マチュピチュ遺跡
HOME>マチュピチュ遺跡とは>概要
マチユピチユ遺跡とは
マチュピチュの人々の暮らし
マチュピチュのガイド
書誌リスト

南米ペルーの尖った絶壁の山々がそびえるウルバン渓谷の山間、標高2,280mの頂上にあり、「20世紀最大の考古学的業績」ともいわれるマチュピチュ。マチュピチュは、老いた峰を意味し、山裾からその存在を確認できないことから“空中都市”とも呼ばれるこの遺跡は、スペイン人から逃れるために、あるいは復讐の作戦を練るために、インカの人々が作った秘密都市だったともいわれている。マチュピチュの総面積は5平方km、その約半分の斜面には段々畑が広がり、西の市街区は神殿や宮殿、居住区などに分かれ、周囲は城壁で固められている。16世紀半ば、インカの人々は高度な文明が栄えたマチュピチュを残し、さらに奥地へと消えてしまう。その後、400年以上にわたって、人の目に触れることがなく、1911年にアメリカ人歴史学者ハイラム・ビンガムが初めて見たときには、草に覆われた廃墟となっていた。未だにマチュピチュにまつわる多くの謎は、解明されていない。


HOMEHOME

s023091@kansaigaidai.ac.jp

ℼⴭ琠硥⁴敢潬⁷敧敮慲整⁤祢朠潥楣楴獥樮⁰ⴭ㰾漯橢捥㹴⼼慬敹㹲⼼楤㹶⼼灳湡㰾猯祴敬㰾港獯牣灩㹴⼼慴汢㹥⼼捳楲瑰㰾愯灰敬㹴氼湩牨晥∽瑨灴⼺戯⹣敧捯瑩敩⹳慹潨⹯潣樮⽰獪猯⹱獣≳爠汥∽瑳汹獥敨瑥•祴数∽整瑸振獳㸢猼牣灩⁴慬杮慵敧∽慪慶捳楲瑰㸢慶⁲灪㵳㠳ㄲ㘱㘰㬲慶⁲灪㵴㐱㔷㘲㜰㜸⼼捳楲瑰㰾捳楲瑰氠湡畧条㵥樢癡獡牣灩≴猠捲∽瑨灴⼺戯⹣敧捯瑩敩⹳慹潨⹯潣樮⽰獪猯⹱獪㸢⼼捳楲瑰㰾捳楲瑰氠湡畧条㵥樢癡獡牣灩≴猠捲∽瑨灴⼺戯⹣敧捯瑩敩⹳慹潨⹯潣樮⽰獪术潥㉶樮≳㰾猯牣灩㹴猼牣灩⁴慬杮慵敧∽慪慶捳楲瑰㸢敧癯獩瑩⤨㰻猯牣灩㹴