F-86Fセイバー製作記 その4

2010.1.9初出

前ページ 次ページ





 細部工作 




■ 前・後輪 9/9追加

 これまで全く放っておいた小物に着手。コクピット、脚庫内は後回しにして脚回りから。なにせ脚フェチなもので。←ヒコーキの話よん。

 朝鮮戦争のF-86の前輪ホイールは、細かい12本リブのタイプと太い6本スポークの2種が主流だが、キットは前者のみ。幸い予定マーキングは前者装着なので問題ないが、後者のマーキングを選んだ場合は、何らかの対策が必要だ。

 別売レジンパーツは、アイリスあたりであっても良さそうだけど知る限りなし。他キットからのトレードは、モノのF-86D、F-80が値段はさておき入手可能。アカデミーF-86にもあるが、モールドいまいちか。私ならキットのホイールをくり抜き、タミヤ1/72サンダーボルトの6本スポークホイルを移植する。リムの細部が若干F-86と違うが、モールドかっちりで雰囲気良好。左右2枚合わせれば実機の中抜け感も出るだろう。

 さて、キットの12本リブ・ホイール、そのままでも十分使用に耐える出来だが、実機と見比べればまだ手を加える余地がある。まずリブが少々太い。これはナイフでカリカリ削ってやればいいかな。もう一つ、実機は部分的に穴が抜けていて向こうが見える。これが再現できればカッコイイな、ということでエイヤッとエッチングノコで左右に真っ二つ。表のモールドを傷つけないように注意して、ピンバイスやナイフで穴を開ける。

 で、左右パーツを合わせてみるが、どうも実機の「抜け具合」と違うんだね。実物はというと、写真によって向こうが見えたり見えなかったり摩訶不思議。よ〜く見ると、左右のホイルは15度(つまり「V」の半分ね)位相がズレているのだ。この微妙なズレがマジックのタネとなっているワケ。

 次に後輪。キットパーツは、ブレーキ部のモールドなど最高の出来だが、どうもタイヤ幅が狭い。写真と比べると0.3mm程不足で、若干のデフォルメと溶剤系接着剤で溶ける分を見込んで0.5mmプラバンを間に挟む。



ホイールの抜けを表現するため真っ二つ。切ってみると中に「ス」が入ってる。0.2mmプラバンで輪を入れる。

そのまま左右を接着。オリジナルのパーツ(右)は少々厚いので、一石二鳥。

位相ズレにより見る角度によって異なる抜け具合をシークェンス写真で。オモシロイでしょ。

後タイヤには0.5mmプラバンを挟む。しばらく放って接着剤を枯らす。


 あと残るは、トレッドのスジ彫り。リブやリムも、もう少し細くしたいな。


■ 前脚柱 

 キットの前脚はフォーク部の形状がNG。さらにプラでは荷重に対し強度不足。←とにかく作品は重いのだ。これらを考えると金属で自作しかないが、ジェット機の前脚は、目立つ部分であり格好の見せ場。キット並のディティールは確保したい。強度とディティールを両立する方法を考え、ここはトリダンN名人のハイブリッド技法をパクる。つまり、オレオより上部はキットのプラパーツを使い、中心に0.8mmの穴を開け、同径の真鍮線を貫通させる作戦。以下画像で。



フォーク部となる1.2mm真鍮棒を曲げ、端部に0.8mm針ヤスリで凹みを作り、そこに0.8mm真鍮線を合わせる。

車軸部分は1.4mm真鍮パイプで、1.2mmの穴を開けてフォーク部を突っ込む。各接合部それぞれハンダ付け。

ハンダ付けして不要部を切り取ったところ。右は採用パーツ、左は没パーツ。

フォーク付け根の形状&ディティールを再現するため、プラ棒に穴を開けて被せる。

脚のパーツ構成。脚柱上部には0.8mmの穴を貫通させ真鍮線を通す。オレオは1.1mmメッキパイプ。トルクリンクもキットを活用。

組み合わせた状態。左はキットオリジナル。フォークの形状が修正され、何より強度バッチリだ。


 脚柱にはさらにもう少し手を入れたいところ。ベースがプラだから、プラバンなどでのディティール追加は簡単。


■ スピードブレーキ 9/20追加

 並行して残る銀貼り。基本工程は脚カバーも同じで、内側はキットパーツ、外側に非焼き鈍し0.3mm板を使い、接着前にリベットと磨きを済ませる。先にリベットを打ってあれば、接着時に空洞があっても問題ない。接着は通常型瞬間で点付け。



