このページは、ウェブマスター視力低下のため

「閲覧ソフトの“字体24”サイズ」最適化を目指し目下作業中です

 

ただいま です。

ようこそ、我がふるさと福岡県朝倉郡東峰村へ。

ご訪問、ありがとうございます。

我がふるさと・宝珠山村はお隣の小石原村と合併し、

平成17年3月28日から「東峰村」となりました。

2000年1月1日開設以来、あなたはCounter番目のお客様です。

 

 平成28(2016)年6月1日

田口 善敏

 

【イラスト: 井澤五葉さん】

宝珠山生れのウェブマスター御挨拶

昭和33(1958)年、宝珠山中学(現・東峰学園)3年生の1月、15歳の時でした。生まれ育った福岡県朝倉郡宝珠山村(現・東峰村)を離れて、半世紀。長いような、短いような歳月でした。しかしながら、宝珠山を忘れたことはありません。長谷川伸の「瞼の母」ではありませんが、両の瞼を閉じれば、懐かしいふるさとの山河が、当時のまま、鮮明に残っています。

うさぎ追いし かの山

こぶな釣りし かの川

夢は今も めぐりて

忘れがたき ふるさと

(ふるさと:高野辰之 詞/岡野貞一 作曲)

映画俳優・高倉健さんと我がふるさと・宝珠山

(ウインドウが移動します)

東峰村情報 (ウインドウが移動します)

東峰村HP    http://www1.vill.toho.fukuoka.jp/index.asp

とうほうテレビ  http://bit.ly/tohotv 2010年11月開局

福岡県のローカルニュース (別ウインドウで開きます)

西日本新聞    http://www.nishinippon.co.jp/

朝日新聞     http://mytown.asahi.com/fukuoka/

毎日新聞     http://mainichi.jp/area/fukuoka/

読売新聞     http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukuoka/

FBS福岡放送   http://www.fbs.co.jp/news/

RKB毎日放送   http://www.rkb.ne.jp/rkb_news/main.html

KBC九州朝日放送 http://www.kbc.co.jp/news/index.html

TNCテレビ西日本  http://www.telebeam.jp/pc/news.php

 

青虫くん オバマ大統領、広島訪問 松竹新喜劇観劇 友あり、遠方より来る

美術デザイナーISさん個展 孫たちの誕生祝い 「あさが来た」

まだ5月と言うのに、随分暑くなって来ましたね。我家の狭い庭に誕生した揚羽蝶の幼虫・青虫くんは、鳥たちの餌食になったようです。小鳥に襲われた後、産みつけられた青虫の幼虫が2匹だけ残っていました。こんなことは初めてです。来年からは青虫くんが誕生したら、ネットを張り巡らせて防御する必要があります。

米国大統領がG7伊勢志摩サミットで来日し、閉幕後、現職大統領としては戦後初めて広島平和公園を訪れ、4羽の“折り鶴”を広島平和記念資料館(原爆資料館)に残し、原爆死没者慰霊碑に献花し、被爆者たちと言葉を交わされた。謝罪の言葉はなかったものの勇気ある行動でした。

松竹新喜劇文芸部のYWさんのお誘いで、元舞台中継ディレクターのISさんと、藤山寛美二十七回忌追善「松竹新喜劇」を観劇して来ました。藤山さんの孫の藤山扇治郎さんが“夜明けのスモッグ”を演じていました。

一、藤山寛美二十七回忌追善「御挨拶」

二、茂林寺文福・館直志・合作、白能喜人・潤色、

  渋谷天外・演出「夜明けのスモッグ」

三、平戸敬二・作 米田亘・演出「大当り高津の富くじ」

終演後、「松竹新喜劇」を研究している帝塚山中高の教師KO(私は“風さん”と呼んでいます)さんと合流し、文芸部のYWさん、元舞台中継ディレクターのISさんに紹介し、心斎橋の蕎麦屋で焼酎の蕎麦湯割りで乾杯。人と人との繋がりは、こうして大きくなって活きます。

元システム計画部の友人が札幌からやって来ました。両親を介護するために、中途退社した男です。元技術職の仲間を中心に5人が、旧社屋の近くにある鉄板焼の店で、昔話に花を咲かせました。退職後10年が経ちますが、現役時代の話は尽きません。

