ソニー CF-9000(「リズムカプセル9000」)
リズムカプセル9000
 その名の通り、リズムボックスを内蔵したユニークなラジカセである。リズムは「WALTZ」「BALLAD」「BOSSANOVA」「SWING」「ROCK1」「ROCK2」の6種類。若き日の矢沢永吉がエレキギターを接続し、リズムの種類やテンポを調整してから歌い出すという「カッコイイ」TVCMが印象的だった。
 
 ウーファーこそ16cmだったが、5cmのツィーターや5.5Wの大出力はstudio1990と同じであり、ミキシングに関しては1990より多い4系統をコントロール出来た。黒を基調としたデザインも、非常に洗練されている。

 FM、AM。幅402×高さ288×奥行き126(単位・mm)。重さ5.4kg。定価53,800円。


元の位置へ

「ラジオ・ラジカセ博物館」へ

メインページに戻る