河本大作大佐談

 森克己『満州事変の裏面史』より

 
『はじめに』より

(略)

 歴史の中でも裏面史となると、きれい事の歴史ではなく、いろいろ差し障わりがあって表に出せない歴史である。また当事者本人にとっても知られたくはないし、さらに人にもその結果迷惑をかけたくはないといった事柄である。 したがって裏面史の多くは文字となり文章となって書き残されてはおらない。当事者が胸の中に畳みこんで闇から闇へと葬られてしまうものなのである。

 したがってそれだからこそ書き残されたものよりも真実がこもっているといえよう、しかし文字に書かれていない秘話であるから、これを当事者一人々々に当って話を聞いて歩くよりほかは仕方はない。 仮りに話してくれたとしても、自分を飾るため、誇張して話すか、あるいは、自分に都合の悪いことは、事実を曲げたり省ぶいたりすることもあるであろう。したがってなるべく多くの人々の話を聞き、それらの話の喰い違いや記憶違いを訂正しなければならない。

 そこで私は、満洲にあっては笠原参謀長と橘憲兵大佐の紹介状を、特に笠原参謀長からは事件当事者、またはその上官の師団長などに、橘大佐には国境地帯の憲兵隊長や中国人要人に宛てて書いてもらい、 また内地に帰ると参謀本部の第一課の紹介によって、満州事変関係者を一人々々虱つぷしに訪問してまわり、秘められた話を聞いて歩いた。

 今記憶しているだけでも、 建川美次中将・長中将・橋本欣五郎大佐・板垣大将・石原莞爾中将・河本大佐・川島大佐・三谷憲兵少佐・小松中佐・天野中佐・本庄大将・二宮中将・小磯大将・土肥原大将・南大将・菱刈大将・筑紫中将・町野大佐・佐々木中将・甘槽大尉・大川周明博士・ 笠木良明・岩間徳也・鶴岡老人・田宮大佐・憲新・張慕賢・張燕卿・チチハルの朝日屋旅館主人・蒙古人・白系ロシア人・ブリヤート人のウルジン中将・ロシア革命のはじめ、ケレンスキー政府をつくつたケレンスキー以下五十数名を数えることができる。 恐らく私ほど多くの満州事変関係者に会って、直接腹蔵なく秘められた事実を聞きだした者は、ほかには一人もいないと自負している。

 私は以上の人々に、「伺った話はここだけの話にして、御存命中は、決して公けにいたしません。 唯歴史家として真実を何らかの形で後世に残さねばならないと考えますので伺う次第です。また調査の結果が国家に役立つ点があれば、参謀本部にも提出するつもりです」と話して了解も得た。そして今日までその約束を堅く守って来た。

(以下略)
 


 河本大作大佐談

昭和十七年十二月一日、於大連河本邸


 私事に捗るが、満州事変前の私と満洲の関係を述べると、私は日露戦争には第四師団の歩兵第三十七聯隊に属して出征(当時少尉)、三十七年九月二日、遼陽で負傷した。 翌三十八年三月中尉となり、第三軍第三聯隊付となって再び戦線に立った。そして蒙古地帯の法庫門まで進んだ時、平和になつた。

 私は満州で活躍したいと考え、戦後凱旋せず、満州守備隊を志願し、明治四十年十月まで残留し、満洲の田舎の視察族行をやったりして満洲認識を深め、満洲に興味を有つに至り、遂には軍人を廃めてそのまま満洲に残ろうかとさえ考えた程であった。 その後内地に帰還し、京都の三十八聯隊付となり、次いで陸大に入り、卒業後漢ロの中支派遣隊付となって赴任した。

 大正三年四川省に派遣された。これは当時察鍔が雲南で袁世凱に対して独立を宣言したので、日本政府はこれを援助することになり、自分は其任務を帯びて赴いたのであり、この計画は成功した。四川省には大正六年まで居り、 翌大正七年にはシべリヤ出兵に従軍し、浦塩におった。

 大正十年北京の公使館附武官となり、大正十二年まで居り、その後中央に戻って参謀本部附となった。(P262)

 大正十五年三月、関東軍高級参謀となって渡満した。来て見ると昔の満洲とは全く情勢が違っていた。明治四十年頃までの満洲は、満人達が日本を信頼して居ったので、旅行も出来たのであるが、 今度来て見ると、満人の日本人に対する態度は、北京に於ける支那人の日本人に対する態度よりも悪い有様で、排日思想が瀰漫していた。

