JR山陽新幹線

さんようしんかんせん

 

日本鉄道の顔!夢の超特急。

1972年、新大阪〜岡山間が開通。その3年後の75年岡山〜博多間が開通した。

以来こだま0系をはじめとして、ひかり、のぞみ、それぞれが活躍してきた。

山陽区間では、カーブを軽減させる為にトンネルだらけとなってしまったため『地下鉄新幹線』と呼ばれたこともある。

代表する車両は2000年に登場した『ひかりレールスター』これがつん鯉1番のお気に入りである。


0系こだま (上)岡山駅 (下)徳山〜新岩国間

 

レールスターひかり (上)岡山駅 (下)徳山〜新岩国間

 

700系のぞみ 徳山〜新岩国間