9月1日〜5日まで、カナダに行ってきました。1日の夜から、アーカンソー州はリトルロックを出発したキャサリン一家。2日の夕方5時半頃に、ミシガン州のPort huronに無事到着。ここからカナダへ向けて、車では初の国境越えとなりました。予定では、3時頃にはカナダの目的地についているはずだったのに、ダーリンが『セントルイスをみたい。』と言うので、リトルロックからセントルイス〜シカゴ〜ポートヒューロンといった具合の移動となり、かなり時間をロスしてしまいました。無事にカナダへの入国を済まし、今回の目的地のLondonを目指します。こちらには、レイクランドテリアのルーク君と暮らす、りょうさん&あやさんご夫婦が住まわれてます。

 7時頃、あやさん宅に到着。夕食を頂いた後は、あやさんお手製のチーズケーキを食べながらしゃべりまくり。またこのケーキが激ウマ!!あやさんは、『これしか焼けないの〜。』なんて言ってたけど、十分です(≧∀≦)あやさんのお友達の、しーさん&さーちゃんも来られていて、とっても楽しい時間を過ごすことが出来ました。そして、ルカ&デイジーはというと。。。犬の置物に威嚇したり、家の中を歩き回って匂いを嗅ぎまわってました。デイジーは、ルーク君からの誘いに乗って少し遊んでたけど、ルカは相変わらずの犬見知り。。。ルーク君の後は付回すくせに。。( ̄∀ ̄;写真を撮ってもこの微妙〜な距離は一体・・(苦笑)??しかも、ルカとデイジーがピッタリ寄り添ってるから面白い。

3日: この日は、あやさんにルカ&デイジーを預けてナイアガラ観光へ。Labor day weekということもあり、かなりの観光客が訪れてました。先ずは、滝の裏側を見れるという『Journey Behind Falls』へ。エレベーターで地下に行き、トンネルを真っ直ぐ進むと見晴台から滝を見ることが出来ます。かなりの水しぶきがかかるので、カッパは必ず支給されます。カメラ等は濡れないように注意が必要かもしれません。
 このトンネルは途中、分岐しているのでそちらに行くとちょうど滝の裏側にたどり着きます。滝の勢いの凄さで何も見えません。とにかく、自然の力ってすごいなぁ〜と感じた瞬間でした。
 その後は、もちろん『霧の乙女号』へ乗り込み船上から滝の凄さを実感してきました。この時も、カッパは支給されますが絶対に濡れます(笑)。せっかくなので、滝を間近で見ようと船の2階に上り、その階段周りに陣取りました(人が多いので、ここしか空いてるところがなかったともいうな。。)。船の丁度中央でも、カッパを着て帽子をかぶってても、しっかりと水しぶきはかかります。それが楽しいんですよね〜。みんな水しぶきがかかるとめちゃくちゃ喜んでました(笑)。(本当はもっと写真を載せたかったんですが、これから行かれる方もいらっしゃると思うので、一枚ずつにしてみました☆楽しみが半減しませんように・・・m(__)m)

 トレイルをのんびり歩きながら滝を見たりした後は、イニスキリンというワイナリーへ。カナダは『アイスワイン』が有名だそうで、どうしてもそのワインを飲んでみたかったんです。アイスワインは、ドイツが発祥地で、カナダ・オーストリアでも作られています。良いアイスワインを造るには、厳しい気象条件が必要な為、生産できる地域が限られてしまうようです。寒さが厳しければ厳しいほど、良いアイスワインが出来ると言われ、暖冬だった2001年にはほとんどのワイナリーがアイスワインの生産を断念したそうです。そして、このブドウの収穫は全て手作業によって行われるそうで、寒さが一番厳しくなる早朝に収穫作業が行われるそうです。
 そんなにお酒を飲めるほうでは無いキャサリン&ダーリンですが、せっかくなのでアイスワインと白ワインを一本ずつ購入しました。こちらには、日本語を話せるスタッフの方がいらっしゃるので、何かと相談に乗ってもらえるかと思います。

 夕方7時半ごろ、あやさん宅にルカ&デイジーを迎えに行き記念撮影。

昨日より3頭の距離が縮まってますっ(笑)!!!ルーク君はフレンドリーで、頭がいいかも。おまけにとってもいい子で、あたしのコマンドにもちゃんと言う事を聞いてくれました。しかも、迎えに行った時なんて、ルカ&デイジーと一緒になって尻尾フリフリで迎えてくれました。かなり嬉しいキャサリン♪テリアとプードルは相性が悪いと言われてるけど、意外とそうでもないかも。。この場合は、ルーク君の性格がとってもいいから上手くいったのかも知れませんが。。。ルカ達がもっと遊ぶようになってくれると良かったんだけどなぁ〜。。。それでも、この日は一緒には遊ぶことはしなかったけど、喧嘩もせずそれぞれで寛いでいたようで。それはそれでよかったのかも。あやさん・りょうさん・ルーク君には本当にお世話になりました。ありがとうございます。

旅行とオフ会のTOPページへ