新居浜要約筆記サークルMiMi

聞こえのサポーターをめざして

2017年 6月 7日 更新

要約筆記とは 音声を文字にして伝える同時通訳です

要約筆記は、言葉が聞き取りにくい方に文字で通訳します。
話し手の言葉を要約し、文字をペンで書いたりパソコン画面に表示して、 その場の情報を伝えます。
講演会などでOHPやパソコンを使ってスクリーンに映し出すものや、 個人的に伝えるノートテイクがあります。

6月の行事
6月 3日 (土) 難聴と耳の病気の講演会
 講師:十全総合病院・耳鼻咽喉科部長 宮本佳人 氏
 主催:新居浜市難聴者協会
6月 7日 (水) 定例会
6月13日 (火) 出前講座/V連代表者会
6月14日 (水) 定例会
6月21日 (水) 定例会
6月28日 (水) 定例会
V連 : 新居浜市ボランティア連絡協議会
紫陽花

第17回 全国障害者スポーツ大会リハーサル大会

陸上競技場

5月28日(日)西条市ひうち陸上競技場で、フライングディスク競技の全国障害者スポーツ大会の リハーサル大会が開催されました。すばらしい青空の下、美しい一面の芝生のフィールドで競技が行われました。 開始式では合図とともにディスクを一斉に投げ上げました。白いディスクが閃(ひらめ)いて、気分が高揚するシーンでした。

MiMiのメンバーは大勢のボランティアの人とともに各担当に分かれ、聞こえにくい人に対する支援を行いました。 要約筆記経験者ということでチームのまとめ役をしたり、前日まで前ロールの用意をしたり、忙しく活動しました。 当日は競技も応援も盛り上がり、大会を十分に満喫できました。 会場全体のリーダー・サブリーダーを務めたのもMiMiの主要メンバーでした!昨年から何度も打ち合わせに参加したり、 指示する役目を担い、フル回転でした。

フライングディスク

今後はリハーサル大会の経験を活かして、10月のえひめ大会に備えることになります。忙しい日々が続きそうです。

― お知らせ ―

県内の聴覚に障害のある人が悩みを共有し、障害があっても暮らしやすい社会の実現に向けて、 「NPOえひめ県難聴者連合会」の設立準備を進めている、という記事が新聞に掲載されました。 <読売新聞 5月19日の記事より>

7月30日に県視聴覚福祉センターで設立記念大会が開催されます。

講演会

愛顔つなぐえひめ国体

新居浜でも、10月1日から競技が行われます。サッカーがグリーンフィールド新居浜、セーリングがマリンパーク新居浜、 ウェイトリフティングが市民文化センター、軟式野球が市営野球場で競技開催されます。 各会場では、多数のボランティアが活動して大会を支えることになります。 MiMiのメンバーも耳が聞こえにくい人のために、情報支援のボランティアとして活動します。 初めての経験なので、うまくできるのか心配な気持ちもありますが、これから具体的な活動内容を学びながら 準備したいと思います。

軟式野球 ウエイトリフティング ヨット サッカー
 

 →page top 


一行日記

 

 →page top 


       
お問い合わせ 新居浜市総合福祉センター 3階
<ボランティア・市民活動センター>
 電話・FAX (0897) 65-1009
勉強会 新居浜市総合福祉センター内
 毎週水曜日 10:00~
 (午後まで活動することもあります。)