遺 言      
 
 
 
   純、 蛍、
   俺には、お前らに残してやるものは、なんもない。

   でも、おまえらには、うまく言えんが、残すべき物は、もう、残した気がする。
   金や品物はなんも残せんが、残すべき物は、伝えた気がする。

   正吉や結ちゃんには、おまえらから伝えてくれ。

   俺が死んだ後の麓郷は、どんなか?
   きっと、なんにも変わらんのだろうな〜。

   いつもの様に、春、雪が溶け、夏、花が咲いて、畑に人が出て、
   いつものように、白井の親方が夜おそくまでトラクターを動かし、
   いつものように、出面さんが働く。

   きっと、以前とおんなじなんだろう。

   オオハンゴウソウの黄色の向こうに、
   雪っ子おばさんや、すみえちゃんの家があって、
   もしも、おまえらがその周辺に、拾ってきた家を立ててくれると、うれしい。
   拾ってきた街が、本当に出来る。
   アスファルトのくずを弾きつめた広場で、快や孫達が遊んでたら、うれしい。

   金なんか望むな。幸せだけを見ろ。

   ここには、なんもないが自然だけはある。
   自然は、おまえらを死なない程度には、十分、毎年食わせてくれる。
   自然から頂戴しろ。

   そして、謙虚に、慎ましく、生きろ。

   それが、父さんのお前らへの遺言だ。
 
 

 
 
フジテレビ  
「北の国から 2002’遺言」より  
黒板五郎 作  

 



北の家族のTOPに戻るよ!