新居浜要約筆記サークル MiMi

聞こえのサポーターをめざして

2018年10月 3日 更新

要約筆記とは 音声を文字にして伝える同時通訳です

要約筆記は、言葉が聞き取りにくい方に文字で通訳します。
話し手の言葉を要約し、文字をペンで書いたりパソコン画面に表示して、 その場の情報を伝えます。
講演会などでOHPやパソコンを使ってスクリーンに映し出すものや、 個人的に伝えるノートテイクがあります。

10月の行事
10月 2日 (火) 要約筆記入門講座④
10月 3日 (水) 定例会
10月 6日 (土) 生き生き幸せフェスティバルの準備
10月 7日 (日) 第23回生き生き幸せフェスティバル・ボランティアフェスティバル
10月 9日 (火) 要約筆記入門講座⑤
10月10日 (水) 平成30年度要約筆記登録者研修会(2):講師=矢野佳子氏
V連代表者会
10月21日 (日) 新居浜市心身障害者(児)団体連合会 体育大会<障がい者福祉センター>
10月23日 (火) 要約筆記入門講座⑥
10月24日 (水) MiMiだよりNo.95発行
10月30日 (火) 要約筆記入門講座⑦
10月31日 (水) 勉強会:ホームページ
運動会

携帯音声翻訳機

人とのつながり

昨今の電子機器の技術がますます進歩しているおかげで、夢のような自動翻訳機が実現しているようです。 携帯できる小型の音声翻訳機です。スマホのような形状で、音声で話しかけると画面に文字が表示されます。 タッチパネルで手書きできるものもあります。 お婆さんとスマホ しかも外国語に翻訳して文字や音声が流れるというのです。 高齢者・障がい者・外国人とのコミュニケーションの壁をなくすものとして、注目されています。 音声認識技術、インターネットを利用した翻訳、音声合成技術などがそれぞれ発展しました。 以前は音声認識が難しかったので、文字に変換されたものを見ると誤りが多く、おかしな文章になっていました。 それが、今は音声入力の際の発声のコツはあるようですが、ほとんど正確に文字が表示されるようになりました。 機器によって機能は様々ですが、数十の外国語に対応して、翻訳も瞬時にしてくれる機種もあります。 地球全体でコミュニケーション 東京オリンピック・パラリンピックが近付いていますし、近年は外国人観光客も増え、県内でも街中で出会う外国人が 少しずつ増えているような気がします。 聞こえにくい人も、聞こえる人にとっても「持っていたら便利だろうな~」と思える夢の機械ですね。

― お知らせ ―

平成25年度から制度上、県及び松山市において要約筆記者の養成を実施することが必須とされています。 また、いくつかの市町においては、地元の要望により、引き続き要約筆記奉仕員養成研修を実施しています。 今年度の県内における要約筆記者・要約筆記奉仕員の養成研修実施状況は下記のとおり。

        
地区要約筆記者要約筆記奉仕員
【愛媛県*
【松山市】
【今治市】
【四国中央市】
【新居浜市】
【大洲市】
【宇和島市】
<愛媛県庁ホームページ参照>

*県の養成研修は東予と南予で順に隔年で開催。 昨年度は八幡浜市、今年度は西条市で実施。

受講者募集・研修期間は地区ごとに異なります。

日本語文法<7> -複文(2)-

複文は複数の節から成ります。節とは最低限1つの成分と述語から成るので、 述語が複数含まれる文が複文だということになります。 その中でも2つの節が対等な資格で並んでいる複文で使われる節を「並列節」といいます。 つなぎ方は4種類。
テ形  … 例)私は公園に行っ、花子は図書館に行った。
連用形 … 例)兄は足が速、バスケットボールも得意だ。
~たり … 例)学校で勉強したり、歌を歌ったりした。
~し  … 例)算数の宿題はたくさんある、難しい

ところで、日本人は文と文の関係がはっきりすることを嫌う傾向があるそうです。 「NO」と言えない国民性ですからね。 そのため、接続詞を使わないテ形を多用するそうです。
 テ形に注目してみましょう。テ形はいろいろなタイプの複文で、節の接続に使えます。
並立(そして)    → 例)明日は気温が高く、湿度も高くなるでしょう。
対比(が)      → 例)朝は寒く、昼は暑い。
原因・理由(ので/から)→ 例)足が痛く、走れません。
付帯状況(ながら)  → 例)手を叩い、笑った。
継起(から)     → 例)雑巾をしぼっ、床を拭いた。
手段・方法(で/よって)→ 例)くじを引い、代表を決めた。
逆接(のに)     → 例)知ってい、教えてくれない。
仮定(たら)     → 例)歩い、10分もかかりませんよ。
 確かにいろいろな状況でテ形が使えそうです。 便利なような、論理的でなくなるような…。 文章を書くときには、因果関係を分かりやすくするため接続詞・接続助詞を使った方が良いでしょうし、 話し言葉では、印象を和らげるためにテ形を利用するといいのかもしれません。

<参照資料 : 『日本人のための日本語文法入門』 原沢伊都夫 著 ・ 講談社現代新書>


学校で習った文法とは少し違った視点でまとめている「日本語文法」入門、いかがでしたか? 実際に日本語を使うことを念頭においた整理の仕方だったと思います。 普段意識していない日本語の特徴、魅力がまだまだありそうですね。

 

 →page top 

いもたき
出前講座

要約筆記者の派遣について

聴覚障がいの身体障害者手帳をお持ちの方、また医師により必要と認められた方は、 全国で要約筆記者派遣の福祉サービスを利用することができます。 市内では「新居浜市意思疎通支援事業」として実施され、市の委託で新居浜市社会福祉協議会が行っています。
 派遣申請の窓口は「障がい者福祉センター」です。詳しくはそちらにお問い合わせください。

新居浜市障がい者福祉センター
TEL: (0897) 33-3341
FAX: (0897) 37-1710
E-mail: scenter@n-syakyo.jp


一行日記

 

 →page top 


       
お問い合わせ 新居浜市総合福祉センター 3階
<ボランティア・市民活動センター>
 電話・FAX (0897) 65-1009
勉強会 新居浜市総合福祉センター内
 毎週水曜日午前
 (午後まで活動することもあります。)