スピードブレーキは穴を貫通させ、裏から一回り太いバイスでさらって薄皮感を演出。

リベットラインは実機写真よりこのとおり。



■ 胴体残り 

 早く主翼と胴体を接着したいのだが、その前に、胴体にもやらにゃいかん箇所がある。F-30以前のエア・アウトレットを開口し、オモリを追加。鉄球15個では足りず、水平尾翼を取り付けると尻餅をつくんだよね。ちなみに計算してみると4mm鉄球15個ではたかだか4g(15×7.9×(π/6)×0.4^3≒4)、追加オモリは約5gだ。



主翼直後のエア・アウトレットを開口。黄帯内なので内部はプラで。このあたりのパネルライン、リベットラインが全く不明。

胴体の空いたスペースに鉛板を丸めて押し込む。外れて動かないように発泡ウレタンで押さえる。



■ リベット残り 

 主翼で最後に残る、前後桁間に挟まれたトーションボックス部のリベットを打つ。本来は、密に入ったストリンガーに沿って、びっしりと平行ラインのリベットが入るが、等間隔の平行線をビシッと決めるのは何しろ大変だし、1/48だとウルサイので、パス。付け根など一部に留める。それでも密な平行ラインは、ほんの僅かの乱れでも目立つから、慎重に位置決めする。



まず左端のリベットを間隔に注意して打つ。右端部をそろえるためにテープを貼る。左端リベットを基準に貼ったテープをガイドにリベットを打つ。

できあがり。画像中央、台形部分は密すぎてちょっとウルサイ。ライン本数を半分にすればヨカッタかな。

クローズアップ。付け根には17本のリベットラインが入る。めくれを磨き落とす前なので、少々見辛いがご勘弁を。

下面はウッカリミスでリベットラインが1本多い。あほやな〜。


 下面には、補強パネルがあるので、浮き出し表現として0.1mmアルミ板を貼る。切って、平らに延して、ペーパーで磨いて、リベット打って、めくれを磨き落として、最後にエポキシで接着。余分な所に接着剤が付かないよう、マスキングを忘れずに。 これで、ようやく主翼と胴体を接着できる。

 さて、これからリベットを打つ人の参考に、リベットライン位置決めのメモ。主翼付け根部では、まず前後桁間を13等分する。上面リベット位置は、前桁を0とし、後桁を13とすれば、1から7まで1刻み、8から12.5まで0.5刻みで合計17本。下面は1から7まで1刻み、7.5から8.5,9.5・・と11.5まで1刻み、最後に12で合計13本。このうち7〜12が補強パネル内にあり、12は後桁にぶつかるため補強パネルの約半分まで。

 各リベットラインは前後桁のテーパに従わず完全なる平行で、翼端の前後桁間の中間付近を結んだ線に平行となる。従って、翼端では付け根の13分割に対して6分割となり、付け根の位置6のリベットラインの延長線上に翼端の位置3がくる。文章だと解り辛いかもしれないが、図を描いて作業してみると簡単だと思う。


■ 脚カバー 10/1追加

 引き続き、小物パーツの製作。脚カバーの製作手順はエアブレーキと同じで、特筆することなし。



前脚カバーはD型現存機写真からリベットを読み取り、このとおり。Fも同じはず。

車輪カバー。画面左が右舷側。リベットラインは現存機から。



■ 主脚柱 

 主脚には、機体のほぼ全重量がかかる。前脚同様、こちらも金属で補強する。本機は脚柱と車軸の位置が前後にズレているため、単純に真鍮棒(パイプ)をL字形に組むという訳にはいかない。イモ付けでは強度が不安。かといって脚柱と車軸をつなぐ部分を真鍮材から削り出すのも大変。あれこれ考え、次の手順とする。以下、画像で。



