クラーク・ゲーブル
  
(1901.2.1-1960.11.16)(アメリカ、オハイオ州カディズ生まれ)
 
プロフィール 独自の作品解釈 年譜

〜プロフィール〜

 逞しく、セクシーで、包容力ゆたかなクラーク・ゲーブルは“キング・オブ・ハリウッド”の異名を持つスーパースターであった。
 女たちはゲイブルの野性的な言動に反発しながらも、男の臭いを剥き出しにしたセックス・アピールにしびれ、内面に潜む優しさ、誠実さの虜になるという具合だ。

 そんなゲイブルもエキストラからスタートし、悪役、B級映画の主役と階段を上り、人気女優の相手役をつとめるようになり人気を得てきた。
 ハンフリー・ボガートが悪役で印象深い演技を見せ存在感を持たせてきたように、ゲイブルも荒々しい言動とニヤリとする厚かましい笑みがセックス・アピールのシンボルとなって注目されたわけだ。

 人気を決定的にしたのはフランク・キャプラ監督に抜擢された『或る夜の出来事』(1934)のスクープを狙う新聞記者ピーター・ウォーン役だ。


『或る夜の出来事』クラーク・ゲーブルとクローデット・コルベール

 人間味溢れ、実にチャーミングなピーター・ウォーンの魅力が画面に映し出された。
 コミカルな面をみせたゲーブルはファン層を広げ、アカデミー主演男優賞も手にいれた。

 そして、男の華のようなセックス・アピールをみせた『風と共に去りぬ』(1934)のレット・バトラーでは世界中のファンを虜にした


『風と共に去りぬ』クラーク・ゲーブル、ヴィヴィアン・リー

 『風と共に去りぬ』を観た後にスカーレット・オハラのヴィヴィアン・リーは勿論のこと、レット・バトラーのクラーク・ゲーブルに異論を唱える人はいないであろう。
 ゲーブルのために企画・製作されただけあって役にピッタリだ。
 いや、原作のキャラクターよりチャーミングな魅力を植えつけていた。
 デビッド・O・セルズニックが製作した『風と共に去りぬ』のフイルムは厳重に保管されているという。
 大プロジューサーのセルズニックと共に、ヴィヴィアンとゲーブルも映画史で語り継がれることは、これまでもそうであったように間違いないことであろう。
 だが確実だといわれていた2度目のアカデミー主演男優賞は逃している。

 遺作となった『荒馬と女』でも己と闘うことの意義、男の意志を示す苛酷なシーンでスタントマンを使わなかった。


『荒馬と女』クラーク・ゲーブル

 男の華をみせ続けた“キング”らしいシーンを遺していった。
 パラマウントのクーパーに対してMGMのゲイブルといわれ、対照的な魅力でクーパーと人気を二分したゲーブルらしい最後であった。

※アカデミー主演男優賞『或る夜の出来事』(1934)

Top

〜独自の作品解釈〜

1934 『或る夜の出来事』-It Happened One Niget-
1939 『風と共に去りぬ』-Gone with the Wind-
『風と共に去りぬ』前編
『風と共に去りぬ』後編
ストーリーの結末を載せていますので、映画をご覧になっていない方は、ご了承下さい。
『風と共に去りぬ』シネマトーク エピソード
公開前後
コスチューム
出版前後
ミュージック

Top

〜年譜〜
[1901][1924][1925][1928][1930][1931 惨劇の沙漠 ペインテッド・デザート 暗黒街に踊る 無冠の帝王 秘密の6 笑う罪人 自由の魂 夜の看護婦 男性の血潮
スザン・レノックス 蜃気楼の女 太平洋爆撃隊][1932 地獄のサーカス 紅塵 心の青空][1933 ダンシング・レディ 夜間飛行 ホワイト・シスター 春の火遊び]
[1934 或る夜の出来事 白衣の騎士 男の世界 私のダイナ 結婚十分前][1935 ある夜の特ダネ 支那海 野性の叫び 南海征服]
[1936 妻と女秘書 桑港 スタアと選手 空駆ける恋][1937 恋の挽歌 サラトガ][1938 テスト・パイロット 地球を駆ける男][1939 愚か者の楽園 風と共に去りぬ]
[1940 ブーム・タウン][1941 無法街][1942][1945 冒険][1947 自信売ります][1948 帰郷 戦略爆撃指令][1949][1950 スピード王][1951 ミズーリ横断]
[1952 栄光の星の下に][1953 哀愁のロシア モガンボ][1954 叛逆者][1955 一攫千金を夢みる男 たくましき男たち][1956 ながれ者][1957 南部の反逆者]
[1958 深く静かに潜航せよ 先生のお気にいり][1959 僕は御免だ][1960 ナポリ湾][1961 荒馬と女][写真][雑誌]

1901

2月1日、アメリカ、オハイオ州カディズ生まれ。本名ウィリアム・クラーク・ゲーブル。(ファースト・ネームのウィリアムは25年以後使わなくなった)
油田鉱夫で農業にも従事していた父ウィリアム・H・ゲーブルと母アデリーン・ハーシェルマン・ゲーブルの一人息子。(両親はドイツ系移民の子孫)
クラーク・ゲーブルの人気が上昇期はナチスの勃興期だったので所属するMGMの宣伝マンによってオランダ系アイリッシュとされていたという。
身体が弱かった母親はクラーク・ゲーブルの生後7ヶ月に癲癇により死去。
祖父母のもとで父親が再婚する2才まで育てられた。
オハイオ州ホープデールの父の家にひきとられ再婚したジョニー・ダンラップに育てられる。
婦人帽子店をいとなむ優しく、教養があるジョニー・ダンラップにビリー(ファースト・ネームのウィリアムの愛称)はわが子のように育てられたという。
ホープデール小学校のあと、エディンバラ・ハイスクールで野球部とバンドに参加して人気者となったが、2年通っただけで中退。(ハイスクール・バンドの仲間の一人で年上のアンディ・ミーンズがアークロンへ行ってタイヤ工場で働くと言いだしたのがきっかけで一緒に行く決心を固めた)
継母ジョニーの説得で怒っていた父も折れる。
タイヤ工場で働きながらミュージックホールで裏方見習いを始める。(『天国の鳥』を見て舞台の虜となったのがきっかけ)
巡業劇団に入り脇役で出演。
継母ジョニーの危篤の電報に帰郷する。(数日後に息をひきとる)
一時父の仕事を手伝う。(クラーク・ゲーブルが一人立ちして働くことに反対の父は、嫌がる彼をつれてオクラホマの油田に向かい、石油鉱夫として1週7日間、1日12時間の労働につかせた)
石油鉱夫の仕事が嫌いだったことと、一度知ってしまった舞台の誘惑から逃れられないクラーク・ゲーブルは21才の誕生日に祖父から300ドル相続した機会に家を出る。(父と激しく言い争い、その後10年間口をきかない結果になってしまったという)
仕事を転々とし、小劇団に参加する。(責任編集筈見有弘「シネマアルバム28 クラーク・ゲーブル ハリウッドのキング」芳賀書店 参考)(責任編集筈見有弘「シネマアルバム125 黄金期 ハリウッド男優 ヴァレンティノからディーンまで」芳賀書店 参考)

