profile diary Contact

What's New
2011/07/13 チェコ楽器友の会物件追加

2013/02/18 リンク集更新

2017/01/14 演奏会出演情報更新up

2017/01/15ワーグナーチューバの概要について修正(長年放置しましたが、実際に演奏してみて多々気づくことがあり修正にいたりました)

2017/03/19 プロフィール、共演ソリストup

ホルンのつぶやき(最終更新2017年1月日の新年ごあいさつup)

 
管理人のつぶやき(2017.3.19)
花粉飛散真っ只中。

「冬眠中」って札をかけられるものなら、そうしたくありませんか?花粉症歴30年ともなるとその辛さがどの程度が想像が付いているだけに、多少のあきらめもつく。薬の力を借りつつ、少しでも快適な生活を送る努力をするも、なかなか計算通りにはいかないもの。まあ、舌下免疫療法でも、、とか毎年行ってますが。

そうそう、私の暮らす地元のオーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団も50周年とのこと。学生時代に舞台セッティングのアルバイトでお世話になったり、数々の演奏会にお邪魔したり、20年あまりその歴史を見守ってきました。その集大成ともいえる、小泉和裕氏とコンビを組んで演奏したブルックナーの交響曲第8番。2017年3月18日の演奏会に行ってまいりました。純粋に素晴らしかった。弦楽器奏者の様子を見渡す、当然出てくる音からビジネスプレイングなのか、人間臭さを感じられる演奏なのか、無意識にいろいろ探っている。言い方は悪いかもしれないが、学生当時に見た、聴いた名フィルの演奏とは一線を画しており、より人間臭さを感じるし、一体感が確実に増している。当然訴求力も上がっている。当時のメンバーも在籍しておられるが、管楽器はかなり入れ替わっている。ここ10年ほどでブラビンス氏、フィッシャー氏との演奏、事務局の強化(テーマをもった企画力の向上)など様々な努力があったものと思われます。何より、同じ社会人として思うのは、お客様満足の精神を常に持ちつつ、自分たちの仕事のレベル、、制度の向上につなげるか、その循環が好循環しているのかなと思います。3月20日は東京公演と聞いております(すでにチケット完売)。ご盛会をお祈りしております。

管理人のお薦め
食の情報
次のネタ仕込み中zzz・・・気長にお待ち下さい♪

ホルン

食と生活

チェコ楽器友の会

演奏会情報

リンク

掲示板