上級編・糊付台紙使用の場合

 

 

 

 

 

 

 

 <糊付台紙>

 

 上紙と下厚紙の間は

 

  糊が付いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<絵 描 き>

 

●好みの絵や文字などを鉛筆などで

 

 描きます。(謄写もできます)

 

<線 切 り>

 

●カッターナイフなどで上紙の線描きに

 

 切り込みを入れていきます。上紙のみ

 

 

                                             

                                               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<砂 か け>

 

●最初に黒色の部分(ふちどり)を

 

   全部針先などでめくり

 

      黒砂をふりかけます。

 

 

 

 

 

 

                                         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<で き あ が り>

●残った部分を暗い色から色別に針先などでめくり

 色砂を順次ふりかけていく。一色が終わる度に

 作品を立て余分な砂を落とします⇒その都度保管

●砂をふりかける順番は緑砂(暗い色)から最後は

 白砂(明るい色)の順です。

 

 →    →    →    →   →  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●↑上の絵の□部分を拡大した写真です。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       糊付台紙・取り扱いサイズ

 

 

●糊付無地台紙・Sサイズ・(19cm×13cm)

 

●糊付無地台紙・Mサイズ・(26cm×19cm)

 

●糊付無地台紙・Lサイズ・(37cm×26cm)・他

 

                                   販売ページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上級者はこんな作品つくります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたも

 

 こんな作品作成して

 

      みませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

中級編・砂絵セット使用の場合

 

 

 

 

 

●8種類の絵柄(カット済)で

 

 125mm×175mmのサイズです。

 

●色砂は12色入りです。

 

●糊付絵柄でカット済み台紙・・1枚

 

●B5判糊付台紙無地・・・・・1枚

 

●色紙判糊付台紙無地・・・・・1枚

 

■額に入れればプレゼントにも利用でき

 

 ます。砂絵のスタートはこれから。

 

 

  お求めページはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初級編・お子様用・砂絵セット

 

 

 

 

 

●砂絵ごっこの種類は5種類。

 

●セット内容は下記写真です。

 

●5種類のカット済絵柄が入

 

 っています。

 

●色砂は12色入っています。

 

●B5判糊付無地台紙1枚付いて

 

 います。カットしてもOK。

 

 

  お求めページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑砂絵イベントの模様    ↑図工時間での砂絵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑写真は東京都品川区・竹川様の教室作品の紹介です↑

 

 

 

 ■上の写真はホピ族の伝統にある砂絵で、南西部ネイテイブアメリカン

   

 の精霊の一つでありますココペリをモチーフにしてあるそうです。

 

 ■作成法など教室は下記アドレスクリックからお問い合せ下さい。

 

  教室は東京都内です。

 

   http://www.siriustribe.com/workshop/workshop-top

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●素敵な年賀状頂きました。

 

 

 木工ボンド(乾くと透明)で文字

 

 や絵を書き、その上に

 

 カラーサンドを置いていく手法

 

 です。

 

 実物は立体の文字・絵ですから

 

 とても好感が持てます。

 

 親しい友達に絵葉書を

 

    作成してみるのも素敵です。

 

 

 

   神奈川県・中島様の作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホームページへ戻る