ROBOTECHの技術的ファイル
ティム・ウイングロブ・モーガンスターンピーター・トマセンピーター・ウォーカー  による編集

http://www.xs4all.nl/~ptn/Veritech/Hovertank.html 
(左記の原文の日本語翻訳ページであることを証明します)

名称:

VHT-2 スパルタス(Spartas )
可変ホバータンク
(Variable Hover Tank
)【-2、-2A1、-2A2】

南十字星シール 審判シール
Hovertank--ホーバークラフトモード
VeritechSeparator
ホーム 航空機 装甲/兵器 Mecha 海軍 Veritech

I. 寸法:

後部の上のHovertankタンクモード
ホバータンク  ガゥオーク  バトロイド
 全 長:  6.00m  7..75m  -
 胴前後幅:  -  -  2..00m
 全 高:  2.25m  4.50m  6..20m
 車体幅:  2.70m  2.25m  -
 肩 幅:  -  -  4.40m
 標準重量:  26.4t

II. 起源と型:

III.運用履歴

IV. 推進力:

Hovertank--Battloidモード
(宇宙空間用オプション装備)

V. パフォーマンス:

A.ホバークラフトモード:
B. タンク・モード(ガウォーク自走砲形態)
C.バトロイドモード:
D.一般:

VI. エレクトロニクス:

レーダー追跡(トラッキング)装置
光学追跡:
戦術電子戦システム(テウス→TEWS):

VII. 兵装:

メイン火器:
(VHT-2)
(VHT-2A1、-2A2)
二次兵器:
  • 1 x マウザーEU-11 28mm レーザー ガンポッド
  • (ホバータンク・モードにおいて前部固定、バトロイド・モードにおける携帯火器)。 このガンポッドは、1射撃あたりレーザパルスの最大12.5MJ(メガジュール)のエネルギーを発射可能です。 ガンポッドは110パルス/毎分まで発火することができます。
EU-11銃のさや--私のアニメ1984年6月の差し込み

VIII. 装甲:

Hovertank--交通機関

VHT-2系ホバータンク装甲は VQ-6Aバンダルへのアプリケーション後のすべての地球製機動兵器の規格になった低用量大規模複合材料チョバム(Chobham)装甲板の新開発です。 また、発射体、ミサイル、および他の動的な兵器に対して提供された立派な保護は別として、この装甲もプラズマ球(破壊半径)、レーザー、およびある程度の粒子銃刀砲に抵抗力があります。 これは装甲がそのような高エネルギー兵器から照射を受ける層で剥離して気化することで耐え得るちう意味で、発射された兵器のエネルギーの多くを吸収し、装甲の潜熱や昇華熱に変換しする形です。

装甲は、全ての小火器、重歩兵砲の発砲、および軽機動兵器の標準的な固定火器を止めて、中型の機動兵器装備の標準的な火器への良い抵抗を提供します。重機動兵器に装備されるような、例えば VF-1バルキリーのヒューズ・GU-11/55mm三連ロータリー滑腔(smooth-bore)ガンポッドのAPFSDS弾丸や、VHTタンク系に装備されたラインメタル105mmの無旋条砲弾丸については不十分ながらある程度の抵抗力を有します。

アーマー・ハウジングに装着された主火砲と三連砲は、より厚い装甲を持っている兵器から突入する火炎をそらす(避弾径始)為にもある程度有効です。 ここで、 規格外の火力を有するHWRシリーズ・デストロイド・モンスターを除いて、装甲抵抗はほとんどいかなる他の機動兵器のものよりも良好です。

バトロイドモードの完全装甲(※この問題については後述)された操縦士室は、すべての榴霰弾と生物・化学及び環境災害に対する耐久性がありますが、残念ながら30mmより大きい弾丸(非垂直な角度で当たった場合を除く)のどんな垂直打撃にも耐えることができません。 ※VR(ヴァーチャル・リアリティ)システムに関する厳しい性能上の問題と信頼性の問題で、このVHT-2タンクから実戦現場におけるデチューン改造により、操縦士室コンパートメントは取り除かれ、実質オープントップ操縦席として運用されました。

訳者注:その攻撃力に較べて貧弱な装甲(多くの戦闘車輌は自己所有の主砲に一定距離で耐えるように設計される)はホバー車輌特有の隠蔽性が低い特性からの割切りで、その分通常の装輪式偵察警戒車輌に勝った機動力や移動速度に重点を置いた為と思われます。

生物化学兵器戦争状態が予期されるとき、VHTには装甲操縦士室が装備され、放射線センサーや化学センサーの探知により、、コックピットは超過圧力状態に加圧され、生物及び化学兵器災害から完全な保護をさらには放射線災害からの一定限度の防護を提供し、これらは自動または手動で稼動します。 車内内蔵の消耗品である生命維持装備は標準大気を最大(※)約8時間、乗員に供給することができます。
※(セントールの生命維持装置の最大供給時間は24時間であったのでこの点では劣る)

