フロントブレーキ制動トルク


T) 以下の条件ならびに以下の計算によりフロントブレーキの制動能力を計算する。



  1、 握力 10kgf(98.06N<300N)

 2、 ブレーキレバー・レバー比
   ブレンボ製マスターシリンダー 19/18・フロントマスター(10.4760.70)使用
   レバー比=19(レバーの支点間距離を測定)
   <実質操作レバー比を1:5とする>

 3、マスターシリンダーピストン径
    ブレンボ製マスターシリンダー 19/18・フロントマスター(10.4760.70)使用
     直径19mmのマスターピストンである。
     円の面積は 半径×半径×π(3.14)にて求められる。
     よって (1.9÷22×3.142.83385u

 4、 キャリパー受圧面積
    ブレンボ製φ30×φ34 4Pキャリパー(20.5165.5820.5165.68)使用
   円の面積は 半径×半径×π(3.14)にて求められる。
   よって (3.0÷22×3.147.065u
       3.4÷22×3.149.0746u

     これが1つのキャリパーに2つずつあるので
    
    7.065×29.0746×232.2792
u
     
     これが左右にあるので

    32.2792×264.5584u

 5、ブレーキパッド摩擦係数 0.4
 6、 ローター有効半径(ローター中心点〜キャリパーピストン中心点間)
     ホンダCB400SFNC31φ296mmフロントディスク使用

   ローター有効半径=0.1305

 7、タイヤ半径
     ダンロップTT900GP(110/7017 54H)… 外径586mm
    よって、 直径=586÷2293
    タイヤ半径=0.293


フロントブレーキ制動能力の算出
  
  @キャリパーピストン押力Ffを求める。
      
      1:ブレーキレバー操作力=10kgf
      l:ブレーキレバー支点作用点間距離=20mm
      L:ブレーキレバー支点力点間距離=100mm
      Rmf:マスターシリンダーピストン内径=19mm
      Rpf1:ブレーキキャリパーピストン内径30mm
      Rpf2:ブレーキキャリパーピストン内径34mm
      π:円周率=3.14

    

      
      
      

      

    フロントブレーキはWディスクであるので
   
     284.7638kgf×2569.5276kgf

  Aブレーキ面作用力 Af
    
    Ff:キャリパーピストン押力=
569.52kgf
    μ:ブレーキパッド磨耗係数=0.4
      Af=Ff×μ
      
      569.52kgf×0.4227.808kgf

  B ブレーキトルク Tf

    rf:ブレーキ有効半径=0.1305
    Af:ブレーキ面作用力=227.80kgf
    Tf=Af・rf

      227.80kgf×0.1305m=29.7279kgf・m

  C 制動能力(タイヤ路面制動力) Bf

    Rf:タイヤ半径=0.293
      Tf:ブレーキトルク=29.72kgf