ROBOTECH技術的なファイル
ピーター・トマソン、そして ピーター・ウォーカー 、 ロブ・モーゲネスタン  による編集

http://www.xs4all.nl/~ptn/Veritech/AGACS.html (左記の原文の日本語翻訳ページであることを証明します)

項目 

VFH-10 Auroran (オーロラン: 高空迎撃機 / 可変攻撃ヘリ / バトロイド)

(別名:AJAX/AGAC:エージャックス/ Armored  Gyro  Assault  Chopper)

南十字星シール
Auroranバトロイド、ヘリコプターおおよびロボット・形態
Veritechセパレーター
家 航空機 装甲/武器 Mecha 海軍 Veritech

I. 次元:

 戦闘機形態 /   ジェットヘリコプター(ガゥオークに当る)/
バトロイド
全長 9.0m 9.0m -
胴体前後幅 - - 2.5m
全高 3.0m 3.2m 8.9m
胴体(本体純横幅) - - 2.8m
翼幅の合計 6.9m 6.9m 6.9m
ローター直径: - 7.1m 7.1m
乾重量の合計 16.8 メートル・トン

II. タイプ:

III. 就役史:

Auroranジェット-後部

IV. 推進機:(全て)

AGACS正面

V. 性能緒元(共通)

A. 戦闘機モード:
B. ヘリコプター・形態:
C. バトロイド・形態:

AGACSは後退します

D. 一般事項

VI. エレクトロニクス:

レーダー・探知&追尾装置:(全てて)
光学探知&追尾装置:
VFH-10A:
VFH-10B:
戦術上電子戦システム(TEWS):(全て)

VII. 武装

火砲:
(全て)
一対のEU-22を備えたAuroran
  • 2つの ハード・ポイント(各腕上に一つ) Bofors EU-21 パルス・レーザー 、あるいは各1機の モーゼルEU-22 二連銃身・パルス・レーザー。通常は、両方の腕は同じ型のガンポッドを装着します。しかし、異なる種類のガンポッドを両方の腕に装着することは可能です。
  • EU-21 毎分80回までの10MJ・レーザー・パルスを射出可能なシステム。全飛行形態で利用可能。
  • EU-22 より大型のガンポッドは、毎分160回までの6MJのより低出力のレーザー・パルス、あるいは毎分80回までの12MJパルスのいずれかを選択発射する。
(VFH-10Bのみ)
  • 1基の ゼネラル・エレクトリックEU-23 レーザー砲: コックピット直前のノーズ部、レーザー・エネルギーの9MJを毎秒伝導可能。(ヘリコプター形態と、戦闘機形態で利用可能。)
ミサイル:
Auroranはライトニング・ミサイルを発射しています。
  • 2本のTLM-1A 半固定ミサイルランチャー 中距離用の複数弾頭の発射。(260mm x 1.2m)Lightning(ライトニング)・ミサイル、或いはRagnarok「ラグナロク」(戦術上のカリホルニウム核ミサイル)
    各発射管は3本のミサイルを内蔵し、合計6つのMRMのためのその上の発射管中で3本のミサイルを含んでいる。
    誘導は標準のアクティブ・レーダー/home-on-jam (ジャミング源へ向かって飛ぶこと)、そしてサーモ(温度)・イメージャー(40キロメーターまでの範囲)。
  • ミサイルの外部容積は標準の中距離のものと同一なのでDiamondback 「ダイアモンドバック」ミサイル、また、これらのミサイルは「TLM-1Aランチャー」と互換性をもちます。しかしこれらの射程はより大きいが、これらのミサイルの致命傷を与える有効範囲は劣ってます。このランチャーは、主として宇宙空間配備のVFH-10A (T.A.S.C.=戦術装甲宇宙機甲師団)用です。
  • 2基の TLM-1B 半固定ミサイル・ランチャー短射程(8km)マッハ3.0の複合赤外線イメージャー、およびアクティブ・レーダー・ホーミングの 190mmHammerhead「ハマーヘッド」ミサイル .各発射管は5つのミサイルを内蔵し、合計15のSRMのためにその発射管中に10本のミサイルを含んでいます。
    この発射筒は、AirCav.(航空騎兵団)によって主として使用される VHF-12B AGACSにおいて、主に戦術用途で使用される。