Top

1924

『禁断の楽園』-Forbidden Paradise-(米)
- 監督: エルンスト・ルビッチ
- 原作: ラホス・ビロ/メニハート・レンジェル
- 脚本: ハンス・クレイリー/アグネス・ジョンストン
- 撮影: C・J・ヴァン・アンガー
- 出演: ポーラ・ネグリ/アドルフ・マンジュー/ロッド・ラ・ロック/ポーリン・スターク/クラーク・ゲーブル(エキストラ)
- エキストラとして映画に出演。

劇場支配人で金銭的支援をしてくれた14才上のジョセフィーン・ディロンと結婚。(31年に離婚)

Top

1925

『メリー・ウィドウ』-The Merry Widow-(米)
- 監督: エリッヒ・フォン・シュトロハイム
- 原作戯曲: ヴィクター・レオン/レオ・シュタイン/フランツ・レハール
- 脚本: ベンジャミン・グレイザー/エリッヒ・フォン・シュトロハイム
- 撮影: オリヴァー・T・マーシュ
- 出演: :メイ・マレイ/ジョン・ギルバート/ロイ・ダルシー/ジョセフィン・クロウェル/ジョージ・フォーセット/クラーク・ゲーブル(エキストラ)
- エキストラとして出演。

Top

1928

『Machinal』(V)
- 出演: クラーク・ゲーブル
- 主役でブロードウェイに進出。

Top

1930

ロサンジェルスで『ラスト・マイル』の舞台に出演しているのをMGMの幹部が目をつける。
MGMと契約して悪役、B級映画の主役から人気女優の相手役をつとめて人気を得る。(責任編集筈見有弘「シネマアルバム125 黄金期 ハリウッド男優 ヴァレンティノからディーンまで」より)

Top

1931

『惨劇の沙漠』-The Painted Desert-(米)
- 監督: ハワード・ヒギン
- 出演: ウイリアム・ボイド/クラーク・ゲーブル
- 本格的に映画デビュー。

『ペインテッド・デザート』-The Painted Desert-(米)
- 監督: ハワード・ヒギン
- 原作・脚色: トム・バッキンガム/ハワード・ヒギン
- 撮影: エドワード・スナイダー
- 出演: ビル・ボイド/ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ/ウィリアム・ファーナム/J・ファーレル・マクドナルド/クラーク・ゲーブル

『暗黒街に踊る』-Dance Fools Dance-(米、MGM)
- 監督: ハリー・ボーモン
- 原作: オーラニア・ルーヴェロール
- 脚色: リチャード・スカイヤー
- 撮影: チャールズ・ロシャー
- 出演: ジョーン・クロフォード(ボニー・ジョルダン)/レスター・ヴェイル(ボブ)/クリフ・エドワーズ(新聞記者/スクラントン)/ウィリアム・ベイクウェル(ボニーの弟/ロドニー)/ウィリアム・ホールデン(ボニーの父親/スタンリー)/クラーク・ゲーブル(暗黒街の首領/ジェイク)

『無冠の帝王』-The Finger Points-(米)
- 監督: ジョン・フランシス・ディロン/アーネスト・ホーラー
- 原作: ジョン・モンク・ソーンダース/W・R・バーネット
- 脚色: ロバート・ロード
- 出演: リチャード・バーセルメス/フェイ・レイ/レジス・トゥーミー/クラーク・ゲーブル/ロバート・エリオット

『秘密の6』-The Secret Six-(米、MGM)
- 監督: ジョージ・ヒル
- 原作脚本: フランシス・マリオン
- 撮影: ハロルド・ウェンストロム
- 出演: ウォーレス・ビアリー/ルイス・ストーン/ジョン・マック・ブラウン/ジーン・ハーロウ/マージョリー・ランボー/ポール・ハースト/クラーク・ゲーブル

『笑う罪人』-Laughing Sinners-(米、MGM)
- 監督: ハリー・ボーモン
- 原作: ジョン・ケニヨン・ニコルソン
- 脚本: ベス・メレディス
- 撮影: チャールズ・ロッシャー
- 出演: ジョーン・クロフォード/ニール・ハミルトン/クラーク・ゲーブル/マージョリー・ランボー/ガイ・キッビー

『自由の魂』-A Free Soul-(米、MGM)
- 監督: クラレンス・ブラウン
- 原作: アデラ・ロジャース・セント・ジョン
- 脚本: ジョン・ミーハン
- 脚色: ベッキー・ガーディナー
- 撮影: ウィリアム・ダニエルズ
- 出演: ノーマ・シアラー(弁護士の娘)/レスリー・ハワード/ライオネル・バリモア(弁護士)(アカデミー主演男優賞)/クラーク・ゲーブル(暗黒街のボス/エース)/ジェームズ・グリースン
- セクシーな男の魅力を悪役でみせる。


『自由の魂』クラーク・ゲーブルら

『夜の看護婦』-Night Nurse-(米)
- 監督: ウィリアム・A・ウェルマン
- 原作: ドラ・メイシイ
- 脚本: オリヴァー・H・P・ギャレット
- 撮影: バーニー・マクギル
- 出演: バーバラ・スタンウィック/ベン・ライオン/ジョーン・ブロンデル/チャールズ・ウィニンジャー/シャーロット・メリアム/エドワード・ヌージェント/アラン・レーン/ブランシュ・フレデリシ/ヴェラ・ルイス/ラルフ・ハロルド/クラーク・ゲーブル

『男性の血潮』-Sporting Blood-(米、MGM)
- 監督: チャールズ・ブレイビン
- 原作: フレデリック・ハズリット・ブレナン
- 脚本: ウィラード・マック/ワンダ・タショック
- 撮影: ハロルド・ロッソン
- 出演: クラーク・ゲーブル/アーネスト・トーレンス/マッジ・エヴァンス/ルー・コディ/マリー・プレヴォー

