へなちょこの乗り物

けろ1号(XLR200R)
けろ2号(TTR125LWE)


すべて、AZモーターサイクルさん、すなわち、おやびんのお任せ仕様でございます。
趣味と実益とお仕事を兼ねて、メンテナンス(よく壊すので・・・)や改造(山仕様)をしてもらってます。
いつもあんがちょーさんです。


XLR200R
「お客様、10年物の上物XLR200Rでございます」

「XLR200Rを探してるんですけど・・・」
「ないで、なかなか・・・ちょっと探してみるわ」
で、タイミングよく見つかったこのバイク。
生産台数が少ないだけに、これだけ状態のよいこのバイクは珍しい。らしい・・・
購入時、10年落ち、オフロード未走行、もちろん無傷、リース車で、走行距離1500キロ、ずっと倉庫保管という、探してくださったバイク屋さんもびっくりのおそろしく不思議なバイクです。

この写真がどノーマル最後の写真です。

某所で「タイヤ交換した方がいいよ」とみんなに言われ、速攻お願いしまーすとおばか路線にまっしぐらに走りました。
で、タイヤ交換だけのつもりが・・・
ハンドル交換(いただいたものです・・・)
シートはアンコ抜きされて低くなり、滑り止めタイプに変更。
ミラーは折たためるタイプに変更。
バークバスター装着。
スプロケも変更(と思う)
タイヤは公道仕様のモトクロスタイヤ。(レース用とどー違うねん!)
その他もろもろ・・・
追加変更・・・サイドスタンド(この日破壊した)
MK山で銀色のきのこをささげ、ミラーの破片を飛び散らしました。
こんな状態っす・・・
なもんで、取り外し可能なミラーと、同じ交換するなら・・・と、軽いクラッチに交換してもらいました。
交換してもらったクラッチ、めっちゃ軽くてよいです。
おててが疲れません。
  今後の装着予定部品
・こけても割れない強化ガラスなミラー
・岩にヒットしても折れないクラッチ
・ぶつけても凹まないタンク
・転倒したときだけ、車体が軽くなる謎のオプション
・左にこけてもくいこまないシフトペダル
・もしくは、上記すべてのことが起らないようにする腕前

TTR125LWE
ノーマルはこんな感じだったらしい・・・
なぜ、らしい・・・か?
それは、ワタシの手元に来たときにはすでに・・・こわれない仕様にしてもらってたからです。
ノーマル状態をさっぱり見ていません。

またもやお任せ仕様で購入直後、いろいろと改造してもらいました。

ステップ

左・・・ノーマル
右・・・交換後のワイドステップ

ノーマルが小さいので、ワイドステップに交換しています。
クラッチ

左・・・ノーマル
右・・・交換後のクラッチ

何が違うかというと・・・もちろん、交換後の方が軽いです。
この後、バークバスターをつけたら、クラッチの先が当たるとのことで、けずってもらいました。
クラッチ(根元)

左・・・ノーマル
右・・・ベアリング入りクラッチ

ベアリングが入ってるから軽いそうです。
(なんかわからんけど、そういうことらしいです)
その他
シートは黒のハイシートで、やわらかふかふか。強打から守ります(どこを?)
ハンドル位地が近いので、間に部品を加工してかましてもらい、ちょっと遠くしてもらってます。
スプロケ交換。
アンダーガードはプラスチックのようなものがついていたので、BBRの頑丈なのを装着。
フロントフェンダーの先は割れにくいように、シールで補強。

あと、えーっと、えーっと・・・おやびんに聞いてみよっと。
今後の装着希望品
・Bボタン ジャンプボタン。これを押すと華麗にジャンプ。M氏が持っているらしい。
・Cボタン フロントアップボタン。これを押すとどこでもフロントアップ。ウィリーも夢ではない。おやびんが持っているらしい。
・Dボタン 加速なしで坂を上るボタン。へなちょこが所有しているが、精度が低く、3回に一度ぐらいしかちゃんと作動しない。この精度をあげてほしい。
・上記のボタン類をまかなえる腕前