深夜生番組「11PM」の歪んだ時計をデザインしたISさんの個展「私の好きな大阪」を観に行って来ました。元照明マンのOAさん、元制作ディレクターのISさんと現地合流。社友会の取材でNTさんも駆けつけました。ISさんのやさしい風景画が大好きです。見学後、駅近くの蕎麦屋で一杯。

4月と5月に誕生した孫たちの誕生祝いを、茨木のカニ屋で開きました。初孫は小学5年生、二番目の孫は2年生です。この年齢になりますと、孫たちの成長が一番の楽しみです。

舛添要一都知事疑惑、清原和博覚醒剤公判、オバマ大統領広島訪問、等、「テレビの切り抜き」収録が重なり、アッと言う間にブルーレイが溜まります。NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」総集編を収録し、高校時代の同級生に配りたいのですが、これが中々。今月中には発送します。


5月15日(日)、青虫くんの成長 熊本地震1ケ月

都知事は気楽な稼業ときたもんだ 社友会出席 「上方芸能」終巻

随分暑くなって来ましたね。5月だと言うのに、25度を超える日もあります。我家の狭い庭で育つ揚羽蝶の幼虫・青虫くんも、この暑さでしょうか、随分成長が早いような気がします。現在、青虫くんは5匹、すでに出家した青虫くんもいます。脱皮する準備をしている幼虫はおよそ20匹。その餌となる柑橘類のグレープフルーツも花が散り、多くの実が成っています。毎朝の「ふん転がし」が日課になります。

熊本地震から1ケ月。前震から本震、そして1,000回を超える余震。我々が今まで経験したことのない地震です。未だ収束を迎えられない現実。しかし、都知事は気楽なモンですね。記者会見を観て驚きました。都民がいかに“××”であるのか、解りますね。まぁまぁ、後日談を待ちましょう。このままで終われば、シャープ同様。ニッポンはもう終りです。

先週の月曜日、社友会春季懇親会に行って来ました。毎年のことですが、始まる前に、出向していた子会社を訪れ、社長さんや従業員の皆さんの元気そうなお顔を拝見するのが楽しみのひとつです。社長さんは来客中とのことで、仕方なく、最近職場を替わった従業員のひとりと雑談。大変でしょうが、頑張って下さい、と激励。

本社に行くと、ロビーで元総務局のKさんとばったり。いつものように12階の総務局から順に御挨拶。古巣・編成部では局長と部長に「三冠王継続中」のお祝を述べ、「4月改編」時の「特番ドラマへの疑問」を質しました。インターネットやスマホが当り前となり、テレビ業界も大変です。私が在籍していた時代とは大違いです。

今年は「社友会発足30周年記念」と言うことで、17時からDVD「◯◯テレビ50年の歩み」を放映するとのお知らせがありました。観ていると懐かしい方々の姿があり、当時を思い出しました。私がカメラマンをしていた頃の番組もありましたが、このDVDを「どうして私は持っていないのか?」。翌日本箱を探したら、ありました、ありました。2009年4月に発刊された「◯◯テレビ50年社史」の別冊として添付されていました。早速「孫たちに残したい爺ぃじの記憶遺産“昭和・平成の映像と音源”」に登録しました。

懇親会の冒頭、元アナウンス部のフリージャナリスト・Sさんの特別講演があり、Sさんが巻き込まれた海難事故の裏話が明らかにされました。続いて、本社社長・会長、社友会発足30周年を期に勇退される社友会会長の御挨拶があり「乾杯」。次期社友会会長は我々と同期入社のNさんです。62名が参加されていました。ちょっと参加者が減っている感じがしましたが、参加出来るだけ「まだマシ」です。私は足腰が悪く、歩行がやや困難で、階段の昇り降りが大変ですが、行ける間は参加しょうと思っています。

終了後、たぁ坊と「どこかで一杯やりましょうか」と言っていたら、社友会幹事のNさんに誘われて10階へ。どうやら、社友会の打ち上げのようでした。

200号で終巻する「上方芸能」が送られて来ました。私も投稿したのですが、なにしろ、字数が制限されているため、ちょっと舌足らずの文章でした。今月は「松竹新喜劇」観劇と、札幌から来阪する友人との飲み会、孫の誕生日会が控えています。“テレビの切り抜き”作業の後始末・データー記録もレーベル印刷・印刷も溜まって来ました。


