【13】痰飲湿濁
湿邪内欝 (脾虚湿勝の人が湿邪に外感すると内外の湿邪が相乗的に反応する)
脾虚湿勝 (脾の消化機能が衰えると津液が停滞する/脾湿証)
脾不制水 (脾の消化機能が衰えると長く水湿が停滞し溢れる)
飲邪上凌 (飲邪が胸中に停滞すると上焦に陽が巡らない)


<脾虚湿勝・脾不制水により現れる症状>

1緑内障 
1微熱 2水疱 
1呼吸がしにくい 2脇痛 
1飛蚊症 
1動悸 2喘息 
1浮腫 
1口渇 2腸が鳴る 3嘔吐 4下痢 
1黄疸 2嗜睡 


<相談例> ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 漢方ではアトピーのような皮膚炎を「風熱」とか「血燥」とか呼びますが、 これは表面的な症状のことです。 風熱に「去風清熱」剤を与え、血燥に「補血滋陰」剤をを与えるだけでは対症療法にすぎません。 風熱や血燥を引き起こした原因の多くは“皮膚の津気失調”という生理現象です。 肌の潤いは「津液(しんえき)」によって保たれています。 食物から吸収して清澄・稀薄な津液に化生する(気化作用)のは五臓の中の「脾」です。 そして津液を皮膚に分布する(気化作用)のは「肺」の働きです。 この脾肺両臓の働きが悪くて津液を気化分布できない事が根本原因と考えられます。 かといって津液の絶対量が不足しているのではなく、必要な所へ運ばれないだけの状態ですから 口渇などはありません。 津液不足で乾燥した皮膚は長い月日のうちに熱を帯びてきます。 「陰虚化熱」という現象です。 熱は風を呼び、掻痒を発します。 それが風熱となり、血燥となります。 従って体質的な二つの素因を改善する事を治療の原点に置かなければなりません。  1.脾の気化作用が弱い、  2.肺の気化作用が弱い、これを「脾肺気虚の証」といいます。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >10年ほど前から過敏性大腸症候群 >緊張するとガスが出たり腹部の膨満感と腸がムクムクと動くのがわかり腹が鳴る。 >下半身はむくみ、だるさが取れない >月経量が多すぎる、月経痛がある 神経質は自衛本能の一つですから恥じることではありません。ただそれが この様に蓄積されて形のあるものになってしまっては悪循環に陥ります。 何が原因かを考えてみますに、 漢方では「脾は運化を主る」と言います。 脾(現代の膵臓)の働きは飲食物の営養物質(精微)を吸収し輸送することと、 もう一つは体内の水分吸収、排泄、つまり水分代謝の平衡を維持することです。 それに関連してまた「脾は湿を悪(にく)み、燥を喜ぶ」とも言われます。 これは脾の機能が失調すると体内に余った多量の水分が溜まるのみか、 更には水分(水湿)の余剰は脾を傷つける事になるということです。 どうやらあなたの場合はこの「余分な水湿」が“邪”の因子となっているようです。 これを「脾陽不足」から来る「脾虚湿盛」または「寒湿困脾」と言います。 緊張や神経質という精神面の原因とは少し違います。 脾胃は四肢を司るのでむくみと同時にだるさ・倦怠感は当然襲ってくるでしょう。 月経量が多いのは出血が水湿で増量しているだけです。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 胃は受納・消化を司り、脾は精微の吸収・輸布を司ります。 脾胃をあわせて「後天の本」と言い、全身を栄養する中枢です。 脾胃の気が衰えて受納と吸収の働きが行われないのを「脾虚失運」といい、 「脾気虚」が根本原因です。 >胃の辺りが痛い 腹が張る 腸が鳴る 食欲が無い 脾気の中でも特に脾の陽気が衰えると内寒が生じて気の滞りが起こりこうなります。 これを「脾陽不振」といいます。 >恒常的に胃腸の調子が悪く下痢をしやすい体質。 >一回体調を崩すと結構長引く。 脾陽が不足すると食べ物は消化せず、湿濁から寒湿へと変化します。 それが下痢の原因です。 これを「寒湿困脾」の状態と言います。 >胸やけがする  吐き気がある 胃気は下降し脾気は上昇するのが正常ですが、ここでは胃気の上逆が起こっています。 即ち「胃失和降(胃気上逆・濁陰不降)」の現象です。 食べ物の濁気が降下しなければ腹部に膨満感が生じます。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >膝下。脱毛器を使ったらニキビのようになってしまい、赤い湿疹ができてしまいまし >た。