『スザン・レノックス』-Susan Lenox: Her Fall and Rise-(米、MGM)(8巻)
- 監督: ロバート・Z・レオナード
- 原作: デイヴィッド・グラハム・フィリップス
- 脚色: ワンダ・タショック
- 撮影: ウィリアム・ダニエルズ
- 出演: グレタ・ガルボ(オーリンの娘ヘルガ/スザン・レノックス)/クラーク・ゲーブル(技師/ロドニー・スペンサー)/ジーン・ハーショルト(農夫/オーリン)/ジョン・ミルジャン/アラン・ヘイル(あらくれ男/モンドストラム)/H・ハミルトン(裕福な政治家マイク・ケリー)
- あらくれ男と結婚させようとする父から逃れ、家を飛び出したヘルガ(グレタ・ガルボ)はロドニー(クラーク・ゲーブル)と出会い、激しい恋におちた。
ロドニーはヘルガを山小屋にかくまって結婚を約束していったん去った。
しかし、その間に父が追ってきた。
列車に飛び乗って父から逃れたヘルガは流れ流れて行く。
そして、“スザン・レノックス”と名前を変えたヘルガは裕福な政治家マイク・ケリー(H・ハミルトン)の妾になった。
裕福になったヘルガはロドニーを呼び寄せるが、ロドニーはヘルガの変身振りに絶望して去って行く。
ロドニーを愛しているヘルガはすべてを捨てて彼を追って行く。


『スザン・レノックス』グレタ・ガルボ

『蜃気楼の女』-Possessed-(米、MGM)
- 監督: クラレンス・ブラウン
- 原作: エドガー・セルウィン
- 脚色: レノア・コフィー
- 撮影: オリヴァー・T・マーシュ
- 出演: ジョーン・クロフォード/クラーク・ゲーブル/ウォーレス・フォード/スキーツ・ギャラガー/フランク・コンロイ

『太平洋爆撃隊』-Hell Divers-(米、MGM)
- 監督: ジョージ・ヒル
- 原作: フランク・ウィード
- 脚色: ハーヴェイ・ゲイツ/マルコム・スチュアート・ボイラン
- 撮影: ハロルド・ウェンストロム
- 出演: ウォーレス・ビアリー/クラーク・ゲーブル/コンラッド・ネーゲル/ドロシー・ジョーダン/マージョリー・ランボー 

テキサス社交界の花形で17才上のレアー・ラングハム・デイヴィスと再婚。(39年に離婚)

Top

1932

『地獄のサーカス』-Polly of the Circus-(米)
- 監督: アルフレッド・サンテル
- 原作戯曲: マーガレット・メイヨ
- 脚色: ケイリー・ウィルソン
- 撮影: ジョージ・バーンズ
- 出演: マリオン・デイヴィス/クラーク・ゲーブル/C・オーブリー・スミス/レイモンド・ハットン/デイヴィッド・ランドー

『紅塵』-Red Dust-(米、MGM)
- 監督: ヴィクター・フレミング
- 原作: ウィルソン・コリソン
- 脚色: ジョン・リー・メイン
- 撮影: ハロルド・ロッソン
- 出演: クラーク・ゲーブル/ジーン・ハーロウ/ジーン・レイモンド/メアリー・アスター/ドナルド・クリスプ

『心の青空』-No Man of Her Own-(米、パラマウント)
- 監督: ウェズリー・ラッグルズ
- 原作: エドモンド・グールディング/ベンジャミン・グレイザー
- 脚色: モーリン・ワトキンス/ミルトン・H・グロッパー
- 撮影: レオ・トーヴァー
- 出演: クラーク・ゲーブル/キャロル・ロンバード/ドロシー・マッケール/グラント・ミッチェル/ジョージ・バービア

Top

1933

『ホワイト・シスター』-The White Sister-(米、MGM)
- 監督: ヴィクター・フレミング
- 原作: F・マリオン・クローフォード/ウォルター・ハケット
- 脚色: ドナルド・オグデン・スチュワート
- 撮影: ウィリアム・ダニエルズ
- 作曲: ハーバート・ストサート
- 出演: ヘレン・ヘイズ/クラーク・ゲーブル/ルイス・ストーン/ルイズ・クロッサー・ヘイル/メイ・ロブソン

『春の火遊び』-Hold Your Man-(米)
- 監督: サム・ウッド
- 原作: アニタ・ルース
- 脚色: アニタ・ルース/ハワード・エメット・ロジャース
- 撮影: ハロルド・ロッソン
- 歌: ナシオ・ハーブ・ブラウン/アーサー・フリード
- 出演: ジーン・ハーロウ/クラーク・ゲーブル/スチュアート・アーウィン/ドロシー・バージェス/ミュリエル・カークランド

『夜間飛行』-Night Flight-(米)
- 監督: クラレンス・ブラウン
- アソシエイト・プロデューサー: デイヴィッド・O・セルズニック
- 原作: アントワーヌ・ド・サン・テグジュペリ
- 脚色: オリヴァー・H・P・ギャレット
- 撮影: オリヴァー・T・マーシュ 
- 空中撮影: エルマー・ダイヤー/チャールズ・マーシャル
- 出演: ジョン・バリモア/ヘレン・ヘイズ/クラーク・ゲーブル/ライオネル・バリモア/ロバート・モンゴメリー

『ダンシング・レディ』-Dancing Lady-(米)
- 監督: ロバート・Z・レオナード
- 原作: ジェームズ・ワーナー・ベラ
- 脚色: アレン・リヴキン/P・J・ウルフソン
- 撮影: オリヴァー・T・マーシュ
- 音楽: サミー・リー/エディ・プリンツ
- 出演: ジョーン・クロフォード/クラーク・ゲーブル/フランチョット・トーン/メイ・ロブソン/ウィニー・ライトナー

