葉を取って茎だけにする。
“何をしているのだろう”と嬉しそうに見ているジェルソミーナ。
腰掛けて、
ザンパノ…「やれ」と指示するザンパノ。
ばちで叩いて、
ジェルソミーナ…「ザンパノが来たよ!」と言うジェルソミーナ。
茎で脚を叩くザンパノ。
ジェルソミーナ…「アン!」
痛そうに脚を押さえ、後退りするジェルソミーナ。


『道』アンソニー・クイン、ジュリエッタ・マシーナら

ザンパノ…「こっちへ来い ここへ来るんだ」と言い、自分の前に来させるザンパノ。
ばちで叩いて、
ジェルソミーナ…「ザンパノが来たよ!」と言うジェルソミーナ。
茎で脚を叩くザンパノ。
ジェルソミーナ…「アン!アン!アン!」
痛そうに脚を押さえ、後退りするジェルソミーナ。
ザンパノ…「こう言うんだ “ザンパノが来たよ!”」と手をあげ声を張り上げて言い、厳しく芸を叩き込むザンパノ。
泣き出すジェルソミーナ。
続けるように指示するザンパノ。
ジェルソミーナ…「ザンパノが来たよ! ザンパノが来たよ! ザンパノが来たよ!」と泣きながら言い、小太鼓をばちで叩き続けるジェルソミーナ。
それを近所の子供たちが見ている。


『道』ジュリエッタ・マシーナら

ジェルソミーナ…「きらめく炎 かがやく火
とぶ火花 夜!」と焚き火を見ながらマントを翻すジェルソミーナ。
 無垢なジェルソミーナにとって海、火、音楽、神は特別のものなのだ。
 海は故郷、火は生命、音楽は安らぎ、神は崇高というように

ザンパノはジェルソミーナを彼の芸の手伝いをさせるだけでなく、欲望を満たす道具として扱ってゆく。
“買った女なのだから どう扱おうといいのだ”と言う傲慢な態度で。
ジェルソミーナは乱暴に扱われて涙を流すが、ザンパノが喜ぶのであればと受け入れてゆく。

ザンパノに仕込まれたジェルソミーナが本番で小太鼓を叩いている。


『道』ジュリエッタ・マシーナら

お得意の鎖を引きちぎる芸を見せるザンパノ。


『道』アンソニー・クインら

二人で大道芸を見せているザンパノとジェルソミーナ。
恥ずかしがりながらも、上手く役をこなすジェルソミーナ。
 このシーンのマシーナの演技は絶品だ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ、アンソニー・クインら

酒場で食事をするザンパノとジェルソミーナ。
ザンパノに話し掛けるジェルソミーナ。
だが、野望を抱いているザンパノは話に興味がない。
いい女を目にしたザンパノはジェルソミーナを疎外する。


『道』アンソニー・クイン、ジュリエッタ・マシーナら

ザンパノが酒場で見かけた女と出て行き、ジェルソミーナを置き去りにする。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

野宿する破目になるジェルソミーナ。
翌朝、近所の子供たちが野良犬を見ているような目でジェルソミーナを見ている。
ジェルソミーナを憐れに思った、その子らの母親が食べ物を彼女の傍に置いているからだ。
惨めなジェルソミーナ。

ザンパノの居場所を聞いたジェルソミーナが駆け出して行く。
森のはずれの畑の中で酔い潰れて寝ているザンパノを見つけ、起こそうとするが起きない。
その間に見つけたトマトの種を畑に植えるジェルソミーナ。
目が覚めたザンパノが当然のようにジェルソミーナを急き立て、次の地へ向かう。
その際、ジェルソミーナが種を植えていたことを思い出し笑うザンパノ。
ザンパノ…「いったい何を考えているんだ」


『道』アンソニー・クイン、ジュリエッタ・マシーナら

Top

 〜女〜

結婚披露宴で大道芸を見せているザンパノとジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ、アンソニー・クインら

ザンパノが式場で料理を作っている女の元へ行き、またもやジェルソミーナを置き去りにする。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

納屋で女から貰った服を嬉しそうに着ているザンパノ。
相手にされないで悲しんでいたジェルソミーナが、あのメロディーを口ずさむ。
ジェルソミーナ…「覚えてる?」と言い、ハミングするジェルソミーナ。
ジェルソミーナ…「雨の日に聞いた歌よ」と貰った服を着ているザンパノに言うジェルソミーナ。
ハミングするジェルソミーナ。