 張作霖の周囲には松井七夫とか、名前を忘れたが某大佐とかが居り、この人達の話を聞くと満人よりも日本人の方が悪いのだという。作戦の必要上、黒河・斉斉哈爾等各地を歩くと、 各地共排日傾向が濃厚で、路上で日本人が支那軍警に侮辱を加えられていることなどを目撃し、憤慨に堪えなかった。

 或は満鉄に対する包囲線が出来上ったり、或はまた現地を知らない日本内地の人々のうちには関東州を還附せよといった暴論を吐くものもあった程で日本の権益は蹂躙されて行く一方であった。 しかも当時の奉天総領事吉田茂が張作霖の所へ談判に行っても、張作霖は都合の悪い話になると急に歯が痛い等と言っては引込んでしまう、未解決の問題が山積する有様であった。実際支那本部の軍閥よりも排日的空気が濃厚であった。

 そこで私はこの儘ではならぬ、何んとか今のうちにしなければならぬと考えた。事実また当時奉天の近傍の新民府へ調査に行くと、この地に居った邦人達は次第に附属地に引揚げて居った。 というのは毎晩ピストル強盗が出没して日本商店を脅かしたからである。

 しかもその強盗は奉天軍の兵隊の仕業であった。日本商人達は危険なので妻子を附属地に避難させ、単身で居残って商売していたのであるが、如何にも商売が出来ないような状態になって来たのであった。(P263)

 こんな有様では旅行は勿論の事、居住すらも不可能である。商売も、居住も、旅行も出来ないとは怪からんというので、在満各地居留民から関東軍や領事館に訴えて来るが、領事は頼むに足らず、又当時の関東軍司令官は白川義則中将であったが、 白川中将は張作霖の顧問町野武馬大佐あたりから付け届けがあった。

 一体張作霖は横着者で、軍司令官や関東州都督児玉秀雄等に対しては、松井や町野を使として付け届けをして機嫌をとっていた。故に軍司令官や、都督の間には張作霖の評判が良かった。つまり軍は張作霖に誤魔化されていたのである。 私はこの事実を知ったので、白川軍司令官に注意したが、白川中将は聴き入れなかった。

 また張作霖は田中大将はじめ内地の要路の大官連に対しても付け届けを怠らなかったので、張作霖を悪く言い、張作霖と争う日本人は、むしろ日本人の方が悪いのだといって、私がどんなに注意しても、私の意見に耳を傾けては呉れなかった。

 ところが昭和二年、武藤中将が軍司令官として赴任して来られたので、早速また私の意見を申上げたところ、武藤さんは満露の事情にも通じて居られたし、また偉い人だったので、私の意見に同意された。

 当時内閣は田中大将が総理大臣兼外務大臣で、森格が外務政務次官であった。この森格に話をして、森格をして満蒙問題の重大性を主張させ、遂に昭和二年八月、東方会議を開かせた。

 武藤軍司令官もこの会議に出席され、満洲問題は外交では解決し得ず、武力に依る外か解決の道なしと主張された。この武藤軍司令官の意見が容れられて、同会議は適当な機会を見て、武力解決を断行するということに決議が一決した、 そして関東軍はこれに対する準備をせよとの内訓を受けた。

 これより先張作霖は大正十四年の十二月、郭松齢事件起り、山海関より奉天の西の新民府まで叛軍が迫って来た。

 張作霖はこの叛軍に対し、武力討伐の自信を失い、一時は作霖はじめ、張作相・呉俊陞等までも皆日本内地へ亡命せんとするが如き悲運に立ち至った。張作霖は日本に縋ってこの頽勢を盛り返そうとし、 白川関東軍司令官に武器・兵力及び作戦指導官を貸して呉れるならば土地商租問題をも解決する、是非作戦指導をもして貰い度いということを懇請して来た。

 土地商租問題は既に日支間に原則が取決められていたのであるが、その後張作霖側がその細則を協定することに応じなかったので、これが実施することが出来ずしていたものである。