5月1日(日)、平成28年(2016年)熊本地震 病院の眼科で検眼

柑橘類の新芽に揚羽蝶の幼虫が7匹

5月は社友会懇親会 「藤山寛美27回忌追善公演」

 

「特定非常災害」に指定された「平成28年(2016年)熊本地震」は、余震が長期間続きましたね。4月14日21時26分、熊本県熊本地方を震源とする、震源の深さ11Km、マグニチュード6.5の地震(前震)が発生しました。熊本県益城町で震度7を観測。16日未明の1時25分頃、熊本県熊本地方を震源とする、震源の深さ12Km、マグニチュード7.3の地震(本震)が発生し、熊本県益城町と西原村で震度7を観測。福岡県南部の筑後地区の柳川市、みやま市、久留米市、大川市でも震度5強を記録したとか。日本国内で震度7の観測は、阪神・淡路大震災、東日本大震災に続き4回目であり、九州地方では初の観測。熊本城天守閣の瓦もコナゴナになり、石垣も崩落。八代市庁舎は倒壊の可能性が高い、として本庁舎機能を移転。南阿蘇村の阿蘇大橋は土砂崩れのため消失。14日以降、震度1以上の揺れは1,000回を超えているが、発生から2週間で千回は過去最多ペースだとか。

被害状況(朝日新聞、2016/05/01)  
死者
49人
関連死疑い
17人
安否不明
1人
避難者
2万5932人
全壊・半壊・一部破損
3万9253棟

一部区間で不通となっていた九州新幹線は27日午後、全線開通となりましたが、高速道路も色々と制限はあるものの、九州自動車道は4月29日に通行可能になり、大分自動車道もGW明けには復旧するとか。

私の故郷は福岡ですが、18年間を過ごした福岡県では、めったに地震に遭うことはありませんでした。しかし、上京後はしばしば地震に遭い、地面が揺れることに馴れていないために、恐ろしい目に遭いました。大阪で就職した後、編成時代の1995年、阪神・淡路大震災に遭い、福岡でも2005年福岡沖地震が起こりましたね。今や日本国中、何処にいても地震から逃れることは出来ません。

15日、病院の眼科で検眼をしてもらい、翌週、「眼鏡処方箋」を持って、眼鏡屋で眼鏡を作ってもらいました。眼鏡を作るために、病院で検眼してもらったのは初めてです。

4月後半は温かい日が続き、我家の狭い庭に置いてある「揚羽蝶幼虫の餌」となる柑橘類の新芽が吹き出し、蕾みもたくさん付いていて、一部はもう花が咲いています。数年前にはグレープフルーツの鉢植に5個の実がなり、その二代目も「揚羽蝶幼虫の餌」として育っています。その葉っぱには、もう小さな幼虫を7匹程確認出来ました。まだまだ「青虫くん」には脱皮しませんが、成長が楽しみです。

5月は社友会懇親会。別口の飲み会もあり、札幌から旧友が駆けつけて来ます。また、松竹新喜劇文芸部のYWさんから「藤山寛美27回忌追善公演」(5月13日〜24日、大阪松竹座)のお誘いを受けましたので、元劇場中継制作スタッフと18日夜の部を観劇することにしました。そこで、松竹新喜劇を研究している帝塚山中学高等学校の先生にお知らせしたところ、勝手にチケットを購入し、参加するとのメールが来ました。いずれ、橋渡しをしなければ、と思っていましたので、絶好のチャンスです。出し物は「夜明けのスモッグ」(茂林寺文福・館直志・合作)、「大当たり高津の富くじ」(平戸敬二・作)と、「藤山寛美27回忌追善 ご挨拶」。もう27年にもなるのですね。楽しみな芝居見物です。

 


4月15日(金)、孫のパソコン画 朝ドラ「あさが来た」最終回

朝ドラ「あさが来た」の総集編(前編、後編)は5月5日放送

随分温かくなって来ましたね。3月の終りから散歩を再開しましたが、足と腰が痛いので近くの田んぼのあぜ道を、フラフラしながらの散歩です。

我家に孫たちを預かっていた約2週間の間、二人の孫たちはマック部屋のパソコンを自由に触って「お絵描き」をしていました。教えた訳ではありませんが、初孫娘は5才の頃から、Mac OS9に標準インストールされている「アップル・ワークス」という統合ソフトの「お絵描き」ソフトで絵を描くことを憶え、今年の春休みには、右のような絵を描きました。保存したタイトルには「かぐや姫と故郷の月」とありました。