その後は色素沈着し跡が黒々と残る。 >汗をかきにくい >発疹  かゆい  湿疹  さめ肌  ただれ  おできや化膿  にきび  皮膚が干燥して粗慥になった"さめ肌"のことを漢方では「皮膚甲錯」といいます。 これは「飢飽労碌,思慮過度或五味偏嗜」 (空腹になりすぎたり、或は飽食したりして食事が不規則になったり、 くよくよ悩み事があったり、嗜好のバランスが偏ったりすること) が原因で脾胃の消化機能が失調し、体液(津液)の皮膚への補給が絶たれた為です。 これを「津液不布甲錯」といい毛嚢性角化性丘疹などが出来やすくなります。 >目がかすむ 目がまぶしい 目が痛い 目が痒い 鼻づまり 鼻水 クシャミ(花粉症) これは津液不布による「二目干渋,視物昏花」といわれる症状ではないかと思われます。 >むくみがある 津液不布とは津液があるのにそれが正常に分布されないことで、 他方では水分の停滞があるためです。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >全身(特に頭や額)から多量に汗をかき、……体力の消耗感がある >手のひら、足の裏もほとんど常に汗をかいている状態で 汗っかきは体表の肌目(キメ)があらく汗腺がゆるいのです。 汗腺の働きは「肺」の支配下にあり「肺気」が弱いと汗が漏れやすくなります。 肺気はその母である「脾気」によって育てられます。 従って脾気が弱いと肺気も弱くなります。 脾肺はともに「気」に関する臓器で、これが弱いと全身的な「気虚」を呈します。 それで体力の消耗感があるのです。 >身体の中に熱と湿気がこもっているような感じで 脾気が虚すると水湿の代謝が低下し病的な「痰飲」を産します。 これが長く体内にあると熱化して「湿熱」となり蒸々と発汗するのです。 >吐き気がある >腸が鳴る >下痢 みな脾気虚の症状です。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >元々下痢しやすい体質だったが、 >少し冷えたかなと思う程度でも水のような下痢が止まらなくなる為、外出が不安。 《景岳全書・泄瀉》には「久瀉は無火なり、多くは脾腎の虚寒に因る」とあります。 このように「脾陽虚」によるものは「清冷下痢」といって鴨の糞のような便になります。 もともとは寒湿のものを食べたのが始まりで脾陽虚となったのですから当然「生冷」 のものを食べれば悪化します。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >疲れ易いこと >だるい 眠ってばかり >めまい  頭痛  頭が重い >腸が鳴る >下痢(というか食べた後やお茶を飲んだ後、急にトイレに行きたくなる) 自然界の風・火・暑・湿・燥・寒の「六気」の過多あるいは不足は 人の生命現象と極めて密接な関係があります。 この異常な六気を「六淫」といって発病の原因と考えています。 この内の「湿」について考えてみましょう。 長夏梅雨の季節に最もよく現れるように、人間も長い間、湿気の多い環境にさらされると 胸悶してすっきりせず疲労倦怠を感じるようになります。 >かゆい  湿疹 当然、湿は潮湿の性質をもつので皮膚が痒く水液が滲出するものを「湿疹」というし、 大便希薄のものは「湿勝てば則ち軟便・下痢する」といわれています。 腸間にゴロゴロと水声があるものは「水湿内停」です。 胃は「水穀の海」といい、水分や穀物を受納するところです。 一方、脾は水穀の運化を主るところです。 この脾気が虚して健運が出来なくなると水湿は生理的な“津液”に変化せず、 湿が聚って病理的な“停飲”となります。 これを「脾虚湿困証」といいます。 「脾陽不足」で水分が気化しないと寒湿が内生します。 或いは生冷を過食したり湿寒が外侵したりして脾が健運を失すれば升降機能が失調し、 清濁は分れず、飲食は消化せず、大便は清稀になるか甚しくは水様になり、腹痛腸鳴します。 このように水湿の停滞が長く続くと、昇るはずの“*清陽”が頭へ上がらないので 「頭重つつむが如く」なります。 (* 水穀から吸収された微精<栄養分>のうち、軽清の陽気<エネルギー>が 頭部・肌表・四肢に達して初めて各部位が機能する事ができる) まさに“身体沈重,倦怠嗜臥者,乃脾経有湿”の状態です。 (体が重くだるくて眠ってばかりいるのは脾経に湿があるのである) >くびや肩が凝る >膝が痛い 足が冷える これらもそれに付随する症状です。 すみやかに「温中化湿」の法を取らなければなりません。