JR岩徳線

 

微妙に有名な岩徳線を紹介

岩国と徳山を短絡する路線で、元は山陽本線として開業。しかし海沿いの主要都市を経由する現ルートに本線が変更。現在はローカルDCのみが運行する路線(非電化)ですが、各駅の構内は本線の仕様となっており名残を残してます。山陽本線に比べ距離が短いですが、山陽本線のほうが岩徳線よりも速く(徳山、岩国)につきます。

徳山駅にて。

櫛ヶ浜〜周防花岡間

周防花岡駅

櫛ヶ浜〜周防花岡間

櫛ヶ浜駅にて。

 

 

 

岩徳線の駅名

徳山(周南)

新幹線も停車する山口県の代表な駅のひとつ

櫛ヶ浜(周南)

岩徳線はここから分岐します

周防花岡(下松)

高校に通学する人の利用が多いです

生野屋(下松)

駅舎の無い無人駅です。住宅地の中にあります

周防久保(下松)

国道2号線が目の前を通ります

大河内(周南)

生野屋同様、駅舎の無い無人駅

勝間(周南)

JAのすぐそばにホームがあります。駅舎なし

高水(周南)

鶴の飛来地に最も近い駅です

米川(周東)

周りは山でひっそりとしています

周防高森(周東)

構内がかなり広く、ローカル線には珍しい

玖珂(玖珂)

玖珂町の中心にあり、広々とした駅舎になってます

欽明路(玖珂)

岩徳線の中で1番新しい駅。90年に開業

柱野(岩国)

岩国市の郊外にある駅

川西(岩国)

有名な錦帯橋に近い駅。錦川鉄道との分岐駅

西岩国(岩国)

駅舎は重厚な大正時代の洋風建築

岩国(岩国)

広島行きの始発も多く運行される

 

(著作権:白い地図工房)