IX. 開発:

VHT系ホバータンク(地面効果利用)は、これまでのVHT-1 セント-ル・可変軽戦車を代替とする地球統合政府最高司令部(nited Earth Government→U.E.G)による新型警戒戦闘車両の2013年仕様指示の返答として開発されました。

R.D.F(obotech Diffence orce)陸軍の指揮官は、ゼントラーディのどんな重装甲の兵員レベルの地上系機動兵器(ヌージャデル・ガー)等を打ち破ることが出来、従来の VHT-1セント-ル・可変軽戦車よりはるかに優れた機動性と火力を持った偵察警戒可変戦闘車輌のための仕様を作成しました。

後者の要求は地球政府自身の内政問題に対しての視点で、VHTを、全ての地球製戦車又は戦闘車両と同様に、世界各地に急送展開する可能性を考慮した最初の試みでした。 さらに設計は戦闘において近接格闘戦闘に従事可能な代替の形態(例えばバトロイド形態等)のを持っている必要がありました

競争試作により、2つの設計が原型車輌の建造と評価に選ばれました。 これらの2つは、本稿で述べたVHT-2 スパルタス(Spartas)と、R.D.F陸軍の VHT-1セント-ル・可変軽戦車の発展型である VHT-1A2 セントール IIでした。

VHT-2は、優れた機動性と単座で使用可能という乗組員要件を減少の為に、この競争で優位をとりました。一方VHT-1セント-ル・可変軽戦車は最低でも2名の乗員を要しました。さらに、VHT-2のラインメタル社製造の105mmの高速度砲は、VHT-1A2 セントール IIの複雑な152mmのロケット/装薬・切替砲より遥かに優れた武器であると分かりました。
上記に付随する些細な利点は、火砲がより信頼出来、現場での維持メンテナンスが容易であることにありました。

その一方で本車輌の主な欠点は、パイロットを保護する外装コンパートメントを装備の「初期の問題」と名付けられたものでした。外部環境のバーチャル・リアリティ(仮想現実)をフードの内部に展開したエレクトロニクスは、明らかに合格標準以下で、テストプログラムの大部分がコンパートメントを取り除いて、パイロットを露出して動かされたという点において問題でした。

その結果、延長されたテストの期間(要求のためプロジェクトが【セントラーデイ反乱分子蜂起=Zentraedi Malcontent Uprisings】によって引き起こされた予算、人員、および資源材料の優先順位での変動の事情によって、2017年にVHT-2「スパルタス」はVHT-1A2 セントール IIとの競争試作の勝者として発表されました。そして、先行生産の控えめな量産体制は2019年までには完全なシリーズ生産に以降しました。

この機動兵器の調達のかなりの大部分がサザンクロス軍(rmy of Southern-Cross)のアルファ【≒選抜】・戦略機甲軍(lphaTactical Armored Corps)の用途にありました。

数千両のVHT-2車輌が「第二次Robotech戦争」の戦前と戦中に生産されましたが、ドライバー達は、彼らの大半が、西暦2020年代後半の終わりの見えない泥沼の戦局展開の犠牲者であったので、この可変戦闘車輌に関していくらか冷淡な評価でした。

それらが設計された偵察警戒車輌としての役割に加えて、VHT-2は、後に急速展開(遊撃)部隊の一部として設計され、異星人の揚陸艇を攻撃する最初の一撃を与える機動兵器であるように指定されました。

より悪いことには、官僚主義に起因する'怠慢と惰性、多数の不要ともいえる設計への監査と政策批評、限られた予算のために未解決のままで残っていた操縦士室の初期段階からの問題、このことはドライバーが戦場でのフェリー輸送時及び、更には実戦時に特にタンクモードにおいて。ドライバーが全くの「オープントップ」で乗車し、交戦に入ることを前線部隊に強制することになり、ガゥオーク(自走砲モード)でさえ腕バインダー部による気休め程度の乗員室側面の保護を与えるに過ぎないものでした。

このような乗員に対する犯罪的ともいえる運用姿勢にもかかわらず、一部の優秀な部隊長(そして、バトロイド・モードへのタイムリーな変換)による熟練した取扱いは、第二次Robotech戦争でVHT-2 スパルタスを、この任務への適度の成功に導きました。
一対一の戦闘では、VHT-2はRobotech Mastersによって使われた バイオロイドの以前の旧シリーズより優れていて、それ以後のバイオロイド設計と少なくとも同等の能力を持ち、彼らのRobotech Masters(プロトカルチャーの末裔)の誇るバイオロイド・インビッド・ファイター“ Triumvirates ”(対インビット三位一体型ファイター) にさえも対等な条件で戦うことが出来ました。