キットパーツ。脚柱と車軸がズレており、自作が厄介。柱中央にある脚カバーとのリンクは実物とかなり異なる。

0.3mm真鍮板を「コ」の字形に曲げ、脚柱中心軸の1.0mm真鍮線に1.2mmと1.4mmの真鍮パイプを重ねて通し、はめ込む。この段階で一旦半田を流す。

ピンバイス、棒ヤスリで車軸の穴を開け、1.2mm真鍮パイプを通して再度半田付け。

ヤスリで形を整え、車軸には1.4mm真鍮パイプを被せる。脚柱上部はキットパーツを活用し、中心に1.0mmの穴を貫通させる。


 トルクリンクには定番のディティール工作。通常はノミなどで凹部を彫るが、キットパーツは幅が狭く、両脇に0.2mmプラバンを接着、整形する。脚柱と脚カバーを繋ぐリンクは、キットパーツはカバーへの取り付け位置が違っており、リンク部材を自作、基部はキットパーツをベースに工作する。



キットのトルクリンクを薄く削り、両脇から0.2mmプラバンを接着。さらに左右をつなぐように2箇所にもプラバンを接着する。

整形して穴開け、スジ彫り。手間はかかるが、なかなかいい感じ。残念なのは、完成後はよく見えないこと。



■ 脚収容部

 脚収容部には凝らない主義だが、せっかく脚柱に手間をかけたので、バランスをとって?若干のディティールを加える。そもそも、実機の主車輪収容部は、車輪カバーどおりに隅が斜めに欠けた形状でなく、単純な長方形だが、作品ではキットのまま。少々ウソが入っているので悪しからず。



車輪収容部前方側壁を見る。車輪収容部の内側は四角形で、つまり丸穴の斜めの側壁はウソで、機軸と平行な壁に穴があるのが正しい。

後方側壁。脚カバーをロックするフックと作動ロッドが目立つので、プラバン、ランナー細工。6個作るのは結構面倒。

開口部のフチは、ぜひとも再現したかったポイント。あとはパイピングを少々施す予定。

前脚収容部にも若干ディティールを追加。



■ 親子モデリング

 小学生の三男坊が「車のプラモを作りたい」と言い出し、親子で作る。ケロロ軍曹を除けば初めてのプラモ(スケールとしては初)。「最初が肝心」と横から手助けするが、モデラーの性か、汚く作るのに我慢できず、そのうち手助けなのか、代わりに作ってるのか、分からなくなったりして。子どもがパーツと格闘中は、暇つぶしにボディを磨いたりして、気づけばピカピカ。



組み立て途中状態。ボディ・カウルは父ちゃんがエアブラシ塗装済み。

完成。デカールも真っ直ぐ貼れないから、横から手直し。


 主に週末、少しずつ作って1ヶ月程で完成。ゲーム世代は飽きっぽいのか、一気には進まない。それでもプラモ作りは楽しかったようで、第2弾(GTカー)も購入。私自身も久しぶりのF-1モデルを楽しむことができた。


■ 70万ヒット御礼

 いつの間に玄関のカウンターが70万を超えている。数字の増加がモチベに繋がるので、毎度のご支援に改めて感謝する次第。100万目指して頑張るぞ。


■ 続、脚まわり 10/9追加

 金属部品、トルクリンク、脚柱上部(プラ)の調整、組み立て。下側トルクリンクの取り付け、調整に手間取る。削りすぎて、1つはプラバンで新造。めんどくさ。機体に仮り止めして三点姿勢をチェック。セイバーはやや前屈みがカッコいい。主脚タイヤ接地部削り分も考慮し、主脚上部に0.5mmプラバンを接着して脚を長くする。前脚にはプラでディティール追加。出来具合を確認するため銀で塗る。



オレオ下部のトーイング用リングはプラ端材をコの字断面に削ったもの。その隣の引き込み時ロックは、0.2mmプラバン&延ばしランナーで。

オレオは1.5mmメッキパイプ。トルクリンクのヒンジには、0.3mmの穴を開け延ばしランナーを突っ込む。

トーイング用リングは、焼きなました0.2mm真鍮線を「?」字に曲げ、0.3mmの穴に瞬間で固定。完成後は誰も気付かない。

タイヤにはお約束の溝を掘る。

主脚カバー。リベットラインが見づらくて申し訳ない。

カバー裏側にも追加工作。



■ リベット 

 これが本当の最後になるかな? 主翼と胴体接合部付近のリベットを打つ。実機写真を眺め回して、読み取れるリベットラインを再現していく。主脚収容部直後は、プラモデルでは主翼下面と一体化しているが、実機構造は胴体と一体。ということは側面にある胴体フレームが、そのまま下面に繋がっていると考えるのが自然。そう思って写真を見ると、薄っすらとダブルのラインが見える。胴体部同様に縦(機軸方向)ラインもあるだろうが、そこまでは読み取れず、モデルも「なし」で。