他にも「海の冒険」「妖精の森」「私と弟との1日」「桜の木が美しい日」「アナとエルサの雪の城」「女王・卑弥呼」等が描かれていました。テレビもパソコンもない子供時代を過ごして来た爺ぃじには、小学生の少女が「パソコンを使って絵を描く」とは考えられない出来事です。“孫馬鹿チャンリン”の爺ぃじは「上手いもんだ」と感心しています。画像を「JPEG」に変換し、CDに焼いてパパとママにも見て貰うことにしました。

次は夏休み。さて、どんな絵を描いてくれるのでしょうか。楽しみな孫たちの成長です。

2日に最終回を迎えた朝ドラ「あさが来た」のビデオリサーチ視聴率ですが、最終回は関東27.0%、全156回通期23.5%、関西最終回23.4%、通期21.4%で、今世紀中に放送された朝ドラでは最高視聴率を更新する結果となったようです。やっぱり朝ドラはNHK大阪制作ですね。私的には、成澤泉を演じた瀬戸康史さんが“我が第二のふるさと・嘉穂郡稲築町(現・嘉麻市)”の出身で、脚本を担当した大森美香さんが築上郡築城町(現・築上町)出身であることが判明し、私が生まれ育った炭住街が描かれていたこともあって、親しみを持って観ることができました。で、「あさが来た」の総集編(前編、後編)は、ゴールデンウィークの5月5日(木)に放送するようです。

嘉麻市が10周年記念式典 特別表彰の4人、思い出を語る(2016/03/28 西日本新聞WEB版)

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikuhou/article/234175

15年度入場者14万4000人 朝ドラ効果で過去3番目に 飯塚市の旧伊藤邸(2016/04/14 西日本新聞WEB版)

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikuhou/article/237765

先月から今月にかけて、NHK、民放各社の改編期特番が数多く放送され、“テレビの切り抜き”も手を抜けませんでした。とりあえず、データベース化はしましたが、レーベル制作と印刷に時間がかかります。締め切りのない爺ぃじの道楽は、まだまだ続きます。

私が散歩を続けている田んぼのあぜ道は、移転する大学の農場と合わせて5年後には史跡公園になります。4月24日(日)に、移転する大学の校門附近で史跡公園の説明会があるらしいので、行ってみようと思っています。今日は眼科に通院し、白内障術後の老眼鏡製作の検眼です。


4月1日(金)、桜がやっと・・・ 孫たちとの楽しい毎日

驚きの4月改編 NHK朝ドラ「あさが来た」は明日最終回

「上方芸能」200号終巻の「さようならメッセージ」

「社友会設立30周年記念寄稿文」

気温が極端に乱高下した3月下旬でしたが、プロ野球も開幕し、北海道新幹線が開通し、桜の花も咲き始め、やっと暖かくなって来ました。孫たちの小学校も春休みになり、共働きの長男夫婦に替わって、今週から平日だけですが、我家で孫を預かっています。毎年のことですが、二人共おとなしい性格ですから、何の心配もありません。月曜日は、孫たちを連れて、紀伊国屋書店に本を買いに行きました。小学校で1年間頑張った御褒美です。読書好きの子供に育って欲しい。それが爺ぃじと婆ぁばの願いです。ついでに、「112日間のママ」(小学館・刊)を買って来ました。

NHK「クーズアップ現代」から国谷裕子さんが、TBS「NEWS23」から膳場貴子さんと岸井成格さんが、テレビ朝日「報道ステーション」から古館伊知郎さんが去ったテレビ業界は、この時期「4月改編」と呼ばれる、NHK・民放共に最大の改編特番期です。春分の日の月曜21日、ラ・テ欄を見てびっくりしました。某局は関西地方でローカル放送されている、夕方の「情報&ニュース系番組」の枠を拡大し、午後の全国ネット「ワイドショー系番組」に直結した編成になっていました。しかも、その「お知らせ」を、あろうことか、大胆にも他系列局の親会社新聞に掲載していました。無論、自系列親会社新聞にも掲載したのでしょう。レギュラー放送の「情報系の番組」を枠拡大して「改編期プログラム」にするとは、何と言う発想。しかし、毎週木曜日に新聞発表される「週間視聴率ベスト20」によれば、この「情報&ニュース系のレギュラー番組」は、だいたい14.5%位を獲得していますから、「全日視聴率」に大きく貢献しています。