『道』アンソニー・クイン、ジュリエッタ・マシーナ

ジェルソミーナ…「なぜトランペットを 教えないの? 教えて頂戴
ローザに教えたのに なぜ私はダメ?」と言うジェルソミーナ。
ザンパノ…「どうだ」と貰った服を着て見せ得意がるザンパノ。

全然、相手にされないで泣き出すジェルソミーナ。
ザンパノ…「どうしたんだ」と言うザンパノ。
ジェルソミーナ…「別に」と言うジェルソミーナ。
ザンパノ…「なぜ泣くんだ?」と言うザンパノ。
ジェルソミーナ…「私にもわからない」と言ったジェルソミーナが洞穴に落ちる。
洞穴で泣きじゃくるジェルソミーナ。
上から覗き込みながら、
ザンパノ…「上れ」と言うザンパノ。
ジェルソミーナ…「いや!」と剥れるジェルソミーナ。
笑いながら、
ザンパノ…「上れよ」と言うザンパノ。
泣き続けるジェルソミーナ。
ザンパノ…「そこで寝るのか」と言うザンパノ。
ジェルソミーナ…「ここで寝るわ」と泣きながら言うジェルソミーナ。

夜が明ける。
穴から這い上がってくるジェルソミーナ。
寝ているザンパノを見て腹立たしく思うジェルソミーナ。
ジェルソミーナ…「帰るわ 故郷へ
いやになったわ」と寝ているザンパノに向かって言うジェルソミーナ。
ジェルソミーナ…「仕事じゃない 仕事はいいのよ
芸人は楽しいから
あんたって人が嫌いなの」と言い、ザンパノの体を突付くジェルソミーナ。
驚いて向き直り、
ザンパノ…「何だと?」と言うザンパノ。
ジェルソミーナ…「帰るわ」と言い出口に向かうジェルソミーナ。
ジェルソミーナを見るザンパノ。
ジェルソミーナ…「故郷の家へ」と言うジェルソミーナ。
ザンパノ…「バカを言うな」と言い、向きを変え目を閉じるザンパノ。
ジェルソミーナ…「靴は置いてくわ オーバーも
何もかも」と言い出口に向かうジェルソミーナ。
靴とオーバーを脱ぎオート三輪車の荷台に戻し、買われた時に着ていたマントを着る。
ジェルソミーナ…「私にはもう 我慢できなくなった」と言い粗末な靴を手に持ち離れてゆく。
ザンパノが休んでいる納屋に向かって、
ジェルソミーナ…「だから帰るわ」と悲しそうに言いながら、再三、無視されたことに腹を立て出て行くジェルソミーナ。

Top

 〜綱渡り〜

飛び出してきたものの、何処に向かえばいいのか判らないジェルソミーナは道端に座り込む。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

蟻の巣を目にしたジェルソミーナが、棒切れを穴に差込み蟻を手の甲に置き吹いて飛ばす。
まるで羽ばたかせたいかのように。
つまらなそうにしていたジェルソミーナに、縁日を知らせる宣伝マンの音楽が聴こえてくる。

音楽に誘われてついて行った縁日で教会のパレードを目にするジェルソミーナ。
 このシーンは「神と愛」をテーマにするフェリーニの神髄である。
 フェリーニの大好きな道化師と共に息吹が注がれている。

綱渡り芸が行われている。


『道』

それを見ているジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナら

綱渡り芸人アルレッキーノがユニークな表情のジェルソミーナを見て吹き出す。


『道』リチャード・ベイスハート

アルレッキーノを尊敬の眼差しで見詰めるジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナら

Top

 〜おもちゃ〜

独りでいるジェルソミーナが男たちにからかわれている。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

ザンパノが現れ嫌がるジェルソミーナを叩き手荒く連れ帰る。
 これがザンパノの愛の表現だ。
 これでは愛は伝わらないのに。

Top

 〜サーカス〜

ザンパノがサーカス団に加わることになる。
大好きなメロディーが聴こえてきて覗き込むジェルソミーナ。
 音楽はジェルソミーナにとって安らぎなのだ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

