ご予約・お問い合わせはこちら 
 
☎ 042(360)9213 予約優先  往診随時受付け中

 
   〒183-0051 東京都府中市栄町2-22-14-1F 経絡治療 鍼灸専門 東王はり灸治療院 

   経絡治療 鍼灸専門  
                                                         ご予約・お問い合わせはこちら 予約優先 往診随時受付け中
    東王はり灸治療院                                  ☎ 042(360)9213 
                                                                    〒183-0051 東京都府中市栄町2-22-14-1F


 ホーム治療内容・手順診療時間・料金表保険治療アクセス

 
 ■ご挨拶


      当院の治療は、人体における気血の流れを正常にすることで患者の回復力、言うならば生命力を最大限に引き出す事により、
    つらい症状の改善を図り、病気になりにくい健康な体を作りあげることを目指します。当院の行う経絡治療による鍼灸治療は、
    体表を巡る気の調整を主と して行いますので、
鍼は痛くなく、お灸は心地よく感じる治療です。
     東洋医学の考えでは人体にはいくつかのエネルギーが循環する経絡(経路)があり、経絡にに滞りなくエネルギーが循ることに
    より健康が保たれる
(快食、快眠、快便、快動~思うように頭と体が働く)と考えています。このエネルギー(生命の根源)を気血と
    いう概念で捉え、この気血の流れの不備を把握して個々の状態に応じた治療方針で治療を行います。
     ですから、乳幼児から妊婦、お年寄りまで、男女を問わず安心して治療を受けて頂けるものと確信しております。生き生きした体
    を取り戻し、天寿を全うできる人生となるよう、心を込めて治療致します。

       ●院 長 中村光男(なかむら みつお)

       ●略 歴 1968年 千葉県生まれ
               1991年 東京農工大学 農学部 環境保護学科卒業
               1994年 東洋鍼灸専門学校卒業(鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師免許取得) (鍼灸院、整形外科勤務、出張専門開業を経て)
               2000年 東王はり灸治療院開設
                                     (開業13年目を迎えた現在も日々診療を行っています)


       ●P R  1996年より現在に至るまで東洋はり医学会に所属して経絡治療を学び続けています。毎月2回、東洋はり医学会の同志と日曜日に
              集まり、研究活動を続けています。経絡治療はり灸専門家として、もてる技術を最大限生かし、地域医療に少しでも貢献できればと思い、
              日々診療にあたっています。治療院に出向くことが出来ない方には、お昼休みや、診療終了後に往診も受け付けています。 

 
                


               11月休診日のお知らせ 3日 10日 11日 17日 24日 は休診日となります。



 ■治療内容

    ●はり 
        当院で使用する鍼は、一本一本が完全包装された滅菌消毒済みの鍼で、患者の体質や治療方針により、銀、コバルト、
       ステンレス、と材質の違う鍼を使い分けます。使用する鍼の太さは髪の毛程度の細い鍼なので、痛みを感じることは殆ど
       ありません。初めて治療を受ける方も、定期的に治療を継続している方も、その時々の体調を考慮し、一本鍼をする毎に、
       体の変化(脈の打ち方、皮膚の色艷、筋緊張の変化、冷えや熱の改善等)を確認して、次にどこに鍼をするかを決めます。
       治療を流れ作業で済ますのではなく、常に細心の注意を払い、体の治癒力が最大限引き出されるような治療を致します。
       尚、一度使用した鍼はすべて廃棄し、鍼を置く鍼皿は、使用後には完全滅菌消毒しますので、ご安心下さい。



 
                  


    ●お灸
          治療に用いる艾(もぐさ)は患者の体質によって使い分け、用い方も患者の病体に適した方法を選択します。
       艾をゴマ粒ほどの大きさにして用いるもの、小豆の大きさくらいで温かさを感じたら取り除くもの、ねり艾を用いた温灸、
       塩の上に艾を燃焼させるお灸、自宅でも簡単にできる台座灸等を適宜使い分けます。いづれのお灸も、火傷のような痕
       にはなりませんので、ご安心下さい。
       体の冷えを取り除き、血行不良を改善することで、冷えから生じる様々な症状が緩和されていきます。不妊症で悩む方の
       子宮内環境の改善をはじめ、
妊婦の諸症状の改善(つわり、むくみ、逆子、腰痛等)には、当院んでの治療に加え、自宅
       施灸してもらうことで、より効果的な治療が行えます。



              


  
  ●小児はり

        乳幼児に用いる鍼は、大人に使用する鍼とは違い、皮膚に軽く接触させたり、擦ったりするための特殊な鍼です。
       大人と違い、未発達な乳幼児はわずかな皮膚刺激が体全体に作用するので、短時間の治療でも全身に効果が行き渡ります。

       乳幼児では
夜泣き、皮膚湿疹(オムツかぶれ、アトピー性皮膚炎)、発育不良(ミルクをあまり飲まない、元気がない)など、
       
学童期では
がひどい、夜尿が治らない、目が疲れ頭が重い、疲労感、特定の動きを繰り返す(チック)等の症状の改善に
       も効果があります。症状を発症してから早ければ早いほど、体の回復も早いので、該当する症状のある人は、是非、小児はり
       による治療をお受け下さい。


        

    ★治療時の服装について

        当院では、治療が行い易いように上は半袖、下は短パンの治療着を用意していますので、来院時の服装はご自由でかまいません。      治療着は一回使用した後、必ずクリーニングをしていますが、持参したものを着用したい場合は、上下が分かれたもので、体を強く
      締め付けないゆったりとした服をご用意下さい。