Top

1934

『或る夜の出来事』-It Happened One Night-(米)(アカデミー賞作品賞
- 監督: フランク・キャプラ(アカデミー監督賞)
- 製作: ハリ・コーン/フランク・キャプラ
- 原作: サミュエル・ホプキンス・アダムス
- 脚色: ロバート・リスキン(アカデミー脚色賞)
- 撮影: ジョゼフ・ウォーカー 
- 音楽: ルイス・シルヴァース 
- 出演: クラーク・ゲーブル(新聞記者/ピーター・ウォーン)(アカデミー主演男優賞)/クローデット・コルベール(アンドルースの一人娘/エリー)(アカデミー主演女優賞)/ウォルター・コノリー(大銀行家/アンドルース)/ジェームスン・トーマス(飛行家/キング・ウェストリー)/ロスコー・カーンズ/アラン・ヘイル/ウォード・ボンド  
- 『ローマの休日』(1953)を思わせる『或る夜の出来事』(1934)がいい。
内容が面白いし、テンポがいい。
クラーク・ゲーブルとクローデット・コルベールの掛け合いが見事だ。
それに、バスの中で乗客たちと楽しそうに合唱するクラーク・ゲーブル(ピーター・ウォーン新聞記者役)がチャーミングである。
“ヒッチハイクの心得”と言って、親指を立て1番目、2番目、3番目とクローデット・コルベールにポーズして見せるシーンなど可笑しく、可愛らしい。
コルベールがスカートの裾をめくって車を止めるシーンなどはロードムービーの定番となった。
見所満載のこの作品はアカデミー賞主要5部門を独占した。
納得だ。
ロマンチック・コメディの古典的傑作で沢山の監督たちの手本となった。[全文へ]


『或る夜の出来事』クラーク・ゲーブル、クローデット・コルベール


『或る夜の出来事』クラーク・ゲーブル、クローデット・コルベール


『或る夜の出来事』クラーク・ゲーブルとクローデット・コルベール


『或る夜の出来事』クローデット・コルベール、クラーク・ゲーブル


『或る夜の出来事』クラーク・ゲーブル、クローデット・コルベール

『白衣の騎士』-Men in White-(米)
- 監督: リチャード・ボレスラウスキー
- 製作: モンタ・ベル
- 原作: シドニー・キングスレー
- 脚色: ウォルデマー・ヤング
- 撮影: ジョージ・J・フォルシー
- 出演: クラーク・ゲーブル/マーナ・ローイ/ジーン・ハーショルト/エリザベス・アラン/オットー・クルーガー

『男の世界』-Manhattan Melodrama-(米、MGM)
- 監督: W・S・ヴァン・ダイク
- 製作: デイヴィッド・O・セルズニック
- 原作: アーサー・シーザー
- 脚本: オリヴァー・H・P・ギャレット/ジョセフ・L・マンキーウィッツ
- 撮影: ジェームズ・ウォン・ホウ
- 美術: セドリック・ギボンズ
- 出演: クラーク・ゲーブル/ウィリアム・パウエル/マーナ・ローイ/レオ・カリーロ/ナット・ペンドルトン

『私のダイナ』-Chained-(米)
- 監督: クラレンス・ブラウン
- 製作: ハント・ストロンバーグ
- 原作: エドガー・セルウィン
- 脚本: ジョン・リー・メイン
- 撮影: ジョージ・J・フォルシー
- 出演: ジョーン・クロフォード/クラーク・ゲーブル/オットー・クルーガー/スチュアート・アーウィン/ユーナ・オコナー


『私のダイナ』クラーク・ゲーブル、ジョーン・クロフォード

『結婚十分前』-Forsaking All Others-(米)
- 監督: W・S・ヴァン・ダイク
- 製作: バーナード・H・ハイマン
- 脚本: ジョセフ・L・マンキーウィッツ
- 撮影: グレッグ・トーランド/ジョージ・J・フォルシー
- 出演: ジョーン・クロフォード/クラーク・ゲーブル/ロバート・モンゴメリー/チャールズ・バターウォース/ビリー・バーク

Top

1935

『ある夜の特ダネ』-After Office Hour-(米)
- 監督: ロバート・Z・レオナード
- 製作: バーナード・H・ハイマン
- 原作: ローレンス・ストーリングス/デール・ヴァン・エヴァリー
- 脚本: ハーマン・J・マンキーウィッツ
- 撮影: チャールズ・ロシャー
- 美術: セドリック・ギボンズ
- 出演: コンスタンス・ベネット(シャロン・ノーウッド嬢)/クラーク・ゲーブル(ニューヨーク・レコード紙の編集長/ジム・ブランチ)/スチュアート・アーウィン/ビリー・バーク/ハーヴェイ・スティーブンス/キャサリン・アレクサンダー(富豪のパタースン夫人)/ヘール・ハミルトン(パタースン氏)

『支那海』-China Seas-(米)
- 監督: ティー・ガーネット
- 脚本: クロスビー・ガースティン
- 脚色: ジュールス・ファースマン/ジェームズ・ケヴィン・マッギネス
- 撮影: レイ・ジューン
- 出演: クラーク・ゲーブル/ジーン・ハーロウ/ウォーレス・ビアリー/ルイス・ストーン/ロザリンド・ラッセル

『野性の叫び』-Call of the Wild-(米)
- 監督: ウィリアム・A・ウェルマン
- 原作: ジャック・ロンドン
- 脚色: ジーン・ファウラー/レオナルド・プラスキンス
- 撮影: チャールズ・ロシャー
- 出演: クラーク・ゲーブル/ロレッタ・ヤング/ジャック・オーキー/レジナルド・オーウェン/フランク・コンロイ

『南海征服』(戦艦バウンティ号の叛乱)-Mutiny on the Bounty-(米、MGM)(アカデミー作品賞)
- 監督: フランク・ロイド
- 製作: アーヴィング・G・タルバーグ/アルバート・リュイン
- 原作: チャールズ・ノードッフ/ジェームズ・ノーマン・ホール
- 脚色: タルボット・ジェニングス/ジュールス・ファースマン/ケイリー・ウィルソン
- 撮影: アーサー・エディソン
- 出演: チャールズ・ロートン/クラーク・ゲーブル(フレッチャー・クリスチャン)(アカデミー主演男優賞ノミネート)/フランチョット・トーン/ハーバート・マンディン/エディ・クィラン


『南海征服』クラーク・ゲーブルら

Top

1936

『妻と女秘書』-Wife vs. Secretary-(米、MGM)
- 監督: クラレンス・ブラウン
- 製作: ハント・ストロンバーグ
- 原作: フェイス・ボールドウィン
- 脚色: ノーマン・クラスナ/アリス・デュアー・ミラー/ジョン・リー・メイン
- 撮影: レイ・ジューン
- 出演: クラーク・ゲーブル/ジーン・ハーロウ/マーナ・ローイ/メイ・ロブソン/ホバート・カヴァナ

『桑港』-San Francisco-(米)
- 監督: W・S・ヴァン・ダイク
- 製作: ジョン・エマーソン/バーナード・H・ハイマン
- 原作: ロバート・E・ホプキンス
- 脚本: アニタ・ルース
- 撮影: オリヴァー・T・マーシ
- 出演: クラーク・ゲーブル/ジャネット・マクドナルド/スペンサー・トレイシー/ジャック・ホルト/ジェシー・ラルフ


