ヤマユリ ( 山百合 )
花期 7〜8月
科名 ユリ科
属名 ユリ属
学名 Lilium auratum
英名 Japan lily
和名・
別名
性状 多年草
原産地 日本
山野に広く自生すると言われるヤマユリです。中部地方以北の海岸から山地の林縁や開けた傾斜地に野生化しているようですね。高さ1〜1.8m。葉は10〜15cmの披針形(ひしんけい)で5脈ある。花は大きく反り返り、花被片には赤褐色の斑点、白色に中央から黄色い筋が入る。ユリ属の仲間では最も大輪と言われる花は見事で、強い芳香があるのも、この花の特徴。またこの花は、日本特産種で、1951年に神奈川県の県花に指定されています。
花色
花言葉 尊厳
用途 小〜中鉢
花壇
生態 近畿地方以北の本州の明るい林内に生える。
画像
情報
2004.07.08
神奈川県 鎌倉市
長谷
長谷寺
山野草としての特徴
高さ1〜1.8cm。葉は長さ10〜15cmの披針形で5脈がある。花は茎の先に数個横向きにつき、花径15〜20cmの大形で、芳香を放つ。花被片の内側に赤褐色の斑点と、中央と黄色い筋が入る。
Copyright (C) 2007 Hanagoyomi by yuna kisaragi. All Rights Reserved.