YUJI KITO HISTRY

 YUJI誕生(1976年5月2日)
1976年5月2日、愛知県小牧市に生まれる 髪の毛が極端に薄く将来が心配されたが、3歳で剛毛になりその悩みは解消された

 YUJI喋る(1976年9月5日)
某選手より1ヶ月早い生後四ヶ月で喋り始める 最初に喋った言葉は「プロレシュ」だった この時から潜在意識の中ではプロレスラーを目指していたのかもしれない

 YUJI保育園入園(1980年4月5日) 
母親に連れられ近くの保育園に入園 その日にひまわり組の奴と砂場で乱闘 ジャングルジムからマスカラスばりのボディアタックを決め見事な勝利 保育園時代の対戦成績は69勝無敗

 YUJI小学校入学 (1983年4月3日)
小牧原小学校に入学 1年生から野球を始める 3年生の時落ちていた有刺鉄線をバットに巻きつけ打席に立とうとし監督に怒られる その時このバットで人を殴りたいという欲望が生まれる 小学生時代の将来の夢はパイロットになる事だった 

 YUJI中学校入学 (1989年4月4日)
小牧中学校に入学 商店街を歩いていたらジャ○ーズ事務所の人にスカウトされた事もあるくらいのかっこよさだった バレンタインの時はカバンに入りきらない程のチョコをもらいクリスマスは分刻みのスケジュールだった 体育の時間はプロレスごっこにハマり軽い奴にダイナマイトキッドばりの高速ブレンバスターをかけまくる(いじめではない) 3年の時将来の夢がパイロットからプロレスラーかAV男優に変わる 

 YUJI高校入学(1992年4月2日)
小牧高校に入学 毎日ジムに通う日々 毎日のようにデートの誘いを受けるが全て断りジムに通う 終わった後は上京するための金を貯めるためモデルのバイトをする 3年生の時さくらやの就職試験を受けるが不合格 高校時代の心境はプロレスラーになりたいただそれだけだった

 YUJI IWA入門(1996年6月4日)
後楽園ホールで入門テストを受けそのまま巡業についてまわる この日からデビュー目指して苦しい練習の日々が続く リング上で昼に食べたカレーを戻したりしたこともあった

 YUJI デビュー戦(1997年3月10日) 
千葉 館山市民センターで佐藤孝至相手に華々しくデビュー テレビ 雑誌 新聞など23社が取材に訪れる 試合の方は惜しくも負けたが近い将来IWAを背負って立つだろうと誰もが思う内容だった

 YUJI 海外遠征 (2000年7月14日)
アメプロがやりたくてアメリカに飛び立つ テネシー ケンタッキー ミシシッピ−で暴れまくる BZWヘビーのベルトを奪取 しかし英語がイマイチでナンパは成功率が悪かった ようやく英語が話せるようになった頃ビザの関係でしぶしぶ帰国(;_;)

 YUJI これから
帰国後はヒールになり暴れまくる ブレーキの壊れた原付の異名をとる これからも突っ走ると言いつつ将来に不安を感じている 今日も練習に明け暮れながらハローワークに通う日々 これからのYUJI KITOに乞う御期待!!!!!!!!!!

BACK