ジェルソミーナにトランペットの吹き方を教える綱渡り芸人アルレッキーノ。


『道』リチャード・ベイスハート、ジュリエッタ・マシーナ

だが、ザンパノとアルレッキーノは以前から犬猿の仲であった。
ザンパノがアルレッキーノとジェルソミーナがコンビを組むことを知り怒る。
からかうアルレッキーノ。
血相を変えアルレッキーノを追い回す。
それを見て顔に手を当て、足をバタつかせ怯えるジェルソミーナ。
 見事な演技だ。
 無垢なジェルソミーナの動揺振りが伝わってくる。


『道』ジュリエッタ・マシーナら

騒ぎを起こし警察沙汰にしたザンパノたちに愛想を尽かした団長が一団を引き連れ去ってゆく。
ジェルソミーナも誘われるが残る。


『道』ジュリエッタ・マシーナら

Top

 〜小石〜

先に釈放されたアルレッキーノが戻ってきて、どうして一団と一緒に行かなかったのかと聞く。
ジェルソミーナ…「皆と行っても同じことよ
ザンパノといたって 変りはないわ
どっちだって同じよ」


『道』ジュリエッタ・マシーナ

私は何の役にも立たない女よ
いやだわ
生きてることがいやになった」と言い泣き出すジェルソミーナ。

ザンパノの態度に思い当たったアルレッキーノがジェルソミーナに、
綱渡り芸人…「惚れてるんだ」と言う。
ジェルソミーナ…「ザンパノが? 私に?」と言いアルレッキーノを見るジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ、リチャード・ベイスハート

綱渡り芸人…「変かい? 奴は犬だ
 お前に話しかけたいのに
 吠える事しか知らん」と言うアルレッキーノ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ、リチャード・ベイスハート

ジェルソミーナ…「かわいそうね」と悲しそうに言うジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ、リチャード・ベイスハート

綱渡り芸人…「そうだ かわいそうだ」と言い立ち上がる。
 顔を合すとザンパノをからかってばかりいるが、気になっていることを知られないように立ち上がったのだ。
「しかし お前以外に
誰が奴のそばにいられる?」と言うアルレッキーノ。

 「私は何の役にも立たない女よ」と言うジェルソミーナに、綱渡り芸人アルレッキーノが言って聞かせる。
 特に好きなシーンだ。

綱渡り芸人…「おれは無学だが 何かの本で読んだ
この世の中にあるものは何かの役に立つんだ
例えばこの石だ」と、綱渡り芸人が言う。
ジェルソミーナ…「どれ?」
綱渡り芸人…「どれでもいい」
石ころを拾う。 
綱渡り芸人…「こんな小石でも 何か役に立ってる」


『道』リチャード・ベイスハート

ジェルソミーナ…「どんな?」
綱渡り芸人…「それは…
おれなんかに聞いても わからんよ
神様はご存知だ
お前が生れる時も死ぬ時も
人間にはわからん
おれには小石が 何の役に立つかわからん
何かの役に立つ
これが無益ならすべて無益だ
空の星だって 同じだとおれは思う
お前だって
何かの役に立ってる
アザミ顔のブスでも」
ジェルソミーナはその小石を貰う。
小石をじっと見て頷く。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

小石を握り締め、
ジェルソミーナ…「私がいないと 彼は独りぼっちよ」と…。

元気になったジェルソミーナを見て喜ぶアルレッキーノ。
 天使のような笑顔だ。


『道』リチャード・ベイスハート

綱渡り芸人…「おれの仕事はいつ死ぬか
わからん危い仕事だ」と指を使って綱渡りをして見せるアルレッキーノ。
 その後を暗示させているシーンだ。


『道』リチャード・ベイスハート、ジュリエッタ・マシーナ

Top

 〜プレゼント〜

ザンパノを待つ気でいるジェルソミーナを警察署の前に連れて行ってやるアルレッキーノ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

アルレッキーノはザンパノを待つジェルソミーナに、
綱渡り芸人…「ジェルソミーナ、ジェルソミーナ…」と、歌い自分のネックレスを外し、
綱渡り芸人…「これをやる」と、俯いているジェルソミーナの首にはめてやる。