 関東軍では張作霖の懇請を容れ、呉俊陞には某騎兵少佐を、張作霖には、林大八中佐を、張作霖には儀峨中佐を付け、各方面で日本将校が作戦を指導した。また郭松齢に不利のように色々日本側が干渉を加えた。 その結果郭松齢は遂に敗死したのである。

 張作霖は日本の御蔭で危機を脱したのであるが、それにも拘らず、彼は旅順に来たって関東軍に感謝の意を表することもしなければ、また土地商租権実施細則協定の約束を履行しようともしなかった。

 しかも翌十五年、張作霖は曾ての敵馮玉祥と結んで呉佩孚を破り、関内に進出し、北京に軍政府を組織し、自ら大元帥を潜称するや、英米公使を通じて英米に借款を申込む等、日本に対して傲慢無礼な態度を示すようになった。 楊宇霆もまた北京に乗込んで、日本に対し不遜な態度を示したのであって、彼は腹からの親日家ではない。作霖が英米の力を借りて日本を圧迫しようとする態度は昭和二年頃益々甚しくなって来た。

 作霖は大元帥を潜称し、一時楊宇霆の如きは上海にまで進出し、南京までも取るに至った。しかるに昭和三年蒋介石の率いる国民革命軍の北伐軍は京漢・津浦両線より北上し来たり、途中済南事件を惹起したりした。

 蒋介右の北上は、我々としては寧ろ歓迎した。張作霖といわず、蒋介石といわず、一度満洲に踏み入って、満洲の治安を紊す場合には、日本の権益を擁護するため、何等かの手段に出るという東方会議の決議方針があったからである。 そこで今蒋介石軍に圧迫されて満洲に逃げ込んだなら、張作霖軍を断固武装解除せんとする決心を固めた。

 昭和三年五月下旬、関東軍は旅順より奉天に集中した。我が軍は七千、これに対し作霖軍は三十万、故にこの大軍を処置するには地形上の要点を占める必要あり。台北口、錦州の西高橋に進出し、以て作霖軍を武装解除しようとした。

 当時の関東軍司令官は村岡長太郎中将で、武藤大将と同郷人で立派な人物であった。

 ところで関東軍は附属地内では行動自由であるが、附属地外は外国であるから勅命がなければ出動させることが出来ない。そこで勅命の降下を待ったが、田中大将の意見が軟化し、米英の態度に気がねして事を決しかねた。 参謀総長鈴木荘六大将が、関東軍の意を汲んで、奉勅命令を受けに行ったが、田中大将はこれに立会わない。しかも田中大将側には松井七夫、佐藤安之助の如き自由主義者が控えておったため、到頭駄目となった。

 その結果、遂に我が軍を錦州以西に出させないことにした、当時奉天に呉俊陞が留守し三万の兵力を擁しており、その後関西より引上げて来た奉天軍は、六月頃には、六、七万に達した。しかもなおその後も続々引上げて来る 。従って関東軍は進退に窮するに至った。しかも当時済南事件直後で、排日の風潮をそそる有様で、満洲に於ける排日空気が一層悪化した。

 若し一度日支両軍の間に衝突を見んか、長春・遼陽・安東・営口等、旅順より七百キロの鉄道沿線至るところで済南事件の二の舞を繰返さんとする形勢であった。故に在満目本人の保護と、 満洲の治安維持に任ずる我々の責務は正に重大なるものがあったのである。

 ところで、支那軍というものは、いわば親分子分の関係のものであるから、親分さえ斃してしまえば、子分は自ら散り散りになってしまう。この緊迫した際のとるべき手段としては、 先ず親分たる張作霖を斃して彼等の戦意を挫くより外かに途はなしとの結論に到達した。

 村岡軍司令官は参謀鈴木数馬を北京に派遣して張作霖の退路を襲撃せんとした。私はこれを聞き込み、北支駐屯の軍司令官は器量人ではない。また北支の参謀にもたいした人物が居なさそうでもない。これは自分等が決行すべきであると考えた。

 そこで村岡軍司令官の使として北京へ赴こうとする鈴木参謀に対して、私は北京で軽々しくこの計画を言うな。唯張作霖の満州に帰る汽車の時間を此方に知らせよと、その任務をすり代えた。 鈴木参謀も同意し、当時建川少将が北京の公使館附武官であったが、建川少将と打合わせ、時間を知らせて来た。つまり村岡軍司令官にも張作霖襲撃の意図があったのであるが、私は軍司令官に関係なく、自分でやろうと決心したのである。

