敷田麻実の仕事 エコツーリズムと地域マネジメント   (北海道大学観光学高等研究センター)
冬の夕景 (撮影:敷田麻実) 
Counter
ふるさと石川の
お店と宿の紹介
 “手作りの” 焼きたてパン、クッキー、ケーキのお店 「キッチン」
 あらや
      
  
リンク  
 敷田(旧)研究HP
 北海道大学
 観光学高等研究
  センター
北大東京オフィス
このホームページは
北海道大学観光学高等研究センターのサイトで更新しています。
こちらをご覧下さい。2秒後に自動でジャンプします。
 

移動しない場合にはここをクリックしてください


《観光地のための「地域ブランディング」の本のご案内》
観光の地域ブランディング−交流によるまちづくりのしくみ−
<学芸出版社から8月30日出版>
(編著者)敷田麻実・内田純一・森重昌之(北海道大学)
(著 者)朝倉俊一・岡本健・富岡耕太・稻葉正思・山脇亘一
<学芸出版社から8月30日刊行> 2,000円+税
 
この本のテーマである「観光まちづくり」とは、観光によるまちづくりです。最近、観光に対する社会の見方が大きく変わり、観光産業の振興ばかりではなく、地域のために観光が役に立つのではないかと考える人が多くなりました。そこでこの本は、観光まちづくりに、ブランディングとマーケティングを明確に位置づけ、今までの「地域磨き型まちづくり」ではなく、地域外の観光客や消費者を意識したまちづくりを推進するための戦略をモデルと事例を使って説明しています。そのため、観光を使って新しいスタイルのまちづくりを進めようという皆さんに読んでいただきたいと考えています。

       
【この本の詳しい説明はこちらです】   
2009年日本観光研究学会 学会賞観光著作賞受賞
地域からのエコツーリズム−観光・交流による持続可能な地域づくり−
「エコツーリズムは何をもたらすか」「どう取り組めばいいのか」に応える本です!
敷田麻実・森重昌之(北海道大学)  高木晴光・宮本英樹(NPO法人ねおす)
<学芸出版社から発売中> 2,000円+税

 1990年代後半から日本でもエコツーリズムが盛んになり、今年4月にはエコツーリズム推進法も施行されました。しかし実際にエコツーリズムを推進するってどういうこと?になかなか答えは見つけられません。
 そこでこの本では、地域の視点でエコツーリズムを推進するプロセスを詳しく解説し、エコツーリズムの優れた特性を生かして地域を豊かにするにはどうすればいいかを、ていねいに説明しました。
エコツーリズムを推進したいと思っているみなさん、この本を手に、地域が自律的に「持続可能な地域」を実現する、ほんとうの「地域づくり」をめざしませんか。
  この本の詳しい説明はこちらです    出版社(学芸出版社)による紹介はこちら
今日の札幌
きのうまでの札幌はこちら
この項目は、北海道大学の敷田のホームページをご覧ください。
今日の北大構内 Webカメラで見る北大構内です。ポプラ並木の様子などを見ることができます。
札幌の今日の天気 札幌の
今日の気温変化
札幌気候データ 札幌の人は
こんな服装です

(これ着て
ドットコム)

最近の活動やトピック   (過去も含めてさらにご覧になる場合はこちら)
この項目は、北海道大学の敷田のホームページをご覧ください。

観光としてのエコツーリズム 地域経営(マネジメント) サーキットモデル
エコツーリズムって何?
 エコツーリズムにはさまざまな定義がありますが、「自然環境に与える負荷を最小限にしながらそれを体験・学習し、観光の目的地である地元に対して何らかの利益や貢献のある観光」と考えることができます。
 地域を持続可能な状態で維持することの大切さを考えて、その手段や政策をモデルを使って研究します。

 サステイナブルであるために、地域を「開きつつ閉じる」という開放的な閉鎖性による地域経営(マネジメント)の提案です。
 サーキットモデルとは、知識を新たに創造するための仕組みづくりのデザインを表したモデルです。

 NPO活動・教育や地域活動など、いろいろな知識を組み合わせて、新たな活動を起こす必要があるケースに応用できます。
 
 
 


研究成果と活動履歴 敷田ゼミのページ(作成中)  敷田のプロフィール紹介
 敷田の研究論文や活動の記録、仕事の成果などを用意しています。
 研究成果などは年ごとにに整理しています。またテーマや種類別にも表示しています。
 ほとんどの成果は、PDFファイル化されていますので、自由にダウンロードして印刷し、読んでいただけます。
 お読みいただいて、ご意見いただければ、、、、。メールでやりとりをできることを期待しています。
 敷田ゼミの活動やテーマを紹介しています。
 敷田は「観光創造専攻」で大学院を担当しております。観光創造専攻には、
 ・修士課程
 ・博士後期課程
        があります。
 敷田ゼミで学びたい、エコツーリズムや地域経営について学びたい方はご覧下さい。 
 敷田麻実のプロフィールや略歴を紹介しています。

 略歴の紹介のほか、今まで自分について書いたもの、書かれたものを掲載していますので、読んでいただければ、敷田のことをより知ってもらえます。
 こんなこと、あんなこと、大学時代の活動の記録から、ナホトカ号事故対策も、いろいろあります。
 
 
 

アクセスと連絡先 敷田麻実への連絡方法や北海道大学観光学高等研究センターおよび敷田研究室へのアクセスなどがわかります。

電話はつながらないことも多いので、できればメールで連絡をお願いします。
このページの著作権やリンクについて こちらをご覧ください。

    〒060-0718 北海道札幌市北区北17条西8 北海道大学観光学高等研究センター  
電話 011-706-7792