第二次Robotech戦争の全期間において、サザンクロス軍(rmy of Southern-Cross)のVHT-2 「スパルタス」は地球上と、各展開惑星、さらには宇宙空間の小惑星や衛星の至る所で戦う姿が見られました。

VHT-2の主砲は105mmの非常に高信頼の無旋条砲でした。(その無旋条は1弾丸でどんな知られている敵の機動兵器も破壊することができました)。 デザインへの唯一の欠点が限られた30発(+30発)の砲弾ペイロードでした。しかし本車輌が設計された偵察警戒という任務を考えれば、これは重大な設計者の責任であるとは考えられませんでした。

EU-11レーザー銃は、それ自体が強力な打撃力をもつ非常に頑丈な速射銃であることを同様に証明しました。
一方で220mm RRG mk13プラズマ・イオン砲は、この車輌においては実際いくらか場違いでした。 エネルギー武器として、それは実際、利得高と打撃有効性で平均的な性能でした。 しかしながら称賛に値する点として、実体弾に比較して戦場での実運用上無制限ともいえる量の弾薬が利用可能になりました。

しかしながら、VHT-2の拡張任務として、新しい兵器が考慮されました。第二次Robotech戦争のすぐ前に、南十字星軍(rmy of Southern-Cross)、新しい兵器と装甲でVHT-2(A1)の幾らかを改装(レトロフィット)させる事を選びました。 タンクのアップグレードは無旋条砲を取り外して、同じ場所に220mm RRG mk13プラズマイオン砲をインストールするものでした。 これは主砲におけるすべての弾薬規制を取り除きました。

しかしながら多くのVHT-2(A1)ホバータンクが、、インビッド(Invid)の襲来の前にこのアップグレード処置の恩恵を受ける事は出来ませんでした。

「2A1」系初期型車輌は「第二次Robotech戦争」の初年の限られた段階における運用に於いて乗員にとって有効(ポピュラー)な存在であることを証明しました。


ドライバー達の現場での不満はしばしば陸軍兵装局にも聞かれて、軍は代わりに、それらの装甲されたドライバー・コンパートメント(乗務員室)をデバッグさせことを考慮しました。
第二次戦争間、VHT-1及びVHT-2の後継車輌は絶えずは求められました、そして、VHT-2A2はそれに応じて設計されました。

結果は 「VHT-2A2」 と VHT-3「コンカラー」(征服者=Conqueror) との競争であり、後者はの旧式VHTであるかつてのVHT-1 セント-ル・可変軽戦車を競争相手に耐えうるように再設計し、大型化したフォローアップでした。 これに同じく、「VHT-2A2」(スパルタスII)はまた同様に初期の-2A1の派生物でした。

2A2のアップグレードした発射指揮、ようやく装甲化された乗務員室(もっともまだ不完全なエレクトロニクスでしたが)、および爆発反応装甲(リアクティブ・アーマー)を主要なな位置に置いたのに対して、VHT-3「コンカラー」(征服者=Conqueror)は車台(シャーシ)の抜本的な再設計を加え、また兵装を2A2同様に(イオン・プラズマ砲)改良しました。

しかしここで、工場の生産適応性は元来的にVHT-2にありました。VHT-3は車台の根本的な再設計を行った結果、VHT-1「セントール」の生産設備を流用出来る余地は少なく、実際そうでないとしても、既に旧式のセントールの生産は最終生産型でさえ2016年に終了していて、多くの工場では生産設備の再開は容易ではありませんでした。

これに対してVHT-2A2はMBR-07 スパルタンで有名を馳せた設計&生産本拠の「クランス・マッファイ」本社はもちろん、生産分担を依頼する各地のヴッカース、クライスラー、コンチネンタル、キャデイラック・ゲージの他社生産工場に対して「最小限の治具や工作機械の再編成」を必要とするにすぎませんでした。 泥沼化し拡大する疲弊戦争の推移を考えれば、これは(VHT-)「2A2」スパルタスへの軍の好意的な決定を促す背中をもう一押しした大きな要因でした。

この結果、 数ダースのVHT-2A2 ホバータンクが完成し、テストされましたが、これは、まさにこの第二次Robotech戦争において地球統合政府が「Robotech-Mastes」に辛くも辛勝し、終結する直前に、アルファー戦略機甲軍(A.T.A.Cテ.)への用途の為に提供され戦争の終わりの直前に、選抜されたATAC部隊に提供され、ゾルの母船群アズシャール級占拠(占拠不可能な場合は内部から破壊を意図)作戦に投入され、宇宙空間での移動力の弱さや、露出型操縦室の脆弱さを露呈しながらも一定の成果を得ました。
しかしながらこの改良された”-2A2”モデルは今次の戦争で引き起こされた重大な荒廃(本稿執筆時2066年時点で)のため決して大量生産されませんでした。