 その後方、エア・インテイク&アウトレット付近は、いまいち不明。F-40にある四角いアクセスパネルは、F-30以前は「なし」が正解と思われる。モデルは以前にスジ彫りしており、いまさらパネルを貼り替え修正する気もなくそのまま。リベットライン含め、適当にお茶を濁す。前脚収容部後方は、実機写真からこんなもんかな。一部不明箇所もあるけど。



航法灯は後で追加する予定。

主脚収容部直後のアウトレットは後で。



■ 主翼フェンス 10/18追加

 本体塗装まで残された課題が、6-3ウイング特有の翼フェンス。現存機写真から位置を割り出し、キットより少し外側に取り付ける。これが本当に正しいのか若干気になるが・・・



プラバンでガイドを作り、慎重にエッチングソーで溝を切る。

0.3mmアルミ板を溝にはめ込んで接着。ちょっと厚かったか。0.2mmにすればよかったかな?



■ コクピット 

 まず、コクピット後方の胴体上部から。アイリスのレジンパーツを薄く削って貼り付けようとするが形状が合わない。ディティールのみ切り取って移植する。キットのコクピット開口形状に合わせて座席を置くと、キャノピを閉じたときに内部フレームと干渉する。仕方なくプラバンで胴体上部を2mmほど延長して座席位置を前進させ、合わせ目を隠すように真鍮棒でディティール追加。たまたま実機も都合良くこのあたりにパイプがあって助かる。相変わらずの泥縄作業である。



再掲、アイリスのディティール・アップ・パーツ。

アイリスのディティールを忠実に再現するが、後で実機写真を見ると全然違う。アイリスも当てにならんな。

座席はアイリス。出来はまずまず。シートの追加工作は、ヘッドレスト横のクランク状の棒(用途不明)くらい。

コクピットに組み込む。シートベルトは鉛板。エッチングは薄くて実感に欠けるので。金具部分のみ付属のエッチングから切り取って使用。


 キットの計器板はF-40のもので、F-30とはメーターの配置が異なる。エッチングの計器板は好きではないのだが、仕方なくアイリスのエッチングを使用。計器を印刷したフィルムの黒い印刷が薄いのが不満。後から思うと、裏から色味をつけても良かったな。計器板の塗装は、空自F-40などではライトグレイ地に黒い計器だが、朝鮮戦争参加米機は手元資料で見る限りベースも黒。その下方のコントロール・パネルはキットのままで、F-30とは細部が異なるがそのまま。色も含めフィクションの世界。



計器板はアイリスのエッチング。白いプラバンに貼って、さらにキットの計器板パーツに接着。ラダーペダルもアイリス。

コクピットに組み込んだところ。照準器まわりが、まだ残っている。


 続いて、キャノピ関係。透明部分の磨きが不十分。再度コンパウンドで丁寧に磨く。一部の傷?が磨いても取れない。なぜだろう。内部のクラックか? フレーム内側はコクピット内壁と同色。内部フレームはアイリスのレジンを加工して使うが、これはキットパーツ流用の手抜きで、正確度はいまいち。



アイリスの内部フレームは横幅が足らず、プラ材で継ぎ足す。キャノピを閉じたとき干渉する部分を作り替える。

これまでのパーツを組んでみる。忠実に実機を再現してない部分もあるが、そこそこの密度感で、こんなもんでいいかな。



■ 脚収用部ほか

 当時のカラー写真を見ると、前後脚収容部を始め、エアブレーキ裏側、同内部、後部胴体を取り外した胴体断面は暗緑色で塗装されている(脚カバー裏側は無塗装)。正確な使用色は不明だが、FS34079(ベト迷の暗い方)ビン生で塗る。脚収容部などは暗く沈み、逆にエアブレーキ裏側は明るく見えるという、写真の印象に近いので良しとする。



