ちょっとおしゃれでおいしい...金裕美韓国料理教室
金裕美韓国料理スタジオ 〒581-0085大阪府八尾市安中町3-2-39-328
PHONE & FAX 0729-24-9220 e-mail yumikcs@yahoo.co.jp
韓国料理研究家  金 裕美
home |五味五色プロフィール | 教室 | 朝日 | NHK |



NHKテレビ「アンニョンハシムニカ?ハングル講座」
(韓国語講座)テキスト

連載記事「季節を楽しむコリアン・メニュー」 No.7

2002年10月号

「キムチパプとミヨクク」  

秋の遠足の母の味




 



秋の遠足の母の味

 芳ばしい香りのごまやごま油は、薬念(ヤンニヨム)の基本素材で韓国料理に欠かせない重要なものの一つです。韓定食は一度に料理を並べます。それには時間もかかり、動物性の油では冷めると固まります。植物性のごま油は料理が冷めても固まらず、味も変わらずに栄養価も高く、おいしいことからいろいろな料理に利用されます。
 陰暦の9月、秋が深まり、ツバメが暖かい国を目指し、紅葉が赤く染まり行く季節。山に登り、菊花ジョンと菊花酒を味わいながら紅葉狩りをします。今はこんな風雅な習慣はなくなりましたが、この時期になれば、学校の遠足、旅行などや山を訪ねる人々が多くなります。遠足の日には母が包んでくれたキムパプ(のり巻き)をかばんに入れて出かけます。昼時になれば、親しい友達と車座になり、お互いのキムパブを交換し、食べ比べをします。具はいろいろで、家ごとのオリジナルキムパブが味自慢。ごま油の香りと野菜、肉類などが入り、日本のとは、また一味違ったおいしさが受けています。

韓国料理のミニ知識
【手軽で人気】 キムパプは日本ののり巻きが韓国に入り、韓國式になったと思われます。今は街中の食堂でも簡単に食べられ、手軽にテイクアウトできる店も多く、人気料理として発展してきています。
【安産のスープ】わかめスープは産後の肥立ちや誕生日に欠かせない料理。白い米とわかめを神に供え、安産を祈り、無事に生まれると白いご飯とわかめスープを作って、神に感謝して産後の健康回復に数日間食べ続けます。











 <前        次>

home 五味五色 金裕美プロフィール 韓国料理教室 朝日新聞「モンスーンの食卓」 NHK韓国語「ハングル講座」
「キムチは家庭の味」 「韓国正月料理特集」 「亜細亜食堂対談」 「韓国料理、その人気の秘密」
 
 
※文・写真の無断複製、転記、掲載、使用などは,しないでくださいね。