ヤマアワ  ( 山粟 )
花期 7〜9月
科名 イネ科
属名 ノガリヤス属
学名 Calamagrostis epigeios
英名 Chee reedgrass
和名・
別名
性状 多年草
原産地 日本
各地をはじめ、北半球の温帯地域に広く分布。平地から山地の草原や湿地に生え、桿の高さは60〜150cmになります。葉は線形で長さが20〜50cmあり、両面がざらつきます。7月から9月ごろ、茎頂に直立した円錐花序をだし、やや紫褐色を帯びた淡緑色の小穂をつけます。名前は、花序のかたちが「アワ」に似て山地にも生えることから。
花色 淡緑色
花言葉
用途
生態 平地から山地の草原や湿地
画像
情報
2005.07.31
神奈川県 足柄下郡
箱根町 仙石原
箱根湿生花園
山野草としての特徴
草丈は60〜150cm位。葉は線形で長さが20〜50cmあり、両面がざらつく。花の時期は7月〜9月。花序は10cm〜30cm。白っぽい緑色。
Copyright (C) 2007 Hanagoyomi by yuna kisaragi. All Rights Reserved.