茨城県日立市

JAPAN05.JPG - 39
408BYTES

 日立市は、茨城県のやや北部、太平洋に面したところにあって、その名のとおり日立製作所のある工業都市です。 太平洋を望み、背景に阿武隈山系の山並みを抱えた日立市は変化に富む自然が自慢です。南北24kmに伸びた海岸線には、北から、川尻、会瀬、河原子、水木、久慈浜の5つの海水浴場があります。

それまでの群馬は乾燥していて、次男などは喉をよくやられていましたが、日立は海に近いせいか、湿潤で子供の健康には良いようでした。 新しい家は表通りから引っ込んだところで、田んぼなどもあって子供には環境の良いところでした。ご近所には同年代の子供達が多く、よく遊んでもらいました。ザリガニ取りや、近くの水木海岸へ行ってカニ取りなどに夢中になりました。  長男は小学校へ入学、次男は幼稚園に行くようになりました。

また、妻は市の家庭菜園に応募して、キュウリやナス、トマトなども作り、新鮮なサラダや漬物としていただきました

ご近所の方にはよくしていただきました、いまだに年賀状のやり取りなどしています。

日立には3年間住みました。

ONUMA.JPG - 73
563BYTES

水戸の偕楽園、和歌山のおじいちゃんとおばあちゃんが来た時案内しました。

袋田の滝にも行きました、冬は凍り付いてしまいます。
大洗海岸、磯遊びに夢中

つくばの科学万博、松下電気科学館でロボットに似顔絵を書いてもらっている長男。

那須高原で川遊び。

JIKYUU.JPG

長男は持久走ではよく頑張りました。フルマラソンを走れる片鱗が既にあったわけです

千葉の実家からディズニーランドへ行きました。

夏休みに箱根へ、この時、日航機の事故があったことを覚えています。

成田山新勝寺へ初詣。 はるばる大阪から、いとこ達が遊びにきました、千葉のおじいちゃん、おばあちゃんと栃木県の塩原温泉に泊まり、スキー遊びをしました。

鶏頂高原スキー   今は、メイプルヒルスキーリゾート鶏頂山と言うそうです。 ここで長男はスキ−を覚えました。(小学1年生) それまでのおもちゃのプラスキーではなく、ジュニア用の貸しスキーを借りました、

小一時間ほどで何とか滑れるようになったのでリフトに乗せました、一人用リフトなので乗るところは手伝っただけで降りるときは自力。でも何とかなりました、リフトに乗れるようになると1回で滑る距離も長くなり、目に見えて上達、その日のうちにボーゲンで転ぶことなくリフトの上から下まで滑れるようになりました、子供の上達は早いものですね。

夏休み、東北旅行をしました、盛岡方面へ、写真は小岩井農場です、最初に住んだアパート付近は家が立ち並び、何処であったか判然としません。また新幹線も開通していて昔の古い盛岡駅の面影は無く近代的な駅舎になっていました。盛岡では簡易保険保養センターに泊まったのですが、夜、地域の盆踊りを見ることが出来ました。

TOUHOKU3.JPG

TOUHOKU4.JPG

盛岡から平泉、鳴子温泉、鬼頭温泉(日本一の間歇泉で有名)を廻りました、写真は鳴子の川で水遊び、この時東北は記録的な暑さでした。


 幼稚園でのひとこま、カレー会などがありました

 

九州へ引越しすることになり、クラスの皆で送別会をしていただきました。    

ご近所の子供達が勢ぞろいして送別会。

12月の末、学校が冬休みに入ってすぐに引っ越しました。

 

茨城県の名産、観光地

OOMIKA.JPG

大みか饅頭は、山芋を使った上品な皮のお饅頭で、なかはこし餡、蒸し上げて作られています。

運平堂本店http://www.unpeido.co.jp/

KANSOUIMO.JPG

茨城の素朴な味と言えば乾燥芋です、干いも、とも言われますが。 茨城県は全国の生産量の9割位占めています。これは、茹でたサツマ芋を1センチ位の厚さにスライスして、スノコに広げて天日で干したもので、ほんのりとひなびた懐かしい甘さでです。
http://plaza21.mbn.or.jp/~nagai_nougei/ 永井農芸センターのホームページからお借りしました。