23日水曜日、21時から放送していた「2時間ドラマ」は、「準キー制作ドラマ」でしたが、この「水曜21〜23時枠」は元々「キー局制作枠」ですから、翌日木曜日の「ゴールデン準キー制作2枠」を使うのが当り前なのです。何となく推測は出来るのですが、これも一寸びっくりしました。

NHK朝ドラ「あさが来た」の22日放送に、フリー・アナの宮根誠司さんが出演していました。そうです、平日午後の全国ネット帯番組のキャスターを務めている、宮根誠司さんです。ホンマに「びっくりポン」です。「あさが来た」は明日土曜日が最終回。そのうちに放送される「総集編」が楽しみです。“テレビの切り抜き”をしてディスク化します。

18日「上方芸能」200号終巻の「さようならメッセージ」を、メールで送りました。400字以内という規定ですから、たいしたことは書けません。高校時代に自作したラジオで落語を聴き、落語ファンになり、大学時代に新宿の末広亭で聴いた桂小文治さん、三遊亭百生さんの上方落語の難解な言葉の初体験、等のイントロ部は省略。入社後3年が経ち、関西弁にも少し馴れた頃から、「上方落語をきく会」を通して「大阪弁」の落語を聴くようになったこと。昭和45(1970)年9月、「上方芸能」15号から定期購読するようになったこと。入社10年が経った4月、「上方芸能」編集部からご案内を頂き、「大阪シナリオ学校大衆芸能科」が開設されたことを知り、早速入学。我々は2期生で、五代目笑福亭松鶴の孫で、笑福亭小つると名乗った少年噺家であり、入学当時はエッセイスト、イラストレーター、タレントの故・和多田勝さんは同期生、等は省略。私はアパート火災のため、大学の卒業証書をなくしましたので、最終学歴の証明書は「大阪シナリオ学校大衆芸能科の専攻科卒業証書」となります。

今、私が勤めていた会社の社友会は、「社友会設立30周年記念寄稿文」を募集していますが、テーマは「生きる、それぞれの思い」。福岡県の小さな村で生まれ育ち、宝珠山中学2年生の頃、通信教育で「ラジオ製作技術講座」を学び、これが私の職業の原点です、と書き始めました。いきなり退職後の話になり、私の「最後の道楽」について書き出しました。「上方芸能」に投稿するのも、「社友会」に投稿するのも、孫たちに残す「爺ぃじの記憶遺産」なのです。で、結びは「思えば遠くへ来たもんだ」

忘れがたきふるさと 目次
 

ホームページ開設の御挨拶(2000年1月10日)

マイ・プロフィール 〜 ふるさと宝珠山村を後にして 〜(2014年12月追訂)

私のふるさと 宝珠山村 〜 私の現風景 〜 (2000年10月21日)

思えば遠くへ来たもんだ 〜 1枚の写真から 〜 (2002年8月15日)

宝珠山は、いま 〜 いざ帰らん、宝珠山村に 〜 (2001年5月20日)

ふるさと宝珠山村よ、こんにちわ 〜 我、母校の教壇に立てり 〜(2002年6月13日)

46年振りの旧友に再会 〜 昭和33年3月卒、宝珠山中学同窓会 〜(2004年1月25日)

昭和33年1月、私は卒業直前に転校しました。従って、宝珠山中学の卒業生ではありません。しかし、何故か同窓会に出席。

宝珠山中学同窓会掲示板(卒業生であれば、先輩・後輩を問わず、ご自由にお書き下さい)

宝珠山村は、いま 〜 ふるさとの秋'2000 〜(2000年11月25日)

宝珠山村は、いま 〜 岩屋祭'2002 〜(2002年5月4日)

宝珠山村は、いま 〜 強豪カネダイ、じゃんけんに泣く 〜(2002年6月29日)

宝珠山村は、いま 〜 サラリーマンけんたろうが優勝 〜(2002年7月6日)

宝珠山村は、いま 〜 教育委員会主催のパソコン教室(講習会)〜(2002年11月9日)

宝珠山村は、いま 〜 宝珠山村福祉センター地鎮祭 〜(2002年12月14日

宝珠山村は、いま 〜 眼鏡橋ライトアップ 〜(2002年12月31日)