『桑港』クラーク・ゲーブル、ジャネット・マクドナルド

『スタアと選手』-Cain and Mabel-(米)
- 監督: ロイド・ベーコン
- 原作: H・C・ウィットワー
- 脚本: レアード・ドイル
- 撮影: ジョージ・バーンズ
- 音楽: アル・ダビン
- 出演: マリオン・デイヴィス/クラーク・ゲーブル/アレン・ジェンキンス/ロスコー・カーンス/ウォルター・カトレット

『空駆ける恋』-Love on the Run-(米、MGM)
- 監督: W・S・ヴァン・ダイク
- 製作: ジョセフ・L・マンキーウィッツ
- 原作: アラン・グリーン/ジュリアン・ブロディー
- 脚色: ジョン・リー・メイン/マヌエル・セフ/グラディス・ハールバット
- 撮影: オリヴァー・T・マーシュ
- 出演: ジョーン・クロフォード/クラーク・ゲーブル/フランチョット・トーン/レジナルド・オーウェン/モナ・バリー

Top

1937

『恋の挽歌』-Parnell-(米)
- 監督製作: ジョン・M・スタール
- 原作戯曲: エルシー・T・ショーフラー
- 脚色: ジョン・ヴァン・ドルーテン/S・N・ベールマン
- 撮影: カール・フロイント
- 出演: クラーク・ゲーブル/マーナ・ローイ/エドナ・メイ・オリヴァー/エドモンド・グウェン/アラン・マーシャル

『サラトガ』-Saratoga-(米、MGM)
- 監督: ジャック・コンウェイ
- 製作: バーナード・H・ハイマン
- 原作脚本: アニタ・ルース/ロバート・E・ホプキンス
- 撮影: レイ・ジューン
- 出演: ジーン・ハーロウ(馬主の娘)/クラーク・ゲーブル(馬券屋)/ライオネル・バリモア/フランク・モーガン/ウォルター・ピジョン(大金持ちの実業家でヒロインの婚約者)
- 26才で急死したジーン・ハーロウの遺作。

Top

1938

『テスト・パイロット』-Test Pilot-(米)
- 監督: ヴィクター・フレミング
- 製作: ルイス・D・ライトン
- 原作: フランク・ウィード
- 脚色: ヴィンセント・ローレンス/ウォルデマー・ヤング
- 撮影: レイ・ジューン
- 出演: クラーク・ゲーブル/マーナ・ローイ/スペンサー・トレイシー/ライオネル・バリモア/サミュエル・S・ハインズ

『地球を駆ける男』-Too Hot to Handle-(米、MGM)
- 監督: ジャック・コンウェイ
- 製作: ローレンス・ウェインガーテン
- 原作: レン・ハモンド
- 脚本: ローレンス・ストーリングス/ジョン・リー・メイン
- 撮影: ハロルド・ロッソン
- 出演: クラーク・ゲーブル/マーナ・ローイ/ウォルター・ピジョン/ウォルター・コノリー/レオ・カリーロ

Top

1939

『愚か者の楽園』(米)(ミュージカル)
- 監督: クラレンス・ブラウン
- 出演: クラーク・ゲーブル/ノーマ・シアラー


『愚か者の楽園』クラーク・ゲーブルら

『風と共に去りぬ』-Gone with the Wind-(米、MGM)(アカデミー作品賞)
- 監督: ヴィクター・フレミング(ジョージー・キューカー→サム・ウッド→ヴィクター・フレミングと複数交代)(アカデミー監督賞)
- 製作: デビッド・O・セルズニック(アーヴィング・タールバーグ記念賞)
- 原作: マーガレット・ミッチェル(ピューリッツア賞)
- 脚色: シドニー・ハワード(アカデミー脚色賞)
- 撮影: アーネスト・ハラー/レイ・レナハン(アカデミー撮影賞)
- 装置: ライル・ホイーラー(アカデミー室内装置賞)
- 美術: ウィリアム・キャメロン・メンジース/ライル・ウィーラー
- 編集: ハル・C・カーン/ジェームズ・E・ニューカム(アカデミー編集賞)
- 音楽: マックス・スタイナー
- 衣装(デザイン): ウォルター・プランケット
- 出演: ヴィヴィアン・リー(大地主オハラ家の長女/スカーレット・オハラ)(アカデミー主演女優賞)/クラーク・ゲーブル(チャールズトン生まれの船長/レット・バトラー)(アカデミー主演男優賞ノミネート)/レスリー・ハワード(アシュレー・ウィルクス)/オリビア・デ・ハビランド(アシュリーの従妹で婚約者/メラニー・ハミルトン)/トーマス・ミッチェル(スカーレットの父/ジェラルド・オハラ)/バーバラ・オニール(スカーレットの母/エレン・オハラ)/ハティ・マクダニエル(マミー)(アカデミー助演女優賞)/バタフライ・マックイーン(プリシー)/フレッド・クレイン(ブレント・タールトン)/ジョージ・リーヴス(スチュアート・タールトン)/イヴリン・キーズ(スカーレットの妹/スエレン・オハラ)/アン・ラザフォード(カリーン・オハラ)/ローラ・ホープ・クルーズ(ピティパット叔母)/ハリー・ダベンポート(ミード博士)/オナ・マンソン(ベル・ワトリング)/キャロル・ナイ(スエレンの許婚者/フランク・ケネディ)/ランド・ブルックス(メラニーの兄/チャールズ・ハミルトン)/アリシア・レット(インディア・ウィルクス)/ハワード・ヒックマン(ジョン・ウィルクス)/レオーナ・ロバーツ(ミード夫人)/オスカー・ポルク(ポーク)/ウォード・ボンド(北軍大尉トム)/ヴィクター・ジョリー/エヴェレット・ブラウン/エディ・ロチェスター・アンダーソン/ハリー・ダヴェンポート/レオナ・ロバーツ/ジェーン・ダーウェル/オナ・マンスン
- 『風と共に去りぬ』を観た後にスカーレット・オハラのヴィヴィアン・リーは勿論のこと、レット・バトラーのクラーク・ゲーブルに異論を唱える人はいないであろう。
ゲーブルのために企画・製作されただけあって役にピッタリだ。
いや、原作のキャラクターよりチャーミングな魅力を植えつけていた。
デビッド・O・セルズニックが製作した『風と共に去りぬ』のフイルムは厳重に保管されているという。
大プロジューサーのセルズニックと共に、ヴィヴィアンとゲーブルも映画史で語り継がれることは、これまでもそうであったように間違いないことであろう。
だが確実だといわれていた2度目のアカデミー主演男優賞は逃している。

