宮中料理から歳時、郷土、家庭、創作料理、そして餅、お菓子、お茶まで、レストランでもなかなかお目にかかれない素敵な料理たち。
身体に良く、美容に良く、上品でおいしい料理が自分の手で楽しく作られるうれしさ。ちょっとおしゃれでおいしい…金裕美韓国料理教室
 〒581-0085大阪府八尾市安中町3-2-39-328 PHONE & FAX 072-924-9220  E-mail:yumikcs@yahoo.co.jp
 |home |五味五色プロフィール | 教室 | 朝日 | NHK | LINK | 
  
  2006年7月30日〜掲載分
  
  「五味五色」五つの味の五色の
  食材を使い、 栄養バランスが
  良いのが韓国料理の持ち味。
   またよく混ぜて食材の調和を
  味わうのも韓国料理の一面を
  覗かせています。
   「五味五色」では、その時々に
  思ういろいろなことやお知らせな
  どをごちゃ混ぜに紹介しています。

  下記以外のバックナンバーへは、
  五味五色TOPからどうぞ。


 2006年5月分はこちら
 2005年10月〜06年3月分はこちら
 2005年7月〜9月分はこちら
 2005年6月以前はこちら
 五味五色 TOPはこちら  





   

   
   毎日放送ラジオ取材
   「チョアヨ!韓国」八木早希さん


  
  韓国料理教室の受講を
  ご希望の方はお気軽に
  お問合せください。
  詳細は韓国料理教室のページへ
  





































 韓国宮中料理 キュアサン(ミマンドゥ:なまこ型餃子)


 暑中お見舞い申し上げます。

 夏真っ盛り。暑い日が続きますね。この頃は昔より、一段と暑くなったような気がするのは、どうやら私だけでないようです。

 実際、温度も高く、身体も高い温度になれてきているようで、エアコンも26〜8度の設定で充分に涼しく感じます。
 
 地球の温暖化は、人間の感覚も徐々に鈍らせているかも分かりませんね。

 皆さん、意識して感覚を磨きましょう。

 日本では焼き餃子がよく食べられますが、韓国では茹で餃子や蒸餃子もよく食されます。韓国の宮中料理の中には、夏仕様の餃子料理があります。

 写真のキュアサン(ミマンドゥ)は、夏の冷野菜のきゅうりと牛肉などを具にして、なまこ型に作った餃子です。酢醤油でさっぱりと食します。

 きゅうりの歯応えがする餃子。身体を冷やす冷野菜のきゅうりを使っているところが、ちょっと、いいでしょう。


 
 きゅうりの宮中料理をもうひとつ紹介すると、甘酢でさっぱり、サクサクと楽しめるオイソンがあります。
 
 きゅうりの背に薄焼き卵や牛肉を挟み込んでいます。見た目にも華やかでちゃんと動物性の食材も取り合わせ、栄養バランスに配慮しているのが、いかにも韓国料理らしいところです。


 きゅうりとは関係ありませんが、かぼちゃの花が咲いていましたので、左に紹介します。

 これは普通の日本のかぼちゃですが、2005年に紹介した韓国かぼちゃの花と良く似ています。五味五色のバックナンバーで見てくださると良く分かりますよ。
                                (金裕美)



餃子⇒ウィキペディア百科事典
きゅうり⇒ウィキペディア百科事典
かぼちゃ⇒ウィキペディア百科事典


               
 
newpage金裕美韓国料理スタジオ新ホームページ


ひまわりも咲き、
 むくげも咲きました。


 
 
 
 
 
   
 

 


 夏は、やはりひまわり。大きいのやら小さいのやら熱い夏の光を浴びながら、たくましく、と思いきや、うつむいてぐったりしたように、特に大きいのは重量に耐えかねるように咲いていました。不思議なのは、太陽に背を向けているひまわりがたくさんあったことです。最近の太陽は暑すぎてひまわりも耐えかねるのでしょうか。
 韓国の国花、ムクゲも咲き始めました。ムクゲも、白や薄紫をはじめ、中心部分に色のつかない真っ白なものや花びらが幾重にもなっているものなど、実に種類が多彩なのに驚かさせられます。次々と咲き続けるムクゲは、これから秋まで長い間楽しませてくれると思います。
 大阪近郊のあちらこちらの田んぼでは稲が青々と陽光に明るい緑が風にそよぎ涼感を感じさせていました。秋なれば、黄金色に稲穂が風に揺れる姿を届けることができればと思います。(管理人 Y)
                    
ムクゲ⇒ウィキペディア百科事典

 
  home 五味五色 金裕美プロフィール 韓国料理教室 朝日新聞「モンスーンの食卓」 NHK韓国語「ハングル講座」
 「キムチは家庭の味」 「韓国正月料理特集」 「亜細亜食堂対談」 「韓国料理、その人気の秘密」
※文・写真の無断複製、転記、掲載、使用などは,しないでくださいね。