平田漁港

 フカセ釣り、投げ釣りなど色々楽しめる波止です。
 家から一番近いこともあり、ホームグランドの一つです。

Location

 鳥取県西伯郡大山町西部の海岸線にあります。
 漁港の入り口は、鳥取方向からは国道9号線の「大山入口交差点」を右に入るとすぐに海岸に突き当たります。そこを左(西)にしばらく走ると漁港に突き当たります。
 米子市方向からは、山陰道鳥取方向終点付近の国道9号交差点にローソンがあります。その先左手にガソリンスタンドがあり、そこから200mほど進むと点滅信号機があります。左手の角には「谷野畳店」がありますのでここを左折してほぼ道なりに進むと漁港に突き当たります。

水中の状況

 砂地とゴロタ石の境界に当たる地域で、そのためか釣れる魚種が多いのが特徴です。  全体的に遠浅の海岸で水深は最深部でも5mほどです。
 北向きは手前が小さめのゴロタ石、その先は砂地に大きな石が点在してます。
 西向きは砂地に石が点在しています。
 湾内は水深が浅く砂地になっていますが所々に石が顔を出しています。

天候との関係

 先端側は北西を向いているので、真冬は外向きに立つことが出来る日は少なくなります。
 波の予報が、波高3mを越えると外向きは厳しくなってきます。
 東風、南東風は追い風となって外向きのポイントで釣りやすくなりますが、東風のときは不思議と釣果が良くないことが多くなります。表面を流れる潮と底潮の向きが合わないことが原因かと思います。

釣れる魚

 周年を通じてチヌ、梅雨から初冬に掛けてグレ、春先にメバル、春秋にサヨリ、ほぼ周年キス、冬場のカレイ、また春先と秋口にはアオリイカが釣れます。また、アジのサビキ釣りのメッカですので真冬を除いてほぼアジ釣りさんがいます。
 過去には、65センチのマダイも釣れたことがあります。

図面と説明(アルファベットをクリックするとそれぞれの説明へジャンプします)

平田漁港の図面

Aポイント

 以前は、ウキ釣りではこの場所が一番チヌが釣れました。今でも潮が淀む場所なのでチヌは有望です。また、グレはこのポイントで遠投すると良型が良く釣れます。
メバルはここが一番良い場所です。
 投げ釣りは、沈んでいる石が多いので避けた方が良いポイントです。

Bポイント

南西の風が吹くと追い風になるので遠投可能。ここもグレ、チヌポイントです。チヌについては意外と基礎石の際で食ってきますので狙ってみてください。

Cポイント

 チヌよりもグレが良いポイントです。際から遠投までOK。
 投げ釣りもここから正面を狙うことが出来ます。
 ただし、斜面になっている部分に張り付いている貝(ジンガサ)に道糸を取られますので要注意です。

Dポイント

 2004年の秋はここでチヌがかなり上がりました。潮が淀むので撒き餌が溜まるのだと思います。グレも狙えるポイントです。
 ただしフカセやサビキで遠投をすると、前方の沈み瀬があるので注意が必要です。この沈み瀬は海面から3m弱とかなり浅くなっていますので根掛かりしてしまいます。
投げ釣りの場合もこの沈み瀬は要注意です。

Eポイント

 このポイントは、投げ釣り・フカセ・サビキ釣りなどができます。
 チヌ、グレは遠投してDポイントからは邪魔になる沈み瀬の際を狙うことで釣果が上がることがあります。
 サビキ釣りはやや遠投気味に投げるのが良いようです。

Fポイント

 サビキ釣りの釣り客が真っ先に立つポイントです。そのためアジが釣れる時期はフカセ釣りができなくなります。先客の邪魔をしないようにしましょう。
 2004年は私はここで竿を出すことが一番多く、捨て石の際でチヌが釣れました。グレは足元には木っ端が蔓延するので遠投して流れの中を釣る方が良さそうです。
 また、投げ釣りでキスが良く出るポイントです。しかし根掛かりの覚悟が必要です。

Gポイント

 やはりここもサビキ釣りの釣り客が多いポイントです。
 この場所はグレはほとんど良型が出ません。反対にチヌは結構釣れます。2003年の秋に半夜釣りで一人で15枚釣った方もいらっしゃいます。
 サヨリはこの場所が一番良く遠投に分があります。
 この場所は、向かって右側は手前から深くなっていますが、左側は浅い瀬が出ています。チヌは深い方を狙うのがポイントです。または、H寄りがまたちょっと深くなっているのでそちらを狙います。

Hポイント

 ここもサビキ釣りの釣り客が多いポイントですが、外向きに比べ少し浅いので人は少なめかと思います。
 この場所もグレはほとんど良型が出ません。反対にチヌは有望ポイントです。2003年の5月に52センチのチヌを釣ったのはこの場所です。
 水深は4m強といったところです。

Iポイント

 ここはそれほど釣り人が立たないポイントですが、波が高い時にはこの正面でチヌが出ます。先端から巻き込んできた波が濁りを作るのでその濁りの中で釣れます。

Jポイント

 メバルが釣れるポイントです。また外向きでアジが釣れないときもこの場所には小アジが居ることが結構あります。
 半夜のチヌ釣りでは有望ポイントの一つで、ウキ下1ヒロで狙います。条件的には外向きに立てないような天候のときとなりますが、釣れる確率は高いと思います。

Kポイント

 防波堤が延長される以前はここでもチヌが良く釣れましたが、現在は砂がついてしまい魚はほとんどいません。
 ただし、波高がものすごく高いときにはこの位置からブッコミでチヌが狙えます。

「Yufy's fishing Information」へ戻る