マーガレット・ミッチェルが作り出した4人のキャラクターは、人間がそれぞれ持っているところに触れているから興味を持つ。
それに巨額を投じたプロデューサーがいて、壮大な作品にした。
そして、適役の役者や監督・脚本家・音楽家などが総力を出した作品である。
中でも、ヴィヴィアン・リーのスカーレット・オハラは脳裏に焼き付いて離れない。[全文へ]


『風と共に去りぬ』デビッド・O・セルズニック、ヴィヴィアン・リー、レスリー・ハワード、オリビア・デ・ハビランド

1月26日、『風と共に去りぬ』クランク・イン。
ほとんど無名のイギリス女優に大役を奪われたことで、撮影中は多くの抵抗や反対もあったが、ヴィヴィアンは心身共に疲れ果てるまで『風と共に去りぬ』に没頭した。
6月末に撮影終了。


『風と共に去りぬ』ヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブル


『風と共に去りぬ』クラーク・ゲーブル、ヴィヴィアン・リー


『風と共に去りぬ』ヴィヴィアン・リー

12月15日、ジョージア州アトランタで盛大なワールド・プレミアが開かれ、ヴィヴィアンの美しさと演技力は最高の賛辞を浴びる


試写会の後に歓談するクラーク・ゲーブル、マーガレット・ミッチェル、ヴィヴィアン・リー

映画は公開と同時に大センセーションを巻き起こした。

『風と共に去りぬ』のシネマトークを載せています。
 

キャロル・ロンバードと3度目の結婚。(42年の航空機墜落事故による死別)

Top

1940

3月、『風と共に去りぬ』ヴィヴィアンの主演女優賞はじめ、アカデミー賞10部門(作品・監督・脚色・主演女優・助演女優・撮影・室内装置・編集・特別の各賞とデビッド・O・セルズニックがアーヴィング・タールバーグ記念賞)独占の栄誉に輝く。


アカデミー賞授賞式 デビッド・O・セルズニック、ヴィヴィアン・リー


アカデミー賞授賞式 ローレンス・オリヴィエ、ヴィヴィアン・リー

『ブーム・タウン』-Boom Town-(米)
- 監督: ジャック・コンウェイ
- 製作: サム・ジンバリスト
- 原作: ジェームズ・エドワード・グラント
- 脚色: ジョン・リー・メイン
- 撮影: ハロルド・ロッソン
- 作曲: フランツ・ワックスマン
- 出演: クラーク・ゲーブル/スペンサー・トレイシー/クローデット・コルベール/ヘディ・ラマー/フランク・モーガン

Top

1941

『無法街』-Honky Tonk-(米、MGM)
- 監督: ジャック・コンウェイ
- 製作: パンドロ・S・バーマン
- 脚本: マーゲリット・ロバーツ/ジョン・サンフォード
- 撮影: ハロルド・ロッソン
- 音楽: フランツ・ワックスマン
- 美術: セドリック・ギボンズ
- 編集: ブランシュ・セーウェル
- 録音: ダグラス・シアラー
- 出演: クラーク・ゲーブル(くいかさま賭博師“キャンディ”/ジョンスン)/ラナ・ターナー(エリザベス)/フランク・モーガン(エリザベスの父/治安判事コットン)/クレア・トレヴァー(ゴルディ)/マージョリー・メイン


『無法街』クラーク・ゲーブル

Top

1942

キャロル・ロンバードが航空機墜落事故により死去。
最愛の妻の事故死に深く悲しみ、その悲しみを紛らわそうとするかのように陸軍航空隊に入隊する。(第二次世界大戦が終わるまで)

Top

1945

『冒険』-Adventure-(米)
- 監督: ヴィクター・フレミング
- 製作: サム・ジンバリスト
- 原作: クライド・ブライオン・ディヴィス
- 脚本: フレデリック・ハズリット・ブレナン/ヴィンセント・ローレンス
- 脚色: アンソニー・ヴェイラー/ウィリアム・H・ライト
- 撮影: ジョセフ・ルッテンバーグ
- 作曲: ハーバート・ストサート
- 出演: クラーク・ゲーブル/グリア・ガースン/ジョーン・ブロンデル/トーマス・ミッチェル/トム・タリー

Top

1947

『自信売ります』-The Hucksters-(米)
- 監督: ジャック・コンウェイ
- 製作: アーサー・ホーンブロウ・ジュニア
- 原作: フレデリック・ウェイクマン
- 脚本: ルーサー・デイヴィス
- 撮影: ハロルド・ロッソン
- 音楽: レニー・ヘイトン
- 出演: クラーク・ゲーブル(ビック・ノーマン)/デボラ・カー/シドニー・グリーンストリート/アドルフ・マンジュー/エヴァ・ガードナー/キーナン・ウィン/エドワード・アーノルド/オーブリイ・メイサー

Top

1948

『帰郷』-Homecoming-(米)
- 監督: マーヴィン・ルロイ
- 原作: シドニー・キングスレー/ジャン・ラスティグ
- 脚本: ポール・オスボーン
- 撮影: ハロルド・ロッソン
- 編集: ジョン・ダニング
- 音楽: チャールズ・プレヴィン/ブロニスロー・ケイパー
- 出演: クラーク・ゲーブル/ラナ・ターナー/アン・バクスター/ジョン・ホディアク/キャメロン・ミッチェル

『戦略爆撃指令』-Command Decision-(米)
- 監督: サム・ウッド
- 製作: シドニー・フランクリン
- 原作: ウィリアム・ウィスター・ヘインズ
- 脚本: ジョージ・フローシェル/ジョージ・フローシェル/ウィリアム・R・レイドロー
- 撮影: ハロルド・ロッソン
- 音楽: ミクロス・ローザ  ミクロス・ローザ
- 出演: クラーク・ゲーブル/ウォルター・ピジョン/ヴァン・ジョンソン/ブライアン・ドンレヴィ/チャールズ・ビッグフォード/ジョン・ホディアク/エドワード・アーノルド/キャメロン・ミッチェル

Top

1949

ダグラス・フェアバンクスの未亡人で社交界の花形のシルヴィア・アシュレーと4度目の結婚。(52年まで)