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >眼の下のクマと、多汗症 漢方医学の「五輪学説」によれば瞼の上下は脾胃に所属します。 従って「眼の下のクマ」は脾胃に何らかの異変がある事を指しています。 >だるい  汗っかき  寝汗をかく  眠ってばかり >瞼がむくむ >口が臭い  歯茎から血が出る  口が乾く >尿が濁る  尿が濃い(←2つは、色が黄色い)  陰部が痒い >腰が痛い(たまに)  足がだるい >かゆい(尻がかゆいです)  湿疹(背中に少し湿疹のようなもの) これらに共通の病因は「脾虚」と「湿熱」です。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >だるい汗っかき  眠ってばかり >瞼がむくむ  めまい  頭痛  なみだ目 >くびや肩が凝る  背中が痛い >腰が痛い  腰がだるい  腰が冷える  足が冷える  むくみがある >頻尿  夜間排尿が多い >おりもの これらは「湿」の存在によるものです。 >鼻が乾く  口が乾く >胸やけがする >胃の辺りが痛い  腹が張る  腸が鳴る >便秘 >腰が痛い  腰がだるい  腰が冷える  足が冷える  むくみがある >発疹  斑点(しみ)  おできや化膿  にきび さらに「熱」が加わって、脾胃の「湿熱」になっています。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >食欲が無い >今はいいが、少し前まで便秘と下痢をくりかえしていた 脾胃は「後天の本」と呼び、全ての臓の基本となる大切な臓腑です。 この脾胃が疲れる原因は何でしょうか? >頭痛  頭が重い  目がかすむ  外にいるとまぶしく目の奥が痛いような感じ >たまに動悸がして、呼吸が浅くなるときがある 「脾は湿を悪み、燥を喜ぶ」といい、水分(水湿)の余剰は脾を傷つける事になります。 頭痛・頭重・目眩・心悸などはみな「水飲の上逆」による現象です。 水湿の余剰はどこから来るかと言えば当然「飲食の失節」からでしょう。 湿性は重濁ですから湿が過剰になれば「清陽が昇らず」肢体は困頓乏力となります。 これを「脾虚湿困疲乏」の証といいます。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >腹が張る >便秘と下痢をくりかえす >足がだるい >おりもの これは「脾虚・痰湿阻滞」の証です。 >月経が遅れる  出血が止まらない(月経がだらだら続く) 痰湿壅滞のために月経と関係が深い衝脉・任脉の気血の運行が阻害を受けて、 おりもの(帯下)を伴ないつつ「月経后期」となっているのです。 また脾虚のため「中気下陥」になると「脾虚崩漏」といって、月経がしっかりと上がりません。 脾虚や痰湿阻滞を治しておかないと貧血や疲れがたまっていくばかりになります。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >とにかく出血量が半端じゃありません。それが長期間続くので、貧血もすごいのです。 >食欲が無い >便秘と下痢をくりかえす これは「虚証」です。 虚証で出血量が多いのは「脾気虚」からくる「脾不統血」が原因です。 >下瞼がむくむことがある 下瞼は「脾」の機能を映す部位です。 >切れやすい痰が出ることがある >動悸がする  吐き気がある 痰湿の停滞があります。 >目が痒い 鼻がかわく >アフター性口内炎がでる >かゆい  湿疹 痰湿の停滞が長くなると熱化して「湿熱」になります。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >舌の後味、パサパサした感じ >舌苔が厚い  口が苦い  口が臭い  口が乾くが飲みたくない 「脾は口に開く」「脾気は口に通じ、脾が和なれば口は能く五穀を知る」といい、 口腔と脾胃とは密接な関係があります。 >足が冷える  むくみがある  足がだるい 漢方の古典《黄帝内経》には「脾気が虚すれば則ち四肢は用をなさず、五臓不安となる」 とあり、これを脾の気虚といいます。 脾気が虚すると食物や水分(水湿)の代謝が出来なくなります。 これを「脾は湿を悪<イ>み、燥を喜ぶ」といいます。 すると余剰の水湿はますます脾を傷つけることになります。 かくして代謝されない「湿濁が上昇して溢れれば舌苔は白膩となる」のです。 水湿が下の方へ行けばむくんだり冷えたりだるくなったりします。 >だるい  寝汗をかく >頭が重い これも「湿」の特徴です。湿が清陽を遮って、「湿蔽清陽」となると 清陽が頭へ昇らないので頭は重くなり聡明さが失われる事になります。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >瞼がむくむ >口が乾くが飲みたくない >便秘と下痢をくりかえす >しびれる  むくみがある  足がだるい 漢方ではよく「気・血・水」といいますが、この場合は明らかに「水」の病変です。 なぜ病的な水湿が生ずるかというと >腹が張る  食欲が無い ここにその原因が現れています。 漢方では「脾は湿を悪<イ>み、燥を喜ぶ」といいます。 だから脾虚になると水湿の代謝が悪くなります。 それが「諸湿腫満は皆脾に属す」といわれる所以です。 こういう状態を「脾虚湿盛」といい、脾の陽気が不足しているのです。 >目が痛い  目が痒い  鼻づまり  鼻水  クシャミ これらのアレルギー症状も元を糾せばみな「湿盛」なるがためです。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >舌の側面がギザギザ・白っぽい 舌辺の歯痕は、舌体を栄養できないからで、気虚の証拠です。 >むくみ(足を中心として、排卵期以後全身がむくみがち。特に生理中はパンパンになる) 月経の時は出血と共に「気」も洩れますので、生来が脾気虚弱であるとますます脾気は虚 していき、水湿を運化することが出来なくなり、顔や足の浮腫みになります。 >おりもの おりもの(帯下)があるのも脾気虚弱で帯脉が無力になり、水湿が気化されずに洩れるからです。 >足が冷える  無力で歩けない 漢方では「脾は四肢を司る」といい、脾気が虚すると足に現われます。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 天疱瘡は難病とはいえ全身の免疫力を総動員すればきっと何とかなると思います。 何故なら一年前までは発病せずにおられたのですから。 >咳が出る  痰が出る  切れにくい痰がある >吐き気がある >腸が鳴る >便秘と下痢をくりかえす これらは全て「痰湿」に関連しています。 昔から「怪病に痰多し」といって、何とも得たいの知れない病気にはえてして 「痰湿」が関わっている場合が多い、という意味です。 天疱瘡の水泡も痰咳も下痢もそのものずばりの痰湿です。 腸間にゴロゴロと水声があるものは「水湿内停」です。 吐き気は脾胃の陽気が不足して本来の昇降作用を行えなくなって気が逆上する状態です。 そうです、脾胃の陽気の不足が根底にあります。 また「脾は湿を悪(にく)み、燥を喜ぶ」ともいい、脾の機能が失調すると体内に 余った多量の水分が溜まるのみか、更には水分(痰湿)の余剰は脾を傷つけると いう悪循環になります。 どうやらあなたの場合はこの「余分な水湿」が“邪”の因子となっているようです。 これを「脾陽不足」から来る「脾虚湿盛」または「寒湿困脾」の証と言います。 この悪循環を絶ち切ってやればきっと免疫力が戻って病気を解決してくれるでしょう。 >発疹  かゆい  さめ肌  水泡  にきび  フケ性  かゆい 厳密にいうならば痰湿のほかに久病による「虚熱内蘊,陰傷血燥」の証もあります から今話題のアトピー的な一面も出ています。 まあそれが難病といわれる所以でもありますが……。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >全然肥らない >胃の辺りが痛い(たくさん食べた後に座らず立っている時) >食べ過ぎると胃もたれしてげっぷが多く出る 食後にお腹が重くて立っておれなくて横にならずには居られず、横になるとうとうと と眠ってしまうのを漢方では“穀労”とか“飯酔”といい、「食后困頓」の事です。 胃下垂の人はよくこんな状態になります。 >舌苔が厚い >小便 : 出が悪い  尿が濁る 脾胃が虚弱で消化力が弱く、いつまでも食べ物が胃に停滞しています。 とくに水分や半消化物が「痰湿」という形で残っています。(困脾痰湿) >低血圧で朝起きるのがしんどい >暑さにめっぽう弱い 脾の陽気が少ないので「清陽は上昇せず濁陰は下降せず」という状態になります。 そのために朝なのに元気が出ず、暑さにも弱いのです。(神気不爽,困頓欲睡) 脾胃というど真ん中に「湿邪」がでんと居座っている為に昼夜逆転という悪循環が 余儀なくされています。 >だるい  O脚  足の裏や手のひらが熱くほてる 「胃は四肢を主る」ゆえに起こるのです。 >月経が遅れる 通常より1,2週間遅れますが月経はきます。しかし、茶色のもの >が出て終わることがよくある。  おりもの 生理の源である「血海不足」すれば当然ですし、湿邪はおりもの(帯下)となって現われます。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 顔と頭と背中が油っぽいのに他の部分では反対に乾燥してカサカサしている、という 誠に奇妙な肌の状態があります。 頭皮が油膩なために髪が汚れやすく、臭くなるのですね。 これを自律神経失調症と自己診断されたのは大変適切な判断だと思います。 >瞼がむくむ >下痢 ここには「水」の過剰があります。だけど >口が乾く(唇がネバネバすることがある) >切れにくい痰がある >胸やけがする >食べてもすぐ腹が減る >痔の出血がある ここには「熱」があり、水と熱が混ざり合わずに分離しています。 この奇妙な現象はどうして起こるのでしょうか? 皮膚が乾燥してカサカサしている“さめ肌”のことを漢方では「皮膚甲錯」といい ますが、その原因の一つに「飢飽労碌,思慮過度或五味偏嗜」があります。 (空腹になりすぎたり、或は飽食したりして食事が不規則になったり、 くよくよ悩み事があったり、嗜好のバランスが偏ったりすること) これが原因で自律神経の失調をきたし、とくに脾胃の消化機能の失調から体液(津液) の皮膚への補給が絶たれた為です。 これを「津液不布」といい、津液があるのにそれが正常に分布されないのです。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >極度の疲労感 といえば兎角、虚証ではないかと思いがちです。 >目が赤い  目が眩しい >唇のあれ >にきび  かゆみ >おりものが多く臭いがある >食欲は不思議と、大いにあります が、これを見ると虚ではなく、むしろ湿熱証である事が分かります。 湿邪というものは性重濁でよく気を滞らせます。 そのために清陽(エネルギー)は昇らず、肢体は活力をしない困乏します。 湿が帯脉に侵入して熱化すると白帯(おりもの)となります。(移濁下流) 「体が重くだるくて眠ってばかりいるのは脾経に湿がある」というケースです。 (身体沈重,倦怠嗜臥者,乃脾経有湿) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >切れやすい痰が出る  吐き気がある 「脾は生痰の源」といい、脾が虚して運化が悪くなると痰を生じたり、吐き気がしたりします。 これは脾のもつ昇降機能が働かないからです。 >汗っかき  寝汗をかく 同じように津液の昇降が阻遏されると多汗や盗汗になります。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >水泡が背中、腹部を中心に下半身、両腕に出来、かゆくて 水疱が皮膚に外発するのは脾胃虚弱で津液を輸布出来ず集まって水湿となる為です。 >胸やけがする  吐き気がある  酸っぱい水が上がる >食欲が無い >便秘と下痢をくりかえす 脾胃虚弱なのはこれで分かります。 >背中が痛い  肘の痛み  腕の痛み  肩の痛み  手指がしびれる 非生理的な水湿が相当部位の経気の流れを阻害するので起こる症状です。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >食事を沢山取ると下痢をしてしまいます。 >腸が鳴る  食欲が無い 胃は「水穀の海」といい、水分や穀物を受納するところです。 一方、脾は水穀の運化を主るところです。 「脾陽不足」で健運が出来なくなると飲食は消化せず、大便は清稀になり、腹痛腸鳴します。 >白い粉が吹くようにかさついています。 >おりもの 脾陽不足のため水湿は生理的な“津液”に変化せず、皮膚を濡養しないので「津液不布」 の皮膚甲錯となります。 おりものも水湿の気化がうまく行っていないためです。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >食べたあとは、良く寝た次の日でもすぐ眠くなります。 こういうのを“穀労”または“飯酔”といい「痰湿」のために脾の陽気が上がらず、 脳の神明が養われないからです。 >肥満 >朝からだるさがずーっとぬけません。 痰湿は肥満の本態です。 前述と同じで脾の陽気が全身にみなぎらない為です。 >月経が来ない 病的な痰湿が子宮や衝任脉を塞ぐ結果、衝任不通・気血運行不利となり、月経が遅れます。 衝脉や任脉とは人体を流れる経絡のひとつです。 「衝は血海である」と言われており、その脈は子宮から起こり気血の作用を調節し、 月経の来潮と密接に関係しています。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 体内を流れる経脈の内、子宮から起こる衝脈のことを“血海”と言い、 月経の来潮と密接に関係しています。 情志調和し、精気充実し、飲食正常で、陰生陽長、気血順和すれば衝脈は流暢で、 病は発生しないのです。 >下肢のむくみお昼頃にはすでに現れている事が多いです。 >生理前には特にひどく、ぱんぱんにはってしまってとても辛いです。 もともと気血が虚している人が生理の時の消耗で益々気血が虚すると 隠れていた症状が顕在化することがあります。 下肢のむくみのような症状を「痰飲病」といい、 脾肺腎の気化機能の失調によるものとされています。 >胸やけがする  酸っぱい水が上がる >腹が張る  腸が鳴る   これは「胃中停飲」で脾の運化機能の失調を示しています。 どうやらこれが原因で充分な気血を化生できず、生理という負荷の多い時期に 脾虚のため水分が気化出来なくなり下肢のむくみを発現すると思われます。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >手足の汗 >疲れやすい、倦怠感、顔がむくみやすい、まぶたがむくみやすい >便通 : 3回/1日、軟便 漢方では「四肢は脾胃がつかさどる(脾主四肢)」所とされており、 脾胃の気が不足する(脾胃気虚)と水湿を運化できず(消化機能が衰え)、 軟便・顔のむくみ(諸湿腫満は皆 脾に属す)・倦怠・手足の汗 などの症状をあらわします。 >神経質、不安感、焦燥感 また漢方では「憂思は脾肺を損傷しやすい」といいます。 精神と肉体は一元のものです。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >排卵日の頃から風邪をひきやすくなり >のどが痛い日が数日、鼻に症状が現れて数日、 >頭痛の日があり…声が枯れてきて >生理前後に肛門付近にヘルペスが出来ます 風邪のような症状とはヘルペスに付随して出る症状ではありませんか? >健康な人ならヘルペスは出来ないといいます。私のどこが悪いのでしょうか? それは次の事から類推されます。 >食べ過ぎるとすごく眠くなります >食後しばらくしてお通じがあります。軟便の方です >生理の量は少なく一日で終わります 脾胃の機能が衰えています。(脾虚) その為に水分代謝が悪くなり病的な「痰湿」が生成します。 その痰湿が月経と関係深い衝脉・任脉をふさぐので月経量が減ります。 また痰湿は下へと注ぎやすく、会陰へ流れるとそこで熱化して「湿熱」になります。 これを「肝経湿熱」といい、ヘルペスの原因になります。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ > 体が温まったときに皮膚がちくちくします。 > たとえばお風呂に入ったときやスポーツをして体を動かしたとき > 下痢 肌肉は脾胃と関係があります。 消化機能を整えれば何かが変わるかもしれません。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ >目の周り、ほほがぷうと腫れる。 目の周りには脾胃の生理変化が現れます。 水分代謝が悪くてむくむのは脾気が虚弱で運化されないからです。(水液内停) 浮腫は目の下あたりから始まり、朝がもっとも目立ちます。 疲れると手足にも腫れがまわり、小便はやや減少します。 身体が重く倦怠を感じたり、或いは大便が緩くなったりします。 脾胃を補益し、滲湿消腫させなければなりません。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ > 1、むくみ 2、汗、尿の出を良くする。 3、低血圧 4、冷え性 > 胃の辺りが痛い 腹が張る みぞおちが冷える。食べ過ぎると背中まで痛い。 > 基礎代謝が落ちているような気がする 基礎代謝を高めるには体の「陽気」を上げなければなりません。 陽気の大元は「脾胃」にあり、ここが冷えていてはいかなる新陳代謝もうまく行きません。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ > 目が充血し痛みがでる。 > 腸が弱く、10年らい下腹が痛くなって下痢2回/日 脾の陽気が足りないと水分代謝が悪くなり、湿濁が生じます。(脾陽不振,湿困中土) 上へ昇ろうとする陽気を湿濁が塞ぐので、目は陽気を得られずよく見えなくなります。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ > 眠くて眠くて何もできない > 頭が重い 時に痛い 前頭部 > 体が重い > 太りやすい > 月経量が少い これらに共通するのは「痰湿の阻滞」です。 なかでも湿が壅滞すると陽気が振わず、活力が出なくなります。 湿を取り去れば雲が消えて青空が現れるように復活します。 “幽霊の正体見たり枯れ尾花”という事で、慢性疲労症候群などは大抵これです。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ > おならが多い。食後、胃腸に不快感があり、おならを出すと楽になる。 > 軟便傾向で切れが悪く多少残便感がある。 > 唾液が多い 口は乾かない > むくみがある おりもの 体の中の湿気が過剰です。(脾虚湿勝) 脾胃の機能を強めて内湿を乾かすことが治療法となります。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ > ここ半年くらい朝起きた時点でもうからだに力が入らない > 腸の調子が悪い・・・おならが頻繁(1日30回以上)に出て臭いがきつい。 > 便が泥みたいな軟便で粘り気がきつい感じ > 特に食べたあと腸が張る感じ。 > 胃の辺りが痛い  臍の辺りが痛い  腹が張る  腸が鳴る > 舌苔が厚い > 切れやすい痰が出る  切れにくい痰がある   間違いなく脾胃の病変です。 それも脾の気虚ではなく、「湿邪」の停滞によるものです。(脾虚湿滞) > 寝汗が毎日滝のように出る。 脾胃は中央にあり、気の昇降をつかさどります。 脾胃の機能が虚して運化が正常に行われなくなると気の昇降が狂います。 汗が出るのも、おならが出るのも、下痢になるのもどれも昇降の異常です。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ > 食べるとすぐ眠くなります。 > 午前中は無気力なことが多いです。 まず気虚です。 > 朝起きると瞼の上が特にむくみ。 > 1度に沢山水を飲むと胃に残ります。 > 舌はぼってりと厚く白い苔があります。ふちには歯形がくっきりあります。 > 朝食が特に感じますが、食べたものが胃の中に残った感じは毎食あります。 特に脾の気虚で湿が停滞しています。(脾虚水停) > 汗はベタベタしています。 > 下半身が異常に太い。 > 朝は起きたらまず鼻をかむことが多いです。 > おりもの 病的な水湿の具現したもの。 > 年中喉がカラカラではないのですが、常に何かをチビチビと飲みたいです。 > 体は鮫肌ぽい 水分が必要なところになくて不必要なところにあるのを「津液不布」といいます。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ > 直ぐに寒気がして喉が痛くなる 慢性咽頭炎 > 疲れやすく、スタミナもなく、夜は、9時頃に眠くなって 風寒の邪が体表を襲ってかぜを引くのは間違いありませんが、繰り返し何度も同じ状態になるのは何か内因があります。 水分代謝がうまくいかないと病的な水湿が気管などに残ります。 これを“水毒(飲邪)”といい、飲邪は風寒と結びつきやすく直ぐに咽痛を起こします。 専門的には「風寒挾飲上攻」の証といいます。 > 疲れやすく、スタミナもなく、夜は、9時頃に眠くなってしまいます。 水分代謝をつかさどるのは脾胃で、脾胃の機能低下が根底にあります。 脾胃はすべての臓器の中心で、元気の生産元でもあります。 > 耳が痒くてかくと汁が出る。 これもひょっとして水毒のひとつの表現かも知れません。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ > お酒を飲むと、翌日に食欲不振、下痢 > 肛門に熱感がある 膀胱がすっきりしない > 小便の出が悪い 切れが悪い 尿が濁る 尿が濃い > 5年前に尿管結石になって以来、腎系が弱い > にきび フケ性 若白髪 脾(消化器系)と下焦(腎・膀胱経)に湿滞があります。 また湿が久しく停滞すると熱化して「湿熱」となります。 > インポ 早漏 あるいはこれも湿熱のせいかも知れませんね。