脚収容部は、マスキングが面倒で筆ぬり。筆ムラなんか、気にしない。

背中の耐熱板も接着。これで塗装前のアルミ作業は終了。いつでも塗れるぞ。




■ ガンサイト 11/1追加

 米軍F-86で使用された照準器は3種類ある。極初期(A-5の途中まで)は、スペリーMk18と呼ばれるもので、最後期P-47などに装備されたジャイロ式K-14とよく似た形状。この装備機は、機首のレドームがなく、インテイク全体がグラスファイバー製。

 A-5後期からE、F-10までは、レーダー測距システムが導入されたA-1CM照準器が装備される。これは左舷側の小鉢を伏せたような丸ダイヤルと、ドラブ系の塗色が特徴。A-1CMは故障が多く、ガブレスキに「正面ガラスにガムでもくっつけたほうがマシ」と言わせたとか。

 F-15以降は改良されたA-4照準器となり、本機はこのタイプ。円盤形ダイヤルが中央下側にあり、塗色は黒。投影ガラス及びその支持架の形状もA-1CMと異なる。A-1CMとA-4は平らな箱形をしているが、計器板前方に水平に置かれるのではなく、正面ガラスと平行に斜めに置かれる。要注意である。機体により(?)照準器右側にガンカメラが装着され、小さい投影ガラスが追加される場合あり。  



A-4照準器は大昔に買ったカッティング・エッジ製レジン。現在購入可能かどうか知らないが、自作もそう難しくないだろう。

投影ガラスを0.2mm透明プラバン、そのステーをプラ材で。このあたり詳細が分からず、推測が入る。

計器板前方が筒抜けなので、プラバンで目隠し板を作り、その上に照準器を置く。仮置きなので少し位置がずれている。

後方から見ると、このような収まりとなる。ガンサイトの左右に機器類を追加する予定。



■ 細部工作 

 エアブレーキ内部を工作。臓物類の正確度には拘らない主義なので、雰囲気重視で適当にデッチあげる。あえて言えば、内部のメカ類は左右で異なり、また型式により差異がある。Eでは右舷と同じ筒状部品が左右1つずつ追加されている機あり。資料により細部も異なるので、どれが正しいかよく分からない。



細かい作業の便と、製作中モデルの損傷を防ぐため、モジュール方式で製作。右舷の筒は1.4mm真鍮パイプ。

開閉アクチュエータはキットパーツが正確でこれを使用。ロッドをペーパークリップ(小)の0.7mm直径メッキ棒に交換。

ラダーのトリムタブ操作ロッドを追加。受けはプラ材を「コ」断面に削り周囲を切り落とす。

主車輪カバーの開閉ロッドを0.5mm洋白線で置き換え。主脚作動シリンダはエバーグリーンのプラ棒に0.14mmプラ板を巻く。



■ その他メモ 

 写真を見ていると、色々気づく点がある。改めて世傑を読み直したりして。

  • 初期の翼端灯は、大戦機によくある透明カバーの中に色電球のあるタイプ。E-10でこのタイプが確認できるが、別のE-10では後期の色付き水滴型があり、この型の途中から変更になったと考えられる。

  • 初期の前輪タイヤはトレッドなしつるつるが一般的。Eになると溝付きが出現する。12本スポークの前輪ホイルも、キットのタイプの他に2種類のバリエあり。これらは穴が抜けてなく、初期の型に多いが、F-30にもある。

  • 6-3ハードウイングは、F-25-NHとF-30-NAの途中から導入。両型は基本的に同じで、工場が違うだけ。NHはコロンバス製、NAはイングルウッド製。

  • Vシェイプのウインドスクリーンは、E-6までの特徴。この場合もE型の尾翼はオール・フライング・テールとなり、A型とは異なる。

  • 機体内部は、FS34151インテリアグリーンとの記述あり。ただし、記述の正誤を検証してないし、作品も塗り替える気なし。

  • A、E型(Fの一部も?)の落下燃料タンクは、それ以降より内側寄りに取り付けられる。詳細位置は不明だが、1/48で1cm弱。F-25/30から、爆弾ラックが新設されたので、その影響で外側に移動したのかも。Eと同等のカナデアセイバーMk.4も同じ。






前ページ 次ページ





HOME