そして、シリーズ生産の着手は、インビッド(Invid)の侵略の3カ月後に計画されていました。 2A1のデバッグの結果として装甲され、VR-ALV(ヴァーチャルリアリティ・オールヴュー)化された2A2の乗務員室は、皮肉にも、インビッド(Invid)侵略の僅か6日前に、遂に本格生産の許可を得たばかりでした。

VHT系列ホバータンク・イメージギャラリーを参照ください。


付記: 無旋条(Smoothbore)砲弾。

FSDS-TU / APFSDS (Armor Piercing Fin Stabilized Discarding Sabot) 装弾筒付・翼安定・徹甲弾
(別名 フィン・スビライズ APFSDS (Armor Piercing Discarding Sabot)

1つの薄いが長い、高い砲口速度と最小限の速度ロスを備えた高密度(タングステン)針、高速な飛行速度により、砲弾はライフル等の砲口側のガイダンスを伴いません。

MAPHE-SG 複数の運動エネルギー進入針(自己誘導)Multiple Kinetic Energy Penetrator

MAPHE-SGは20世紀後半からのデザインに基づく、対空砲弾弾頭です。 弾丸は、レーダー・センサーを組み込んで、それ自体を目標の付近に案内して、次に、実際に少なくとも75%のヒット率を保障する最適化された発火パターンで4個のダーツ(針)を撃ちます。
装甲を貫徹した後にこれらのダーツは爆発します、軽装甲目標の内部構造物の大半を破壊し、より重装甲の目標の装甲のかなりの部分の塊を破壊出来ます。

MPAF (多目的・空中炸裂・矢弾) Multi-Purpose Airburst Flechette

この弾丸はは、密集した部隊の上空に解き放たれ、何百もの超高速度針を爆発させるための近接信管を持っています。
防弾服(ボディ・アーマー)と軽装甲兵員輸送車にCに対して特に有効ですがこの弾丸の有効性は建物のようなカバーによって縮小されます。弾丸は、ヘリコプターおよび他の低速飛行目標に対抗出来る2次的能力を持っています。

HESH高性能爆薬スカッシュヘッド (粘着榴弾)  High Explosive Squash Head

この弾丸は、目標の表面に衝撃を与弾丸の薄いメッキをつぶして、目標の装甲の表面又は既に損傷した装甲内部にでプラスチック爆弾にのようにへばりつきます。 衝撃波が目標の装甲を伝わり装甲の裏側がかさぶたのように剥離し、粉々になるのを引き起こして、ベースヒューズはプラスチックを起爆し内部の人員機材等に損傷を与えるでしょう。弾丸は溶断されていた状態で可変流動性であり、汎用高爆発性弾丸として使用することができます。 衝撃ヒューズがあるので、この弾丸はセントラーディのバトルポッド群に対して特に効果的です。

SAD Sensor Artillery Delivered

振動検知 /パッシブEMセンサーとラジオリンクを領域に届けます。 2カ月間アクティブ(活動状態)であることができます。

煙幕火焔装備など

また、煙幕弾や照明弾、古典的な黄リン焼夷弾も利用可能です。

プラズマ

Second Robotech戦争後半、プラズマ砲弾は HESHMPAF弾頭への代替として開発されましたが、SC(サザンクロス=南十字星軍)が、インビッド(Invid)の手に落ちる前に、この数千のこのプラズマ砲弾頭が生産されました。 30MJ(メガジュール)の莫大な衝撃的熱エネルギーを解放して、それは最も衝撃的な革命的砲弾でした。

TacNuke 戦術の核弾頭

1キロトンの利得を持ち、唯一SC(サザンクロス=南十字星軍)最高司令部の直接指令でみ起爆可能なように設定された打ち上げ型戦術核兵器


追加デザイン注意を見てください。

南十字星軍 可変機動兵器インデックス戻ってください。


Robotech参照ガイドホームページに行ってください。


Robotech(R)はHarmony Goldの商標す。 このドキュメントはそれらの権利を侵害する意図は決してありません。

ピーター・トマセンによる内容と ティム・ウイングロブ・モーガンスターン及び ピーター・ウォーカー 編集

ロブ・モーガンスターンによるHTML( rmorgens@ieee.org )
(C)2004、2000、1999、1997、1995ロブ・モーガンスターン、Pieter Thomassen、著作権ピーター・ウォーカー