ソニー CF-1990(「studio1990」)
studio1990
 ソニーの「studio」シリーズの頂点に立つラジカセである。とにかくデカイ!。「studio1980マークII」を一回り大きくしたサイズで、5cmツゥイーターと20cmウーファーの大口径スピーカーに5.5Wの出力を誇り、ミキシングソースもマークIIより1系統多い3系統を扱うことができた。前面が金属メッシュで覆われた姿は圧巻である。これを小学生や中学生が持ち歩くのは、かなりの体力を必要としたはずである。
 
 メタルテープが登場するまでは、最高レベルの音質を誇ったソニーの「デュアドテープ」を使用することができた。
 
 FM、MW、SW。幅438×高さ295×奥行き136(単位・ミリ)、重さ6.2kg。定価49,800円。


元の位置へ

「ラジオ・ラジカセ博物館」へ

トップページへ