Designed by Sonia 2008

陶芸教室

本文へジャンプ

since 1989

工房Q&A
Home 特色 指導講師 施設 コース&
授業料
陶芸体験 Q&A 作品展 交通
アクセス
問合わせ リンク

Copyright (C) 2008 Kunitachi Jiyu Kobo. All Rights Reserved.

土って気持ちいい!夢中になっているうちに没頭!
くにたち自游工房
〒186-0004
東京都国立市中31132 グリーンヒル国立B1
 TEL/FAX 042−577-0031 
陶芸体験、工房見学、お気軽にお問い合わせください
 (担当:柚木(ゆのき)
Open10:00〜close21:00 (日曜Open13:00〜close20:00 ) 火曜日定休  E-mail : info@kunitachijk.com
土って気持ちいい!夢中になっているうちに没頭!
Q1.初心者でも大丈夫ですか?

A1.初めての方のために、基礎陶芸コースを設けております。
 制作進度、通える頻度に応じて指導いたしますのでご安心ください。

Q2.仕事が忙しく続けられるか不安ですが・・・。

A2.週4日コースを選択なさいますと、いらっしゃれなかった日の
振替が年末まで持ち越し可能です。ゆったりしたお気持ちで制作なさってください。

Q3.完全フリータイム制ってどういう意味ですか?

A3.工房の使用回数及び作陶時間無制限です。
ロッカーの提供も無料でございます。
お好きな日の、お好きな時間に手ぶらでどうぞお通いください。

Q4.月に3〜4回位しか通えないのですが・・・。

A4.月4回、コンスタントに通っていただくと、3ヶ月弱で基礎陶芸コースを終了いたします。
その後、応用技術の修練に進んでいただきます。
月4回程でも、ご自身のやる気次第で十分上達いたします。
  

Q5.オブジェ制作に関心があるのですが・・・。

A5.制作意欲がある方を、当工房は応援しております。巨大なオブジェの制作の場合は、ご相談ください。

Q6.粘土代や焼成費など、実費がどの位かかるのか目安を教えて下さい。

A6.
粘土代+焼成費を作品代としていただいております。作品が出来上がった時点で量ります。100g=220円〜430円(所属コースによる)
目安としては、湯のみ、小皿の場合500円前後で作れます。
粘土は、信楽粘土を主体にその他全国各地の粘土の入手可能です。お好みの粘土をご自分でご用意いただいても結構です。
未焼成の場合は無料です。


Q7.電動ロクロは、すぐ使わせてもらえますか?

A5.
手びねりの経験が長い方や、過去電動ロクロの経験がある方ならお使いいただけます。

Q8.釉薬はどんなものがありますか?

A8.
独自に調合した15種の釉薬をご用意しております。質の良さと、仕上がり作品の色味の良さに定評があります。

Q9.窯の大きさと何窯か教えて下さい。

A9.1m四方前後の灯油窯と50p四方前後の電気窯です。月に数回、素焼き・本焼き(酸化・還元)いたします。作品の出来上がりが早いことが人気です。

Q10.やきものの歴史や鑑賞の仕方の勉強もしたいのですが・・・。

A10.
会員の方に閲覧していただける、やきもの関連の図書が充実しています。ご自由に閲覧して勉強してください。わからないことは、指導スタッフにご質問ください。

 

Copyright (C) 2008 Kunitachi Jiyu Kobo. All Rights Reserved.

Designed by Sonia 2008