04
★コンセプトは【手抜き製作キット】★

気持ちは【新潟理工】





さすがに復活4号機ともなってくるとイロイロとUコンの知識も付いてくる。
まず美子ちゃん・京子ちゃんの兄弟が加代ちゃんである事(笑)

それよりも京子ちゃんの基本設計はこの手のトレーナー機の定番である事も解ってきた。
主脚をベニヤに装着して箱胴にして強度を持たせる。エンジンマウントはヒノキ角棒。
主翼は胴体の下側から装着し、胴体プランクは主にケント紙など。
簡単な設計でこれをベースに様々なトレーナー機のデザインがなされている。
この設計スタイルならオリジナルも夢ではない。

と言うことで 頭が重かった京子ちゃんの設計ベースを改造し
京子15を製作することにした。








とにかく早く初飛行をしてみたいので(飛べばいい程度の設計で)。。










早速図面を制作
15エンジンとバルさを使用のため後ろを延長しバランスを確保















完成想像図(手抜きがコンセプトなのでカラーイメージも作っていない)















材料を切り出した。
手抜き1・・ある程度直線で構成されている
手抜き2・・垂直尾翼が胴体と一緒(笑)
手抜き3・・翼端は平たい















だいぶ出来上がってきましたが、脚を付けるのを忘れている(手をヌキスギ)














例によってパーツの入手が困難で翼端ウェイトは作る事に!
ベビースクラッパーのあまったリブで鋳型を作り鉄を流し込んだ















翼端にピッタリ!














生地完成 エンジンはヤフオクで落としたOS15R/C







kya-------!

事件発生!

テールを伸ばして前後のバランスを取ったつもりだったが全然頭が重い。
なんてこった!






















仕方なく貼り付けた水平尾翼をもう一度切り離し、テールを延長する事に
手抜きがこんな事に!
ぶっさいくな飛行機になる予感!















気を取り直して製作続行! 垂直尾翼が鮫のヒレ見たい














さてカラーリングはどうしよう。
手抜きがコンセプトなのでサイトを閲覧しカッコイイ機体のデザインをパクろう(いや参考にしよう)

検索すること30分
ありました!!
かなりカッコイイ!!
キャノッピーのサイズやロゴの入れ方がセンス良い。この方の他の飛行機も見てみましたがどれもセンスが良い。
これだ〜
これにしよう。いただきまーす。

ある程度ぶさいくな欠点をカバー出来るように色分け
参考にした飛行機をある程度再現したかったので、翼端に復活4号機のシリアルナンバーを入れる。
ノーズにはAvalonと入れよう。















完成!!

クリヤーは今回のコンセプト【手抜き】の為、友人のブースまでは行かず刷毛塗りを決行。
ホームセンターでビニローゼなる塗料を購入(以外に高い)
これを刷毛塗り。

あらららら〜


なんとエアブラシで塗装したロゴやグラデーションが溶けだした。
やばい


仕方なく文字などを1文字づつ筆でクリヤを塗装し、乾いてからその他の部分を塗装。
最後に全体を塗装と、恐ろしく手間のかかる塗装をしてしまった。
やっぱり友人の塗装ブースへ行った方が良かったのか?

んっ!なんか異変に気が付いた。
ノーズのロゴ Avalon のはずが BALLOON になっている
しかも本来ノーズよりテールへ流れるはずのスペルが、
ノーズに向かって作業をしていたためそのままの状態で書き込んでしまっていた。
完成を急いだ僕は夜中まで作業をしたため脳味噌の一部が眠りについていたのだ。
















京子ちゃんと京子ちゃん15改のツーショット














完成♪♪ 飛ばす日が待ち遠しい。





【京子ちゃん15改 手抜きパクリ製作】












京子15改でホントの初飛行





















予告





やった〜


3度目にして初飛行成功 気持ちよく飛んでいる

だんだん調子づいてきました〜

でも大して飛ばしていないのに何でこんなにキズだらけになるの?
Uコンってラジコンと違い、かなり過酷な環境で飛ばしているんだネ



「よーしもっと簡単で惜しく無いような飛行機を作ろう」

と、お風呂で妄想しておりましたら

「よみがえる昭和の記憶」


「おじさんカッコイイ零戦飛行機くださーい」

「はいよー♪」



次回予告

零戦とブースカ