YUJI's
Guitar Addict


YUJI's Guitar Addictヒストリー>長吉西中学校


★長吉西中学校
中学校一年の終わりに、転校することになった。
それまでいた中学校は、その地区ではかなり荒れていた方だった。
入学したての頃、校舎の間を歩いていると、上から水の入った風船が降って来た。
目前で割れた風船に驚きながら、見上げると先輩たちが屋上で笑っていた。
僕らは、廊下以外はすばやく小走りで移動するすべを覚えた。
水入り風船ならまだいいのだけど、つばや筆箱、コーヒーなど何が振ってくるか
油断できなかったからだ。

日常的に先輩たちに挑戦してくる他校の生徒がやってくる。
ある時など他校の不良集団約7、8名が授業中に校門目指してくるのが、
三階の僕たち一年のクラスの教室から見えた。
先生の注意もそっちのけで、クラスの皆は事の顛末に興味津々だった。
皆で窓ガラスにはりついていると、番長格の先輩が一人で校舎から駆け出して、校門に一直線に走っていくのが見えた。
その右手には木刀が、、、。
予想外の展開に慌てたのだろうか、なんと他校の不良集団約7,8名は大急ぎで回れ右して、
逃げ帰ってしまった。
恐るべし。
と、思う反面、少し頼もしかった。

僕の兄貴というのが、僕が入学した時の卒業生で、けっこう悪たれだったらしく、
「おまえが、弟か」
と各先生に目をつけられたが、しかし、僕はふざけてはいるが勉強は出来たため、かわいがられたのだ。
学校自体にも自由な雰囲気があった。
制服はあったけれど、髪型は自由だったし、先生や友達にも言いたいことを言いながら楽しく過ごしていた。
僕は不良ではなかったと思うが、つっぱったグループとも仲良くやっていた。
なぜか、僕をしたう山田君(男子)という子がいて、
「兄貴、兄貴!」
とところかまわず呼ぶので非常に面映かった。いや、むしろ困った。
つっぱりたちには、
「ほう、舎弟がいるのかね(笑)」
と、be-bop風にからかわれるし、先生には、
「いじめてるんちゃうか?お?」
などと勘ぐられるし。

思い出した。
入学してまもなくの時に、、ホームルームの時に僕の発言をからかってくる級友がいて、
名前は忘れたけどそいつのおかげで、クラスは笑いの渦になったのだ。
僕は笑いものだ。
これから友人をつくるぞ!と思っている時だし、クラスの半数を占める女子の印象も悪い。
腹の奥で何かが、コトリ、と音をたてた。
「奴は、許せない。このままでは俺の中学校生活はやばい。」
そう思った僕は、授業が終わるや否や、そいつの座っている席に自分の椅子を投げた。
そのまま、突進して右ストレートをやつの右頬に力任せにぶちかました。
一言も言葉を発さずに勝負はついた。

その後から、山田は妙になついてきたんだった。

そんなこともあったが、僕はたくさんの友人に恵まれて過ごしていた。
友達も出来たし、グループ交際というのかわからんけど、いろんなところへ皆で遊びに言った。
人気者だったと言っていいと思う。
そんな風に楽しく、初めての社会生活(小学生から比べれば)を満喫していた。
そこへ、家族で引越しすることが決まった。

実をいうと最初の一週間は元の中学校に通っていた。
別れ難かった。
最後の日。
僕が、自転車で去っていく時、クラスの皆が校舎の廊下の窓から手を振って叫んでくれた。
「元気でなー!」
涙がいっぱい出たよ。
「ありがとう。みんな。
新しい街で、皆のような素敵な友達みつけるよ。
みんなも、がんばれよーー!」

振り返る視界の中でだんだん皆の姿が小さくなっていった。
あんまり、振り返ったらチャリンコこけてしまうから、時々振り返るから、
振り向くたびに、どんどん、遠ざかっていった。
大切なもんがだんだん遠くなっていった。