直線上に配置
ホームページに戻る
 音楽の友 Concert Review
    1993年 記事 

    2001年12月号 記事 

    2002年 6月号 記事 
 朝日新聞
    2001年10月25日夕刊 記事 
 クラシック・ニュース
    2001/10/21-2001/10/27 記事 
バッハ全曲チクルス公演アンケートより
チェンバロがこんなに音色の豊な楽器だったということを初めて知りました。衝撃の音楽体験です。パルティータもこんなにいい曲だったのか,、、、と、感動しました。(ピアノで何度も聞いてました。) 将にバッハの人の心の闇にまでつきささるような凄いエネルギーを感じました。ホールもこじんまりとしていて古城コンサートを思い出します。 40才代女性
失礼ながら「古賀裕子」という名前は知らずに今日来たのですが、正直ビックリしました。日本にこんなチェンバリスト居るとは知りませんでした。実に「パワフル」で「リズム」の「ノリ」も利いていて心地良かった。    50才代男性
一音一音の極めて繊細な緊張感あふれる演奏から全体として大きな荘厳さ、華麗さ、大きく包みこまれるような暖かさを感じました。
現代にマッチした要求にこたえられる熱演であった。 60才男性
ゴールドベルグ変奏曲=たいくつ!ねむい!という思い込みをうちくだいていただくことを期待してやってまいりました。さすがは古賀先生 プログラムのお言葉どおり深く満ち足りて幸福な気分です。25変奏、ぞくっとしました!    40才代女性
チェンバロのイメージが変わるほど素晴らしかった。こんなに華やかなダイナミックな世界とは思いを改める程でした。   50才代女性
空間と楽器、光と音が調和し気持ち良い時を過ごすことが出来ました。手作りの物は良いですね。     50才代男性
天からキラキラと音が降ってくる様なき持ちになりました。初めて聞かせて頂きましたが、とてもステキで感動致しました。お人柄が伝わって来る様で、良い時間を過ごさせて頂きました。      50才代女性