農研機構・生研センタープロジェクト
分担研究者:東北大学 加藤幸成
2016年度〜2019年度


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東北大学大学院医学系研究科 抗体創薬研究分野
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北海道大学大学院 獣医学研究院 獣医学部門 病原制御学分野 感染症学教室の今内 覚 先生
が研究代表者です。
 


*国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センターは、平成27年度補正予算により予算措置された「革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト)」第2回公募に応募された提案書について、研究分野毎に評議委員会による厳正な審査を行い、別添「『革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト)』第2回公募における審査結果について」のとおり研究課題を委託予定先として採択することを決定しました。



*プロジェクト参加メンバー
平成29年度第2回研究推進会議(@標茶町)にて
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*本プロジェクトの謝辞を入れた論文を、以下に紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

論文一覧

2017
 
4. Okagawa T, Konnai S, Nishimori A, Maekawa N, Ikebuchi R, Goto S, Nakajima C, Kohara J, Ogasawara S, Kato Y, Suzuki Y, Murata S, and Ohashi K.
Open Access

Anti-Bovine PD-1 Rat-Bovine Chimeric Antibody for Immunotherapy of Bovine Leukemia Virus Infection in Cattle .

Frontiers in Immunology;8:650. doi: 10.3389/fimmu.2017.00650, 2017. (PDF)
 
3. Goto S, Konnai S, Okagawa T, Nishimori A, Maekawa N, Gondaira S, Higuchi H, Koiwa M, Tajima M, Kohara J, Ogasawara S, Kato Y, Suzuki Y, Murata S, Ohashi K.

Increase of cells expressing PD-1 and PD-L1 and enhancement of IFN-γ production via PD-1/PD-L1 blockade in bovine mycoplasmosis.
Open Access

Immun Inflamm Dis. 2017 May 24. doi: 10.1002/iid3.173. (PDF)
 
2. Nishimori A, Konnai S, Okagawa T, Maekawa N, Ikebuchi R, Goto S, Sajiki Y, Suzuki Y, Kohara J, Ogasawara S, Kato Y, Murata S, Ohashi K.

In vitro and in vivo antivirus activity of an antiprogrammed death-ligand 1 (PD-L1) ratbovine chimeric antibody against bovine leukemia virus infection.
Open Access

PLoS ONE, 12(4): e0174916., 2017 (PDF)
 
1. Yamada S, Honma R, Kaneko MK, Nakamura T, Yanaka M, Saidoh N, Takagi M, Konnai S, Kato Y.*
(*corresponding author)


Characterization of Anti-bovine Podoplanin Monoclonal Antibody PMab-44

Monoclon. Antib. Immunodiagn. Immunother., 2017
 
Chapel.jpg