VIII. 装甲:

AGACSの装甲は VQ-6A バンダル (VFA-6レギオスの無人型)以降の全ての地球製機動兵器の規格になった新開発の低用量大規模複合材料チョバム(Chobham)装甲板である。 また、発射体、ミサイル、および他の機動兵器に対して提供された相当な保護に加えて、この装甲もプラズマ球(破壊半径)、レーザー、およびある程度の粒子銃砲に抵抗力がある。装甲がそのような高エネルギー兵器から照射を受ける層で剥離して気化することで耐え得ること、発射された兵器のエネルギーの多くを吸収し、装甲の潜熱や昇華熱に変換する。

装甲は、全ての小火器や歩兵火器、例えば12.7mmの機関銃弾等を止め、および軽機動兵器の標準的な固定火器にに耐え、中型の機動兵器装備の標準的な火器への良い抵抗を提供する。重機動兵器に装備されるような、例えば VF-1Valkyrie (バルキリー)のヒューズ・GU-11/55mm三連ロータリー滑腔(smooth-bore)ガンポッドのAPFSDS弾丸、VHTタンク系に装備のラインメタル105mmの無旋条砲弾丸については、不十分ながらある程度の抵抗力を有する。

AGACSは、放射線からの完全な防護、生物もしくは化学戦災害に対して、オーバープレッシャー(過剰圧力)コックピット環境を使用する。これは放射線、そしてケミカルセンサーによって起動され、又は生物戦的状況が予想されるとき手動で起動される。内部消耗品供給は最高1日の大気を提供することが出来る。
(値はパイロット生物的活性時のもの:睡眠待機時は左記に加えて多少の余裕あり。)

IX. 開発AGACSトップ

頭文字AGACSによって、その愛称「オーロラン」より遥かに一般に知られているVFH-10「Auroran」は2つの異なる仕様書を完了するために開発されていました。
1つは、サザンクロス軍の戦術師団の為の、次に T.A.S.C.(戦術装甲宇宙機甲師団)の為の中距離宇宙戦闘機として。

地球の大気圏内の防衛は、戦術空軍の強力な非変形戦闘機に既に割り当てられていました。
参照 F-207「シルフィード」 Sylphid (シルフィード/風の妖精)戦闘機 そしてF-206 Falcon II intercepter(迎撃機)
したがって、大気圏の主力戦闘機としてのAGACSに対する用兵の要求は、設計過程の初期の時期に落とされました。

残る大気中の唯一の使命が航空騎兵機としての要求であったので、AGACSは当初より高マッハ数を目指すことを要求されませんでした。
その為、より多くの時間をオーロラン(Auroran)の低速・低空特性の改善に専念して充てることが出来ました。 この機体が提供することが可能な控え目なマッハ1.6の数値は、その意図した敵を葬るのに十分と言えます。

AGACSの主な仮想敵、つまりZentraedi(ゼントラーディ)の敵対目標はNousjadeul-Ger Air mobile Power Armor (ヌージャデル・ガー).で、ミサイル装備は、この目的の為に、特に設計されました。

AGACSは最も致死性の高い中距離用のミサイルを装備することができました。
(参照: 2060年現在まで発展中の、Lightning 従来のものに加えて、新型ミサイル HammerheadそしてDiamondback )
Lightning」ミサイルは、それらの目標の近くのクラスター弾頭を放出し、1つのミサイル当たり幾つかのバトル・ポッド、またはヌージャデルガーを駆逐することができます。
サザンクロス軍は、この機体が、ゼントラーディの数の利点を相殺することを望みました。 
ミサイルが発射し尽くした後、AGACSは残りのmechaを破壊するためにそれらの優位な機動性およびそれらの強力なレーザーを使用して殲滅戦をすることになっていました。

皮肉にも、Tiroliansが地球の都市および市街地内部でしばしば占位して作戦することを知った時、戦術師団は、市民の安全の為に、通常機体に他のミサイルを適合させられることになりました。
その後、インビッドのメカ、ゼントラーディ(Zentraedi)あるいはTiroliansよりも操縦性のよい、インビッド(Invid)の機体のために、クラスタ−弾頭を備えた,広範囲で、より小さなミサイルを備えた、近距離スカッター(撒き散らし)戦術、(つまりクラスター戦術の後退)に転換していきました。

Auroranが発射すること E-21

宇宙では、AGACSが、小目標(打つことが困難)をロックオンすることを目指しました。このステージでは、高度なミサイルがさらに非常に有効でしょう。

また、大気の条件によって妨害されていないレーザーは、高い火力連続性に加えて、大きなレンジを提示するでしょう。 後者は損害の増加率の向上、また双方の要素は打撃の機会を増加させることに役立ちました。

