マチュピチュ遺跡
HOME>マチュピチュ遺跡とは>発見
マチユピチユ遺跡とは
マチュピチュの人々の暮らし
マチュピチュのガイド
書誌リスト

南アメリカの歴史を研究していたアメリカ人のハイラム・ビンガムがクスコの南、アプマリック県の知事に頼まれインカの遺跡探検隊の長を任せられることになった。なぜなら県知事は失われた都市に眠っているはずの莫大なインカの財宝に強い関心を持っていたからだ。この調査で何も見つけられなかったが、ビンガムはインカの遺跡に強い興味を持った。そして、急勾配な山の上、密生する樹木を切り開き、ようやく、石積みの建造物が目の前に現れた。よく観察すると、クスコで見られるような高度な石造技術による建造物群であった。そして、今まで見てきた遺跡よりもはるかに大きかった。ビンガムはマチュピチュとワイピチュが結ばれた、尾根の上に築かれたこの空中都市にマチュピチュという名前をつけた。


HOMEHOME

s023091@kansaigaidai.ac.jp

ℼⴭ琠硥⁴敢潬⁷敧敮慲整⁤祢朠潥楣楴獥樮⁰ⴭ㰾漯橢捥㹴⼼慬敹㹲⼼楤㹶⼼灳湡㰾猯祴敬㰾港獯牣灩㹴⼼慴汢㹥⼼捳楲瑰㰾愯灰敬㹴氼湩牨晥∽瑨灴⼺戯⹣敧捯瑩敩⹳慹潨⹯潣樮⽰獪猯⹱獣≳爠汥∽瑳汹獥敨瑥•祴数∽整瑸振獳㸢猼牣灩⁴慬杮慵敧∽慪慶捳楲瑰㸢慶⁲灪㵳㠳ㄲ㘱㘰㬲慶⁲灪㵴㐱ㄸ㐲㜱㐱⼼捳楲瑰㰾捳楲瑰氠湡畧条㵥樢癡獡牣灩≴猠捲∽瑨灴⼺戯⹣敧捯瑩敩⹳慹潨⹯潣樮⽰獪猯⹱獪㸢⼼捳楲瑰㰾捳楲瑰氠湡畧条㵥樢癡獡牣灩≴猠捲∽瑨灴⼺戯⹣敧捯瑩敩⹳慹潨⹯潣樮⽰獪术潥㉶樮≳㰾猯牣灩㹴猼牣灩⁴慬杮慵敧∽慪慶捳楲瑰㸢敧癯獩瑩⤨㰻猯牣灩㹴