ハムスター飼育以外のゆあの趣味は、読書です。多いときは1ヶ月に10冊以上読みます。
ゆあが読んだ本の中から、いくつか紹介します。ゆあの人物像を、これで想像してみてくださいね(笑)


『小さい犬の生活』

『小さい犬の日常』
ポピー・N・
キタイン 著
津田直美 画
中公文庫
犬の目から見た、犬の生活と、人間の生活が、かわいい挿絵とともに楽しく描写されていて、読みながらにこにこできます。ホッとする本です。
『グリーン・マイル』
1〜6
スティーヴン・
キング 著
新潮文庫
2000年にトム・ハンクス主演で映画化されたので、ご存知の方も多いと思います。死刑囚舎房で繰り広げられた、恐怖と救いと癒しの物語。要所要所で、ねずみのミスタージングルズが登場しますよ。
『この世をば』上・下永井路子 著
新潮文庫
学校の歴史で習った権力者のイメージではなく、人間味あふれる平凡な男としての藤原道長を描いています。平安時代に興味がある人におすすめの歴史小説です。
『ねじまき鳥
クロニクル』1〜3
村上春樹 著
新潮文庫
現代に生きる主人公の男性が巻き込まれていく、イメージと幻想の世界。第二次世界大戦中の話もからんでふくらむ、村上春樹の長編小説です。
『ボーン・コレクター』ジェフリー・
ディーヴァー 著
文春ハードカバー
元捜査官で身体障害者になった主人公が、ベットの上から、心理・行動分析で連続殺人犯を追い詰めていくストーリー。推理小説のおもしろさ全開です。
十二国記シリーズ小野不由美 著
講談社文庫
異世界ファンタジィ、と表現されています。十二国は、昔の日本と中国を合わせたようでありながら、全く違うシステムで支配されている不思議な世界です。ぴんく♪さんのご紹介で、読み始めました。

この他に、ゆあがよく読むのは、日本の作家では、夏樹静子、佐野洋、森村誠一、藤堂志津子など。外国の作家では、パトリシア・コーンウェル、スティーヴン・キング、ディーン・(R)・クーンツ、ロビン・クック、マイクル・クライトン、サラ・パレツキー、シドニィ・シェルダンなどです。