『道』リチャード・ベイスハート

俯いたままネックレスをしっかり握り締めるジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

アルレッキーノは、
綱渡り芸人…「思い出の品だ」と、言いジェルソミーナを見詰め、


『道』リチャード・ベイスハート

片手を上げ、
綱渡り芸人…「チャオ」と、別れの挨拶をする。


『道』リチャード・ベイスハート

綱渡り芸人…「ジェルソミーナ、ジェルソミーナ…」
「チャオ!」と、離れて行く。


『道』ジュリエッタ・マシーナ


『道』ジュリエッタ・マシーナ

瞳を潤ませ貰ったネックレスを片手に握り締め、もう一方の手を上げ別れの挨拶をするジェルソミーナ。
口笛を吹いて段々離れて行くアルレッキーノ。
綱渡り芸人… 「さよなら ジェルソミーナ」と、言い歌いながら去って行く。


『道』リチャード・ベイスハート


『道』ジュリエッタ・マシーナ


『道』ジュリエッタ・マシーナ


『道』ジュリエッタ・マシーナ

 ジェルソミーナの純粋な愛に、大切な思い出のネックレースをプレゼントして去ってゆくアルレッキーノは神が使わせた天使だ。
 瞳を潤ませ貰ったネックレスを片手に握り締め、手を振るジェルソミーナの純な姿といい、愛を奏でるニーノ・ロータの美しく、切ないメロディーといい、胸の奥まで染み込んでくる。
 何時観ても「愛」に触れ涙が溢れてくる。
 こんな美しいシーンを演出したフェーリーニに感謝だ。
 

Top
 〜出所〜

ザンパノが出所してくる。
内心ジェルソミーナが残ってくれたことを喜ぶが、吠えることしか出来ないザンパノは礼が言えない。


『道』アンソニー・クイン

ザンパノの態度にガッカリしながらも、アルレッキーノが話していたことを力に石を見るジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナら

Top

 〜聖地〜

移動中に止まった浜辺で、嬉しそうに心の故郷である海を眺めるジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

海を見ていたジェルソミーナが、
ジェルソミーナ…「前には家へ帰りたくて 仕方なかった
でも今では どうでもよくなったわ」
波打ち際で足の疲れを取っているザンパノの方を向き、
「あんたといる所が私の家だわ」
嬉しそうに言う。
だが、
ザンパノ…「そいつは立派な考えだ
家へ帰れば満足に食えんから 気が変ったんだ」と何時もの調子で返すザンパノ。
怒って足元の砂を蹴り、
ジェルソミーナ…「あんたってケダモノね あきれたわ」と言う。
笑いながら、
ザンパノ…「だが本当だぜ」と言い面白がるザンパノ。

Top

 〜旋律〜

旅の途中、立ち寄った僧院で大好きなメロディーをトランペットで吹くジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ


『道』ジュリエッタ・マシーナ

美しい旋律を奏でるジェルソミーナに感激する修道女。


『道』リビア・ベントゥリーニ

自分を認めてくれる修道女の態度に嬉しくなるジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ、リビア・ベントゥリーニ

納屋でザンパノに「何も出来ない私とどうして一緒にいるのか」と問うジェルソミーナ。
他の事を考えているザンパノは「可笑しなことを言う女だ 早く寝ろ」と相手にしない。
 ジェルソミーナの存在が安らぎを齎すことに気付かないし、気付いても言わないだろう。

横になったジェルソミーナがザンパノに、
ジェルソミーナ…「私が死んだら悲しい?」と言う。
ザンパノ…「…」
動揺するザンパノ。
だが、直ぐに、
「お前 死ぬのか?」と、素っ気無く言う。
ジェルソミーナ…「前にはこんな生活なら 死にたいと思ってたわ」
起き上がって、
「今は二人が夫婦みたいね」と言うジェルソミーナ。
ザンパノ…「…」
ジェルソミーナ…「小石でも役立つなら 一緒に暮らせばいいわ
よく考える必要あるわ」と頭を指差して言う。
ジェルソミーナ…「あんたは考えない?」と言うジェルソミーナ。
ザンパノ…「考えることはねえ」と言うザンパノ。
ジェルソミーナ…「本当に?」と言うジェルソミーナ。
ザンパノ…「何を考えるんだ
こんなバカげた話は いいかげんでやめろ?
早く寝ろ 眠い」と怒鳴り、背中向きになるザンパノ。
ジェルソミーナ…「ザンパノ 少しは私を好き?」
つまらなそうに横になって言い、背中を向けているザンパノを見て言うジェルソミーナ。
起き上がりトランペットを手にして、あのメロディーを吹く。