VFA-6 レギオス  と同時代にもかかわらず、AGACSはその中間の形式として、ガゥオークではなく、ヘリコプター・コンポーネントを使用しました。
ヘリコプター能力は「ガウオーク」と同等の効果があり、安定性も良好でした。 
また、変形シーケンスがファイター・モードからの最小の修正だけを要求したという事実は、内部の有効容積を増加させました。

余剰空間は、3基までインストールされた「Quad-protoculture-cell energizers」クアド・プロトカルチャー (資源)・電池・エネルガイザー の数を増加させるために使用されました。
また、余剰出力は、エンジン温度を増加させて、かつ反応効率を大幅に増加させるために、エンジンのmagnetic bottling を押し上げることにより、デルタ-vの本質的な増加を可能にしました。
余剰出力はまた、レーザー(それは任意の弾薬問題を除去し、広大に火力割合を増加させた)にも使用されました。
この事は、ハードポイントの発射管でなく、多くの小型ミサイルを内蔵携行することでインビットに対抗する戦術をとったVFA-6レギオス  と対照的です。

AGACS底

要求されるセンサーおよびエレクトロニクスの小さな差により、TASC仕様とTC仕様のAGACSの差は一方の型が、ほとんど有効にお互いの異なる運用環境の中で機能することが出来たように小さかったが、それでも2つの異なる型が用意されました。

確かに多数 VFH-10B TC AGACSは、第2のRobotech戦争の後の段階のTASC軍務へ投入されていきました。
違いは主として機器の削除でした。

VFH-10B 超地平線(OTH)および、全視野中距離システムがインストール。機首部に装着された高解像度、狭角度(ナロウ・アングル)IIRセンサー。
代わりに、VFH-10Bは別のレーザー砲をその空間に装着しました。
さらに小さな違いはVeritechの気象条件コントロールシステム
(大気中の作戦の方へより適応した)関係がありました。

VFH-10B において、他の使用環境特有のシステム、着艦用の強健なブレーキ装置、およびより一般的なアレスティング・フックは
意外にも、宇宙空間でも有効であることが証明されました。

サザンクロス軍にとって、前生産型VFH-10AAGACSの第1期生産型シリーズは非常に印象深いものでした。 また、これらはTASCにも供出されました。

TC(戦術師団) VFH-10B の使用実験のために、指定のTASC隊が、2029年にAGACSの宇宙区間での性能試験を評価していた間、Tirolian侵入艦隊は月軌道付近に到着しました。
戦いは直ちに続いて起こりました。そのとき、AGACSは、その奇襲において、不利な条件でよく健闘しました。

この第1のバイオロイド との交戦直後に、AGACSは戦時フル生産へと移行しました。不運にも、生産ラインのセット・アップは期待されたより多くの努力を必要としました。
また、1年以上後にまで、それはフル生産ではありませんでした。

AGACSは割り当てられている最優先事項と共に、多数中のサザンクロス星の軍隊に導入されました。
特に VFH-10A  は切羽詰まったTASC(戦術装甲宇宙機甲師団)のために優先的に割り当てられました。

何千ものAGACSが、第二次Robotech戦争の間に、およびその戦争の後に生産され、Tirolianと、インビッド(Invid)軍に対して展開しました。

簡易可変攻撃機で大気圏内機動力と積載量に劣る、前身のVF-8 ローガン と急速に交代し、重対艦ミサイル積載力に優れ、ヘリコプターブレードの機動スラストが
AGACSに大気圏での多少優位な機敏さを与えたところで、皮肉にも戦場は宇宙空間軌道上に移動し、このメカは宇宙空間において、最初にその「ブレード」を機動スラスターとして使い、そしてこの戦闘のほとんどの期間で使用されました、

その重対艦ミサイルは、特に携帯性に優れ、AGACSがついに1度も会敵することのなかった、仮想敵Zentraedi(ゼントラーディ)の物理装甲より防護力を持つ、
強力な力場フィールド防護されたゾル・マスターズの母船や機動兵器に対して非常に有効でした

.アニメーション、 VFH-10 Auroran AGACS変形シーケンス  (〜385kB)。

見てください 補足設計 .

戻る サザンクロス軍可変兵器インデックス .


Robotech参照ガイド・ホームページ に行く


Robotech(R)はハーモニー・ゴールド社の商標です。このドキュメントはそれらの権利を侵害する意図は、全くありません。

内容ピーター・トマセン、そして ピーター・ウォーカー、 ロブ・モーゲネスタン

ロバートMorgensternによるHTML rmorgens@ieee.org nud
著作権?2000、1999年、1997年、1995年ロブ・モーガンスタン、ピータートマセン、(ピーター・ウォーカー)

Last Updated: 12/26/2004 17:17:05