宝珠山村は、いま 〜 宝珠山の雪景色 〜(2003年1月11日)

宝珠山村閉村記念式典(2005年3月20日)

宝珠山村 イベントカレンダー (2000年10月21日)

宝珠山村 情報リンク集 (2012年2月2日)

宝珠山小学校のみなさん こんにちわ はじめまして (2000年2月20日)

宝珠山小学校は、いま 〜 情報教育編 〜 (2000年12月9日)
宝珠山小学校のIT教育の現状報告。

宝珠山小学校は、いま 〜 学び舎編 〜 (2001年6月24日)

2001年度各クラスの授業風景。

宝珠山小学校は、いま 〜 校内行事、校外活動編(一)〜(2000年9月16日)

終業式、家庭科の時間、宝っ子大作戦、お別れ集会、修学旅行、祖父母学級、屋上にあったプール開き、畑の草取り。

宝珠山小学校は、いま 〜 校内行事、校外活動編(二)〜(2000年11月11日)

プール納会、運動会、宝っ子大作戦。

宝珠山小学校は、いま 〜 校内行事、校外活動編(三)〜(2000年11月25日)

秋の音楽集会、いもほり、ふるさとフェア・宝っ子隊、カネダイ見学。

宝珠山小学校は、いま 〜 校内行事、校外活動編(四)〜(2001年1月27日)

宝珠山村生活体験通学合宿、お相撲さんがやってきた、大雪。

宝珠山小学校は、いま 〜 校内行事、校外活動編(五)〜(2001年6月24日)

生活体験学修(通学合宿)。

宝珠山小学校は、いま 〜 校内行事、校外活動編(六)〜(2001年11月25日)

朝倉郡小学校PTA連合会研究発表。

宝珠山小学校は、いま 〜 校内行事、校外活動編(七)〜(2002年4月20日)

藤田先生が校長として再び、新一年生を迎える会、新一年生の教室、歓迎遠足。

宝珠山小学校は、いま 〜 校内行事、校外活動編(八)〜(2002年5月3日)

歌え宝っ子、学習参観(全校各クラス)

宝珠山小学校は、いま(九) 〜 本に親しむ会 〜(2002年5月5日)

宝珠山小学校は、いま(十) 〜 新設プール開き 〜(2002年6月23日)

宝珠山小学校は、いま(十一) 〜 秋の大運動会 〜(2002年10月6日)

宝珠山小学校は、いま(十二) 〜 読み聞かせ会 〜(2003年2月15日)

宝珠山小学校は、いま(十三) 〜 委員会活動発表会 〜(2003年3月2日)

宝珠山小学校は、いま(十四) 〜 離任式、赴任式 〜(2003年5月18日)

宝珠山小学校は、いま(十五) 〜 地域公開授業 〜(2005年11月15日)

卒業、おめでとう (2000年3月19日)

しんいちねんせいのみなさん、にゅうがく、おめでとう (2000年4月16日)

藤田良治教頭先生、ありがとうございました(2000年4月2日)

その後の藤田先生と私 〜 御子息・陽生さんと黒田節 〜(2000年11月4日)

藤田良治校長先生、ようこそ再び宝珠山小学校へ(2002年4月吉日)

第二のふるさと 筑豊 〜 私の青春の門・筑豊編 〜(2001年5月20日、追記)

思い出すままに 〜 私の親父・正英のこと 〜(2008年5月28日、加筆)

親父の遺稿 〜 不思議な運命 〜(2000年8月15日)

ゲストブックへ(御訪問者のページです。御意見、御感想をお聞かせ下さい。2007/01/22)

お待ちしています 

ホームページ開設の御挨拶

私のおもちゃ箱 目次

県立稲築高等学校第11期生 還暦同窓会 目次

ふるさと写真館 目次

ここで使用している「日本の伝統的なアイコン、区切り線」等は、ほとんど「万華鏡」の制作者・佐藤慶子さんの作品です。私の勝手な注文にも、快く引き受けて下さいました。感謝。左のアイコンをクリックすると「万華鏡」のページにリンクしています。

ここで使用している楽曲「ふるさと」をダウンロードしたHPです。MIDIで創られた音楽「ふるさと」は他にもありますが、私はこのアレンジが、一番気にいっています。

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されている Apple Computer, Inc.の商標です。Made on a Mac バッジは Apple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。