『道』アンソニー・クイン、ジュリエッタ・マシーナ

ザンパノ…「やめて寝ろ」と声を荒げるザンパノ。

目が覚めたジェルソミーナがザンパノを捜しに行く。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

ザンパノは僧院の銀のハートを盗もうとしていた。
手が太くて届かないで困っていたところに来たジェルソミーナに、あろうことか盗るように言う。
ジェルソミーナ…「いやよ いやよ いやよ」と拒否するジェルソミーナ。
 神は崇高で汚してはいけない世界なのだ。
ザンパノ…「何がいやだ 誰に言っとる!」と言い殴るザンパノ。
ジェルソミーナ…「いやよ いやよ いやよ」と言い泣き出すジェルソミーナ。
睨むザンパノ。
ジェルソミーナ…「いやよ 悪いことだわ」と泣き続けるジェルソミーナ。
ザンパノ…「うるさい!」と怒鳴るザンパノ。
屈み込み泣き続けるジェルソミーナ。

Top

 〜衝撃〜

昨夜のザンパノの神を冒涜する行動に深く傷つくジェルソミーナ。

僧院を出て行こうとしているジェルソミーナの様子が変だと思った修道女が、
修道女…「どうしたの?」と心配して言う。
昨夜のことを言えないジェルソミーナは悲しそうに首を横に振る。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

オート三輪車を押すジェルソミーナ。
憔悴しているジェルソミーナを心配して見ている修道女。


『道』リビア・ベントゥリーニ、ジュリエッタ・マシーナ、アンソニー・クイン

世話になった修道女に悲しそうな目を向けるジェルソミーナ。
 切ない。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

何があったのだろうかと心配して見ている修道女。


『道』リビア・ベントゥリーニら

恩を仇で返したザンパノの行為を詫び泣くジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

手を振りながら泣き続けるジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

Top

 〜ショック〜

ザンパノが人気のない山道でアルレッキーノを見つける。


『道』アンソニー・クイン、ジュリエッタ・マシーナ

タイヤ交換をしていたアルレッキーノがザンパノを見て驚く。


『道』リチャード・ベイスハート

ザンパノとアルレッキーノの喧嘩が始まる。
ザンパノに殴られたアルレッキーノが車の角で後頭部を打ち倒れる。

殴られたアルレッキーノの様子がおかしいのに驚き駆け寄るジェルソミーナ。
ジェルソミーナ…「ザンパノ 早く!
様子が変よ おかしいのよ!」と叫ぶジェルソミーナ。
近づいてきたザンパノに、
ジェルソミーナ…「様子が変よ!」と怯えながら言う。
アルレッキーノがワザと起き上がらないのかと、
ザンパノ…「おい」と足を蹴るザンパノ。
腹ばいになっていたアルレッキーノが呻き声を上げる。
ジェルソミーナ…「いやよ」と怯えながら言うジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

様子がおかしいと思ったザンパノが膝を突き、
ザンパノ…「起きろ! 冗談はよせ」とアルレッキーノを揺すり仰向けにする。
力なく仰向けになるアルレッキーノ。
ジェルソミーナ…「死ぬわ! 死ぬわ! 死ぬわ! 死ぬわ!」と怯えるジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

ザンパノ…「静かにしろ!」とジェルソミーナに言い、
ザンパノ…「おい!」
アルレッキーノを揺するザンパノ。
アルレッキーノの手を見るザンパノ。
ジェルソミーナ…「いやよ いやよ」と言うジェルソミーナ。
アルレッキーノの手を離すザンパノ。
力なく落ち、動かなくなっているアルレッキーノが映し出される。
ジェルソミーナ…「いやよ!」と言い泣きそうになるジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

ザンパノ…「静かにしろ」と言うザンパノ。
ジェルソミーナ…「いやよ! いやよ! いやよ!」と叫ぶジェルソミーナ。
ザンパノ…「静かにしろったら!」と怒鳴るザンパノ。
ジェルソミーナ…「いやよ いやよ いやよ いやよ」と怯えるジェルソミーナ。
辺りを見回し、
ザンパノ…「まずい事になった」と言うザンパノ。
ジェルソミーナ…「いやよ」と言うジェルソミーナ。
橋の方を見たザンパノがアルレッキーノの足を持ち引き摺って行く。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

ザンパノが死んだアルレッキーノを隠そうと引き摺っているのを見て、恐怖のあまりに気が狂れてしまうジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ


『道』ジュリエッタ・マシーナ

Top

 〜置き去り〜

生気を失っているジェルソミーナは「彼の様子が変よ ザンパノ 彼が死にそうよ!」と大道芸中も繰り返す。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

鎖を切る芸に集中できないでいるザンパノ。
また、塞ぎこんでばかりいるジェルソミーナを扱いかねるザンパノ。


『道』アンソニー・クイン

よくなったかと思っても、突然「彼の様子が変よ」と言い泣き出すジェルソミーナ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ


『道』ジュリエッタ・マシーナ

堪りかねて、
ザンパノ…「お前の家へ帰ろう お袋さんの所へ
お袋さんの所へ 帰りたくねえのか?」と言うザンパノ。
ジェルソミーナ…「私がいないとあんたは一人よ」と言うジェルソミーナ。
ザンパノ…「おれは遊んでられん! 飯のタネを稼ぐんだ!
お前は病気だ! ここがな」と頭を指差して訴えるようにいうザンパノ。
ジェルソミーナ…「…」
日だまりで横になるジェルソミーナ。
ザンパノ…「来い 何をしてる?
寒いぞ 乗れ 乗れ」と言うザンパノ。
ジェルソミーナ…「あんたが彼を殺したのよ もういやだわ
逃げたかったの
彼が言ったのよ 一緒にいろって
タキギが足りないわ 火が消える」と言い寝入る。
 火は生命を意味している言葉だ。
 ジェルソミーナにとって海、火、音楽、神は特別のものなのだ。

寝ているジェルソミーナを見るザンパノ。
“今のうちに”という考えが浮かぶ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

寝ているジェルソミーナを見て、毛布を掛けて置き去りにしようとするザンパノ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ

荷台でジェルソミーナが吹いていたトランペットが目に留まり、枕元にそっと置くザンパノ。
 ザンパノは罪滅ぼしのつもりだったのだろうか。


『道』ジュリエッタ・マシーナ


『道』ジュリエッタ・マシーナ

ジェルソミーナが目を覚めないように、オート三輪車を押して遠ざかろうとするザンパノ。


『道』アンソニー・クイン

 段々とジェルソミーナから離れていくザンパノの視線から映し出され、置き去りにされたことがより強調され胸が締め付けられる。
 上手いカメラワークだ。


『道』ジュリエッタ・マシーナ


『道』ジュリエッタ・マシーナ

オート三輪車のエンジンを掛け遠ざかるザンパノ。
 だが、その先の道も寂しそうだ。


『道』

Top

 〜エピローグ〜

ジェルソミーナが口ずさんでいた、あのメロディーをハミングしているのが聴こえてきて立ち止まるザンパノ。


『道』アンソニー・クインら

ハミングしていた女に聞くと置き去りにしたジェルソミーナが、何時も独りであのメロディーをトランペットで吹いていたという。
そして、4・5年前にジェルソミーナが死んだことを聞くザンパノ。


『道』アンソニー・クインら

肩を落としたザンパノは、その夜、感情を抑えられず酔どれて、店の客たちに絡み大暴れする。
誰にも相手にされなくなったザンパノが、酔いながら向かうのは天使ジェルソミーナの聖地、浜辺だ。
浜辺に座ったザンパノに、波が鼓動のように押し寄せてくる。

 ジェルソミーナの涙だ。
天の声が聞こえるザンパノ。


『道』アンソニー・クイン

己を恥じ、悔いるザンパノ。


『道』アンソニー・クイン

砂浜の砂を握り締め、身もだえして泣き、崩れる。


『道』アンソニー・クイン

波が押し寄せては、引く。


『道』アンソニー・クイン

失ったものの大きさに気が付き泣き続けるザンパノ。
 ジェルソミーナの愛、「私がいないと 彼は独りぼっちよ」と傍にいてくれた天使を捨てたことに気付いたのだ。


『道』アンソニー・クイン

Top

 堪らない。
 ジェルソミーナの無垢な愛。
 悔いるザンパノ。

 犬のように吠えるだけでジェルソミーナを人として接することが出来ないザンパノ。
 一人の人間として扱ってくれなくても、「何かの役に立っている」と尽くすジェルソミーナ。
 ジェルソミーナを励ましていたアルレッキーノがザンパノに命を奪われ生気を失っても、ずっと傍にいてやる。
 「何かの役に立っている」との思いから。
 だが、捨てられる。