Top

1950

『スピード王』-To Please a Lady-(米、セントラル)
- 監督製作: クラレンス・ブラウン
- 脚本: バリー・リンドン/マージ・デッカー
- 撮影: ハロルド・ロッソン
- 音楽: ブロニスロー・ケイパー
- 出演: クラーク・ゲーブル(自動車競争のヴェテラン選手/マイク・ブラナン)/バーバラ・スタンウィック(米国一流の女評論家/レジィナ・フォブス)/アドルフ・マンジュウ/ウィル・ギア/ローランド・ウィンタース

Top

1951

『ミズーリ横断』-Across the Wide Missouri-(米、MGM)
- 監督: ウィリアム・A・ウェルマン
- 製作: ロバート・シスク
- 原作: タルボット・ジェニングス/フランク・キャヴェット
- 脚色: タルボット・ジェニングス
- 撮影: ウィリアム・メラー
- 美術: セドリック・ギボンズ/ジェームズ・バセヴィ
- 録音: ダグラス・シアラー
- スクリプター: ヘンリー・ジャッファ/ジェームズ・グーチ
- 音楽: デイヴィッド・ラクシン
- 出演: クラーク・ゲーブル(猟人/フリント・ミッチェル)/リカルド・モンタルバン(ブラックフィート族の若者/アイアンシャーツ)/ジョン・ホディアク/アドルフ・マンジュウ/マリア・エレナ・マルケス(インディアン娘/カミア)

Top

1952

『栄光の星の下に』-Lone Star-(米、MGM)
- 監督: ヴィンセント・シャーマン
- 製作: Z・ウェイン・グリフィン
- 原作: ボーデン・チェイス
- 脚色: ボーデン・チェイス/ハワード・エスタブルック
- 撮影: ハロルド・ロッソン
- 美術: セドリック・ギボンズ/ハンス・ペーターズ
- 編集: フェリス・ウェブスター
- 録音: ダグラス・シアラー
- 音楽: デイヴィッド・バトルフ
- 出演: クラーク・ゲーブル(牧場主/ドヴェロウ・バーク)/エヴァ・ガードナー(クレイドンの許婚で女記者/マーサ・ロンダ)/ブローデリック・クロウフォード(トム・クレイドン)/ライオネル・バリモア(前大統領/アンドルー・ジャクスン)/ビューラ・ボンディ

Top

1953

『哀愁のロシア』-Never Let Me Go-
- 出演: クラーク・ゲーブル

『モガンボ』-Mogambo-(米、MGM)
- 監督: ジョン・フォード
- 製作: サム・ジンバリスト
- 原作: ウィルソン・コリンズ
- 脚本: ジョン・リー・メイヒン
- 撮影: ロバート・サーティース/フレディ・A・ヤング
- 美術: ジョーン・ブリッジ/アルフレッド・ジュネ
- 出演: クラーク・ゲーブル(ヴィクター・マースウェル)/エヴァ・ガードナー(紐育のショウ・ガール/エロイズ・ケリイ)/グレース・ケリー(英国の生物学者ドナルド・ノードリイの妻/リンダ)/ドナルド・シンデン/ローレンス・ネイスミス/フィリップ・ステイントン
- 1932年の『紅塵』のリメイクでゲーブルとエヴァ・ガードナーが大人の味をみせてくれた。


『モガンボ』エヴァ・ガードナー、クラーク・ゲーブル


『モガンボ』エヴァ・ガードナー、グレース・ケリー、クラーク・ゲーブル


『モガンボ』エヴァ・ガードナー


『モガンボ』クラーク・ゲーブル、エヴァ・ガードナー

Top

1954

『叛逆者』-Betrayed-(米、MGM)
- 監督: ゴットフリード・ラインハルト
- 脚本: ロナルド・ミラー/ゲオルク・フレーシェル
- 撮影: フレディ・ヤング
- 作曲・指揮: ワルター・ゴール
- 美術: アルフレッド・ジュネ
- 編集: ジョン・ダニング/レイモンド・ポールトン
- 出演: クラーク・ゲーブル(情報将校「レンブラント」ことデヴェンター大佐)/ラナ・ターナー(未亡人/カーラ)/ヴィクター・マチュア(「襟巻」とあだ名される青年)/ルイス・カルハーン/O・E・ハッセ

11月13日、『一攫千金を夢みる男』の香港ロケへ向かう途中に来日。

Top

1955

『一攫千金を夢みる男』-Soldier of Fortune-(米、20世紀フォックス)
- 監督: エドワード・ドミトリク
- 製作: バディ・アドラー
- 原作・脚色: アーネスト・K・ガン
- 撮影: レオ・トーヴァー/レオナード・ドス
- 美術: ライル・ウィーラー/ジャック・マーティン・スミス
- 編集: ドロシー・スペンサー
- 音楽: ヒューゴー・フリードホーファー/ライオネル・ニューマン
- 出演: クラーク・ゲーブル(ハンク・リイ)/スーザン・ヘイワード(ジェーン・ホイト)/マイケル・レニー(水上警察/メリイウェザー警部)/ジーン・バリー/アレクサンダー・ダーシー

『たくましき男たち』-The Tall Men-(米、20世紀フォックス)
- 監督: ラウール・ウォルシュ
- 製作: ウィリアム・A・バッカー/ウィリアム・ホークス
- 原作: クレイ・フィッシャー
- 脚色: シドニー・ボーム/フランク・S・ニュージェント
- 撮影: レオ・トーヴァー
- 音楽: ヴィクター・ヤング
- 出演: クラーク・ゲーブル(ベン)/ジェーン・ラッセル(看護婦/ネラ)/ロバート・ライアン/キャメロン・ミッチェル(クリント)/ファン・ガルシア

元ファッションモデルで女優ケイ・ウィリアムズと5度目の結婚。(ケイとの間にジョン・クラークという息子がいるがクラーク・ゲーブルの死後(4ヵ月後)に生まれた)

Top

1956

『ながれ者』-The King and Four Queens-(米)
- 監督: ラウール・ウォルシュ
- 製作: デイヴィッド・ヘムステッド
- 製作総指揮: ロバート・ウォーターフィールド
- 原作: マーガレット・フィッツ
- 脚色: マーガレット・フィッツ/リチャード・アラン・シモンズ
- 撮影: ルシアン・バラード
- 音楽: アレックス・ノース
- 出演: クラーク・ゲーブル(6連発銃の名手/ダン・キーホー)/エレノア・パーカー(サビナ)/ジョー・ヴァン・フリート(マクデードという4人兄弟の母/マー)/ジーン・ウィレス/バーバラ・ニコルズ