 計画を実行する地点を何処にするか。はじめは大遼河の鉄橋にしようとしたのであるが、何分にも支那軍閥の汽車の編成は仲々警戒を払い、今日発車と称して急に翌日に変更したり、ダイヤを変更したり、 或は自分は乗込まずに乗用車のみを出すといったような遣り方をするのが常套手段なので、この先方の手に対しては、一週間位いの間、何時満州に帰って来ても捕え得る丈けの準備をして待機する必要がある。インスペクションは支那側にもある 。だから鉄橋に準備しても、敵に途中で捕まってしまえば、事は水泡に帰してしまう。これは如何しても満鉄線と京奉線とのクロスした地点以外には安全な場所はないと研究の結論が到達した。

 ところで、満鉄線の方が京奉線の上を走っているので満鉄線を壊さないようにしてやるのには、伸々やり悪い。そこで脱線器を三本取着け、若し失敗したら脱線させ、抜刀隊で斬込むことにした。

 当時満鉄担保の洮トウ(さんずいに兆)昂鉄道の敷設材料を、支那側が瀋海鉄道の材料に、こっそり竊んで行って盗用することが多かったので、この年三月頃より、 この盗用を防ぐために 土嚢を築いて居ったが、この土嚢を利用し、土嚢の土を火薬にすり代えて待機した。

 愈々張作霖は六月一日北京を発って帰ることが判った。二日の晩にはその地点に到る筈であったが、作霖の列車は北京天津間は速度を出し、天津錦州間は速度を落し、錦州には半日位いも停車したので、 予定より遅れて四日午前五時二十三分過ぎに現場に差しかかった。

 その場所は奉天より多少上りになっている地点なので、その当時、貨物泥棒が多く、泥棒は奉天駅あたりから忍び込んで貨物車の窓の鉄の棒をヤスリで摺り切り、この地点で貨物を窓の外へ投出すというのが常習手口であった。 そこでこの貨物泥棒を見張るために、満鉄・京奉両線のクロスしている地点より二百米程離れた地点に見張台が設けられていた。

 我々はこの見張台の中に居って電気で火薬に点火した。コバルト色の鋼鉄車が張作霖の乗用車だ。この車の色は夜は一寸見分けが付かない。そこでこのクロスの場所に臨時に電灯を取付けたりした。

 また錦州、新民府間には密偵を出し、領事館の電線を引張り込んだりした。そしてこれによって張作霖の到着地点と時間とが逐一私達の所へ報告されて来た。

 ところが張作霖が仲々やって来ないので、現場の者達は一時は引上げようとさえした。私は藩陽館(奉天の軍用旅館)と現場との間を往来して連絡をとった。余り頻繁に往来したので大阪毎日の新聞記者に感付かれ、 事件が済んでから目星を付けられたりした。

 張作霖の乗用車が現場に差掛かかり、一秒遅れて予備の火薬を爆発させ、一寸行過ぎた頃また爆発させ、これが甘く後部車輪に引かかって張作霖は爆死した。

 奉天側では、ゾウ式毅が一切日本との衝突を避けた。

 張景恵はこの事件を嗅ぎ付けて、日本人を介して私達の方へ連絡を取って来、此方と相呼応して城内で旗挙げしようと企て、度々申込んで来たが相手にしなかった。

 荒木五郎元砲兵少尉が、黄慕と名乗って組織して居った奉天軍の模範団張作霖の護親軍を率いて内応しようとした。

 また別に我々はヤマトホテルの前に一個旅団を集合して、事件と同時に襲撃せしめようとしたが、これは軍司令官等も知らず、参謀の中に馬鹿な者があって、解散させてしまったので、この計画は水泡に帰した。

 此の事件後、自分の補助者として、石原中佐を関東軍に貰って来た。私はその頃から既に満州事変の案を練って居ったのだ。

 翌昭和四年自分は金沢の第九師団司令部に移された。板垣は当時満州駐屯第三十三聯隊に居った。私は石原と相談の結果、私の後代りに来て貰った。私は金沢に居ること一ケ月で浪人となった。
(以下略)

(森克己『満州事変の裏面史』 P262〜P270)

 

(2006.5.26)

HOME