 人生の愛と哀しみが、美しく切ない旋律で奏でられ、胸の奥まで染み込んでくる。
 人は残酷であるが愛が人を救うことを、感じさせてくれる名作だ。

〜写真〜


『道』ジュリエッタ・マシーナ

Top

1999

キネマ旬報創刊80周年記念特別企画[映画人が選ぶ日本・外国映画オールタイム・ベストテン]で7位
 

[映画人が選ぶ日本・外国映画オールタイム・ベストテン]キネマ旬報創刊80周年記念特別企画
/
1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位
8位
9位
10位

@七人の侍(黒澤 明) A浮雲(成瀬 巳喜男) B飢餓海峡(内田吐夢)
B東京物語(小津安二郎)
C
-
D幕末太陽傳(川島雄三)
D羅生門(黒澤 明)
E
-
F赤い殺意(今村昌平) G仁義なき戦い(シリーズ)(深作欣二)
G二十四の瞳(木下恵介)
H
-
I雨月物語(溝口健二)

@第三の男(キャロル・リード) A2001年宇宙の旅(スタンリー・キューブリック) Bローマの休日(ウィリアム・ワイラー)
Cアラビアのロレンス(デヴィッド・リーン)
D風と共に去りぬ(ヴィクター・フレミング) B市民ケーン(オーソン・ウェルズ) F駅馬車(ジョン・フォード)
F禁じられた遊び(ルネ・クレマン)
Fゴッドファーザー(フランシス・フォード・コッポラ)
F(フェデリコ・フェリーニ)
G
-
B
-
I
-
※1999
[映画人が選ぶオールタイム・ベストテン](日本編)(外国編)キネマ旬報創刊80周年記念特別企画は、従来の映画評論家を中心にしたアンケートとは異なり、監督、プロデューサー、脚本家、撮影監督など、実際に日本映画の製作に携わる映画人(140人、144人)に、それぞれのベスト作品10本を順不同で選んでもらう選考方法。(1999年10月下旬号、10月上旬号においてアンケート結果を発表)

Top

2009

キネマ旬報創刊90周年記念特別企画[映画人が選ぶ日本・外国映画オールタイム・ベストテン]で10位
 

[映画人が選ぶ日本・外国映画オールタイム・ベストテン]キネマ旬報創刊90周年記念特別企画
/
1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位
8位
9位
10位

@東京物語(小津安二郎) A七人の侍(黒澤 明) B浮雲(成瀬 巳喜男) C幕末太陽傳(川島雄三) D仁義なき戦い(シリーズ)(深作欣二) E二十四の瞳(木下恵介) F羅生門(黒澤 明)
F丹下左膳餘話・百万両の壷(山中 貞雄)
F太陽を盗んだ男(長谷川和彦)
G
-
H
-
I家族ゲーム(森田芳光)
I野良犬(黒澤明)
I台風クラブ(相米慎二)

@ゴッドファーザー(フランシス・フォード・コッポラ) Aタクシー・ドライバー(マーチン・スコセッシ)
Aウエスト・サイド物語(ロバート・ワイズ)
B
-

C第三の男(キャロル・リード)
D勝手にしやがれ(ジャン・リュック・ゴダール)
Dワイルドバンチ(サム・ペキンパー)
B
-

F2001年宇宙の旅(スタンリー・キューブリック)
Gローマの休日(ウィリアム・ワイラー)
Gブレードランナー(リドリー・スコット)
B
-
I駅馬車(ジョン・フォード)
I天井棧敷の人々(マルセル・カルネ)
I(フェデリコ・フェリーニ)
Iめまい(アルフレッド・ヒッチコック)
Iアラビアのロレンス(デヴィッド・リーン)
I暗殺の森(ベルナルド・ベルトルッチ)
I地獄の黙示録(フランシス・フォード・コッポラ)
Iエル・スール(ビクトル・エリセ)
Iグラン・トリノ(クリント・イーストウッド)
※2009.11
[映画人が選ぶオールタイム・ベストテン](日本編)(外国編)キネマ旬報創刊90周年記念特別企画は、日本編は114人、外国編は121人の映画評論家や作家、文化人の投票を集計した。

Top
前へ-フェデリコ・フェリーニ-次へ
参考文献
フェデリコ・フェリーニ
洋画
サイトマップ
映画ありき
〜クラシック映画に魅せられて〜


1 1