『ながれ者』クラーク・ゲーブル

Top

1957

『南部の反逆者』-Band of Angels-(米、ワーナー・ブラザース)
- 監督: ラウール・ウォルシュ
- 原作: ロバート・ペン・ウォーレン
- 脚本: ジョン・ツウィスト/アイヴァン・ゴフ
- 撮影: ルシアン・バラード
- 音楽: マックス・スタイナー
- 出演: クラーク・ゲーブル(金持/ハミッシュ)/イヴォンヌ・デ・カーロ(マンシイ)/シドニー・ポワチエ(黒人の奴隷取締/ラウ・ルウ)/エフレム・ジンバリスト・ジュニア/パトリック・ノウルズ/レックス・リーズン(バートン)

Top

1958

『深く静かに潜航せよ』-Run Silent Run Deep-(米)
- 監督: ロバート・ワイズ
- 製作: ハロルド・ヘクト
- 原作: エドワード・L・ビーチ
- 脚色: ジョン・ゲイ
- 撮影: ラッセル・ハーラン
- 美術: エドワード・キャレア
- 音楽: フランツ・ワックスマン
- 出演: クラーク・ゲーブル(リチャードソン海軍中佐)/バート・ランカスター(ナーカ号の副長/ジム・ブレッドソー)/ジャック・ウォーデン(中佐の部下/ミューラー)/ブラッド・デクスター/ドン・リックルス/M・ラロッシュ(中佐の妻/ローラ)

『先生のお気にいり』-Teacher's Pet-(米、パラマウント)
- 監督: ジョージ・シートン
- 製作: ウィリアム・パールバーグ
- 脚本: フェイ・カニン/マイケル・カニン
- 撮影: ハスケル・ボッグス
- 美術: ハル・ペレイラ/アール・ヘドリック
- 編集: アルマ・マックローリー
- 音楽: ロイ・ウェッブ
- 作曲・作詞: ジョー・ルビン/ルイス・アルヴァレズ
- 衣装(デザイン): エディス・ヘッド
- 出演: クラーク・ゲーブル(ニューヨークの新聞「イブニング・クロニクル」の社会部長/ジム・ギャノン)/ドリス・デイ(市立大学の教授/E・R・ストーン/エリカ)/ギグ・ヤング(ヒューゴー・パイン教授)/マミー・ヴァン・ドーレン(ストリップ・ダンサー/ペギー)/ニック・アダムス

Top

1959

『僕は御免だ』-But Not For Me-(米、パラマウント)
- 監督: ウォルター・ラング
- 製作: ウィリアム・パールバーグ/ジョージ・シートン
- 原作: サムソン・ラファエルソン
- 脚本: ジョン・マイケル・ヘイズ
- 撮影: ロバート・バークス
- 音楽: リース・スティーヴンス
- 出演: クラーク・ゲーブル(ブロードウェイのプロデューサー/ラス・ウォード)/キャロル・ベイカー(秘書/エリー)/リリー・パルマー(ラスの前妻/キャサリン)/リー・J・コッブ(ピュリッツア賞作家/マクドナルド)/バリー・コー

Top

1960

『ナポリ湾』-It Started in Naples-(米、パラマウント)
- 監督: メルヴィル・シェイヴェルソン
- 製作: ジャック・ローズ
- 原作: マイケル・パートウィー/ジャック・デイヴィス
- 脚本: メルヴィル・シェイヴェルソン/ジャック・ローズ/スーゾ・チェッキ・ダミーコ
- 撮影: ロバート・サーティース
- 美術: ハル・ペレイラ/ローランド・アンダーソン
- 編集: フランク・ブラクト
- 音楽: アレッサンドロ・チコニーニ/カルロ・サヴィーナ
- 出演: クラーク・ゲーブル(フィラデルフィアの弁護士/マイク・ハミルトン)/ソフィア・ローレン(ナンドの叔母/ルシア)/ヴィットリオ・デ・シーカ(イタリア人弁護士/マリオ・ビターレ)/マリエット/パオロ・カルリーニ

11月16日、ロサンゼルスに於いて心臓麻痺で急死。(享年59才)
ハリウッドのリポーターたちは、こぞって“ハリウッドのキングが死んだ…”と書いて死を悼んだ。
カリフォルニア州グレンデールのフォレスト・ローン記念公園墓地で最愛の妻キャロル・ロンバードの横に埋葬されたという。

Top

1961

『荒馬と女』-The Misfits-(米、ユナイテッド・アーチスツ)
- 監督: ジョン・ヒューストン
- 製作: フランク・E・テイラー
- 原作脚本: アーサー・ミラー
- 撮影: ラッセル・メッティ
- 美術: スティーブン・グライムス/ウィリアム・ニューベリー
- 編集: ジョージ・トマシーニ
- スクリプター: ジョージ・ネルソン
- 音楽: アレックス・ノース
- 出演: クラーク・ゲーブル(カウボーイ/ゲイ)/マリリン・モンロー(ロズリン)/モンゴメリー・クリフト(風来坊青年/パース・ハウランド)/セルマ・リッター(イザベル)/イーライ・ウォラック(ギド)
- 己と闘うことの意義、男の意志を示す苛酷なシーンでゲーブルはスタントマンを使わなかった。
男の華をみせ続けた“キング”らしいシーンを遺していった。
公開前に急死したゲーブルとその後死去したマリリン・モンローの遺作となってしまった。


『荒馬と女』クラーク・ゲーブル


『荒馬と女』撮影現場で モンゴメリー・クリフト、マリリン・モンロー、クラーク・ゲーブル

Top

〜写真〜


クラーク・ゲーブル


クラーク・ゲーブル

〜雑誌〜


1976.5『文藝春秋デラックス 懐かしのロマン 世界の映画 5月号』文藝春秋 表紙

Top

※記号[:特に好きな作品 :面白い作品]
Top
前へ-次へ
参考文献
『或る夜の出来事』
『風と共に去りぬ』
シネマトーク『風と共に去りぬ』公開前後
シネマトーク『風と共に去りぬ』コスチューム
シネマトーク『風と共に去りぬ』出版前後
シネマトーク『風と共に去りぬ』ミュージック
ヴィヴィアン・リー
エヴァ・ガードナー
クローデット・コルベール
グリア・ガースン
グレース・ケリー
スーザン・ヘイワード
デボラ・カー
バーバラ・スタンウィック
マリリン・モンロー
ヴィットリオ・デ・シーカ
スペンサー・トレイシー
モンゴメリー・クリフト
ロバート・ライアン
エルンスト・ルビッチ
ジョージー・キューカー
フランク・キャプラ
男優
サイトマップ
映画ありき
〜クラシック映画に魅せられて〜

1
1
1
1 1