SAKE6_.JPG

清酒「大観」は、近代日本画の巨匠横山大観画伯が茨城県の北茨城市五浦海岸に逗留中に森嶋酒造の酒に出会い、それ以来その酒を愛し「大観」という商標を与えた。ラベルの文字や富士山は、直筆を印刷したものです。 http://www.hidecnet.ne.jp/~taikan/  森島酒造株式会社

当時は今ほど純米酒などが言われていない中で、「純」(2級酒)は冷で飲むと口当たりもよいお酒でした、防腐剤など入っていないため、開封後は1週間程度の持ちといわれ地元でしか売っていませんでした。

NATTOU.GIF

水戸納豆も有名ですね、関西人ですが茨城に来る前から家族全員納豆は良く食べていました。 納豆とは?永和3年(1083)、奥州平定に向かう八幡太郎(源)義家の軍勢が常陸国で宿営した時、馬の飼料に作った煮豆の残りを藁で包んでおいたら、煮豆は自然に発酵して糸を引くようになっていた。ためしに食べてみると、これが実にうまい。そこで義家に献じたところ、大変喜ばれた。以来、将軍に納めた豆という意味で“納豆”と名付けられ、近郷の農家に広まった。天狗納豆のホームページからhttp://www.sunshine.ne.jp/~tengu/

FUKURODA.JPG

茨城の観光地   http://kanko.pref.ibaraki.jp/ 漫遊空間いばらきより

袋田の滝、冬の氷爆と季節毎に表情を変えて訪れる人を楽しませてくれる。日本三大瀑布の一つに数えられ、その迫力に圧倒される。

IZUURA.JPG

五浦海岸は波の浸食作用が作り上げた芸術作品。その切り立った断崖に建てられた六角堂は、岡倉天心や横山大観思索の場所として過ごした所。

KAIRAKUEN.JPG

水戸・偕楽園、日本三公園のひとつとして知られ2月下旬からの梅まつりでは100種3000本の梅が咲き揃う。好文亭、吐玉泉など園内の散策もおすすめ。

SEIZANSOU.JPG

常陸太田・西山荘、黄門様の名で親しまれた徳川光圀公が元禄4年から10年間過ごした隠居所。樹木茂る自然の中に簡素な茅吹き屋根の佇まいが光圀公の人柄を偲ばせる。

OOARAI.JPG

大洗海岸、遠浅で砂浜の広い海水浴場。近くには、温泉施設のゆっくら健康館がある。キャンプ場、ヨットハーバーもある。

KASIMA.JPG

鹿島神宮は息栖神社、香取神社と共に東国三神社に数えられる古社。極彩色の拝殿、徳川秀忠公が奉納した本殿は国の重要文化財に指定されている。

MITO-SHINRIN8.JPG

水戸森林公園、恐竜の森、大きな恐竜や長い滑り台があり子供達もおお喜びです

TUKUBAEXPO.JPG

 

つくば科学万博がちょうど開かれました

 

 

MAPSERV.GIF - 37
467BYTES

 http://kanko.pref.ibaraki.jp/ 茨城県観光案内(漫遊空間いばらき)

 http://www.mito.ne.jp/%7Eh-kanko/  日立市観光案内(日立市観光協会)

 http://www.kitaibarakishi-kankokyokai.gr.jp/ 五浦海岸(北茨城市観光協会)

 http://www.pref.ibaraki.jp/data/park/park/kairak.htm 偕楽園(ものしり茨城より)

 http://kanko.pref.ibaraki.jp/kenhoku/index.html 常陸太田市西山荘、水戸黄門様の隠居所

 http://kanko.pref.ibaraki.jp/ 水戸森林公園(恐竜の森)

 http://www.mito.ne.jp/~daigokan/index.html 袋田の滝、大子温泉(大子町観光商工課のホームページ)

 http://www.tsukubasyoko.or.jp/ 筑波山(つくば市筑波商工会)

 http://www.mta.mashiko.tochigi.jp/ 益子焼(益子町観光協会)益子焼の湯飲み茶碗を今も使っています

 http://www.nasu-web.or.jp/ 那須高原(おいで那須)

 http://www.siobara.or.jp/ 塩原温泉(塩原温泉旅館協同組合のホームページ)


 

戻る